世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

特集!GBRダイビングツアー探し in ケアンズ(1)(オーストラリア)

グレートバリアリーフでのダイビング2007/3/26の17時過ぎ、ケアンズの空港に到着。昨日電話予約した宿へは空港から無料電話できたので送迎依頼しました。送迎バンは20分くらいで来て、宿までもそのくらいで着きました。その宿Cairns International Hostelは、安宿が集まるEsplanadeSt.(エスプラネード ストリート)沿いにあり、海沿いなのでバルコニーからの眺めも最高です。
難点はキッチン&ダイニングが狭すぎること。ドミトリーはA$23/人と少し高めだけど、隣の大きなレストランRattle&Humのプチ・夕食券を宿のレセプションで頼めば無料でもらえます。メニューは2種パスタ、フィッシュ&チップス、ソーセージ&ポテト、春巻き&サラダの5種から選べます。全てプチサイズで満腹にはならないのでスーパーで買ったマスカットを食べました。でも自炊する手間が省けるのでこういうのもたまにはいいかな。結局ダイビング後も含めると5泊もしました。

ゆめぽろ(@yumepolo)です。こんちはっ!

ケアンズの第一印象は「ココは日本?」。それくらい日本語が氾濫しています。ショップの呼び込みもワーホリの日本人で日本語です。街の感じは同じ海沿いリゾートのグァムやメキシコのカンクンに似てる気がします。それらリゾートの街と同様に夜も明るいです。オーストラリアではシドニーでさえ夜は暗いなと思ったので、これだけ明るい街は初めてです。そして街にいる人達も陽気な気がしました(少なくとも私は)。
今までいろんな旅行者やワーホリの人にケアンズについて聞いた時、好きと嫌いが2分します。私は結構好きかもしれません。特に、探してる品物の種類が多く、安く手に入るのはうれしいです。ただ長居したいとは思いません。旅行者が求める?非日常的な雰囲気をあまり味わえないからです。それゆえか、ケアンズの街は旅行者を1日でも長く滞在させ、お金を使わせようとするしくみを街ぐるみで考えてる感じを受けました。
海沿いにとても大きな無料プールまであります。旅行会社のツアーもマリンスポーツ、気球、スカイダイビング、バンジージャンプ、ジャングルツアー、クルーズなど幅広いけど、わざわざケアンズでしなくてもいいと思うものも多いです(私の個人的感想ですが)。私がケアンズへ来た目的は1つ。世界自然遺産にも登録されている世界最大のサンゴ礁Great Barier Reef:グレートバリアリーフ=GBRスキューバダイビングすることです。
日帰りから1週間ツアーまでいろんなツアーがあるので、ほぼ丸2日間くらいはそれらツアーを吟味するのに費やしました。絶対に行きたいのはCOD HOLE:コッドホール。GBRでは人気スポットだけど、水上飛行機でも利用しない限り、日帰りは無理な距離にあります。可能ならShark Diving:サメ・ダイビングもしたいと思ってます。
吟味した結果、TAKA DIVEというダイビング会社が毎週金曜発で行なっている4泊5日のCOD HOLE&CORAL SEAというツアーに決めました。全14本も潜れ、機材も全てレンタル出来ます。CORAL SEA:コーラルシーとは、コッドホールから更に140Km(だっけ?うろ覚え)沖に出た海で、透明度40mの時もあるほどすんだ海だそうです。
しかもこのツアーでは、そこでサメの餌付けを行なうことにも惹かれました。コッドホールでもジャイアントポテトコッド:カスリハタという体長1~1.5mの大魚に餌付けします。あとこのツアーを選んだ理由は、なぜか料金がかなりディスカウントされたからです。他のツアーは値切っても全然安くならないのです。ツアーを敢行するTAKA DIVEも含めいくつか旅行会社やインフォメーションを回ると、船の4人部屋ドミで通常A$1200のツアー料金がA$800までは下がります。
ケアンズの開放的な雰囲気 エスプラネードラグーン エスプラネードラグーン
そしてTRIBAL Backpaker Adventure TRAVELというShields St.沿いの店ではA$800より下げてほしいと言うと、TAKA DIVEに電話してくれてA$750まで下がったので申込みました。金曜出発の便を木曜正午くらいに申し込んだので安くなったのかもしれません。これ以外に機材レンタル代A$140と、ツアー最終日に環境保護税5日分のA$75を支払います。環境保護税はGBRで遊んだら日帰りでもA$10~15かかるそうです。
私はAdvanced Open Waterという今のより1ランク上のライセンス取得も申し込んだので、A$140追加になります。これだけ高額な出費は今後も含めた世界旅行の中でも最大規模のものになるでしょう。でも後悔したくないので躊躇無く申し込みました。金額以上の飲み食い&ダイビングを満喫するつもりです(^^)v
ところでこのTRIBALという旅行代理店は昨日もネット接続しに行った店です。友人からの掲示板コメントでA$1/2hだよと教えてもらった、WE ARE THE NEVER NEVERの真ん前にあります。FREE Internetの看板につられて入ったのですが、無料なのは30分で、それ以降はA$1/2h。この値段はケアンズではもちろん、オーストラリアでも最安です。しかも私はツアーに申し込んだのでそれ以降は無料で利用できるようになりました。
壊れてたHPを完全ではないけどプチ復活させて、たまったブログのアップやダイビング情報などを調べたりしました。あと、ツアー申込すると、店特製Tシャツとラッキーストーン?というA$5のお土産品も無料でもらえました(^^;
さてダイビングツアーを申し込んだ後は、宿の前エスプラネード通りと海との間にある、Esplanade Lagoonという無料のプールで泳ぎました。ここには人工だけど砂浜ビーチがあったり、噴水があったり、水深1.5mの場所があったりと大人でも1日楽しめます。しかもライフガードまでいるのにはびっくり!無料のバーベキュー設備もたくさんあります。これらが全て無料なのは太っ腹ですが、間違いなく「水着で街を歩けるケアンズ」を演出するしくみの1つだと思いました。

«前記事:キングスキャニオンとアボリジニのアリススプリングスを観光!オーストラリア旅行記ダイビング三昧クルーズ in グレートバリアリーフ(1)、コッドホール(オーストラリア):次記事»

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム