世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

活火山に囲まれた大地震前の首都 in アンティグア

十字架の丘からアンティグアグアテマラのかつての首都アンティグアは、いくつかの活火山に囲まれた町です。

ゆめぽろ(@yumepolo)です。こんちはっ!

v。この時期アンティグアは昼は暖かいけど夜は寒かったです。
2007/12/24の夜、グアテマラシティからのバスでアンティグアに到着しました。バスターミナルからは、あらかじめ調べておいた日本人宿へ歩いて行きました。でも年末年始を過ごす予定の人でいっぱいで泊まれず、すぐ近くの安宿にチェックインしました。こちらの方がドミトリーでなく個室だし、日本人宿よりも安いので居心地◎でした。

その日はクリスマスイブだったので、ケーキを買おうと思って町を探しました。そして大通りAlameda de Santa Luciaにケーキ屋を見つけ、そこそこ大きな生クリームたっぷりケーキを買って食べました。
12/25は朝起きて、近くの日本人宿へ行ってみると空きベッドが出たのでそこへ移りました。アンティグアはスペイン語留学する人も多いので、この宿にも何人も学校へ通ってる人がいました。1週間~数ヶ月までいろいろです。サルサや織物を習っている人もいました。シェラ(ケツァルテナンゴ)という町でも格安でスペイン語学習&ホームステイ出来ます。
この宿では、カンクンのロサス7で一緒だったさとし君や、メキシコシティのペンションアミーゴで管理人をしてた松本夫婦などと再会出来ました。あと昨年の南極豪華客船に乗った人がいたので、その話を詳しく聞かせてもらいました。そして宿泊中の数日間は、ネットで南極船について調べていました。更にここでは後に南極船で偶然再会を果たし、パタゴニアを一緒に廻る新婚のS夫婦とも出会いました。
中央広場とカテドラル 地震で廃墟化のメルセ教会 アンティグア歴史地区
この日はクリスマスだったため、朝からあちこちで花火や爆竹の音でいっぱいでした。昼過ぎに町へ出かけて、中央広場や廃墟の教会などを見て廻りました。町中では小規模ですがクリスマスパレードもありました。
アンティグアグアテマラ|観光](Antigua)は現在のグアテマラシティに移されるまで首都だったほど歴史のある町で、そのコロニアル(植民都市)ぶりが古いまま残っているため世界遺産になっています。
アンティグアの周りは活火山だらけです。グアテマラが遷都を繰り返す理由は頻繁な地震によりますが、これらの地震によって廃墟になった教会がアンティグアにはいくつもあって見所になっています。私はメルセー教会サントドミンゴ教会サンフランシスコ教会などを見学しました。
12/26は、町の北側の小山にある十字架の丘(Cerro de la Cruz)へ登って行きました。そこには巨大な十字架が立っていて、町の中央公園からも見えるほどです。この丘からはアンティグアの町が見下ろせるだけでなく、晴天時には町の背後に富士山にそっくりでグアテマラ富士とも呼ばれるアグア火山を眺めることが出来ます。
クリスマス?のパレード 十字架の丘からアグア火山 古着市は掘り出し物だらけ
ただこの丘へ行く道には強盗が出て死傷事件が発生したこともあるため、少人数で行く場合は観光警察の無料ツアーで行くことをオススメします。ツアーは中央公園の北の4a Av.Norte沿いにある観光警察所前から歩いて行きます。観光客の前後を1人づつの警察が挟みます。
12/27は、1日中のんびりしてました。今後の計画も考えて、南極やパタゴニアやウユニ雨期に今シーズン行くためには、南米が夏のうち(12~3月)なので、1月すぐに南米入りすることにしました。そうしなければ、更に1年間中南米に滞在する必要が出てくるのです。そうと決めたらすぐに旅行会社を回って格安航空券を探しました。結局、STAトラベルでブエノスアイレス行きの安いのを見つけたので即購入しました。学生証を持っていれば、TAXやサーチャージや空港税全て込みでUS$500(約56,000)くらいでした。
夕方、町の西のメルカド(市場)へ行きました。そこでは野菜果物などが安くで買えますが、更にその奥へ行くと古着市があります。時間をかけて探すと良品を格安で購入出来ます。私は南極やパタゴニアの寒さに耐えられるように、冬用の上着を超安くゲットしました(南米のどこかで失くしましたが)。
パカヤ火山トレッキング パカヤ火山からの眺め すぐ近くにマグマ!熱い!
12/28は、アンティグアの南東25kmにある約2500mの活火山、パカヤ火山グアテマラ|観光](Volcan Pacaya)へ行きました。。アンティグアからのツアーでは約1時間半で登山口に到着します。そこから火山灰の道を約2時間歩いて頂上付近へ行き、マグマを間近に見ることが出来ます。
マグマが噴出していて、溶岩が転がってくるのでかなり熱いけど危険は感じませんでした。マグマや溶岩にこんなに近づける機会はそんなにないと思うのでオススメです。午後発ツアーだったのでサンセット(日の入)もきれいなのを見れたし、山々や町の眺めもすばらしいです!
足元にもマグマが! 日が落ちるとマグマきれい パカヤ火山からサンセット
12/29は朝早く起きて、チチカステナンゴ行きシャトルバスを探しましたが見つかりませんでした。前日に予約しようとしたら満員だったのです。仕方ないので地元民に聞いて、バスターミナルから出てるチキンバスで行くことにしました。これは地元民用のローカルバスなので安いけど、超混みあうためスリにあったり、バックパックがなくなったりと、セキュリティ的には最悪です。しかし地元の雰囲気を感じられるので、近郊都市への観光などで利用するのはオススメです!
このチキンバスでは、チマルテナンゴという町で乗り換えて、昼頃に目的地チチカステナンゴへ到着しました。
この後、チチカステナンゴ、パナハッチェル、シェラ(ケツァルテナンゴ)を廻った後(これらの町については次回日記にて)、1/3には再びアンティグアへ帰って来ました。日本人宿は年始でもまだ満員だったので泊まれず、近くの安宿に2泊しました。
1/5の朝、昨日旅行会社で予約しておいた空港行きのシャトルバスが宿まで来てくれました。シェラで同じ宿に泊まってたユキちゃんに見送られながら出発しました!空港はグアテマラシティにあるけど、危険都市なのでほとんどの人が少し離れたアンティグアから空港へ行きます。チキンバスでは時間がよめないため、空港へ直接行くシャトルバスがオススメです。
グアテマラシティの空港へ着いたら、無事にチェックインして出国手続きも済ませました。空港内はフリーワイヤレスインターネットが使えたので、時間待ちは句になりませんでした。これは乗換えのパナマシティの空港でも同じでした。そして無事にアルゼンチンブエノスアイレスへ行くことが出来ました。
そんなわけでついに南米編スタートです!わくわく!どきどき!♪
それでは、ブエナス ノチェース(Buenas Noches。スペイン語でおやすみなさーい)(-_-)zzz「コテッ」

«前記事:石碑に記されたマヤの歴史 in キリグア日曜市!マヤ先住民の誇りが残る村 in チチカステナンゴ:次記事»

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム