世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

住民票、年金、健康保険はどうする?

ゆめぽろ(@yumepolo)です。こんちはっ!

まだ日本です。

(追記:2013年11月8日)海外旅行保険や予防接種についての記事はバージョンアップしています。
海外旅行保険予防接種にアクセスしてください。

長期の海外旅行なので、昨年末のうちに住民票を(東京から)抜いて米国に転出したことになってます。今回は手続方法、そのメリット、デメリットを書いてみます。

◆手続き方法(海外への転出届)

住民票のある市・区役所へパスポートを持って行き、海外へ行くため転出届を出したい!と言うと、書類をくれてすぐに手続きは済みました。パスポート、印鑑、住民基本台帳カードなどの提示を求められるとHPには書いてましたが、全て必要ありませんでした。何かひっかかる点がある場合は求められるのでしょうか。あと、国民健康保険、国民年金の精算もその場ですませることができます。
以上の手続きにより、2007/1/1から私は「住所不定無職」になりやした(^^ゞ

◆住民税について

日本の場合、1月1日に住民票のある場所で、その年(1~12月)の支払い義務が発生します。例え1月2日に引越ししたり、転出したとしても1月1日に住民票のあった場所で住民税を支払う必要があります。私はたまたま年始に出発予定でもあったため、迷うことなく昨年12月31日付で転出届を出しました。だから今年2007年の住民税の納税義務はありません(^^)v。
住民税は前年の収入によって上下します。昨年は会社員としての所得があったので、その分にかかる住民税を払わなくてもよくなります。その面ではメリットと言えますが、脱税にはならないのかちょっと心配にもなりますね(^_^.)(詳しい人いたら教えて~)

◆国民年金について

会社にいる間は厚生年金に加入していたため、年金支払いを意識したことはありませんでした。しかし退職すると国民年金の支払義務が発生し、始めて「年金支払い」を意識することができました。私の場合(地域によって違うのかな?全国同じだっけ?)毎月13,000円とちょっとです。
住民票を抜くと国民年金の支払い義務もなくなります。そして支払期間としてはカウントされます(いわゆるカラ期間)。当然、もらえる年金額は減ります。又はカラ期間としてはカウントしないという選択もできるようです。そうすれば年金額の減額は少なくなりますが、支払終了時期は他人よりも遅くなってしまいます(25年の支払期間は変わらないため)。どちらを選ぶかは本人の考え次第だと思いますが。
私は迷わず、カラ期間としてカウントしてもらうことにしました!理由としては年金に過大な期待をしてないからです。もらえればラッキー♪くらいに考えてるので、自分が暮らせるだけの預貯金などは老後までに確保したいなぁと思ってます。あくまでも理想の話ですが。。そういう意味でも私にとって(住民票を抜くことは)メリットということになります。

◆国民健康保険(国保)について

私は退職後もそれまでの任意継続保険に加入していました。その方が国保よりかなり安かったからです。その任意継続保険は先月1月までで解約しました。だから出国までの間に風邪などで病院へ行くと、無保険なので全額請求される(>_<)という恐ろしいことになります(役所に相談すれば国保を利用させてもらえるらしい)。なので、今まで以上にひっそりとケガしないよう、風邪ひかないように暮らしてました。でもよく考えてみたら、保険入ってた時も全然病院なんか行ってなかったです(^^;出国後は、海外旅行保険を利用できます(詳しくは先日の記事を読んでね)。
しかし会社の任意継続保険はほとんどの場合、途中解約できません。確か2年くらいは転職などしない限りは原則解約できません。だから保険組合の人に相談してみました。すると、支払いをしなければ権利が失効するよ!というアドバイスをもらったので、1月分の支払いをしなかったら、めでたく?権利喪失となりました。なんか悪いことしてるみたいだけど、皆こうしてるそうです。。それならばそういうしくみを作ればいいのにね。
国保に加入してる人は、住民票を抜くと国保の支払義務はなくなります。当然、国保の権利は喪失します。そのへんの状況を天秤にかけて、住民票を抜いた方が得かどうか検討した方がいいでしょうね。国保でも海外での治療費をカバーできるし(手続きが面倒らしいけど)、海外旅行保険でカバーしてない虫歯治療にも保険が使えるのは魅力的かもしれませんね。住民票を抜くなら転出日までのうちに、虫歯治療、処方箋や薬をもらうことはやっておかないと損します。予防接種はどうせ保険がきかないけど。
という感じです。
あとは、住民票を抜いてしまうと各種証明書が発行できなくなるので、転出日までに住民票や戸籍謄本などはもらっておきましょう。特に、運転免許更新で本籍や住所が変わってる場合は住民票が便利だし、海外でパスポートを再発行する時には戸籍謄本が必要になります。私も余分にもらっておきました。
また、退職後に失業保険をもらう人も住民票を抜いてたら(確か)受給できなかったはずです(調査不足)。私は失業保険を待ちきれずに世界一周へ旅立つため、このメリットは得られずです。せっかく今まで一生懸命働いていて、受給資格も得られたのに残念です。が、遊びに行くのでまぁ、しょうがないですよね。
では、また(^o^)/

«前記事:持ち物(7)便利グッズ持ち物(8)バックパック&サブバッグ:次記事»

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム