世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

アシカ!コアラ!ワラビー!ハリモグラ in カンガルー島、シールベイ(オーストラリア)

シールベイのオーストラリアンアシカタスマニアの大自然と野生動物についてはこれまで行ったどの国よりもすばらしかったです。鳥、爬虫類、植物に興味ある人ならもっと違う旅を堪能することも可能だと思います。
私は哺乳類を中心とした野生動物が見たかったのでタスマニアの旅は忘れられないものになったし、ぜひまた行きたいとも思いました。ただオーストラリアではこういう旅は最初で最後だろうと思っていました。。しかし、まだあったのです、タスマニアほど大きくないけど野生動物がいっぱいいる島が!そう、それがカンガルー島なんです☆

ゆめぽろ(@yumepolo)です。こんちはっ!

カンガルー島の港町Penneshaw:ペネショーにフェリーで着いたのは3/10の19時頃でした。なんとか車を傷つけずにフェリーから出ると、ペネショーには泊まらずにもう少し奥のAmerican River:アメリカン リバーという町まで車で約1時間くらい走ってからキャンプすることにしました。そして海岸沿いにキャンプ場らしき場所は見つかったけどReception(受付)が見つかりません。
そうするうちに陽が落ちて辺りは真っ暗になり本当に何も見えなくなりました。とりあえず車のライトと懐中電灯でテントを張ってから、近くのテントの人に聞こうと思ったけど、皆テントの中で寝てるかどうか分かりません。結局フリーキャンプサイトなのかな?と解釈して、次の日も朝一番に出発しました(その後調べると許可をもらえばフリーだったようです)。
アメリカンリバーのキャンプサイト? 小さなアメリカンリバーの町 未舗装道路が多いです
まずは島の南にあるSeal Bay:シールベイへ行きます。ここには世界中のアシカの約5%が生息していて、すぐそばで多くのオーストラリアン・アシカという種を見られます。アシカは3日間狩りをしながら海で過ごした後、次の3日間は陸で過ごすそうです。なので、このシールベイ自然保護区では、アシカ達の陸での休息を妨げないように、ある程度の距離までしか近づいてはいけないとか、静かにしましょうとか、触ってはいけない!とかいろいろルールがあります。
ちなみにSealとは、Sea Lionの略だと勝手に解釈してますが正しいのでしょうか?シールベイでは90分毎にガイドツアーがあるのですが、私が行った時には次のツアーは満員で90分以上待つ必要がありました。だから、ガイド無ツアーにして、自分でウォーキングトラックを歩いてアシカを眺めることにしました。この方が少し料金も安いけど、ガイドツアーの方がよりアシカに近づけるので時間があればガイドツアーがオススメです。
幸い、私が行った時にはすぐそばで寝てる大アシカもいたし満足でした(^^)。ウォーキングトラックからはクジラの骨も見られます。そして砂浜には気持ち悪いほど大量のアシカがいます。寝てたり、じゃれてたり、泳ぐ練習をしてたり、親に甘えてたり、吠えてたり?いろんな表情がみれます♪
シールベイで鳴くアシカ君 シールベイのオーストラリアンアシカ リトルサハラ
シールベイを観光後、リトルサハラへ行きました。とても分かりにくい看板があるのみなので1度通り過ごしてUターンしました。そこは一面がサハラ砂漠のような白い砂丘で観光名所の1つになってるので、欧米系の観光者も次々と遊びに来てました。受付もなく入場料も必要ないです。特に何かあるわけではないので、白い砂浜を眺めて昇って走り降りて楽しめるだけです。ツアーとかだとサンドボードを体験できるようです。遊んでると急に雨と砂?が降ってきてすぐやんだのですが、この時からカメラの調子が悪くなりました。砂が入ったのでしょうか(>_<) 次に向かったのは、カンガルー島西端にあるフリンダーズチェイス国立公園までの手前にあるWestern KI Caravan Park:ウェスタン カンガルー島 キャラバンパークです。13時頃には着いてテントも張りました。ここは1テントでA$18(約1,800円。電源なし)もするのですが、敷地内では多くのカンガルー、ワラビー、コアラ、その他様々な鳥を野生の状態で見ることができます☆特にKOALA WALK:コアラウォークにはツアーバスまでやって来ます。テントを張った後コアラを探してみたら、昼間なので木のかなり高い位置にですが、あちらこちらで寝てる姿を見れました。カンガルーもテントそばの木陰で寝そべってます。
昼間のうちにあといくつか回りたい場所があったので出発しました。ところでカンガルー島に入ってからはタスマニアでもそうだったように、野生動物を探しながら車で走っています。そしてまた見つけました!道路脇をトコトコと歩いてるEchidna:エキドナ。ハリモグラです。また車を止めて10分間くらい観察&写真撮影しまくりました(^^)v。んー、何度見てもその動きがかわいい♪次にフリンダーズチェイス公園内のRemarkable Rocks:リマーカブル・ロックスへ向かいました。南極からの風や雨により削られて不思議な形になった巨石の集まりです。
レンタカーとテントとカンガルー リマーカブルロックス レンタカーの損傷箇所
巨石を見た後、駐車場を出ようとバックしてハンドルをきった時にやってしまいました(@_@)。。隣に駐車している車に接触して擦ってしまいました。どちらの車も傷つきました。駐車禁止の罰金だけでなく接触事故までやってしまいました。日本では車に乗らないので経験できないことばかりを短期間の間にいくつも経験できます。。接触した車の所有者はゆっくり観光してるらしくなかなか戻ってきませんでした。「ここで逃げても付着塗料でバレルな」みたいなミステリ小説を思い出したりして、長い時間(私にとってはかなり長い時間でした)、接触した車のそばで所有者を待ちました。
しばらくすると4人家族が帰ってきました。男の子と女の子は私を怪しんで見ています。父親はすぐに事情を察して私の国際免許証やHertzの契約証から必要な情報をメモしていきます。母親はそのサポートをしています。そして自分の氏名や住所、車のナンバー等もメモして私に渡してくれました。最後にお互いの損傷箇所をデジカメで撮影して終了です。その時間わずか10分足らず。警察を呼ぶ必要があるかと思ってたけど必要ないのでしょうか?
損傷箇所は小さいのでたぶん全て保険でカバーできるとは思います。最後は一言二言会話を交わして「あなたはレンタカーだから無傷だけど、私達の車は傷を受けたよ」と笑いながら言われました。皮肉かジョークか分からなかったけど、本心をつきつけられあらためて心から謝りました。それで終了で「Bye! Take Care! Thank you」と笑って去って行きました。優しい家族でよかったです。ふー。

«前記事:メルボルン,アデレードからカンガルー島へ/オーストラリア旅行!キャプテンクックの家コアラやワラビーが走りほえるカンガルー島のフリンダーズチェイス旅行記!オットセイも大量:次記事»

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム