世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

サーファーズパラダイス/ゴールドコースト/オーストラリア旅行!シーワールドでイルカショー

シーワールドのイルカ芸
2007/2/14は、朝から快晴だったので「シーワールド」へ出かけました。シーワールドまではテーマパークバスやツアーも出てるのですが、私は節約のため市内バスで行くことにしました。シーワールドへのバスとバス停はトランジットセンターで聞いて教えてもらいました。
トランジットセンター東の大通り(サーファーズパラダイス ブルバード)へ出れば、シーワールド行きの黄色いバスが頻繁に走ってるのですぐ分かります。シーワールドへの往復バスチケットはA$5.2です。市内バスでも約20~30分で着きます。

ゆめぽろ(@yumepolo)です。こんちはっ!

(^○^)

シーワールドって東京近郊では千葉の鴨川にもありますが、私は行ったことないのでその規模は分かりません。。ゴールドコーストのはとても広いです。歩くだけで疲れますので、園内トラムやロープーウェイ(この日は止ってたけど。土日だけなのかな?)を上手に利用するのが賢いでしょう。でも園内の半分くらいはジェットコースターなどの遊園地とプールやウォータースライダーなので、水族館じたいの広さは思ったほどではなかったです。私は水着を忘れた(>_<)ので、水遊び出来なかったのが残念でしたが、大したウォータースライダーはないと思いました。 さて園内の歩き方は、まず各ショーの開始時間と場所をチェックします。入場時にくれるパンフレットに書いています。日本人には日本語版をくれます(^^;。ショーの開始20~30分前には会場に行かないといい席が取れません。いい席というのは、ショーを見やすい中央やや前というだけではなく、日陰!というのが最大のポイントです。特に夏の昼間に日陰以外の場所でいると、ショーを見るどころか熱中症になりそうです(>_<)。 まず最初はジュゴンの水槽を見に行きました。ジュゴンって日本では須磨水族館に行たっけな(うろ覚え)?昔、人魚に間違われたという白く太ったアザラシ(カバの方が似てる)みたいな生物です。ジュゴンについての説明が続いて水槽には2匹のジュゴンが泳いでいました。水槽はすごく濁っていたので写真はうまく撮れませんでしたが。
ペリカン アザラシショー しろくま
次にペリカンのいっぱいいる橋を渡ります。ペリカンはいちお囲われてますが、好きな時に飛んで外へ出られます。飛んでシーワールドの外へ出てったペリカンも見ました。餌の時間になったら帰ってくるのでしょうか。。そろそろアザラシショー(Seal Show)が始まるので、会場へ向かいます。このSealがアザラシなのか、オットセイなのかアシカなのか、よく分かりません。。でも思ったよりも大きな動物でした。それが人間と一緒に歩いたり、サメのまねをしたり、くるくる回ったりといった芸をするのです。結構頭のよい動物だなぁと感心してしまいました。
そのショーの後、しろくま(Polar Bear)を見に行きました。すごい広い場所に4匹のしろくまが放し飼いされていました。暑いのかダラァ~と水に入っていましたが急に2匹でけんか?じゃれ合い?を始めたので観客達も我先にと撮影ポジションの取り合いになりました。このじゃれ合いがものすごい迫力あるんですよ!取っ組み合いするさまは、プロレスラーのようです(*^_^*)。そして次のジェットスキーショーへ向かいました。正直言ってこのショーは動物が出ないので期待してませんでしたが、ジャンプしたり回転したり、更には2人、3人でジャンプ&回転したりとあり得ないアクロバットを見せてもらえたので、結構面白かったです。しかし日陰以外の場所で見てたので、終わった頃には頭がボォーとしていました。。
ちょっと日陰で休んでから、ペンギンの群れ、ヒトデやナマコ?を触ろうなどをブラブラ回った後、サメ(Shark)の水槽へ向かいました。かなり大きなサメやエイがいっぱい泳いでて、小判ザメ?を1匹や2匹つけて泳いでいるのもいました。人も多くいて人気のスポットでした。私も涼しいのでのんびりと眺めていました。次のイルカショーまでは時間があるので、観覧車にも乗りました。
ちょっと変わったシステムで、乗車できる場所は6箇所あります。そしてそれぞれに客を詰めると6つだけ回転させてまた客を詰めます。それを1回転分繰り返して全ての部屋?に客を詰め終わると、3回転くらいしてからまた6部屋づつ客を入れ替えます。言葉では伝えにくいですが、3回転できるのはなかなかうれしい♪ですね。でも休日とか混んでる時には効率悪そう。2回転くらいになるのかなぁ。
ジェットスキーショー サメと小判ザメ イルカショー
遊園地の他のジェットコースターなどは刺激的なのはありませんでした。東京ディズニーランドレベルです。FUJIYAMAやドドンパ(いずれも富士急ハイランドの)くらいのがあれば乗りたいと思ったけど、それ以下だと刺激が足りない(^^)のでパスです。そうこうしてる間にイルカショーの時間になりました。やっぱりこれを見ないとシーワールドとは言えないでしょう。席も予約席のすぐ後ろといういい位置に座りました。
それにしてもイルカはかわいい☆目が優しいし、口をあけた時も、鳴き声も、ジャンプしてる時も、いたずらしてる時も、子供とじゃれてる時も、とてもかわいい。イルカショーが終わって帰り道に、4Dアトラクションがあったので最後に寄ってみました。ここは上映時間が決まってるので時間のない場合は最初にチェックした方がいいかもしれません。よくある、3Dに見えるメガネをつけてスクリーンを見るアトラクションです。でもパイプ椅子みたいだったので、揺れたり水や霧が飛んできたりはしないだろうなと事前にチェックしました。
内容は地球汚染や人間の自然破壊により動物が住みにくくなってるよというものでした。揺れたりはしなかったけど、予想とは違い風や水や霧は飛んできました。天井に仕掛けてるのでしょうね。大ヘビが観客を狙ってきたりする場面では子供達が大声で泣いてました(^^;それが終わると帰ることにしました。まだ16時頃だったので、近くのサウスポート(South Port)という所へ寄って、安いキャンプ用テントを探しに行くことにしました。しかし迷ってしまい、地元の人に聞いてみたら歩いていくのは遠いよと言われたのであきらめてバスでサーファーズパラダイスへ帰りました。
明日はゴールドコーストともお別れです。あまり興味深い都市ではないため早めに移動することにしました。今朝シーワールドへ行く前にトランジットセンターにあるgreyhoundで明日朝のバスを予約しておきました。シドニーまではかなり距離があるので、中間地点のコフスハーバー(Coffs Harbour)という田舎町へ立ち寄ることにしました。(-_-)zzz「コテッ」

«前記事:土ボタル!野生ポッサム in サーファーズパラダイス、 ゴールドコースト(2)(オーストラリア)植物園で野生コアラを探す… in コフスハーバー(オーストラリア):次記事»

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム