世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

ザ・ナット!デポンポートからさよなら in タスマニア、スタンレイ(オーストラリア)

スタンレイのザ・ナット2007/3/7。スタンレイの町では野生Platypus:カモノハシを見る最後のチャンスなので、ちょっとお金はかかるけどPlatypusツアーに申込みました。A$35/1人。そしてYHA&キャラバンパークに到着。
テントでは寒そうだったので、キャラバンパーク内?のYHAの部屋に泊まることにしました。明日は車を返すので荷物をまとめたり、洗濯したり、昼食用に買ったシーフードフライを食べた後、スタンレーの観光名所であるザ・ナットへ向かいました。ちなみにシーフードフライ(Fish&Chips)はどれもかなり油っぽくて最後には飽きました。。当分シーフードフライはいらないかな。。

ゆめぽろ(@yumepolo)です。こんちはっ!

The Nutt:ナットは、スタンレイの町を見下ろせる位置に大きく存在している岩山?とでも言うのでしょうか。町中からは当然どこからでも見えて、ものすごい存在感です。ナットの入口は町中から数分のとこにあって、あまりにも急勾配のためリフトで登ることも選択できます。しかし既に17時を過ぎててリフト運転は終了していました。まぁどっちにしても自力で登るつもりだったので登り始めましたが、最初からものすごい角度の登り坂です。一歩づつ進んでも全然進まない気がしました。意外と後ろ向きで登ると楽チンだったけど、危険なのでやめた方がいいです(^^)
ナットの頂上からはスタンレイの町を一望できます。その景色はとてもきれいで感動的なので写真に撮影したかったのですが、こういう景色ってうまく写真に残せないんですよねぇ。。頂上付近をうろうろした後、下りましたが、途中でワラビーを草むらの中に見つけました。そして一番下まで降りて広場になっている所には、野うさぎが5~6匹くらい草を食べたり、穴を掘ったりしてかわいかったです。そして急いで車で宿に帰り、昼間予約したPlatypus(カモノハシ) Tourのバスへ乗って出発しました。どうも今日の客は私だけのようです。
カモノハシのいる沼はスタンレイから車で30~40分くらいのファームにありました。このファームとは契約してるのかどうか分かりませんが、場所さえ覚えておけばまた行けるゾと思い目印を記憶しながら行きました。沼に着くと、双眼鏡を渡され、ガイドのおじさんも静かにカモノハシを探し出しました。すると、すぐに「あそこを見ろ!」と叫んで指差します。あわててそちらを見ると、カモノハシが水面を泳いでるのが見えました。でも数秒ですぐに潜ります。そして海底でえさを食べてるのでしょう、また少しすると海面へ出てきて、しばらくするとひょいっとお尻を突き出して潜ります。
何度かそれを見てるうちに雨が降ってきたので、とりあえずバンに入って違う沼を見に行きました。そしてバンの中から沼を眺めてましたが、何度か海面に出てくる姿を見れただけでいい状態で見ることは出来ませんでした。そして雨がやんだのでバンから降りて沼を観察してると、もう陽も落ちて暗くなってるのですが、最後の最後になってようやく間近で泳いでから潜っていく姿を見ることができました。でも暗すぎるし、またすぐに見ずに潜ってしまうため、残念ながら写真を写すことは出来ませんでした。そして宿へ帰ると(-_-)zzz「コテッ」と寝ました。
キャラバンパークからのナット 一瞬だけ水面で泳ぐカモノハシ 渡し舟から海賊船?とタスマニア号
翌日(3/8)は6時過ぎに起きて、昨日の沼へ行ってみることにしました。しかし近くまでは行ってる気がするのですが、横道にそれた場所にある沼へは辿り着けません。それほど難しい場所ではないはずなのに夜道だったので今朝とは全然見え方が違います。。それっぽいファームに侵入していくと、住んでる人に怪しまれたり、犬に吠えられたり、牛の大群に見らまれたりしたし、陽も登ってきてカモノハシに遭遇できる確率も低くなってきたので宿へ帰りました。そしてチェックアウトして9時頃出発しました。
Devonport:デボンポートに着いたのは、11時過ぎでした。どこへも寄り道もせず、給油で満タンにしてからHertzでレンタカーを返却しました。オフロードも走ったのでかなり砂まみれになってたけど洗車の必要はないようです。延長した1日分のレンタカー代をデポジットから引かれただけで、残りのデポジットは100%クレジットカードにマイナスで返金されるそうです。クレジットカードにそんな機能があるなんて初めて知りました。8日間の全行程で1,750Km走ったようです。最初は怖かったけど、自分のペースで回れるのでまた機会があれば車で回りたいと思いました。
デボンポートでは特に観光するとこもないので、とりあえず中華食べ放題を見つけたので久々に動けなくなるまで食べまくりました(^_^;)。そして近くにあったネットカフェがそのへんでは安かったし(A$6/1h)、マイPCもつなげられたので1時間だけ利用して、ブログアップして、今夜のフェリー予約を試みました。が、一番安いシートは満席だったので、直接ターミナルへ行ってみることにしました。ターミナルへはA$2の渡し舟を利用しないとかなり遠い距離を歩く必要があります。私はバックパックが重かったのでもちろん渡し舟を利用しました。そこで海賊船のような?船を見れたのはラッキー♪だったのかな?
フェリーターミナルでは一番安いシートで今夜の便を予約できました。ネットでは当日分は予約できないのでしょうか?キャンセルが出たのでしょうか?真相は分かりません。。フェリーのチェックインの18時まではあと1時間くらいだったのでそこで待ちました。そして約10日間ぶりのフェリーに乗り込み、メルボルンへ向かいます。さようなら、楽しかったタスマニア。でもまたぜひ行きたいと思います。今度はもっと暖かい時期に、もっとゆっくりと回れたらいいなぁ(^^)
フェリーの内情はもう知り尽くしてる(^^)vので、すぐに展望階に上がって電源が近くにある席を確保してPCしたり、食事したりしました。食事は調理できないので、缶詰の貝スモークとコーンだけの寂しいものでしたが、貝のスモークが意外?においしかったです。そして12時過ぎには(-_-)zzz「コテッ」と寝ました。。

«前記事:セントクレア湖!ロッキーケープ国立公園 in タスマニア、ウィンヤード(オーストラリア)メルボルン,アデレードからカンガルー島へ/オーストラリア旅行!キャプテンクックの家:次記事»

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム