世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

キングスキャニオンとアボリジニのアリススプリングスを観光!オーストラリア旅行記

キングスキャニオン・クリークウォークウルルでの6日目(2007/3/24)は、2日前に予約しておいたAAT KINGSのKings Cannyon:キングスキャニオンツアーに参加しました。YHA割引を使ってA$196/人でした。
キングスキャニオン経由で、行く予定だったアリススプリングスまで行けるので最適だと思い選びましたが、今考えればグレイハウンドのバスを使った方が自由に行動できるし、キングスキャニオンに宿泊できたし、安く行けたのでよかったかなと思います。特に雨天ぎみの場合、時間に余裕があるならツアー選択はNGだと思いました。

ゆめぽろ(@yumepolo)です。こんちはっ!

朝4:05には迎えが来るので3時前には起きて小雨で暗かったけどちょうど電灯近くだったのでその明かりでテントをたたみました。そしてシャワーを浴びて、大型バスに乗り込みキングスキャニオンへ向かいました。しかしキングスキャニオンも小雨だったので、足元が滑りやすいため、渓谷を登り一周するキングスキャニオン・ウォークは危険だと言われ残念ながら行けませんでした。変わりにキングスクリーク・ウォークという比較的楽なルートのみの観光でしたが、終着点では下からキングスキャニオンの渓谷を眺められたので、その雄大さを少しは実感できました。
このツアーはなぜかほとんどお年寄りだったため、その後はカフェのあるモールへ行き、出発時間の昼過ぎまでずっと時間潰しをさせられました。このツアーは朝もA$12もするBreakfastのカフェへ連れて行ったりしたので、きっと手数料を得てるのだと思いました。まぁそれでツアー代が少しは安くなってるのでしょうが。それでも昼前には少し晴れ間も見えてきてたので、再度キングスキャニオンへ行って欲しいなとも思いました。がそんな期待も叶えられず、バスを乗り換えさせられてアリススプリングスへと出発しました。
キングスキャニオン キングスキャニオンクリーク・ウォーク キングスキャニオンクリーク・ウォークの終着点から
Alice Springs:アリススプリングスへ到着したのは、3/24の午後19時頃でした。ツアーバスは私が予約済のYHAの前まで連れてってくれました。私以外の客はホテルなので先に回って降ろされ、安宿の私は一番最後に残りました(^^;。アリススプリングスのYHAは4人用ドミがA$24/人で2泊しました。のんびりした雰囲気だったので過ごしやすかったです。部屋には初日は欧米系パッカーが1人いたけど、2日目は貸切でした。プールもあったけど、ちょっと寒いくらいだったので誰も泳いでませんでした。
宿に荷物を置くとすぐ、オーストラリアの動物の肉を食べさせてくれるというレストランBojangles Bistroへ夕食を食べに行きました。注文はオーストラリアでは普通、ドリンクとフードでレジが違ってます。理由は分かりませんが、アルコールを扱うのがライセンス制ということと関係してるのでしょうか。アルコールを扱えるレストランは入口に「Licenced」と書かれています。手数料を払えばアルコール持ち込みも可能みたいです。
私はこの店ではスパークリングワイン、オージーミートの盛り合わせとサラダを食べました。ミートはA$21で、カンガルー、キャメル(ラクダ)、クロコダイル、エミューの盛り合わせがステーキ風で出てきます。一番おいしかったのはクロコダイルです。落花生は無料で食べ放題なので気に入りました♪。皮は床に捨ててOKなので、床は落花生の皮だらけです(^^;
アンザックヒルを下から アリススプリングスを一望 オリジナルのアリススプリング
アリススプリングス2日目は町を歩き回りました。Anzac Hillという小高い丘に登ると町を見渡せます。町の横にはTodd Riverが流れています。1871年、電信線を結ぶための調査でここのスプリング(泉)が発見され、当時の電信総監Todd(トッド)の名前が川やモール(Todd Mall)やストリート名に付けられてます。そしてその妻Alice(アリス)の名前から、Alice Springs(アリススプリングス)と名づけられたそうです。当時の電信中継所はTodd River沿いを歩いて1時間くらいで行け、見学もできます。また、そのすぐそばには当時発見されたオリジナルの「アリススプリング」を見ることもできました。
アリススプリングスはエアーズロック観光の拠点となる町で、その周辺のOUTBACK(アウトバック。アデレードからダーウィンまで続く赤土の砂漠のこと)の中でもオアシス的な存在です。感顧客は長期滞在しないので少なく、逆にアボリジニは今までで一番多く見かけます。アボリジニアートの店も多くて、道端でも声をかけて売りに来ます。インターネットはエアーズロックより安い店が多いけど、マイPCを接続するとなるとA$5/hが相場になるため、次の都市まで我慢することにしました。図書館でのネット接続も同じくらいの料金です。
3/26の昼過ぎにエアポートシャトルで空港まで行きました。ほとんどのYHAは空港送迎とかやってくれないのですが、シャトルの手配は頼めばしてくれます。しかし直接自分で手配した方がA$1安かったのでそうしました。日本で購入したカンタスのオージーエアパスに、アリススプリングスからのエアーチケットも含まれています。そして、定刻どおり離陸した飛行機はケアンズへと向かいます。

«前記事:エアーズロック/ウルル登頂やサンライズ!風の谷やオルガ渓谷も観光!オーストラリア旅行記特集!GBRダイビングツアー探し in ケアンズ(1)(オーストラリア):次記事»

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム