世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

南米(南アメリカ)・南極の国内移動手段・出入国・ビザ情報

南米で私が国内移動に利用したバスや飛行機について。出入国やビザの情報も。南米のバス移動はかなり快適です。

エクアドル[1USD(USドル)=95円で計算]

コロンビア[1000COP(コロンビアペソ)=43円で計算]

ベネズエラ[1000VEB(ボリバル)=28円で計算]

ガイアナ[1GYD(ガイアナドル)=0.55円で計算]

スリナム[1SRD(スリナムドル)=42.5円で計算]

仏領ギアナ[1EUR(ユーロ)=156.3円で計算]

ペルー[1PEN(ソル)=37.6円で計算]

チリ[1000CLP(チリペソ)=230円で計算]

南極[1USD(USドル)=108.8円で計算]

ブラジル[1BRL(ヘアル)=61.4円で計算]

パラグアイ[1000PYG(グアラニー)=24円で計算]

ボリビア[1BOB(ボリビアーノ)=15.24円で計算]

アルゼンチン[1ARS(アルゼンチンペソ)=33.6円で計算]

到着:カルタヘナ(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:メデジン(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2009/1/3 22:00~1/4 9:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Rapido Ochoa S.A.)。約12時間。CP118000(約4,930円)、年末年始料金。割引なし。

到着場所:セントロから市バスでCP1500、タクシーでCP8000。約20分。
出発場所:メデジンのバスターミナルはメトロと直結。

カルタヘナ行きは朝から晩までたくさんあるが、まだお正月明けで混んでいて選択できるバス会社は限られていました。座席は広く膝乗せ完備。冷房、トイレ付。山道が多く標高差もあるので車内は寒い。

到着:メデジン(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:ボゴタ(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/31 8:30~17:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Empresa Arauca S.A.)。約9時間。CP60000(約2,580円)、年末年始料金。割引なし。

到着場所:メデジンのバスターミナルはメトロと直結。
出発場所:ボゴタのバスターミナルはセントロから約10キロ以上離れています。市バスでCP1200(約50円)。

30日のバスチケットを購入する予定でしたが、年末の帰省ラッシュで当日のは満席で購入できず翌日分を購入。年末年始はかなり混みあうので早めに購入するほうがよいです。座席は広く膝乗せ完備。冷房、トイレ付。ボコタからメデジンまでは山道が多いのでしんどいです。

到着:ボゴタ(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:カリ(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/29 15:30~12/30 7:20
移動手段・時間・料金:バス(Transatrejos)。アルメニアへ約3時間。CP20000(約860円)、長距離バス(Velotax)ボゴタへ約7時間半。CP35000(約1,500円)、値引き交渉後。

到着場所:ボゴタのバスターミナルはセントロから約10キロ以上離れています。市バスでCP1200(約50円)。
出発場所:セントロから約2キロ離れたバスターミナル。

カリからアルメニアまでは約3時間。アルメニアからボゴタへは長距離バスで。席は広くリクライニング付。道もよく移動は快適。

到着:カリ(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:ティエラ・デントロ(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/27 8:30~18:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Sotra Cauca)。5時間。CP17000(約730円)。ポパヤンまで。長距離バス。3時間。CP9000(約390円)。カリまで。

到着場所:セントロから約2キロ離れたバスターミナル。
出発場所:博物館前から。

ティエラデントロからポパヤンへのバスは1日に1~2本のみ。座席も狭いです。途中まで未舗装道路なので揺れてしんどいです。ポパヤンに近づくにつれて舗装道路になります。ポパヤンに着いてからすぐにカリ行きのバスに乗換。綺麗で座席も広く、舗装道路で快適。

到着:ティエラ・デントロ(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:ラ・プラタ(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/26 7:00~9:00
移動手段・時間・料金:長距離バス。2時間。CP13000(約560円)。

到着場所:博物館前で降りると宿があり便利。
出発場所:ティエラデントロ行きのバス停はバスターミナルとは別なので要確認。

7時のバスでティエラ・デントロへ。バスは結構ガタがきてましたが、座席は普通でした。見舗装道の山道で揺れます。

到着:ラ・プラタ(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:サン・アグスティン(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/25 10:30~16:00
移動手段・時間・料金:軽トラ乗合タクシー。CP4000(180円)。1時間。ピタリートで乗換。約4時間。CP17000(約730円)。

到着場所:セントロの乗合タクシー乗り場
出発場所:セントロの乗合タクシー乗り場

8人の軽トラ乗合タクシーでピタリートまで。揺れがダイレクトに伝わるのでかなりしんどいです。ピタリートからは軽ワゴン乗合タクシーでラ・プラタへ。座席は狭いが、前者の軽トラ乗合タクシーよりは揺れが少ないです。

到着:サン・アグスティン(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:ポパヤン(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/23 13:30~20:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Cootranshuila)。6時間半。CP25000(約1,080円)。

到着場所:バス会社のオフィス前に停車
出発場所:セントロからタクシーでCP3000~3500。

コロンビアで一番の悪路で見舗装道路での移動が続きます。かなり、揺れるので前の座席を購入することをおすすめします。

到着:ポパヤン(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:パスト(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/21 10:00~16:20
移動手段・時間・料金:長距離バス(Galania)。6時間。CP18000(約770円)。値引き後の値段。

到着場所:バスターミナルはセントロから北東。タクシーでCP3000~3500。
出発場所:セントロからタクシーでCP3000~3500。

この区間は山道の悪路なので中型バスが多いです。盗賊が出ることもあるので夜行は避けたほうがよい。バスの席は少しせまいです。道が悪いので疲れます。検問あり。

到着:パスト(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:キト(エクアドル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/19 9:20~23:55
移動手段・時間・料金:長距離バス(Expreso Tulcan)。約5時間。US$4(約400円)。トゥルカンへ。タクシーで国境US$3(約300円)。15分。コロンビア国境からバスターミナルへ。タクシーUS$3.5(約350円)。夜料金。長距離バス(Trans Ipiales)。約2時間。CP5000(約220円)。値引き後の値段。パストへ。

到着場所:セントロからタクシーでCP3000~3500。
出発場所:旧市街から徒歩で約15分

キトからコロンビアのパストまでの国境越え。トゥルカンまでのバスは座席は狭いが快適。途中何度か検問あり。トゥルカンから国境まではタクシーで。エクアドル国境は、手続き変更のためか激混み。約5時間以上待たされました。コロンビアの国境はスムーズに通過。その後タクシーでイピアレスのバスターミナルへ。イピアレスからパストまでは何社かあります。中型バスだが席は広く快適。道は山道が続いた。

到着:バーニョス(エクアドル)[安宿ネット食事
出発:キト(エクアドル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/15 14:45~18:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Expreso Banos)。約3時間。値引き後3.4→3ドル(約300円)。ターミナル使用料0.1$(約10円)別途必要。

到着場所:セントロ近くのバスターミナル
出発場所:旧市街から徒歩で約15分

この区間は色々なバス会社があるので何件か聞いて割引してくれたところにしました。席は決まっていないので開いている席に座ります。途中、山道が多くしんどいが景色は綺麗。

到着:プエルト・ロペス(エクアドル)[安宿ネット食事
出発:キト(エクアドル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/8 19:00~12/9 6:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Carlos Alberto Aray)。約11時間半。US$10(約1,000円)割引後の値段。ターミナル使用料0.1$(約10円)別途必要。

到着場所:バスターミナルはなく乗車したバス会社オフィス前。
出発場所:旧市街から徒歩で約15分

午前中に切符を購入。席は狭く、音楽が大音量で鳴っているのでうるさいです。途中、ご飯休憩があります。車内にトイレ無し。プエルトロペスに向かうにつれ標高が下がるので暖かくなります。

到着:キト(エクアドル)[安宿ネット食事
出発:クエンカ(エクアドル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/12/2 21:30~12/3 7:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(S.A.N.T.A)。約9時間半。US$8(約800円)。割引後の値段。ターミナル使用料0.1$(約10円)別途必要。

到着場所:旧市街セントロまでTaxiで1.5US$(約150円)。徒歩で約10~15分。旧市街は治安が悪いので注意が必要。
出発場所:Taxiで2US$(約200円)で約10分。バスは0.25(約25円)。

キト行きは何社かあります。夜発で荷物預りと少し割引してくれたのでこの会社で購入。車体はかなりぼろく、バスの中も古かったです。リクライニングはそこそこできたのが救い。トイレ付。映画上映1本あり。客の乗降りが多いので荷物は注意が必要。

到着:クエンカ(エクアドル)[安宿ネット食事
出発:グアヤキル(エクアドル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/11/23 15:50~20:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Turisumo)。約4時間。US$6(約600円)。割引後の値段。

到着場所:セントロへはTaxiで2US$(約200円)で約10分。
出発場所:Taxiで3.5US$(約350円)で約15分。バスもあるが、グアヤキルは治安が悪いので注意が必要。

空港から徒歩10分に長距離バスターミナルがあります。グアヤキルからクエンカは約30分間隔で朝から夜中まで運行しています。直前に購入したので割引してもらいました。グァヤキルからクエンカは標高差があるので最初は暑いがだんだん寒くなるので防寒具は用意したほうがよい。くねくねの山道をのぼるので少ししんどい。

到着:グアヤキル(エクアドル)[安宿ネット食事
出発:サンクリストバル島(ガラパゴス)(エクアドル)[サンクリストバル島(ガラパゴス)観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/11/23 12:00~14:30
移動手段・時間・料金:飛行機(Tame Airline)。約1時間半。往復US$326.62(約33,300円)。燃料費、空港使用税、TAX等US$42.62(約4,350円)込みの値段。
WEB:Http://www.tame.com.ec/

到着場所:Taxiで3.5US$(約360円)で約15分。バスもあるが、グアヤキルは治安が悪いので注意が必要。
出発場所:セントロのAv. Alsacio Northia を東に徒歩15分。

Tame航空のオンライン予約で事前購入。サンクリストバル空港は週3便(水、金、日)のみなので注意(2008年11月現在)。荷物は20㎏/人。待合室に無料の水あり。定刻どうり出発しました。飛行機は前席に1部2列シートがあるが3列シートで座席間隔は少し狭いです。簡単な軽食付。

到着:サンクリストバル島(ガラパゴス)(エクアドル)[サンクリストバル島(ガラパゴス)観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンタクルス島(ガラパゴス)(エクアドル)[サンタクルス島(ガラパゴス)観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/11/18 14:00~17:10
移動手段・時間・料金:スピードボート(Coop Cabo Mar)。約2時間半。US$30(約3,050円)。往復だとUS$55(約5,600円)に割引可能。

到着場所:船降り場はセントロのAv. Charles Darwin。
出発場所:セントロのAv. Charles Darwin の一番西側。

当日の朝にこの前と同じ会社で購入しました。サンクリストバル行きは1日1本で14時のみ。往路は7時。荷物検査あり(果物の有無を聞かれる)。14時発だったが、なかなかボートが来なかったので30分遅れました。ボートは、2階に操縦席があり1階が客席で前席は風が当たらなく後席は風が当たるが景色を楽しめます。途中、イルカに遭遇しました。飴とおかしのサービス付。天気もよく、波も穏やかだったので快適な移動でした。

到着:サンタクルス島(ガラパゴス)(エクアドル)[サンタクルス島(ガラパゴス)観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:イザベラ島(ガラパゴス)(エクアドル)[イザベラ島(ガラパゴス)観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/11/16 6:00~8:10
移動手段・時間・料金:スピードボート(Coop Cabo Mar)。約2時間。往復割引でUS$55(約5,600円)。片道US$30(約3,050円)。

到着場所:船降り場はセントロのAv. Charles Darwin。
出発場所:町からは徒歩20分。Taxiも頼めるらしい(値段不明)。

15日に帰る予定だったが前日の夕方聞くと週末で満席のため16日で予約。日にちが決まっていれば早めの予約がベスト。荷物検査あり(フルーツの有無聞かれる)。その後イザベラ入島税US$5(約500円)徴収。学割はききません。前日は満席(18名)だったが日曜のためかた乗客はたったの4名ですぐの出発。波が穏やかであまり揺れなかったので快適に移動できました。予定時刻よりも早く到着しました。

到着:イザベラ島(ガラパゴス)(エクアドル)[イザベラ島(ガラパゴス)観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンタクルス島(ガラパゴス)(エクアドル)[サンタクルス島(ガラパゴス)観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/11/10 14:00~11/7 16:00
移動手段・時間・料金:スピードボート(Coop Cabo Mar)。約2時間。往復割引でUS$55(約5,600円)。片道US$30(約3,050円)。

到着場所:町の中心までは徒歩20分~30分。客引きの宿に泊まったので車で送ってもらえた。
出発場所:セントロのAv. Charles Darwin の一番西側。

町の旅行会社や港周辺に何件か売場があります。往復購入で安くしてくれたのでこの会社で前日に購入(帰路は不明だったので現地で予約する形にした)。船は1日1本でイザベラ島行き午後14時のみ。往路は朝6時のみ。荷物検査があり(果物の有無を聞かれる。りんごは大丈夫だった)。荷物全部にタグを付ける。小型ボートに12名で走行。席は自由だが運転手近くの座席はガソリン臭く後ろ座席は濡れやすい。真ん中より後ろが揺れが少ないかも。運転手はものすごく飛ばしていたので、揺れるし跳ねるしかなり酔った(酔い止め薬必須)。予定時刻より30分早く到着。

到着:サンタクルス島(ガラパゴス)(エクアドル)[サンタクルス島(ガラパゴス)観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:グアヤキル(エクアドル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/11/7 9:15~10:10
移動手段・時間・料金:飛行機(Tame Airline)。約1時間40分。往復US$326.62(約33,300円)。燃料費、空港使用税、TAX等US$42.62(約4,350円)込みの値段。
WEB:Http://www.tame.com.ec/

到着場所:空港無料バスで約10分後、サンタクルス島の渡し舟に乗り(なぜか無料だったが0.8かかるらしい)、そこからバスUS$1.8(約190円)で約1時間半でプエルトアヲラの町に到着。
出発場所:セントロからTaxiで3.5US$(約360円)で約15分。バスもあるが、グアヤキルは治安が悪いので注意が必要。

Tame航空のオンライン予約で事前購入。ガラパゴスは11月からハイシーズン料金になるが10月、11月でもネットは同料金でした。日付変更、ガラパゴス諸島内の2空港(バルトラ空港(サンタクルス島の北にある空港島)、サンクリストバル空港))変更は無料。サンクリストバル空港は週3便(水、金、日)のみなので注意。ハイシーズンだと学割(29歳以下)がきくが、ネットだと不可。チェックインの際、ガラパゴス滞在カード(10US$)と荷物検査あり(果物は有無を聞かれる。バナナは大丈夫でした)。手荷物は20㎏/人。待合室はワイヤレスが入る。10分遅れで出発しました。飛行機は3列シートのみで座席間隔は少し狭いです。簡単な軽食付。キトからだとグアヤキル経由でガラパゴスに到着します。到着後、ガラパゴス国立公園入園料(100US$、2009年から値上り予定らしいが未確認)を支払い滞在カードを見せます。ここでも荷物検査があり果物有無を聞かれました。

到着:グアヤキル(エクアドル)[安宿ネット食事
出発:クエンカ(エクアドル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/11/3 17:00~21:20
移動手段・時間・料金:長距離バス(Atrain Alianra)。約4時間。US$7(約700円)。割引後の値段。ターミナル使用料0.1$(約10円)別途必要。

到着場所:Taxiで3.5US$(約350円)で約15分。バスもあるが、グアヤキルは治安が悪いので注意が必要。
出発場所:Taxiで2US$(約200円)で約10分。バスは0.25$(約25円)。

約10分遅れで出発。一番前の席だったが、足置き場は狭く窮屈。リクライニングはそこそこ。クエンカからグアヤキルは標高差がかなりあり山道を一気に下るのでグアヤキルに近づくにつれかなり暑いです。窓が完全に閉まらないので隙間風が入ってきて最初はかなり辛かったです。

到着:クエンカ(エクアドル)[安宿ネット食事
出発:キト(エクアドル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/11/2 23:45~11/3 8:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Sucre)。約8時間半。US$10(約1,000円)。別途ターミナル使用料0.2$(約20円)必要。

到着場所:セントロへはTaxiで2US$(約200円)で約10分。バスは0.25$(約25円)。
出発場所:旧市街からバスターミナルへはTaxiで1.5US$(約150円)。バスターミナルの中まで入る場合はもう少し高い。徒歩で約10~15分。旧市街は治安が悪いので注意が必要。

キトからクエンカ行きのバスは何社かあります。席は広くリクライニング、トイレ付。結構、人の出入りが多いので荷物は気をつけたほうが良い。翌日8時半にクエンカに到着。

到着:キト(エクアドル)[安宿ネット食事
出発:カリ(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/28 19:30~10/29 18:10
移動手段・時間・料金:~イピアレス(コロンビア国境):長距離バス(Trans Ipiales):19:30-翌7:00、30,000Cop(1,350円。40,000を値切った)。~キト:乗合タクシー+コレクティーボ+長距離バス(Turismo):11:00-18:10、1,400Cop(65円。イピアレスセントロ~コロンビア国境まで)+0.75US$(70円。エクアドル国境~トゥルカンまで)+4US$(380円、トゥルカンからキトまで)

到着場所:イピアレスのセントロへは乗合Taxiで1,400Cuc(65円)。キト旧市街までTaxiで1.5US$(約150円)。徒歩で約10~15分。旧市街は治安が悪いので注意が必要。
出発場所:カリのバスターミナルへは、セントロからメータータクシーで4,500Cop。

大型バスとミニバスの2種類があるが、座席の間隔などから大型バスのほうが快適に行けると聞いていたので大型バスか確認してから購入したが、ターミナルにはミニバスが来ていました。座席の間隔は狭く、リクライニングはほとんどできないのでしんどかったです。でもトイレ付で良かったです。朝、がけくずれの処理で50分ほど立ち往生しました。7時頃イピアレスのバスターミナルに到着。バスターミナル内に1個2,000Cop(90円)である。イピアレスから国境まではバスターミナルを出た所に乗合タクシーがあり1,400Copで10分。コロンビアの出国をし(荷物検査なし)、歩いて20メートルほどのエクアドルの入国をします。あまり人がいなかったのですぐ終了(荷物検査なし)。イミグレを出た道路の左側に広場があり、そこからトゥルカンのバスターミナルまでのコレクティーボが0.75$で15分。トゥルカンからキトの路線はたくさんあります。12時30分発に乗ったが客集めるため15分ぐらいまちました。席は広くリクライニングもかなりあります。途中何ヶ所か止まり5時間後にキトに到着。バスターミナルからのタクシーは外で拾うより高いです。

到着:カリ(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:ボゴタ(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/26 20:30~10/27 5:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Flota Magdalena)。約9時間。40,000Cop(約1,800円)、45000を値切り後の料金。

到着場所:カリのセントロへは、チケットタクシーで4,900Cop(約220円)。
出発場所:ボゴタのバスターミナルへは黒の市バス「Terminal行」で約40分、1,200Cop(約55円)。休日、夜間は50Copプラス料金。

バスターミナルまで送ってくれた家族のおすすめはEspreso Palmira社でしたが、 隣のこのバス会社がすぐ値下げしてくれたので購入。この区間は1時間おきぐらいに何社か運行しています。新しい車体で席も広く、膝乗せ完備でトイレも綺麗でした。リクライニングもかなりできました(前席の人がすると少し狭くなるが)。くねくねの山道をかなりのスピードを出し運転するので少し気持ち悪くなりました。予定時刻よりも1時間早く到着しました。

到着:ボゴタ(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:ビジャ・デ・レイバ(コロンビア)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/22 11:45~16:00
移動手段・時間・料金:ミニバス(Cootax)+コレクティーボ。約4時間。5000Cop(約230円、トゥンハまで)、15000Cop(約680円、ボゴタまで)値切り後。

到着場所:バスターミナルからセントロは5キロ離れていてターミナル前の市バスで約40分、1,200Cop(約55円)。休日、夜間は50Copプラス料金。
出発場所:セントロの南西にバスターミナルがあります。

ビジャデレイバからトゥンハまではミニバスが頻繁にあります。定員が集まれば出発。今回は席も広くリクライニングもでき快適。1時間後にトゥンハに到着。ボゴタまでは大型バスもあるがコレクティーボが少し値下がりしたのでコレクティーボに決めました。席は狭くリクライニングはできません。標高が高いので防寒着が必須。

到着:ビジャ・デ・レイバ(コロンビア)[安宿ネット食事
出発:メリダ (ベネズエラ)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/19 8:30~10/20 9:50
移動手段・時間・料金:ミニバス(Unidos)+ミニバス(Linea)+コレクティーボ+長距離バス(Concorde)+コレクティーボ。約23時間。27500Bs(約830円、サン・クリストバルまで)、ターミナル使用料2000Bs(約60円)必要。6000Bs(約180円、サン・アントニオまで)、ターミナル使用料200Bs(約6円)必要。1200Cop(約55円、国境からククタまで)、45000Cop(約2,030円、トゥンハまで)、5000Cop(約230円、ビジャ・デ・レイバまで)。値切り後。

到着場所:セントロの南西にバスターミナルがあります。Plaz Maor には Carrera9 を北西に5分。
出発場所:バスターミナルまで3キロ離れておりバスで900Bs(約30円)。

メリダからビジャ・デ・レイバまでは3回乗継での移動になります。まずメリダからサンクリストバルまでミニバスで移動。この区間は1日5本程あります。席と全席の間が狭い。リクライニング、エアコンあり。事故で30分遅れ6時間かかり14時半にサン・クリストバルに到着。その後15時発のサン・アントニア行きに乗車。席は普通で全席の間は狭く窮屈。暑いが冷房はなし。イミグレの近くで下車(約1時間半)。親切なおばちゃんが国境の場所を教えてくれたおかげですぐ行きました。国境手前に軍人がいるが話しかけても「マネー」と言ってくるので何も言われない限り話さないほうが良い。16時40分にベネズエラを出国。出国税46000Bs(約1,380円)必要。橋を渡りコロンビア入国。荷物検査もなし(時差-30分)。その後両替(コロンビア側がレート良かった)しコレクティーボでククタのバスターミナルへ(約30分)。出発ぎりぎりのボゴタ行きのバスに乗車。席は広く、リクライニング、エアコンあり。乗車時と途中で、警官のパスポートチェックあり。翌朝、トゥンハに到着(約14時間)。ミニバスに乗換えビジャデレイバへ。この区間は30分毎にあり定員が集まれば出発。席は狭くしんどい(約1時間)。

到着:メリダ (ベネズエラ)[安宿ネット食事
出発:シウダーボリバル(ベネズエラ)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/15 21:00~10/16 16:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Occidente+ミニバス)。約18時間。87000Bs(約2,610円、バリナスまで)、20000Bs(約600円、メリダまで)、バスターミナル使用料1000Bs(約30円)必要。

到着場所:バスターミナルからセントロへは3キロ離れており、バスで900Bs(約30円)。
出発場所:バスターミナルは2.5キロ離れておりTaxiで10000Bs(約300円)。

アドレナリンツアーで手配してもらいました。メリダまでの直行バスもあるが、大型バスだと通れない道があり時間がかかるのでバリナスまで購入しそこからミニバス行くのがいいとの事。前回と同じバスで座席も広くリクライニング、膝乗せ、トイレ付。冷房は強いので要防寒着。バス車体は問題ないが、運転がめちゃくちゃ荒く下手で怖かったです。翌日の11時15分頃、バリナスに到着。その後、12時発のメリダ行きのミニバスに乗換えました。乗客が集まってから出発。席は狭くリクライニングもできなかったです。くねくねの山道を通るので結構しんどいです。途中30分程休憩し、16時半頃メリダに到着。

到着:カナイマ/エンジェルフォール(ベネズエラ)[安宿ネット食事
出発:シウダーボリバル(ベネズエラ)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/12 9:00~10/15 17:00
移動手段・時間・料金:セスナ(行)+セスナ+コレクティーボ(帰)。3泊4日ツアー。US$285(約31,000円)。

アドレナリンツアーで手配しました。2泊3日ですが、追加で1泊しても料金は同じなので3泊4日にしました。追加日のご飯以外は全食事、アクティビティー付。セスナは5人乗りで運転席の横にも1人乗ることができます。帰りはコレクティーボとセスナで帰りました。

到着:シウダーボリバル(ベネズエラ)[安宿ネット食事
出発:ボア・ビスタ(ブラジル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/9 7:00~10/10 7:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Eucatur)+徒歩+乗合タクシー+長距離バス(Occidente)。約16時間。R$12.25(約800円、パカライボまで)、R$15(約980円、サンタエレナまで)、50000Bs(約1,500円、シウダーボリバルまで。値切り後)、別途バスターミナル使用料1000Bs(約30円)。

到着場所:セントロは2.5キロ離れておりTaxiで10000Bs(約300円)。
出発場所:乗換え

ボアビスタからシウダーボリバルまでは直通バスもあるが、刻んでいくほうが安いのでパカライマまでのバスを購入しました。席は広くリクライニングもありトイレ付。ただ乗客の乗降りが多いので走行距離の割りに時間がかかります。パカライマに10時40分に到着。そこからブラジルの国境まで約5分歩き出国しベネズエラのイミグレまで10分歩き手続きします(荷物検査なし、イエローカードもみない)。ちょうどベネズエラ側の時、停電があり手続きに時間がかかりました。その後、乗合タクシーでサンタエレナまで行き19時半のシウダーボリバル行きに乗車。席は広く、リクライニングあり、トイレ付。快適だが冷房は常にマックス。かなり冷えるので防寒着は必須。翌日の朝に到着。検問はあったがパスポートチェックのみ。

到着:ボア・ビスタ(ブラジル)[安宿ネット食事
出発:ジョージタウン(ガイアナ)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/7 21:10~10/8 18:00
移動手段・時間・料金:ガイアナ国境のLethemまで:約17時間(13:50着)。ボアビスタまで:約1時間半(16:30-18:00)

到着場所:ボアビスタのバスターミナルはセントロから約2.5km離れてるのでバスかタクシーで。
出発場所:Independence Squre前のHotel Tropicanaから出発

バスチケットは宿泊してたTropicanaで購入出来たし、そこから出発だったので楽でした。この時期は火木日の夜行1便のみ。Lethem行きはミニバンも毎日出てて、GYD10,000と少し安めですが慣れた人でないと長距離夜行移動は辛いかも。購入できる場所は未確認ですが、宿のスタッフや地元民に聞いたらすぐ分かると思います。Lethemまでのボロバスはリクライニング出来ず、トイレなし、道は未舗装でかなり揺れます。23:00頃に警察によるパスポートチェックあり。7:00頃フェリー。13:50頃ガイアナ出国。荷物検査やTAXなし。乗合タクシーで国境の橋まで行き、歩いて橋を渡りブラジルのイミグレで入国手続き。タクシーでバスターミナルまで行き、ボアビスタ行きバスを待ち乗車。自由席なので早めに乗った方がいいと思います。座席は広く、リクライニングあり、冷房ありで久々にブラジルの快適バスでした。ちなみにこのバス、ブラジルのイミグレ近くまで行くかも知れません。そこで待ってる人がいたら聞いてみるとタクシー代が少し浮くかも(^_-)

到着:ジョージタウン(ガイアナ)[安宿ネット食事
出発:パラマリボ(スリナム)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/4 5:00~17:30
移動手段・時間・料金:約12時間半
TEL:498583、(597)874-3897、(597)892-8133|

到着場所:宿前まで行ってくれるので、あらかじめ宿名と住所のメモを用意しとくこと。
出発場所:予約すると宿前まで来てくれる。

パラマリボ⇔ジョージタウンは急いでも約12時間かかるため、スリナム国境に近い町Nieuw Nickerie等で1泊するのが普通かも知れません。その方がローカルバスで移動するので移動費は安いです。しかし1泊の宿泊費を考えると、直通バスを利用するのとあまり変わらないので私はそうしました。宿のスタッフに頼んでロンプラ南米版で紹介されてたBobby Minibusを電話予約してもらいました。早朝1時間くらい客集めしてから町を出発。10時にスリナム国境のフェリー乗場に着き、出国手続き、フェリー代支払いを済ませます。スリナムドルからガイアナドルの両替はガイアナ側の方が良かったです。フェリーは約30分。ガイアナ側の入国手続きもすぐ済みました。時計を1時間戻します。車とドライバーを交代して再出発。13:30頃にニューアムステルダム到着。そこで大型フェリーを待ち15時出港、40分後に対岸到着。再出発後、乗客を降ろしながら17:30頃に目的の宿へ到着。直通バスでもかなり疲れます。

到着:パラマリボ(スリナム)[安宿ネット食事
出発:アワラ・ヤリモポ(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2008/10/1 8:00~16:30
移動手段・時間・料金:ヒッチ出来るまで徒歩:約3時間(8-11時)。Manaまでヒッチ:30分。サンローランまでヒッチ:30分。スリナムまでボート(10分)。国境からパラマリボまで乗合バン:約2時間半(14:30-16:50)

到着場所:乗合バンは宿前まで行ってくれるので、あらかじめ宿名と住所のメモを用意しとくこと。

Awara-Yalimopoの宿近くからはヒッチハイク出来る車すら通らないので、Mana方向へ5km以上も歩きました。十数台通った車はほとんど村内移動のみだったのでManaへは乗せてもらえませんでした。そして炎天下の元30km近く歩く覚悟でとぼとぼ歩いてると、警察の車がManaとサンローランの分岐点まで乗せてくれました。そこで約30分間粘ってポルトガル人の兄ちゃんの車で国境のサンローランまで乗せてもらえました。昨日のも合わせて3回のヒッチハイク、正直疲れ果てましたが親切な人達に恵まれてラッキーでした。川岸で仏領ギアナ出国印をもらい、川を渡ってスリナムへ入国しますが、この日の定期船は17時までなかったので、客引きに来てたボートに乗りました。値切れませんでした。川を渡るとすぐスリナム入国局だったので手続きを済ませ、バンが待ってたので値下げ交渉をしました。かなり苦労して値下げさせ、ボート乗降場で更に客を乗せてパラマリボへ向かいました。ここの客引きは体格のいい黒人ばかりで、少ない客を大勢で取り合うのでケンカのような揉め事も何度かあるし、体を引っ張られたり、鞄を持っていかれたりするのでかなり怖いです。パラマリボに着くと目的の宿はセントロから遠いからと追加料金を求められましたが、きっぱりと断って宿まで行ってもらいました。体力的にも精神的にもかなり疲れた1日でした。

到着:アワラ・ヤリモポ(フランス)[安宿ネット食事
出発:クールー(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2008/9/30 4:00~9:00
移動手段・時間・料金:→Mana:約2時間半(6:30着)。→Awara-Yalimopo(8:30→9:00):約30分

到着場所:ヒッチした車に海亀センターまで連れてってもらった。宿もその隣。
出発場所:予約してるとコレクティフは宿前まで来てくれる。

宿のおばちゃんがフランス語で電話予約してくれました。KourouからManaへのコレクティフは人数が集まらないと出ないらしいけど、予約時と乗車時にMana行きを強調したので客2人だけでも行ってくれました。その他の乗客は皆サンローラン行きだったので、運転手も渋々で感じが悪かったですが。通常はサンローランとManaとの分岐点で降ろされ、そこからヒッチハイクしかないようです。ManaからAwara-Yalimopoへも公共交通機関やコレクティフすらないので、ヒッチハイクが唯一の交通手段です。Manaでは目的の宿が閉鎖されてたのでそのままAwara-Yalimopoへ向かうことにしました。Awara-Yalimopoへ向かう道へ出て1時間以上待ってやっと乗用車の女性に乗せてもらえました。その前にも数台しか車は通過しませんでした。海亀の産卵シーズンには観光客も多いのでもっと楽に行けるかも知れません。

到着:クールー(フランス)[安宿ネット食事
出発:カイエンヌ(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2008/9/27 12:40~13:40
移動手段・時間・料金:タクシーコレクティフ。約1時間。EUR10/1人。日曜だからか人が集まらず3人で出発。午前8時頃がベスト。

到着場所:コレクティフは宿前まで行ってくれるので、あらかじめ宿名と住所のメモを用意しとくこと。
出発場所:運河沿いのAv.LiberteとRue Malouetの交差点周辺にコレクティフ乗場あり。前日とかに予約しとけば宿までも来てくれそう。

日曜はコレクティフも少ないし、クールーの宿にスタッフがいないとロンプラ南米版に書いてたので、カイエンヌで無駄な1泊を覚悟してました。昼前にダメ元でコレクティフを探しに行くと、ドライバーが親切でクールー宿に携帯で電話予約しれくれました。それで急いでチェックアウト(宿で昼食作って食べたのでそれほど急いでないかも(^^;)し、コレクティフ乗場へ行くと先ほどのドライバーは出発後でした。違うコレクティフでしばらく客を待って無事クールーへたどり着けました。コレクティフは普通なら6~8人満員にならないと出発しません。

到着:カイエンヌ(フランス)[安宿ネット食事
出発:マカパ(ブラジル)[安宿ネット食事
 移動日:2008/9/26 18:20~9/27 10:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Viacao Santanense)+徒歩+ボート+タクシーコレクティフ。約16時間。マカパ→オイアポケのバス:BRL57(レアル。約3,400円)。オイアポケ→サンジョルジュのボート:BRL10/1人。サンジョルジュ→カイエンヌのコレクティフ:EUR40(ユーロ。約6,400円)。入国は無料。

到着場所:コレクティフは宿前まで行ってくれるので、あらかじめ宿名と住所のメモを用意しとくこと。
出発場所:マカパのセントロからバスターミナル(Rodoviaria)へは市バスのJardim、Brasil Novo、Universidad行きなど頻繁にあり。乗る方向は宿の受付や地元民、バス係員に確認すること。15~30分。BRL2

マカパからブラジル国境のオイアポケまでの長距離バスは毎日3~4便あります。9、14、18、19時頃。時期により減便されるようなので要確認。ターミナルのバス会社は19時過ぎにはほとんど閉まるので前日購入する場合は注意。ブラジルにしては激安だと思ってたら、ボリビア並みのボロバスで、エアコンなし&リクライニング壊れてる&砂まみれ&虫いる。でも星はきれいでした。翌5:30にオイアポケ着。ターミナル前でタピオカやパン、コーヒーがBRL1。ターミナル出て左手に約500m、15分歩くと右手にPolicia Federal(日曜休みらしい)。ここで出国スタンプを忘れずにもらうこと。トイレ借りました。ギアナ行きボート乗場はPolicia出て左手へ約500m。近づくと声をかけられボート前で料金交渉。人数により値段違うかも。ボートは約15分で降りるとそこは仏領ギアナ。すぐコレクティフのドライバーに声掛けられるので料金交渉。外国人は地元民より高い!ユーロ欲しいなら近くの郵便局(La Postal)へ行き、外のATMでVISA、Master等で引き出せます。コレクティフに乗る前にドライバーにDouane(8-18時)で入国スタンプをもらいたい旨を伝えること。舗装道を100~150km/hですっ飛ばして2時間半で到着。町と道路以外はほとんど熱帯雨林って感じです。

到着:マカパ(ブラジル)[安宿ネット食事
出発:サンタレン(ブラジル)[サンタレン観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/23 18:00~9/25 6:30
移動手段・時間・料金:船 Golfinho do Mar。約35時間。ハンモックR$110(約7,150円)、カマロッチR350(約22,750円)/ 部屋→値下げ交渉後の値段。食事付。

到着場所:サンタレンの船場からおりてしばらく歩いた大通りにセントロ行きのバスに乗り、約1時間。R$1.5(約100円)。
出発場所:セントロ北西の川沿い。徒歩15分。

サンタレンからマカパは週の本数が少なく競争がないので、ほとんど競争がないので日程の割りに高めです。前回同様カマロッチを利用。こちらは昼間もクーラーや電源使え良かった。船はゆっくりしたスピードで進みアマゾン川と流域の自然が見れのんびりできます。途中、何ヶ所でとまり荷物を降ろしたり人を乗せたりします。船によって設備はピンきりですが大きい船のが比較的設備も整ってます。

到着:サンタレン(ブラジル)[サンタレン観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:マナウス(ブラジル)[マナウス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/20 12:00~9/22 4:30
移動手段・時間・料金:船 BM CEZAR BRELAZ 。約39時間。ハンモックR$70(約4,450円)/人、カマロッチR$250(約16,250円)/ 部屋→値下げ交渉後の値段。食事付。

到着場所:船着場からセントロは市バスでR$1.5(約100円)。
出発場所:船着場はセントロの南側。船によって違うので要確認。

マナウスからサンタレン行きは週何便かあるが、金曜に聞いたら、金、土はあるが日曜は運行していないとの事。フェリー売り場で購入するとカマロッチ1部屋の定価R$400(約26,000円)ですがフェリー乗場前の通りやメルカド前の通りにたくさんのチケット売りがいて値下げ交渉ができます。部屋なのに電源やクーラーが昼前から使えずかなり暑くハンモックと大差なくがっかり。しかし景色はすばらしくゆっくりしたスピードでアマゾン川と流域の自然が見れるのは感動。途中、何ヶ所でとまり荷物を降ろしたり人を乗せたりします。船によって設備はピンきりですが大きい船のが比較的設備も整ってます。

到着:マナウス(ブラジル)[マナウス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ベレン(ブラジル)[ベレン観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/19 1:40~3:40
移動手段・時間・料金:飛行機(Gol Airline)。約2時間半。R$338.62(約22,120円、空港使用税R$19.62込)
WEB:Http://www.voegol.com.br/

到着場所:空港からセントロへは約20キロ離れていて空港前のバス停から約1時間。
出発場所:ベレンのバウ・ジ・カーンス国際空港へはセントロの Av.Presidento Vargas から「Pratinha」、「Aeroporte」行きで約40分。セントロの道が混雑しているので結構時間がかかります。

サルバドールの青い家横の Image Tour で予約しました。Tam航空もほぼ同じ料金でしたが、10%の手数料がかかるのでGol航空にしました(Gol航空は代理手数料かからず。しかし旅行会社によっては手数料かかります)。ネット検索した料金と同じ。預け荷物は上限22キロ、機内持込の液体制限あり。座席は3列シートが左右にあり席あは狭め。ブランケットはありません。離陸後ドリンクとおかしのサービスあり。1時間20分後にサンタレンに到着するがマナウスまでの人は待機。半数以上の人が降りました。その後、燃料補給、清掃、乗客を乗せ20分後に出発。そして離陸後2回目のドリンクサービスとおかしのサービスがありました。1時間後マナウスに到着。短い時間で離陸、着陸を繰り返したので疲れました。

到着:ベレン(ブラジル)[ベレン観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンルイス(ブラジル)[サンルイス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/14 19:00~9/15 5:15
移動手段・時間・料金:長距離バス(Boa Esperanca)。約10時間半。R$102 (約6,630円)。ターミナル使用料R$1含む。

到着場所:セントロへはバスターミナルと大通りを隔てた反対側の右方向にあり、頻繁に走っています。約15分。
出発場所:サンルイスのバスターミナルはセントロの Rua Barro Mar から「Rodoviaria」行きに乗り約20分。

1日前に直行便の「Trans Brajilia」に聞いたが、満席だったのでもう1件あるこの会社で購入。「Trans Brajilia」よりR$15高かったです。ブラジルのバスには珍しく冷房が弱く半袖で寝れました。リクライニング、トイレ付、膝のせはなかったです。何ヶ所か停車したが休憩はなかったです。12時間かかるはずが、かなり早く到着。

到着:サンルイス(ブラジル)[サンルイス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:バヘイリーニャス(ブラジル)[バヘイリーニャス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/13 14:00~18:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Cisne Branco)。約4時間半。R$25(約1,630円)。

到着場所:セントロへはターミナル前から出ている市バスで約30分。夜はかなり人通りが少なく(土曜の夜だったためか)、街灯も暗めで少し怖いです。
出発場所:バヘリーニャスのバス停は広場の先の小道を曲がったところ。

午前のツアー終了後、出発直前に購入しました。バヘリーニャスからはガラガラでしたが、かなり乗降する場所が多くサンルイス着くころは満員でした。席は広く、膝のせ、トイレ付で、リクライニングもかなり倒れます。

到着:バヘイリーニャス(ブラジル)[バヘイリーニャス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:トゥトイア(ブラジル)[トゥトイア観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/12 9:30~14:30
移動手段・時間・料金:乗合いトラック。約3時間半。R$23(約1,500円)。

到着場所:バス停はセントロ内
出発場所:セントロの大通り

トゥトイアからバヘイリーニャス行きは朝9時頃のトラックのみ。乗客がいっぱいになったら出発。トラックの荷台に長いすがありそこに人数いっぱいに乗せるので狭いです。白砂の道や水たまりを渡り11時頃ガソリンスタンドで下車。すぐのトラックには乗れず1時間半待ちました。近くの村の人々を乗せて行くので結構時間がかかりました。道はかなり悪路でものすごく揺れ何度もおしりが浮くし、端に座ると木に当たり痛いです。かなり道幅が狭い道と、水溜りを何回か渡ります。そこから砂丘近くの道を通る時の景色はかなり絶景です。動物(牛、ヤギ、豚など)と水たまりと砂丘がとてもきれいです。バヘリーニャスで勝手にセントロから遠い宿に降ろされかけたので注意(ドライバーの知り合いの宿)。

到着:トゥトイア(ブラジル)[トゥトイア観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ジェリコアコアラ(ブラジル)[ジェリコアコアラ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/11 6:30~17:30
移動手段・時間・料金:ジープ+乗合タクシー+バス。約9時間。R$30(約1,950円、カモシンまで)、R$30(約1,950円、パルナイバまで)、R$14(約910円、トゥトイアまで)。

到着場所:バスターミナルはセントロの大通り沿いにあります。
出発場所:宿まで来てくれる。

前日に宿のオーナ経由で購入しました。朝7時前に宿前に迎えに来て色々な所でピックアップし定員が集まれば出発です。7時10分ぐらいでいっぱいになりカモシンに向け出発。車はトヨタのジープで屋根の上に荷物を乗せます。席はぎゅうぎゅうなので少し狭いです。ジェリコアコアラの海を見ながら砂地を走り20分後にジープごと渡し舟で海を対岸に行きます。その後、林道を1時間程走りカモシンの町手前でまた渡し舟で対岸に渡ります。その際、水場を渡るのでサンダルがあると便利。9時前にカモシンに到着。パルナイバ行きのミニバスが迎えにきています。次の出発時間は10時半なので、約1時間半ぶらぶらして待つことになります。ミニバスは空いていたので快適。自然や田舎道を走ります。途中巨石地帯がありおもしろい。3時間後バスターミナルに到着。14時発のトゥトイア行きに乗車。30分遅れで出発しました。席は普通でリクライニングはあまりできないです。ゆっくり走行するので時間がかかります。15時半にトゥトイアのバス停に到着。1日がかりの移動で前半は楽しいが後半はいまいち。

到着:ジェリコアコアラ(ブラジル)[ジェリコアコアラ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:レシフェ/オリンダ(ブラジル)[レシフェ/オリンダ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/8 20:15~9/9 16:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Guanabara+Redencao+4WDトラックバス)。約17時間。R$113(約7,350円、フォルタレーザまで)。R$35(約2,280円、ジェリコアコアラまで)。

到着場所:町中心の広場で下車。
出発場所:セントロからバスターミナルまで約15キロ離れています。地下鉄「Central駅」から「Rodoviaria駅」まで約20分、R$1.3(約85円)。

ジェリコアコアラまでは、フォルタレーザとジェジカで乗換て行きます。レシフェまでのバスは3列シートで席は広々、膝乗せ、水、トイレ付きで快適。途中、食事休憩あります。朝8時40分に到着。2時間後のコアコアラ行きのバスに乗車。席は普通でリクライニング、トイレ付。5時間後のジェジカで4WDのトラックバスに乗換えます。席は何列かの長いすに座り、荷物はトラックの上に乗せます。未舗装道路をしばらく走り海岸沿いの砂道を走り1時間にジェリコアコアラに到着。

到着:レシフェ/オリンダ(ブラジル)[レシフェ/オリンダ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サルバドール(ブラジル)[サルバドール観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/9/7 18:45~9/8 8:05
移動手段・時間・料金:長距離バス(Itapemirim)。約13時間。R$113(約7,350円)。

到着場所:セントロへは約15キロ離れています。バスターミナルに併設している地下鉄で「Central駅」下車。約20分、R$1.3(約85円)。
出発場所:バスターミナルへは旧市街のセントロから東に約5キロ。

前日に購入しました。バス会社のプロモーション料金(週1)安く行けるが日程が合わず通常料金です。約30分遅れで出発しました。バスはきれいで席も広く膝乗せ、毛布付、水、トイレ付で快適です。

到着:サルバドール(ブラジル)[サルバドール観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:レンソイス(ブラジル)[レンソイス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/31 23:30~9/1 5:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Real Expresso)。約6時間。R$45(約2,930円)。

到着場所:旧市街のセントロへは西に約5キロ離れています。市バスで約20分。
出発場所:バス停はセントロを出る橋を渡った道を左折し50メートル右側。

レンソイスからサルバドールへは日に3本バスがあります。約15分遅れで出発。席は広く、リクライニング、トイレあり。乗客のほとんどが欧米人です。2ヶ所ぐらい停車し客が乗車してきます。翌日の朝に到着。

到着:レンソイス(ブラジル)[レンソイス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:カンポグランジ(ブラジル)[カンポグランジ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/27 15:30~8/29 11:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Sou Luiz+Guanabara+Emtram)。約1日+15時間。R$260(約16,900、セアブラまで)、R$9.8(約640円、レンソイスまで)。

到着場所:セントロへはバス停前の道を川を右手に見て50メートル進んだ橋を渡ったところ。
出発場所:バスターミナルはセントロ内

レンソイスへの行き方はカンポグランジからはブラジリア経由もあります。私は以前ブラジリアには行っていたのでゴイアニア経由で行く事に。席は広くリクライニング、膝乗せもあり快適。トイレ、飲み水あり。検問に20分。途中橋を渡る為、一旦バスを降ります。翌日の7時20分に到着。ゴイアニアとは時差+1時間あり。その後10時にバスを乗換えます。席は広くリクライニング、トイレ付。何度か食事休憩し翌日の7時に到着。そこからレンソイス行きのバスは発車場所が違うので運転手に聞き約500メートル程歩きました(地元の人に何回か聞いたほうがよい)。バスターミナルでレンソイス行きのバスを購入。9時過ぎに出発したが、バス会社で清掃があり9時40分頃に出発。席は普通でリクライニングは微妙。トイレ付。レンソイスまでの道は自然が多く、テーブルマウンテンも見ることができとても綺麗です。11時にレンソイスに到着。2日がかりでの移動なのでかなり疲れます。

到着:カンポグランジ(ブラジル)[カンポグランジ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ボニート(ブラジル)[ボニート観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/26 5:30~9:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Cruzeiro do Sur)。約4時間。R$20(約1,300円)。通常はR$48(約3,120円)。

到着場所:バスターミナルはセントロ内。
出発場所:宿まで来てくれる。

通常はボニートからカンポグランジへは日に4本あります。通常R$48(約3,120円)だが、宿のおばちゃんに聞いたら朝1のバスだけR$20で行けると聞き前日に購入。このバスは宿前まで迎えにきてくれます。その後色々な場所にピックアップしてバスターミナルに行き出発します。ミニバスで座席は普通、トイレなしです。道は草原地帯を走るので運がよければ鳥やカピバラなどの動物を見ることができます。

到着:ボニート(ブラジル)[ボニート観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:コルンバ(ブラジル)[コルンバ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/23 14:00~20:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Cruzeiro do Sur)。約6時間。R$57(約3,700円)。

到着場所:バスターミナルを出た Rua Pedro Alvares Cabral を北東に約1キロ。
出発場所:セントロから南東に1キロ。

この区間は月~土の14時のみミニバスが運行しています。6時間なのに値段は高いです。席は普通でトイレなし。道は悪いので結構揺れます。途中の道はパンタナールを通るのでカピバラやワニや鳥などが見れて楽しかったです。途中、「Jardin」でバスを乗換えボニートに到着しました。ボニートからコルンバは月~土で6時のみ。

到着:コルンバ(ブラジル)[コルンバ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンタクルス(ボリビア)[サンタクルス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/21 17:30~8/22 13:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(15 de Abril)+Taxi+バス。約19時間。Bs75(約1,130円、キハロまで)。タクシーBs10(約150円、国境まで)。市バスR$1.7(約110円、コルンバまで)。別途ターミナル使用料Bs3(約45円)必要。

到着場所:セントロで降りること可能。
出発場所:バスターミナルは3キロ東にあり、Telminal 行きかAv.Brazil 行きに乗車(運転手に要確認)。

この区間は電車とバスがあります。どちらにするか迷ったが、コルンバまで直通バスがあると聞きバスにしたが結局キハロまででした。バスは古い車体で座席も普通でリクライニングもいまいちでトイレなし。途中、橋を渡るが対向車と交代で渡るのでかなり渋滞になり約1時間程とまったままです。3~4回、トイレとご飯休憩。舗装道路もあるがほとんど未舗装が多くのろのろ運転なのにかなり揺れてすごくしんどい移動になりました。キハロには翌日11時過ぎに到着(予定は5時頃)。そこから乗合タクシーで国境まで行き(Bs10)、手続きし市バス1.7R(約110円)でコルンバに到着。ブラジルのイミグレは長距離バスターミナル内にあります(土日は午前中のみ、入国しないとバスチケット購入不可)。時間的にも電車とあまり変わらなかったのでトイレがある分電車移動のがよいかも。

到着:サンタクルス(ボリビア)[サンタクルス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:コチャバンバ(ボリビア)[コチャバンバ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/15 21:30~8/16 9:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(El Dorado)。約11時間。Bs30(約450円)、別途ターミナル使用料Bs2.5(約40円)必要。

到着場所:セントロは3キロ西にあり、バス番号43、72、103で約10分。
出発場所:バスターミナルはセントロは約1キロ南西のAv. Ayacucho 沿い。

この区間はバス会社も多いし1日に何便もあります。席をうめるためかなかなか出発せず約40分後に出発しました。出発時点呼あり。席は広めだがリクライニングはあまりできな、トイレなし。今回はストがなく予定時間にサンタクルスに到着しました。

到着:コチャバンバ(ボリビア)[コチャバンバ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:スクレ(ボリビア)[スクレ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/12 19:30~8/13 6:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Trans Real)。約11時間。Bs55(約830円)。別途ターミナル使用料Bs2.5(約40円)必要。

到着場所:バスターミナルからセントロは約1キロ北東。
出発場所:バスターミナルは3キロ離れていてタクシーで5Bs(約80円)。ミクロも1.5Bs(約20円)。

当日の昼に購入しました。夜光はどの会社も19時半が多かったです。バスの外見は古いが席も広く、リクライニングもそこそこでき膝乗せ付、トイレなし。約10分後に出発しました。この区間もほとんど未舗装道路で結構揺れます。朝着で寒いので防寒着必須。治安はあまり良くないので注意が必要。

到着:スクレ(ボリビア)[スクレ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンタクルス(ボリビア)[サンタクルス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/9 11:30~8/10 3:50
移動手段・時間・料金:長距離バス(Trans Oruro)。約15時間半。Bs60(約900円)、別途ターミナル使用料Bs3(約50円)。

到着場所:通常のバスターミナルではなかったので乗合タクシーでセントロまで5Bs(約80円)/人で約20分。
出発場所:バスターミナルは3キロ東にあり、Telminal 行きかAv.Brazil 行きに乗車(運転手に要確認)。

当日の朝、バスターミナルで購入しました。選挙前でスクレ行きは少なくこの会社だけ昼発がありました。約50分遅れで出発。バスは古く車内もあまりきれいではなかったです。席は普通だがリクライニングはあまりできません。トイレも付いてないので何回か休憩とご飯タイムあり。道は悪いのでかなり揺れてしんどいので、できるだけ前の席がよいです。

到着:サンタクルス(ボリビア)[サンタクルス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:バジェグランデ(ボリビア)[バジェグランデ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/8 21:30~8/9 6:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Trans Expreso)。Bs30(約450円)。

到着場所:旧バスターミナル近くで降ろしてもらった
出発場所:バスを降りた場所から。チケット売場で確認すること。

曜日が限定されるみたいだけど夜行バスがあったので前日にオフィスで購入しておきました。バス会社は2〜3社あるみたいだけど、地元民によってひいき会社しか教えてくれなかったりするので見つけるのが難しかったです。バスはほぼ時間通りに出発しました。寝てたからか行きよりスムーズに到着した気がしました。しかし起きてたら夜の崖超えとかかなり怖そう。

到着:バジェグランデ(ボリビア)[バジェグランデ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンタクルス(ボリビア)[サンタクルス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/6 9:00~16:50
移動手段・時間・料金:長距離バス(Trans Portes)。8時間。Bs35(約530円)。

到着場所:セントロのマーケット近くで降ろしてもらえた
出発場所:バス乗場は何箇所からあるらしい。地元民に聞いた方が良い。私は旧バスターミナルから乗りました。

オフシーズン中は曜日が限定されるらしい。オンシーズンは2種類のバス会社がほぼ毎日運行してるみたい。地元民も把握してる人は少ないし、バス会社の人もはっきり教えてくれないのが残念。バスは未舗装道の山道を走っていくので、ほこりまみれになります。途中で道路工事してて30分くらい待たされたりしました。雨季などは崖崩れの危険もありそうで怖いかも。

到着:サンタクルス(ボリビア)[サンタクルス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:コチャバンバ(ボリビア)[コチャバンバ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/4 7:30~8/5 5:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Trans Copacaana S.A)。約21時間(通常は11時間)。Bs30(約450円)、別途ターミナル使用料Bs2.5(約40円)必要。

到着場所:セントロは3キロ西にあり、バス番号43、72、103で約10分。
出発場所:バスターミナルはセントロは約1キロ南西のAv. Ayacucho 沿い。

朝の7時に行き購入したので安く購入できました。がらがらだったので出発せず約50分遅れで8時20分に出発。バスは座席広く、リクライニングもかなり倒れるので快適です。しかし料金所がストで閉鎖していた為、別の道に迂回したがその道路もストで道路封鎖され10時半~16時半まで立ち往生しました。やっと進んだと思ったら第2、第3の道路封鎖があり結局スムーズに進んだのは19時半からでした。約11時間で付く予定が21時間かかったのでへとへとになりました。トイレ無しなのに5時間ぐらいトイレ休憩、食事休憩がなかったのはきつかったです。

到着:コチャバンバ(ボリビア)[コチャバンバ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ラパス(ボリビア)[ラパス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/8/2 19:15~8/3 3:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Bolivia)。約8時間。Bs20(約350円)、別途ターミナル使用料Bs2(約30円)必要。

到着場所:バスターミナルからセントロは約1キロ北東。
出発場所:ラパスのバスターミナルはサンフランシスコ教会前の Av. Montes を東に進みに Uruguay を上った所。約10~15分。サンフランシスコ前の道でTaxi拾うとすこし安いです。

スクレ行きのバスを購入していたがストの関係か全社出発しなくなったので急遽コチャバンバ行きを購入。バスは普通の座席でリクライニングはあまり倒れなかったです。山道を通るのでかなり冷えこんで寒かったです。到着したのが3時過ぎの為バスターミナルはあいていなくターミナル前で待ちました(かなりの人がいたので危険な感じはしなかったです。屋台も何件かあいていました)。5時にあく予定が人が多い為か4時20分に入る事ができました。ターミナル内は混雑しているので荷物管理には十分気をつけたほうがよいです。

到着:ラパス(ボリビア)[ラパス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ルレナバケ(ボリビア)[ルレナバケ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/25 11:30~7/26 4:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Flota Yunguena)。約16時間。Bs65(約980円)。別途ターミナル使用料Bs2(約30円)必要。

到着場所:セントロ行きのコレクティーボに乗り約10分。
出発場所:バスターミナルは Ayacucho 通り沿い。

行きと同じバス会社にしました。席も広くリクライニングもかなり倒れます。道は砂埃がすごく山道でかなり揺れるので前の座席がおすすめです。デスロードを通らない新道を走りますがけっこう道幅は狭いです。途中、何度か休憩があります。ラ・パスに近づくにつれかなり冷えこみます。20時間かかる予定がかなり早かったので途中1時間程、時間調整で停車していました。

到着:ルレナバケ(ボリビア)[ルレナバケ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ラパス(ボリビア)[ラパス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/21 11:00~7/22 3:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Flota Yunguena)。約15時間。Bs65(約980円)。

到着場所:セントロは Ayacucho 通りを南に2ブロック進み Av. Aniceto Arce を右に曲がった所。
出発場所:サンフランシスコ教会の向かいのAv. Potosi から「Villa Fatima」行きのコレクティーボに乗り約10分。

何社か運行しているが一番車体が新しいです。席も広くリクライニングもかなり倒れます。11時出発予定が遅れ12時過ぎに出発しました。道は砂埃がすごく山道でかなり揺れるので前の座席がおすすめです。デスロードを通らない新道を走りますが上り優先で対向車とすれ違う時外側を走るので怖いです。途中、何台かアクシデントがありました。コロイコを過ぎてからかなり車内は暑くなります。朝の3時に着いたのでバス停で時間待ちをしアナコンダツアーの勧誘がきたので5時過ぎぐらいにオフィスに行きました。トイレ休憩は3回ありました。

到着:ラパス(ボリビア)[ラパス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:クスコ(ペルー)[クスコ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/17 22:00~7/18 16:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(El Sue、Tour Peru、その他バス)、渡し舟1.5Bs(約20円)、クスコ、プーノで別途ターミナル使用料1sol(約40円)。

到着場所:セメンタリオのバスターミナルからコレクティーボでセントロへ。
出発場所:バスターミナルからタクシーで3sol(約120円)。コレクティーボで0.6sol(約23円)。

今回コパカバーナ経由の「ユングーヨ国境」にしました。まずクスコからプーノ行きに乗車。席は普通、トイレ無し。途中、山を超えるので車内は寒い。翌日の4:40分着。プーノからコパカバーナへは7:30出発。10:10国境。時差+1時間。コレクティーボに乗換てティキーナに到着。1度バスを降り、渡し舟(1.5Bs、パスポート必要。バスと乗客別々)で湖を渡ります。その後、バスを乗換ラパスのセメンタリオ近くのバスターミナルに到着。この辺は治安が悪いので注意が必要。

到着:クスコ(ペルー)[クスコ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ラパス(ボリビア)[ラパス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/15 6:30~7/16 5:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Milton Tour、Celtur、El Sur)。約15時間。Bs110(約1,650円)、渡し舟1.5Bs(約20円)、プーノで別途ターミナル使用料1sol(約40円)。

到着場所:バスターミナルからタクシーで3sol(約120円)。コレクティーボで0.6sol(約23円)。
出発場所:ホテルまで迎えにきます。

ホテルで予約してもらったツーリストバス。クスコから直通バスもあるが、旅人から警察か軍人にお金をまきあげられるという「デサグアデーロ国境」を通るため、今回コパカバーナ経由の「ユングーヨ国境」にしました。時間変更で6時20分にホテルに迎えにきました。その後、何人かピックアップし7時半にバスターミナルに到着。他の乗客を乗せ出発。席は広くリクライニングもそこそこできます。トイレはないが何回か休憩あり。1時間程でティキーナに到着。1度バスを降り、渡し舟(1.5Bs、パスポート必要。バスと乗客別々)で湖を渡ります。1時間後の11時過ぎにコパカバーナに到着。その後13時30分にバスを乗換えて出発。ボリビア出国、ペルー入国(共に荷物検査なし)。時差があるのでペルー時間13時40分頃国境からプーノに出発し17時ごろ到着。そしてバスを乗換え夜の21時30分からクスコへ出発(バスターミナル使用料1sol)。少し古い車体だが席はまぁまぁ広くリクライニングあり。この区間は3000~4000キロ級の峠をいくつも越えるので防寒着は必須。クスコに5時半に到着。

到着:ラパス(ボリビア)[ラパス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:太陽の島(ボリビア)[太陽の島観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/8 11:00~17:40
移動手段・時間・料金:~コパカバーナ:モーターボート:11:00-12:40、Bs12.5(190円)。~ラパス:長距離バス(Milton Tour):13:30-17:40、Bs25(370円)+途中の渡し舟1.5Bs(25円)

到着場所:セントロのミルトンホテル前
出発場所:太陽の島の港。コパカバーナからのバスはセントロの 6 de Agosto 沿いの Plaza sucre 近くから。

10時半出発の船に乗車しようとチケット屋に行くも倍の値段20Bsとの事。値段交渉しても下がらなかったので他の船が来ないか待機。20分後にそれらしい船が来たのでスタッフに直接交渉し15Bsを12,5Bsしてもらう事に成功しました。すぐ満員になり出発しました。途中、太陽の神殿で30分程観光し、コパカバーナにむかいました。行きよりもスピードが出る船だったので1時間程で到着しました。ラパスへはミルトンツアーのバス。ローカルバスもあるがセメンテリオまでしか行かずそこからのタクシーが危ないとの事なので今回セントロの街中のミルトンホテル前に着くバスにしました。席は広くリクライニングもそこそこできます。トイレはないが何回か休憩あり。1時間程で1度バスを降り、渡し舟(1.5Bs、パスポート必要。バスと乗客別々)で湖を渡ります。再度乗り込んで出発します。2時間半でラパスのミルトンホテルに到着。徒歩でもホテルまで歩ける距離だがラパスは危険なのでタクシーがおすすめ。

到着:太陽の島(ボリビア)[太陽の島観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:プーノ(ペルー)[プーノ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/7 7:00~15:10
移動手段・時間・料金:~コパカバーナ:長距離バス(Panamericano):7:00-12:15、10sol(380円)。別途ターミナル使用料1sol(40円)必要。~太陽の島:スピードボート:13:30-15:10、Bs10(150円)

到着場所:太陽の島の港
出発場所:プーノのバスターミナは中心部から南東方向で少し離れています。タクシーで3sol(120円)。コパカバーナのセントロのPlaza Sucre沿いにある 6 de Agosto を西に200メートル。

この区間はバスが埋まるのが早いので事前購入しました。30分遅れで出発しました。席は普通でリクライニングはそこそこできました。短時間なのでトイレなしにしました。1時間半後に両替屋でトイレ休憩。その後ペルーの出国手続きをしました。あっという間に終了しボリビアのイミグレまでは徒歩すぐです(50メートルぐらい先)。ボリビア側は事務処理が1人でかなり遅かったです。パスポートのコピーが必要だが自分で持っていたパスポートのコピーは半面だったためか受け付けてもらえずその近くのコピー屋でコピーすることになり時間がかかりました。荷物検査はなし。30分ぐらいで乗客全員入国しコパカバーナに向かいました。その途中1ボリ徴収されました(Tax?)。コパカバーナの港近くの旅行会社でチケットを購入しました。1日に10時ごろと13時半のみ運行。片道10Bs、当日の往復20Bsです。1泊する場合の往復は購入不可だったので片道で購入。船は中型のモーターボートで船上にもイスはあります。欧米人には船上が好評ですぐ人がいっぱいになりました。太陽光がきついので個人的には船内のが空いてていいです。モーターボートの威力が弱くあまりスピードは出なかったです。1時間半で到着。

到着:プーノ(ペルー)[プーノ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:アマンタニ島(ペルー)[アマンタニ島観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/5 7:50~15:00
移動手段・時間・料金:モーターボート(ツアー)。55sol(約2,100円)。1泊3食、ガイド付。

到着場所:ホテルまで送迎あり。
出発場所:坂道を約5分程くだったところ。

翌日は7時40分頃、アマンタニ島を出発しました。モーターボートで約1時間タキーレ島に到着。その後タキーレ島の町まで40分程のぼり、自由時間。その後観光と昼ごはんを食べ3時間かけプーノに到着。モーターボートは昨日と同じ。

到着:アマンタニ島(ペルー)[アマンタニ島観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:プーノ(ペルー)[プーノ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/4 8:00~14:10
移動手段・時間・料金:モーターボート(ツアー)。約3時間。55sol(約2,100円)。1泊3食、ガイド付。

到着場所:坂道を約5分のぼったところ。
出発場所:ホテルまで送迎あり。

宿でツアーを手配してもらいました。朝7時過ぎにツアー会社のバスが迎えにきます。その後、8時過ぎに船着場からウロス島にモーターボートで行きました。約40分。その後、ウロス島観光後に1時間半かけて他の島で昼食。その後、1時間かけてアマンタニ島に到着します。モーターボートは2階建で乗り心地は良い。トイレつき。

到着:プーノ(ペルー)[プーノ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:クスコ(ペルー)[クスコ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/7/3 11:00~18:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Power)。約7時間。15sol(約570円)。別途ターミナル使用料1sol(約40円)必要。

到着場所:セントロはバスターミナルから少し離れています。タクシーで3sol(約120円)。
出発場所:タクシーで3sol(約120円)。コレクティーボで0.6sol(約23円)。

クスコからプーノ間はバス会社の競争が激しいので値段交渉しやすく当日でも購入可能です。事前に購入していたが10時発なのにバス会社の都合(人数が足りなかったのかも)で変更になり11:20分に出発しました。座席は広くリクライニングもそこそこできました。道は整備されているので振動は少ないが3000~4000メートル程の山道続きなのでしんどいです。クスコ同様プーノも標高が高いので防寒着必須。バスターミナルにいるツアーの客引きは評判悪いので注意(情報ノートにも書かれてます)。治安はあまり良くないので注意が必要。

到着:クスコ(ペルー)[クスコ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:マチュピチュ村(ペルー)[マチュピチュ村観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/19 5:00~16:30
移動手段・時間・料金:徒歩+乗合タクシー+バス。約10時間。25sol(約1,070円)。

到着場所:バスターミナルから北東に1キロ。

早朝の電車で帰る予定が時間があわず行きと同じで水力発電所まで歩いていくことにしました。5時過ぎから歩いたので真っ暗の中での線路歩きは懐中電灯があってもかなり怖かったです。暗いうちはあまりおすすめできません。明るくなりはじめてからは景色を楽しめました。早歩きだったので7時過ぎに到着。コレクティーボを待っていたが来なかったので乗合タクシーでサンタ・テレサまで行きました(5sol)。7時半出発で8時過ぎに到着。その後メルカド前のコレクティーボ乗り場でサンタ・マリア行きに乗りました。10solだったけど欧米人旅行者が8solだったのでだめもとで交渉したらOkでした。8時半出発し10時過ぎに到着。バス会社にクスコ行きを聞いたが次のバスまで1時間以上待つとのこと。コレクティーボの運転手が何台か通るバスに交渉してくれて20分後に乗車できました(15sol)。満員で通路まで立ち客がいたけど運転手のご好意で運転手横に乗せてもらえました。11時前に乗りオリャンタイタンボでパンクしタイヤ交換に1時間かかったが16時半にクスコに到着。

到着:マチュピチュ村(ペルー)[マチュピチュ村観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:クスコ(ペルー)[クスコ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/17 9:00~17:45
移動手段・時間・料金:コレクティーボ+乗合タクシー+徒歩。約8時間半。44sol(約1,670円)。

出発場所:アルマス広場から南西に1キロ。メルカドセントラルを左手に見て、Santa Clara 通りをまっすぐ進み交差する線路を渡りさらに真っ直ぐ行ったサンチアゴという地区にある会社。

バスで行くつもりだったが8時発が満員で乗れなかったので近くの通りにあるコレクティーボで行くことにしました。人数が集まると出発します(30sol、値引できず)。車の座席は広く良かったが未舗装道を猛スピードで走るので3時間半でサンタ・マリアに到着(バスは6時間)。着くとすぐ乗合タクシーがあり、サンタ・テレサまで交渉し10solになりました。車1台分のかなり狭い道を猛スピードで走るのでかなりの恐怖です(落ちれば崖)。13時過ぎに出発し14時過ぎにサンタ・テレサに到着しました。その後、メルカド前でコレクティーボに乗換え水力発電所駅まで4solで行きました。客待ちのため少し待ち14時半に出発し15時過ぎに到着。水力発電所手前で外国人だけ帳面に記帳しました。15時半ごろから線路を歩きはじめました。列車も通過するので注意が必要なのと野犬もいるので石と棒は用意したほうがいいです。地元民も歩いてるので道が分からなければ聞いたほうが良いです。マチュピチュまでの景色はなかなか良かったです。でも、10キロはかなり疲れます。

到着:クスコ(ペルー)[クスコ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:アヤクーチョ(ペルー)[アヤクーチョ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/14 16:20~6/15 17:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Celtur)。約20時間。53sol(約2,020円)。

到着場所:バスターミナルからタクシーで3sol(約120円)。コレクティーボで0.6sol(約23円)。
出発場所:セントロのPlaza Mayor de Huamanga の東にある Jr.Asamblea を北側に2ブロック進んだ Av. Mariscal Caseres を右折(東)し1ブロック進んだPsje. Caceres を左折し少し進んだところ。

アヤクーチョからクスコへは途中のアンダワイリャスで乗換えて行きます。丸一日程かかるのでトイレ付のバスにしました。席は普通でリクライニングは少ししかできませんでした。朝5時半にアンダワイリャスに到着。その後7時に乗換え夕方にクスコに到着しました。この路線はとにかく悪路で未舗装なのでずっと揺れっぱなしだし3000mを越す峠がいくつもありしんどいです。酔い止めあるといいかも。車内も寒いので防寒着必須。

到着:アヤクーチョ(ペルー)[アヤクーチョ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:リマ(ペルー)[リマ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/12 20:30~6/13 7:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Expreso Molina)。約10時間。30sol(約1,140円)。

到着場所:タクシーで3sol(約120円)。
出発場所:リマのバス会社はAv.Republicaと28 de Julioの交差点周辺に集合。旧市街からはAv.Abancayを走るミクロバス(0.5Sol)に乗り、28 de Julioとの交差点(Av.Manco Capac Cuadra4)で降り、公園の前を約200m。

朝の8時に事前購入しました。約30分遅れで出発しました。座席は普通でリクライニングもそこそこでトイレ付でした。道は舗装道路ですがアンデスの4000メートル以上の峠を越えるのでくねくね道でしんどいです。アヤクーチョは標高が2700メートル以上あるので早朝や夜着は防寒着が必要。

到着:リマ(ペルー)[リマ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:チクライヨ(ペルー)[チクライヨ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/11 20:30~6/12 8:15
移動手段・時間・料金:長距離バス(Civa)。約10時間半。35sol(約1,330円)。

到着場所:リマのバスターミナルは会社毎に違うがAv.Republicaと28 de Julioの交差点周辺に集合。旧市街までTaxiで5sol(約190円)。
出発場所:チクラヨのバス会社はセントロの南のBolognesi 通りに多数あります。セントロから南に200メートル。

何社か聞いてCiva社が安かったので購入しました。席は普通でリクライニングはあまりできなかったです。トイレ付だがためこみ式のため、時間がたつと匂いが気になるので休憩があればそこでするほうが良い。

到着:チクライヨ(ペルー)[チクライヨ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:カハマルカ(ペルー)[カハマルカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/8 23:00~6/9 5:45
移動手段・時間・料金:長距離バス(Linea)。約6時間半。25sol(約950円)。

到着場所:チクラヨのバス会社はセントロの南のBolognesi 通りに多数あります。セントロまで北に200メートル。
出発場所:バスターミナルへは南東に2キロ。タクシーで3sol(約120円)。

今回もLINEA社のバスを利用しました。事前に購入したほうが良いです(クレジット可)。席は広くリクライニングもそこそこありトイレ付。出発後、山道をくだる時くねくねとしているので少ししんどいです。

到着:カハマルカ(ペルー)[カハマルカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:トルヒーヨ(ペルー)[トルヒーヨ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/6 22:00~6/7 6:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Linea)。約8時間。25sol(約950円)。

到着場所:バスターミナルからセントロは北西に2キロ。タクシーで3sol(約120円)。
出発場所:セントロから離れたAv.America Sur 沿いにありタクシーで4sol(約160円)。

トルヒーヨからカハマルカは何社かバスがあるが、前回利用したLINEA社のバスがよかったので今回もLINEA社にしました。バスターミナルはセントロから2キロ離れているがセントロの会社で切符は購入(クレジット可)できます。希望の時間があれば早めに購入するほうが良いです(時間により多少値段変動します)。席は広めでリクライニングもそこそこできます。トイレ付。到着する2時間前からくねくねの山道になります。カハマルカは標高が高いので朝の到着時、防寒着は必須。

到着:トルヒーヨ(ペルー)[トルヒーヨ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ワラス(ペルー)[ワラス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/4 21:00~6/5 6:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Linea)。約9時間。35sol(約1,330円)。

到着場所:セントロから離れたAv.America Sur 沿いにありタクシーで4sol(約160円)。
出発場所:バスは各オフィス前に到着。Av.Simon Bolivar前が多い。小さな町なのでほとんどの宿へは歩いて近いです。

ワラスからトルヒーヨまでは何社かあるが、比較的新しいLineaで行きました。席は広くリクライニング付き。山を何個か超えるので車内は結構寒くなります。

到着:ワラス(ペルー)[ワラス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:リマ(ペルー)[リマ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/6/2 22:20~6/3 6:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Flores)。約8時間。エコノミー:30Sol(ソレス。約1150円)。トイレ付

到着場所:バスは各オフィス前に到着。Av.Simon Bolivar前が多い。小さな町なのでほとんどの宿へは歩いて近いです。
出発場所:リマのバス会社はAv.Republicaと28 de Julioの交差点周辺に集合。旧市街からはAv.Abancayを走るミクロバス(0.5Sol)に乗り、28 de Julioとの交差点(Av.Manco Capac Cuadra4)で降り、公園の前を約200m。

リマ→ワラスは30Solくらいから、多くの会社で出ています。私はトイレ付で一番安いバスを選びましたが、このFloresという会社はなかなかいいです。席も狭くなく、従業員態度も良いです。ワラスは標高約3000mで、早朝到着するので、秋冬などはバスの手荷物で防寒具を用意しましょう。到着時に寄ってくる客引きは安い宿を良く知ってるので便利ですが、ほぼ全員がツアー会社の人で、チェックイン後にツアー勧誘が始まるので要注意。でも到着日にツアー行くなら初日はそこで決めてもいいかも。値引きは必須!。

到着:リマ(ペルー)[リマ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ピスコ(ペルー)[ピスコ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/28 14:00~18:30
移動手段・時間・料金:中距離バス(San Martin)。約4時間半。12sol(約460円)。

到着場所:リマのバスターミナルは会社毎に違うがAv.Republicaと28 de Julioの交差点周辺に集合。旧市街までTaxiで5sol(約190円)。
出発場所:セントロのAv. Sanmartin 沿い

リマ行きは何社か出ているが、1番安かったバス会社にしました。座席は普通だが前席との間が少し狭かったです。途中までのろのろ運転だったが途中から道が良くなったので揺れはなかったです。

到着:ピスコ(ペルー)[ピスコ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ワカチナ(イカ)(ペルー)[ワカチナ(イカ)観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/27 16:00~18:40
移動手段・時間・料金:中距離バス(Saky)。約2時間半。タクシー3sol(約120円)、バス3.5sol(約140円)。

到着場所:ピスコのセントロのバス会社前
出発場所:ワカチナセントロ内

ワカチナからイカまでタクシーで15分。バスは約15分遅れで出発しました。座席は普通だが全席との間は狭かったです。途中で客を乗せるので結構時間がかかりました。トイレなし。

到着:ワカチナ(イカ)(ペルー)[ワカチナ(イカ)観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ナスカ(ペルー)[ナスカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/26 12:30~17:40
移動手段・時間・料金:バス(Soyuz、Peru Bus、他)+Taxi。約3時間。バス3回合計13.5sol(約520円)、イカからのTaxi3sol(約120円)

到着場所:ワカチナセントロ内
出発場所:セントロから西に300メートル進んだバス会社が並んでるところ。

ナスカから地上絵のミラドール2つとマリアライへ博物館に寄りながらの移動になりました。ナスカからナスカミラドールまで約30分(2sol)。座席は普通。見終わってからイカ方向のバスに乗車(ミラドール前に通るバスを拾います)。約10分でマリアライへ博物館で下車(2.5sol)。座席普通。その後博物館前でイカ行きのバスを拾いパルパのミラドールで下車。約20分(2sol)。座席普通。イカ行きのバスを拾い約1時間40分でイカに到着(7sol)。座席普通。ナスカからイカ行きは朝から夕方までは比較的バスが多いので拾いやすいです。拾うバスによって値段は変わってきます。イカのバスターミナルに着くと、タクシーの客引きが「ワカチナ、オアシス」と来るので交渉して乗りました。約15分(3sol)。

到着:ナスカ(ペルー)[ナスカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:アレキパ(ペルー)[アレキパ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/24 21:00~5/25 5:20
移動手段・時間・料金:長距離バス(Crus De Sur)。約8時間。63sol(約2,400円)。プロモーション価格。

到着場所:バスターミナルからセントロは東に300メートル。
出発場所:バスターミナルへは3キロありTaxiで4~5sol(約150円~190円)で10分。

ペルーの高級バス。ちょうどプロポーション料金があり通常より安く乗ることができました。座席は広く膝乗せ、枕、トイレ付で快適。乗る際に乗客のビデオ撮影あり。乗務員もいて夕食(お弁当のちょっと豪華版)と飲み物(ペルー名物インカコーラ他)付。

到着:アレキパ(ペルー)[アレキパ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:カバナコンデ(ペルー)[カバナコンデ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/24 11:30~18:30
移動手段・時間・料金:長距離バス()。約5時間。

到着場所:アレキパのバスターミナル。町へは約3km。タクシーで4Sol。
出発場所:カバナコンデのアルマス広場

カバナコンデからチバイ行きバスで、コンドル展望場所Cruz del Condorに途中下車出来ます。そこからチバイ行きバスにも乗れます。チバイからアレキパへのバスは日に数便あります。1時半、2時半、16時など。チバイまでの道は行きと同様、未舗装のガタガタ道なので要ショック体勢で(^^;。行きよりゆっくり運転だったので揺れはましだったけど、2時間以上かかりました。

到着:カバナコンデ(ペルー)[カバナコンデ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:アレキパ(ペルー)[アレキパ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/23 11:30~18:20
移動手段・時間・料金:長距離バス()。約5時間。アレキパ→チバイ:12Sol(ソレス。約400円)。チバイ→カバナコンデ:3Sol

到着場所:カバナコンデのアルマス広場
出発場所:アレキパのバスターミナルへは町から約3km。タクシーで4Sol。

アレキパからチバイ行きのバスは11:30の次は15時台。早朝4時台もあるらしいです。この時期の平日は空いてるので出発直前でもチケット買えました。アレキパからカバナコンデの直通バスも1日1便あるようです(時間不明)。私はチバイまで行って(15時着)、そこのバスターミナルからカバナコンデ行きに乗り換えました。カバナコンデ行きは、15:30、17:00にあります。15:30のは満員で座れなかったので17:00ので行きました。チバイ→カバナコンデは超悪路でジェットコースターです。酔う人は薬飲んだ方がいいかも。私が乗ったバスの運転手は特に荒い運転でスピード狂で、2時間かかる道を1時間ちょっとで行きました。

到着:アレキパ(ペルー)[アレキパ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:アリカ(チリ)[アリカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/21 10:10~18:00
移動手段・時間・料金:~タクナ(国境の町):コレクティーボ(乗用車):10:10-11:10、CL$2,500(650円。学割なし)。~アレキパ:長距離バス(Flores):12:30-18:00、35sol(1,330円)。

到着場所:アレキパのバスターミナルはセントロから約3キロ。Taxiで4~5sol(約150円~190円)で10分。
出発場所:アリカでコレクティーボ4、8かTaxiで約5分~10分。バスターミナル近くの駐車場に乗場があります(客引き多数)。タクナのコレクティーボ降り場の向い側

普通乗用車のコレクティーボ。定員(5~6人)が集まり次第出発します。運転手の人数集めが遅いと出発ができないので出発まで結構時間がかかります。パスポートを預けるとペルーの入出国カードを記入してくれます。駐車場代(手数料?)も必要です。座席は隣の人の体型によるが後部座席のほうがゆったりしています。20分後にチリのイミグレにつきました。かなり混んでいて40分かかりました。すぐペルーのイミグレがあります。混んでなく約5分で終わりました。そして30分後にタクナにつきました。外の景色は砂漠がひろがっていました。タクナに着いてから次に出発するバスに乗りました。この路線は朝から晩まで頻繁に出ています。出発時間は定刻通りで座席は広く快適です。パン、飲み物付。

到着:アリカ(チリ)[アリカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:イキケ(チリ)[イキケ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/18 16:20~21:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Pullman)。約4時間半。CL$5000(約1,250円)。学割なし。

到着場所:セントロまで2キロ離れているのでコレクティーボかTaxiで約5分~10分。
出発場所:バスターミナルには Patricio Lynch St を北に進み約10分左側。

約20分遅れで出発しました。座席は広く膝乗、枕、ブランケット完備、トイレ付で快適でした。乗車券確認の際パスポートが必要です。

到着:イキケ(チリ)[イキケ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:カラマ(チリ)[カラマ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/15 16:00~21:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Pullman)。約6時間。CL$9000(約2,250円)。学割なし。

到着場所:セントロへはターミナル出た Patricio Lynch St を南に進み約10分。
出発場所:Moll Calama の外の駐車場近く

座席は広く膝乗、枕、ブランケット完備、トイレ付で快適でした。乗車券確認の際パスポートが必要です。イキケに着く前の10分ぐらいは夜景がきれいでした。ジュース、クッキー付。

到着:カラマ(チリ)[カラマ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンペドロ・デ・アタカマ(チリ)[サンペドロ・デ・アタカマ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/14 14:15~15:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Tur-Bus)。約1時間半。CL$1800(約450円)。学割なし。

到着場所:バス会社によって違うがTur-busはセントロ東。
出発場所:セントロのLicancabur St を西に進みCalama St をこえて10m進んだ左側。

約10分遅れで出発しました。座席は広く膝乗せ完備で快適でした。乗車直後は冷房が効いていなく暑かったが30分後には快適になりました。カラマまでアタカマ砂漠の風景が広がりきれいでした。トイレ近くは匂いが若干気になります。

到着:サンペドロ・デ・アタカマ(チリ)[サンペドロ・デ・アタカマ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ウユニ(ボリビア)[ウユニ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/9 10:30~5/12 12:00
移動手段・時間・料金:Brisaツアー(3泊4日、塩のホテル付)、トヨタ・ランクル+マイクロバス。3泊4日。US$105(約11,050円)。

到着場所:セントロの Calama St 沿いのツアー会社前に到着。
出発場所:ホテルアベニーダの2件隣のツアー会社

1日目はウユニ塩湖の塩のホテルで降ろされ後は自由行動でした。2日目は13時頃から魚島に行き3時間かけてサンファンの宿に着きました。3日目は8時半頃から湖3つと石のオブジェを見学して17時ごろにホテルに着きました。4日目は朝5時半から10時30分まで観光してボリビアのイミグレに着きそこからバスを乗換えて1時間後チリのアタカマにつきました。

到着:ウユニ(ボリビア)[ウユニ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ウマワカ(アルゼンチン)[ウマワカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/7 10:10~5/8 0:10
移動手段・時間・料金:~ラ・キアカ(アルゼンチン国境):長距離バス(Bulut):10:10-13:40、A$16(600円)。ビジャソン(ボリビア国境の町)~ウユニ:鉄道(FCA):15:30-翌00:10、B$152(2,300円)

到着場所:イミグレーションは北東のAv.Internacional 沿い(徒歩10分~15分)。ウユニの鉄道駅はセントロ Av.Ferroviaria 沿いの Plaza Arce前。
出発場所:セントロ内にバスターミナルあります。ビジャソンの鉄道駅はイミグレ超えたAv.Republica Argentina を800メートル北に進んだ左側。

約50分遅れで出発しました。座席は広く膝乗せもあり快適。ティーパックのマテ茶、コーヒー付。途中の道は山の景色がとても綺麗でリャマや羊なども見ることができます。鉄道の座席は広くリクライニングもあり快適です。右側の席だと途中の景色がとてもきれいです。ただ窓をあけていると砂埃がかなり入るので注意。トイレは停車時は使用不可です。22時ぐらいに食堂車で軽食がでます。

到着:ウマワカ(アルゼンチン)[ウマワカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:チレシト(アルゼンチン)[チレシト観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/5 10:30~5/6 7:00
移動手段・時間・料金:~ラ・リオハ:長距離バス(20 De Mayo):10:30-14:00、A$20(750円)。~ウマワカ:長距離バス(Flecha Bus):17:20-翌7:00、A$110(4,000円)

到着場所:ウマワカのバスターミナルはセントロ内。
出発場所:バスターミナルまで徒歩10分左側。

10分遅れで出発しました。座席が一番前だったので前のスペースが広く快適でしたが、それ以外の席は少し前席との間が狭いです。途中何度かターミナルに停まるため、かなりの人が乗ってきて立乗りの人もいました。トイレはあるが乗客の荷物で行くことができませんでした。ラ・リオハからの乗客は民族服をきたボリビア人が多かったです。途中、何度かバスターミナルに停車しました。座席は広く膝乗もあり快適でした。夕食は23時半頃サンドイッチとおかしが付きました。コーヒー、水付。映画上映あり。

到着:チレシト(アルゼンチン)[チレシト観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:メンドーサ(アルゼンチン)[メンドーサ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/5/1 20:00~5/2 5:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Vallecito)。約9時間半。セミカマ:A$61(約2,200円)。

到着場所:セントロへはバスターミナル正面を出た道路を右に進み約10~15分。
出発場所:セントロから市バス7A$1.1(約40円)に乗って約10分。

メンドーサ⇔チレシト間は1日1本しか運行していなくこの会社のみでした。座席は広くリクライグ膝乗せ完備。コーヒー、水、おかし付。二ヶ所で5分間の休憩がありました。冷房もほどよく快適です。映画上映あり。

到着:メンドーサ(アルゼンチン)[メンドーサ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンティアゴ(チリ)[サンティアゴ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/4/29 9:00~17:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Tur-Bus)。約8時間半。セミカマ:CL$9000(約2,250円)。学割12900→9000

到着場所:セントロへは市バスで約10分。客引きが多いので送迎してもらえる可能性あり。セントロ中心部には徒歩20分ぐらいだがあまり治安は良くないので注意が必要。
出発場所:バスターミナルは地下鉄U.Santiagoに直結していてセントロから約10分。

この区間はたくさんのミニバスや大型バスが運行しています。座先は広く膝乗、ブランケット、枕が付いています。映画上映あり、トイレはきれいではなかったです。サンドイッチとジュースの軽食付き。チリとアルゼンチンの国境の手前の検問で1時間半、チリ国境で1時間半とかなり待ちました(雪が積もっていたので雪で遊ぶ人多数)。チリ国境の荷物検査は厳しく、手荷物検査は乗客全員。バスに積んでいる荷物は何個か検査していました。アンデスの山の道はかなりくねくねで少し気持ち悪くなったが景色は絶景で天気も良かったので南米最高峰のアコンカグア山が見る事ができました。チリ側からは左席が景色もきれいで良い。

到着:サンティアゴ(チリ)[サンティアゴ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:イースター島(チリ)[イースター島観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/4/28 11:05~17:50
移動手段・時間・料金:飛行機(Lan Airline)。約5時間。US$562,12(約57,900円)、燃料費、空港使用税、TAX込み。
WEB:Http://www.lan.com/

到着場所:セントロへは出口の一番右のドアを出たところのセントロプエルトBusでCL$1300(約325円)で約40分。
出発場所:空港までは約1Km。宿の送迎あり。

タヒチからイースター島経由のサンティアゴ行き飛行機でした。が座席は普通。前回同様の機体でブランケットと枕が付きます。席ごとにモニターテレビが付いていて映画、テレビ、音楽、ゲームと楽しめます。機内食は昼食が付きました。

到着:イースター島(チリ)[イースター島観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンティアゴ(チリ)[サンティアゴ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/4/20 8:10~13:20
移動手段・時間・料金:飛行機(Lan Airline)。約5時間。US$562,12(約57,900円)、燃料費、空港使用税、TAX込み。
WEB:Http://www.lan.com/

到着場所:空港からセントロまでは約1Km。宿の送迎あり。
出発場所:サンティアゴ空港へは駅の道路を半分渡った所からでるセントロプエルトBusでC$1300(約325円)で約40分。

バルパライソの観光時にラン航空で4月、5月中の安いチケットを探してもらい購入しました。バリローチェやビーニャ、サンティアゴのラン航空でも聞いたり、ネットでも探していたがここが一番安かったです。色々なラン航空で聞くのが良いです。飛行機の座席は普通。ブランケットと枕が付きます。席ごとにモニターテレビが付いていて映画(日本語も何個かあり)、テレビ、音楽、ゲームと楽しめます。機内食は朝食と軽食の2回でました。

到着:サンティアゴ(チリ)[サンティアゴ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ビーニャ・デル・マル(チリ)[ビーニャ・デル・マル観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/4/17 15:00~16:50
移動手段・時間・料金:長距離バス(Condor)。約2時間。CL$1500(約375円)。学割3400→1500

到着場所:メトロに乗って約10分。
出発場所:セントロからはValparaiso St を北に向かい左側。

学割がきいたのでかなり安く乗車することができました。座席は普通でリクライニングもあまりできませんでした。アメリカ映画のビデオ上映がありました。途中の道が曲がり角が多くしんどかったです。

到着:ビーニャ・デル・マル(チリ)[ビーニャ・デル・マル観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:プエルト・モン(チリ)[プエルト・モン観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/4/3 22:00~4/4 16:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Pullman)。約15時間。セミカマ:CL$約8000(約2,000円、サンティアゴまで)、CL$3600(約900円、ビーニャまで)。
WEB:Http://www.pullmanbus.com/

到着場所:セントロにはValparaiso St を南に進んだところ。
出発場所:セントロからは海沿いの Av.Diego Portalesを海を左手に15分歩いたところ。

プエルト・モンからサンティアゴ行きのバスは座席が広く、マクラ、ブランケット付で冷房もきつくなく快適でした。夜と朝におかしセット(ジュースとチョコパイ)が付きました。サンティアゴに11時に着き、13時50分のビーニャ・デル・マルのバスチケットを購入。ビーニャ・デル・マルのバスは本数が多いです。バスは座席は広く快適でした。途中5~6回バス停に停まるため距離にしては時間がかかり到着しました。

到着:プエルト・モン(チリ)[プエルト・モン観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:バリローチェ(アルゼンチン)[バリローチェ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/4/1 8:00~14:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Norte Internacional)。約6時間半。A$70(約2,500円)。
WEB:Http://www.busescruzdelsur.cl/

到着場所:バスターミナルからセントロへは海沿いの Av.Diego Portalesを海を右手に15分歩いたところ。
出発場所:セントロからバスターミナルへは市内バスA$1.3で約15~20分。

当日の朝に購入しました。座席は広いがリクライニングはあまりできません。トイレ付。コーヒーやおかしのサービスあります。10時頃にアルゼンチン国境に着き出国手続きをし(座席順に手続き、約30分)、約一時間後チリ側の国境(入国書に記入、荷物検査はなかった)で入国手続きをしました。この路線は景色がきれいな事で有名です。アルゼンチン側から乗車時は左席に座るとナウエル・ウアピ湖側でとてもきれいです。プエルトモンに近づく時にチリ富士と呼ばれているオソルノ山も見ることができ景色を楽しみながらの移動ができます。

到着:バリローチェ(アルゼンチン)[バリローチェ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ペリトモレノ(アルゼンチン)[ペリトモレノ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/3/30 17:00~3/31 8:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Marga)。約15時間半。A$170(約6,150円)。

到着場所:セントロへは市内バス20番でA$1.3で約15~20分。
出発場所: Av. San Martin を北に進みロータリーを越えたところ。

ツアー終了後にバスターミナルに寄ってもらい購入。もうバスは来ていたのでぎりぎりでした。席は広くリクライニングもそこそこでした。膝乗せはなし。トイレ付。未舗装道路が多く揺れました。途中停車した場所がツアーで寄った所だったのでそこからでも乗れたみたいです。景色はきれいでした。到着時刻よりも1時間半遅れました。

到着:ペリトモレノ(アルゼンチン)[ペリトモレノ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:エル・カラファテ(アルゼンチン)[エル・カラファテ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/3/28 20:00~3/29 13:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Taqsa)。約17時間。A$150(約5,400円)。

到着場所:バスターミナルを出てロータリーを南に進んだ Av. San Martin を進んだところ。
出発場所:セントロ内のAv.Julio Roca沿い。

定刻どうりに出発しました。席は広くリクライニングもそこそこでした。膝乗せはなし。おかし付。トイレ付。途中、何度か停車しました。この路線は、未舗装の砂利道が多くかなり揺れますが景色がきれいで動物も見れるのでピークシーズンは席が取りにくいみたいです。予定時刻より30分早くつきました。動物もたくさん見れました。

到着:エル・カラファテ(アルゼンチン)[エル・カラファテ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:プエルト・ナタレス(チリ)[プエルト・ナタレス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/3/26 7:00~12:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(ZAAHJ)。約4時間半。CHP10,000(約2500円)TAX込み

到着場所:カラファテのバスターミナルは町の中心にあります。大通りサンマルティンからは狭い土産物道を通って階段を登る。
出発場所:ナタレスにバスターミナルはないので、出発は町の中心バロキアル教会横のZAAHJオフィス前から。

この時期は朝7:00と昼14:30の2便でした。治安はそれほど悪くないけど、朝はまだ真っ暗なので気は付けた方がいいでしょう。チリ出国、アルゼンチン入国は荷物ノーチェックなので逆ルートよりは早く着きます。

到着:プエルト・ナタレス(チリ)[プエルト・ナタレス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:エル・カラファテ(アルゼンチン)[エル・カラファテ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/3/23 8:00~13:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(ZAAHJ)。約6時間。ARP50ペソ(約1800円)TAX込み

到着場所:ナタレスにバスターミナルはないので、到着は町の中心バロキアル教会横のZAAHJオフィス前。
出発場所:カラファテのバスターミナルは町の中心にあります。大通りサンマルティンからは狭い土産物道を通って階段を登る。

いくつかバス会社はあるけど、この会社が一番安かったし朝早いバスがあったので選びました。カラファテからパイネ直通バスは、夏なら旅行会社が運行しているらしいです。アルゼンチンからの出国はすぐに済むけど、チリ入国は非常に手間取ります。私達はここでパイネ用に買出しした野菜、果物、チョリソ(ソーセージ)を取られました(>_<)。持って行く場合はバックの一番下に入れればほぼ見つからないと思いますが、ナタレスで買う方がいいと思います。

到着:エル・カラファテ(アルゼンチン)[エル・カラファテ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:エル・チャルテン(アルゼンチン)[エル・チャルテン観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/3/21 19:00~23:50
移動手段・時間・料金:長距離バス(Car-Tur)。約4時間半。A$100(約3,600円)、往復料金。復路はオープンなのでエル・チャルテンで予約必要。

到着場所:カラファテのバスターミナルは町の中心にあります。大通りサンマルティンからは狭い土産物道を通って階段を登る。
出発場所:セントロの Av. San Martin の Car Turバス会社前。

定刻よりも少し遅れて出発しました。座席は自由席で席はまぁまぁの広さです。注意事項で靴を脱がないように!と書いてありました。遠くに見えるフィッツ・ロイの山と夕日がきれいでした。トイレは付いていないので行きと同様の場所でトイレ休憩があります。

到着:エル・チャルテン(アルゼンチン)[エル・チャルテン観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:エル・カラファテ(アルゼンチン)[エル・カラファテ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/3/17 7:30~12:20
移動手段・時間・料金:長距離バス(Car-Tur)。約5時間。A$100(約3,600円)、往復料金。復路はオープンなのでエル・チャルテンで予約必要。

到着場所:セントロの Av. San Martin の Car Turバス会社前で降ります。
出発場所:カラファテのバスターミナルは町の中心にあります。大通りサンマルティンからは狭い土産物道を通って階段を登る。

エル・チャルテン行きは混んでいるので前日に往復を購入しました(復路はオープン)。席は自由席なので早めに行く方が良いです。席はまぁまぁの広さでした。バスにトイレは付いていないので途中トイレ休憩があります(グアナコをペットとして飼っているお店)。道は途中から未舗装になります。エル・チャルテンの町に入るフィッツ・ロイ川手前の国立公園管理局でトレッキングについてのオリエンテーションがあります。晴れているとそこからフィッツ・ロイが見ることができます。

到着:エル・カラファテ(アルゼンチン)[エル・カラファテ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:プエルト・マドリン(アルゼンチン)[プエルト・マドリン観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/3/13 18:15~3/14 19:20
移動手段・時間・料金:長距離バス(El Pinguino)。約16時間(トレレウ→リオ・ガジェゴス)、約4時間半(リオ・ガジェゴス→エル・カラファテ)。セミカマ:ARS130(約4,700円)

到着場所:セントロ内のAv.Julio Roca沿い
出発場所:セントロの北東のバスターミナル

プエルト・マドリンからトレレウへはレンタカーを乗捨てしました。プエルト・マドリンからの方がバスは多いかもしれません。トレレウからのバスも何社かあったけど、安くて席が空いていたのを購入しました。会社名もペンギンでかわいいし。途中でご飯休憩があります。座席は広く膝乗せ完備で快適でした。深夜でも大音量で趣味の良いとは言えない映画が上映されていてうるさかったです。コーヒー、ジュース付。外国人よりアルゼンチン人が多かったです。リオ・ガジェゴスで乗換えの為4時間程ありましたが、ターミナル内はきれいで2階にカフェもあり、WIFIワイヤレスを拾えたので苦になりませんでした。カラファテに近づくにつれ曇ってたけど景色は良く、湖がとてもきれいでした。


到着:プエルト・マドリン(アルゼンチン)[プエルト・マドリン観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ブエノスアイレス(アルゼンチン)[ブエノスアイレス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/3/11 12:00~3/12 8:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Don Otto)。約20時間。セミカマ:ARS189(約6,800円)

到着場所:セントロへはバスターミナルを出て南東に進み、28 de Fulioを東(左折)に進んで約5分。
出発場所:セントロからバスターミナルは地下鉄C線のレティーロ駅でおり50メートル歩いた所

プエルト・マドリンまでのバスは何社かあります。プエルト・マドリン朝着を探し、セミカマを購入しました。座席は広く、リクライニングもそこそこで膝乗せも完備で快適でした。飛行機の機内食みたいな食事と軽食(サンドイッチ)が付きました。トイレ付。時間帯によってはもっと安い会社もあります。

到着:ブエノスアイレス(アルゼンチン)[ブエノスアイレス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ブエノスアイレス(アルゼンチン)[ブエノスアイレス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/2/19 17:00~3/6 10:00
移動手段・時間・料金:豪華客船。16日間クルーズ。

到着場所:港を降りたらタクシー待ちの行列があるが、そのタクシーだとUS$20もする!ので、道へ出て流しタクシーを拾うとレティーロ駅までARS16くらいで行ける。
出発場所:レティーロ駅からタクシーでARS12(アルゼンチンペソ。約430円)

安く購入する方法、船の豪華設備については[南極豪華客船の観光]、セレブな5つ星のキャビンについては[南極豪華客船の部屋]、毎日コース料理、1日8食ブッフェについては[南極豪華客船の食事]を参考にして下さい。

到着:ブエノスアイレス(アルゼンチン)[ブエノスアイレス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:シウダー・デル・エステ(パラグアイ)[シウダー・デル・エステ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/2/13 14:00~2/14 0:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Yacyreta)。G250000(約5,900円)。

到着場所:バスターミナルはセントロ内のレティーロ駅の近く。
出発場所:セントロからバスターミナルは南に約2キロ。市内バスに乗りG2000(約50円)。

約15分遅れで発車しました。座席は広く快適でした。

到着:シウダー・デル・エステ(パラグアイ)[シウダー・デル・エステ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンパウロ(ブラジル)[サンパウロ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/2/11 18:30~2/12 10:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Pluma)。約15時間。R$129.5(約8,150円)。

到着場所:バスターミナルからセントロは北に約2キロ。市内バスでセントロ行きに乗りG2000(約50円)。
出発場所:バスターミナルへは地下鉄Noete-Sul のTiete 駅直結。全線共通料金R$2.3(約150円)。

乗車時、パスポート確認があります。10分遅れで出発しました。席は広く快適でトイレ付。冷房はあまりかかっていなく暑かったです。トイレ脇のクーラーボックスには前回同様300ccぐらいの飲料水パックがたくさん入っていましたが、時間がたつにつれ車内が暑くなり夜中にはお湯になっていました(前回はまめに氷を入れていたが今回はなにもされず)。トイレも前ほど清掃されず、今回少しマイナスにしました。食事休憩は2回ありました。

到着:サンパウロ(ブラジル)[サンパウロ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ブラジリア(ブラジル)[ブラジリア観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/2/9 21:45~2/10 12:50
移動手段・時間・料金:長距離バス(Real Expresso)。約15時間。R$130.15(約8,200円)。

到着場所:バスターミナルからセントロは約4キロあります。バスターミナルから地下鉄駅が直結。全線共通料金R$2.3(約150円)。
出発場所:近距離バスターミナルから出ている市内バス131番R$2(約130円)に乗り約10分。

乗車時、パスポート確認があります。定刻どおりに出発しました。席は広く、リクライニング、トイレ付。夜中と朝に食事休憩があります。

到着:ブラジリア(ブラジル)[ブラジリア観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:オーロ・プレット(ブラジル)[オーロ・プレット観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/2/8 19:30~2/9 8:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Viacao Pasaro Verde)。約12時間。R$104.93(約6,620円)。

到着場所:セントロにはバスターミナル前から出ている市内バス131番R$2(約130円)に乗り約10分。
出発場所:バスターミナルは北西のゆるやかな坂道を上って約10分。

オーロ・プレットからブラジリアは2社バスがあったがここの会社しか当日席がなかったです。約40分遅れで出発しました。そのおかげで乗遅れずにすみました。席はまぁまぁ広くトイレ付でした。冷房は少しきつめで寒かったです。どちらのバスターミナルもトイレは有料です。R$4(約250円)/個、荷物の個数が多いときはロッカーのがお得。

到着:オーロ・プレット(ブラジル)[オーロ・プレット観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)[リオ・デ・ジャネイロ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/2/7 23:30~2/8 6:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Util)。約7時間。R$63.5(約4,000円)。

到着場所:セントロは南東のゆるやかな坂道を下って約10分。
出発場所:バスターミナルへは市内バスR$2(約130円)で約15分。

乗車する際、パスポート確認があります。座席は広くリクライニングもそこそこあり快適でした。トイレ付。冷房はそれほどきつくなかったです。オーロ・プレットのバスターミナルは小さく屋外に何社かバス会社があります。インフォメーションもあるが、バスが到着した少しの時間だけ人がいました。ターミナルのトイレは有料です。ロッカーR$5(約320円)。スタッフに伝えコインをもらい使用する。

到着:リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)[リオ・デ・ジャネイロ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サンパウロ(ブラジル)[サンパウロ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/2/3 9:20~15:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Itapemirim)。約5時間半。R$55(約3,500円)。

到着場所:バスターミナルからセントロは市内バスR$2(約130円)で約15分。
出発場所:バスターミナルへは地下鉄Noete-Sul のTiete 駅直結。全線共通料金R$2.3(約150円)。

乗車する際、パスポート確認があります。約10分遅れで出発しました。座席は広く快適でトイレ付。冷房がものすごく寒かったです。昼頃に食事休憩がありました。リオに近づくにつれ落書きや窓が割れている家が多かったです。休日なのかほとんどの店が閉まっていて街の雰囲気は悪かったです。バスターミナル1Fにツーリストインフォメーション有。1日R$8(約500円)/個

到着:サンパウロ(ブラジル)[サンパウロ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:シウダー・デル・エステ(パラグアイ)[シウダー・デル・エステ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/30 14:30~1/31 10:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Pluma)。約16時間。G230000(約5,400円)。

到着場所:バスターミナルからセントロは約4キロあります。バスターミナルから地下鉄駅が直結。全線共通料金R$2.3(約150円)。
出発場所:セントロからバスターミナルは南に約2キロ。市内バスに乗りG2000(約50円)。

1時間30分遅れで出発しました。席は広く快適でトイレ付です。トイレ脇のクーラーボックスには300ccぐらいの飲料水パックがたくさん入っています。食事休憩時やガソリン入れる時にバスのトイレも掃除されるのでトイレ使用はその直後がおすすめです。ブラジルのバスは冷房がかなりきいているので上着、ブランケット持参がいいです。駅構内にツーリストインフォメーションがあり、少し日本語が話せるスタッフがいました。

到着:シウダー・デル・エステ(パラグアイ)[シウダー・デル・エステ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:イグアス市(パラグアイ)[イグアス市観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/28 13:30~15:30
移動手段・時間・料金:近距離バス。G5000(約120円)。

到着場所:バスターミナルからセントロは北に約2キロ。市内バスでセントロ行きに乗りG2000(約50円)。
出発場所:ガソリンスタンド前

ガソリンスタンド前のバス停から乗りました。頻繁にあるが停まってくれないバス(満席の為)もあるので時間に余裕をもったほうがいいです。

到着:イグアス市(パラグアイ)[イグアス市観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:エンカルナシオン(パラグアイ)[エンカルナシオン観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/25 15:30~18:00
移動手段・時間・料金:中距離バス。シウダー・デル・エステとアスンシオンの分岐点までG30,000(700円)、42キロメートル地点までG5,000(120円)。

到着場所:ガソリンスタンド前
出発場所:バスターミナルは Av. Mariscal Jf Estigarrbia と Gran Cabanas の交差するところ。

15時発の「El Tigre社」を購入していたが、トリニダ遺跡に行っていた為、間に合わずランク下のバスに振替で乗ることになりました。人数が集まっていないのか市内をかなりゆっくりのスピードで走行していました。シウダー・デル・エステとアスンシオンの分岐点で降ろしてもらいそこから市内バスで「42キロ地点」で降ろしてもらいました。バスの座席は狭くリ、クライニングはほとんどありませんでした。

到着:エンカルナシオン(パラグアイ)[エンカルナシオン観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ラパス(ボリビア)[ラパス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/22 16:00~1/25 10:40
移動手段・時間・料金:~ビジャソン(ボリビア国境):長距離バス(Panameriana):16:00-翌13:00、Bs230(3,450円)、別途ターミナル料金Bs2(約30円)。ラ・キアカ(アルゼンチン国境)~ポサダス(アルゼンチン):長距離バス(Flecha Bus):00:05-翌9:15、AS$204(7,350円。セミカマ)。~エンカルナシオン(パラグアイ):市バス(ポサダス⇔エンカルナシオン):10:00-10:40、A$3(110円)。

到着場所:ビジャソンのバスターミナルはセントロのAv.Republica Argentina沿い、国境まで徒歩10分。エンカルナシオンではセントロ内で降車可能。
出発場所:ラパスのバスターミナルはサンフランシスコ教会前の Av. Montes を東に進みに Uruguay を上った所。約10~15分。サンフランシスコ前の道でTaxi拾うとすこし安いです。ラ・キアカ国境からバスターミナルまで徒歩15分。TaxiだとA$3(110円)。

約30分遅れで出発しました。座席は普通でトイレ無しです。バスが古いせいか雨漏りがひどく荷物棚の所から座席にポタポタ水が落ちてきて最悪でした。荷物棚も揺れる度にあちこちで荷物が落ちてきました。到着予定時刻よりも3時間遅れてへとへとになりました。ポサダスへは時間通りに出発しました。座席は広く膝乗せ完備で快適です。トイレ付。トゥクマンに12時半に着き、16時半にポサダス行きに乗換えました。座席は広く膝乗せ、トイレ付。サービスはサンドイッチとおかしがつきました。翌日の9時15分にポサダスに到着しました。疲れたがバスが快適なので良かったです。ポサダスからパラグアイへは循環バスで頻繁にあります。荷物乗せはありません。15分程でアルゼンチン出国手続きの場所で降りスタンプもらってからバスに乗ります(時間がかかると先に行ってしまうので次のバスに乗ります)。そして少し走るとパラグアイの入国手続きの場所があるので降りて、手続きをします(すぐ終わります。荷物チェックなし)。そして次に来たバスに乗ります。そこからセントロに向かいますが、バスは非常に混んでいます。バックパック持って乗るのは結構大変でした。しかもスリ集団がいたので、できるだけ運転手近くに乗る方がいいです。

到着:ラパス(ボリビア)[ラパス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ウユニ(ボリビア)[ウユニ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/17 20:00~1/18 9:50
移動手段・時間・料金:長距離バス(Omal)。約14時間。Bs80(約1,200円)。

到着場所:ラパスのバスターミナルの前の Uruguay 通りを下り Av. Montes を西に約10~15分。TaxiだとBs8(約120円)。
出発場所:ウユニのバス停はセントロPeru St とAv.Arica交差したところ。

座席は広く快適でした。乗員オーバーで立乗りの人も多かったです。途中、何ヶ所かでトイレ休憩がありました。かなり車内は冷えこみますがブランケット付だったのであまり寒くなく良かったです。車内の揺れも少なかったです。

到着:ウユニ(ボリビア)[ウユニ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ポトシ(ボリビア)[ポトシ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/16 19:00~1/17 3:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Emperador)。約7時間。Bs70(約1,050円)。

到着場所:ウユニのセントロはAv.Aricaを南東に進みすぐ。
出発場所:ポトシのバスターミナルへは北西に1キロ程。タクシーでBs7(約110円)。

約1時間遅れでバスが出発しました。荷物はバスの上に乗せます。座席は普通でしたが、夜出発だったので時間がたつにつれすごく寒かったです。上着、ブランケットは必須。道も悪いのですごく揺れました。

到着:ポトシ(ボリビア)[ポトシ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:トゥピサ(ボリビア)[トゥピサ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/15 10:00~18:20
移動手段・時間・料金:長距離バス(名称不明)。約8時間。Bs80(約1,200円)。

到着場所:ポトシのバスターミナルからセントロまで南東に1キロ程。タクシーでBs7(約110円)。
出発場所:トゥピサのバスターミナルはAv. Pedro Arraya沿い。

トゥピサからウユニ行きもすぐなかったのでポトシに行くことにしました。バスの発車時間になってもバスが来ないのでバス会社の人に聞いたら近くの橋を渡った所まで連れて行かれ約40分後にバスが到着しなんとか乗ることができました。座席は狭く埃が入ってくるのでしんどかったです。トイレが無いので途中で何度かトイレ休憩と昼食休憩がありました。

到着:トゥピサ(ボリビア)[トゥピサ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:イルージャ(アルゼンチン)[イルージャ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/14 6:00~18:10
移動手段・時間・料金:~ウマワカ:長距離バス(Transport Iruya):6:00-9:30、A$12(450円)。~ラ・キアカ(アルゼンチン国境):長距離バス(Bulut):10:10-12:50、セミカマA$16.8(600円)。ビジャソン(ボリビア国境)~トゥピサ:長距離バス:16:00-18:10、Bs20(300円)。別途ターミナル使用料金Bs1(約15円)

到着場所:トゥピサのセントロはバスターミナルから徒歩5分の Florid沿い。ラ・キアカのバスターミナルから国境まで徒歩15分。TaxiだとA$3(約110円)。
出発場所:イルージャのバス停はセントロの教会前。ウマワカのバスターミナルはセントロから徒歩3分。ビジャソンのバスターミナルはセントロのAv.Republica Argentina沿い、国境からは徒歩10分。

荷物はバスの上に乗せます。座席は狭くリクライニングなし。未舗装道+くねくね道なのでかなり揺れます。景色は絶景でとてもきれいです。トイレなし。ウマワカ~ラキアカ間は約20分遅れで出発しました。座席は広く膝乗せもあり快適。ティーパックのマテ茶、コーヒー付。山の景色やリャマ等の動物もたくさん見れます。トイレ付。ビジャソンからは電車でウユニに行く予定だったが満席だったのでトゥピサから行くことにしました。座席は狭くトイレは付いているが使用不可でした。道が砂利道なので窓を閉めていてもホコリがすごくてしんどいです。山の景色はきれいでした。

到着:イルージャ(アルゼンチン)[イルージャ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ウマワカ(アルゼンチン)[ウマワカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/13 10:30~14:20
移動手段・時間・料金:長距離バス(Transport Iruya)。約4時間。A$12(約450円)。

到着場所:イルージャのバス停はセントロの教会前。
出発場所:セントロからバス停は徒歩3分。

荷物はバスの上に乗せます。座席は狭くリクライニングなしでした。途中から未舗装道+くねくね道なのでかなり揺れます。Iturbeで20分程トイレ休憩がありました。そこから川を渡り、5000メートル地点までのぼります。渓谷がすごくきれいで雲が下に見えてとてもきれいです。トイレなし。

到着:ウマワカ(アルゼンチン)[ウマワカ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:サルタ(アルゼンチン)[サルタ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/12 7:00~18:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Balut.Norte.Euelia)。約5時間。サルタ→プルママルカA$24.5(約900円)、プルママルカ→ティルカラA$2.25(約80円)、ティルカラ→ウマワカA$5(約200円)。

到着場所:ウマワカのセントロは徒歩3分。
出発場所:セントロからバスターミナルは南東方向徒歩15分。

座席は広く膝乗完備で快適でした。飲み物はコーヒーとジュースがあります。サンサルバドール・フフイでプルママルカ行がすぐあったので乗換ました。座席は前席の間が狭かったです。途中の山々の景色はすごくきれいです。約1時間後にプルママルカに到着し、15時半のEuelia Busでティルカラに行きました。座席は広く快適でした。約30分後にティルカラに着きました。17時半のバスに乗りウマワカに向かいました。バスはミニバンで座席は狭かったです。荷物乗せがなかったので運転手横に乗せてもらいました。約15分後にウマワカに到着しました。

到着:サルタ(アルゼンチン)[サルタ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:コルドバ(アルゼンチン)[コルドバ観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/10 20:15~1/11 9:00
移動手段・時間・料金:長距離バス( Chevallier)。約12時間20分。セミカマA$115(約4,150円)。

到着場所:サルタのセントロへは北西方向徒歩15分。
出発場所:コルドバのバスターミナルはセントロから東南方向徒歩15分~20分(住所 Eva.Peron 380)

約30分遅れで出発しました。途中2回バスターミナルに止まりました。座席は広く、快適でひざ乗せも完備。バスのサービスはビデオ上映、夕食(味のしないサンドウィッチ、パン、おかし、ジュース)とおかし(チョコパイ2種類)、コーヒー、水の設置、トイレ付きでした。

到着:コルドバ(アルゼンチン)[コルドバ観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:ブエノスアイレス(アルゼンチン)[ブエノスアイレス観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/8 21:30~1/9 7:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(Expreso Encon)。約9時間半。セミカマA$85(約3,100円)。

到着場所:コルドバのセントロはターミナルから北西方向へ徒歩15分~20分。
出発場所:セントロからバスターミナルは地下鉄C路線のレティーロ駅でおり50メートル進んだところ。

10分遅れで出発しました。途中2~3回バスターミナルに停まりました。座席は広く快適でひざ乗せも完備。バスのサービスはビデオ上映、軽食(味のしないサンドウィッチとおかし)、コーヒー、水の設置、トイレ付きでした。

到着:ブエノスアイレス(アルゼンチン)[ブエノスアイレス観光・写真ブログ安宿ネット食事
出発:アンティグア(グアテマラ)[アンティグア観光・写真ブログ安宿ネット食事
 移動日:2008/1/5 14:39~1/6 6:40
移動手段・時間・料金:飛行機(COPA)。約9時間。Q3888.49(約57,000円。学割価格)、燃料費、空港使用税、TAX全て込み。

到着場所:空港からセントロまで市内バス86にのり約1時間半。
出発場所:セントロから空港まではシャトルバスでUS$5(約600円)、所要時間1時間半

空港の手荷物検査は靴と上着を脱がされました。待合室はWIFIでネットフリーでした。飛行機の座席は3人掛けで機内サービスは軽食(パンにハムのみじん切りをはさんだもの、小スナック、チョコレートケーキ)と飲み物でした。約2時間後パナマシティに着陸。パナマシティ空港もWIFIでネットフリーでしたが、つながり具合が悪かったです。乗継ゲートが2回も変更になりました。座席は3人掛けで機内サービスは夕食と朝食と飲み物、映画上映もありました。


★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム