世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

西ヨーロッパ・南欧の国内移動・出入国ビザ情報

西ヨーロッパ・南欧で私が移動に利用した鉄道やバスや飛行機について。
出入国やビザの情報も。鉄道は早割や州割りパスなどで安くできますよ。

アイルランド[1EUR(ユーロ)=114円で計算]

イギリス(ウェールズ、スコットランド、北アイルランド含む)[1GBP(イギリス・ポンド)=128円で計算]

ルクセンブルク[1EUR(ユーロ)=114円で計算]

ベルギー[1EUR(ユーロ)=114円で計算]

オランダ[1EUR(ユーロ)=114円で計算]

フランス[1EUR(ユーロ)=114〜135円で計算]

ドイツ[1EUR(ユーロ)=114〜135円で計算]

マルタ[1EUR(ユーロ)=114円で計算]

アルバニア[1EUR(ユーロ)=114円で計算]

ギリシャ[1EUR(ユーロ)=114 or 135円で計算]

イタリア[1EUR(ユーロ)=114 or 135円で計算]

北キプロス・トルコ共和国[1TRY(トルコ・リラ)=61円で計算]

キプロス[1EUR(ユーロ)=135円で計算]

ブルガリア[1BGN(ブルガリア・レフ)=69円で計算]

マケドニア[1MKD(マケドニア・デナール)=2.2円で計算]

コソボ[1EUR(ユーロ)=135円で計算]

モンテネグロ[1EUR(ユーロ)=135円で計算]

セルビア[1RSD(セルビア・ディナール)=1.6円で計算]

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ[1BAM(コンヴェルティビルナ・マルカ)=68円で計算]

クロアチア[1HRK(クロアチア・クーナ)=20円で計算]

スロベニア[1EUR(ユーロ)=135円で計算]

スイス[1CHF(スイスフラン)=90円で計算]

アンドラ[1EUR(ユーロ)=135円で計算]

スペイン[1EUR(ユーロ)=135円で計算]

ポルトガル[1EUR(ユーロ)=135円で計算]

到着:ダブリン(アイルランド)[安宿ネット食事
出発:コーク(アイルランド)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/4 8:00~14:30
移動手段・時間・料金:全て長距離バス(Eirann):3日乗り放題券:Irish Rover Pass:56ポンド(7,200円)。北アイルランドを含めない3日券はもっと安い(54ユーロ)。コーク->Cashel/キャッシェル:8:00-9:30。観光。->ダブリン:11:35-14:30。

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:なし

コークからキャッシェル行きバスは夏シーズン中は毎日8-18時に2時間毎。キャッシェルからダブリンへのバスも同じくらいの頻度。事前にネットなどで時間を調べておいた方が良い。

到着:コーク(アイルランド)[安宿ネット食事
出発:ゴールウェイ(アイルランド)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/3 7:05~9/4 13:20
移動手段・時間・料金:全て長距離バス(Eirann):3日乗り放題券:Irish Rover Pass:56ポンド(7,200円)。北アイルランドを含めない3日券はもっと安い(54ユーロ)。ゴールウェイ->Limerick/リムリック:7:05-9:10。リムリック観光。->コーク:11:35-13:20。

到着場所:リムリック、コークともに町の中心
出発場所:エーランバスは鉄道駅前から発着。町の中心
トイレ:なし

この区間のバスは頻繁にあるが事前にネットなどで時間を調べておいた方が観光する時間もスムーズに設定できる。

到着:ゴールウェイ(アイルランド)[安宿ネット食事
出発:ベルファスト(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/1 7:45~21:45
出入国・ビザ:出入国チェックなし
移動手段・時間・料金:全て長距離バス(Eirann)を利用。Ulsterも同系列:8日内の3日乗り放題券:Irish Rover Pass:56ポンド(7,200円)。北アイルランドを含めない3日券はもっと安い(54ユーロ)。ベルファスト->Newly:長距離バス(Ulterbus):7:45-9:00。->Drogheda/ドロヘダ:Dundalkで乗換え:渋滞で30分遅れ:9:35-11:00。ニューグレンジ観光。->Dublinの空港:渋滞で30分遅れ:15:40-16:40。->Dublinのバスターミナル:17:20-18:00。->ゴールウェイ:18:00-21:45。

到着場所:エーランバスは鉄道駅前から発着。町の中心
出発場所:Europaバスターミナルは町の中心
トイレ:なし

アイルランドも移動費が高額なので、3日間乗り放題になるIrish Rover Pass(アイリッシュローバーパス)はかなりお得。特に長距離移動の3日を選ぶこと。北アイルランド(ベルファスト)を含まない場合は、パスの名称が違うしもっと安くなるので注意。チケットの知名度はあまり高くないため、存在を知らないドライバーもいたが他の係員が知ってたので助かった。ベルファストのバスターミナルで購入する人も珍しいみたいな反応された。

到着:ベルファスト(イギリス)[安宿ネット食事
出発:エディンバラ(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/30 9:30~18:30
移動手段・時間・料金:全てのセット料金:26ポンド(3,300円)。エディンバラ->フェリーターミナル:長距離バス(Citylink):9:30-13:30。->北アイルランド側:大型フェリー(Stena):14:30-17:40。->ベルファスト:中型バス:18:00-18:30。到着は30分遅れ。

到着場所:Europaバスターミナルは町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:フェリーにはあり

事前にネットで予約購入。グラスゴーからよりもエディンバラからの方が安かった。バス車内も良かったけど、フェリー内では自由に動き回れるし、電源もあってパソコンなどしてるとすぐ到着した。

到着:エディンバラ(イギリス)[安宿ネット食事
出発:インヴァネス(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/29 15:10~18:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(MegaBus):10ポンド(1,300円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:バスによってはあり

事前にネットで予約購入。MegaBusは早ければ早いほど安く買える。曜日や出発場所、目的地によってはタダみたいな値段になるため、旅行の順番は柔軟に考えた方が良い。長距離だから高いとは限らない。車内は値段の割には快適。

到着:インヴァネス(イギリス)[安宿ネット食事
出発:グラスゴー(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/28 12:40~16:10
移動手段・時間・料金:長距離バス(Citylink):14ポンド(1,800円)

到着場所:町の中心
出発場所:グラスゴーのバスターミナルはQueen’s Street駅近く
トイレ:なし

当日バスターミナルのチケット売場で直接購入。夏は1日に数便ありそう。冬は少なくなりそうなので注意。この辺はCitylinkが便利で安い。

到着:グラスゴー(イギリス)[安宿ネット食事
出発:カーライル(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/25 18:47~19:57
移動手段・時間・料金:鉄道(Virgin):Advance割引料金:13ポンド(1,700円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

事前にネットで予約購入。その方が安いチケット探せる。鉄道は快適。

到着:カーライル(イギリス)[安宿ネット食事
出発:ニューキャッスル(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/24 9:30~16:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(AD122):1日券:9ポンド(1,200円。学割6)

到着場所:カーライルの駅前
出発場所:鉄道駅から左へ出てすぐのバス停
トイレ:なし

チケットは当日バスドライバーから購入。バスの乗り放題券を利用して、世界遺産ハドリアヌスの城壁群を観光しながら移動した。いくつかポイントがあるので自分で興味ある場所を予め決めておクこと。夏でさえそれほど便数が多くないため、朝一番の便で出発して、その後の乗り換え便は時間を調べておいて遅れないように。なおニューキャッスルやカーライルからの日帰りも可能。

到着:ニューキャッスル(イギリス)[安宿ネット食事
出発:ヨーク(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/22 17:32~18:34
移動手段・時間・料金:鉄道(EastCoast):12.5ポンド(1,600円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

事前にネットで予約購入。その方が安いチケット探せる。鉄道は快適。

到着:ヨーク(イギリス)[安宿ネット食事
出発:リーズ(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/21 13:45~14:50
移動手段・時間・料金:長距離バス(Coastliner):5ポンド(650円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:なし

事前にネットで購入。本数がそれほど多くなさそうなので夏は早めに買った方がいいと思う。鉄道は調べてないが、この値段ならバスの方が安いと思う。

到着:リーズ(イギリス)[安宿ネット食事
出発:リヴァプール(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/20 16:15~18:25
移動手段・時間・料金:長距離バス(NationalExpress):5.5ポンド(700円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:なし

事前にネットで購入。本数がそれほど多くなさそうなので夏は早めに買った方がいいと思う。鉄道は調べてないが、この値段ならバスの方が安いと思う。

到着:リヴァプール(イギリス)[安宿ネット食事
出発:チェスター(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/19 16:15~17:00
移動手段・時間・料金:鉄道(Arriva):5.15ポンド(670円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

直前に券売機で購入。ルートが3種類あるが一番安いBirkenhead経由のを購入。夕方だったが空いてた。リヴァプールは駅が複数あるので、宿に一番近い駅を調べておくこと。

到着:チェスター(イギリス)[安宿ネット食事
出発:テルフォード(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/17 16:01~17:30
移動手段・時間・料金:鉄道(Arriva):直通:12.9ポンド(1,600円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:あり

事前にネットで出発時間を調べておいた。本数は多くないので注意。鉄道移動は快適。この区間は乗継便もあるので注意。

到着:テルフォード(イギリス)[安宿ネット食事
出発:ロンドン(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/16 11:23~13:51
移動手段・時間・料金:鉄道:Wolverhampton乗換え:17ポンド(2,100円)

到着場所:町の中心から歩ける
出発場所:London Euston駅から出発。町からメトロで行ける
トイレ:あり

事前にネットで出発時間を調べておいた。本数は多くないので注意。鉄道移動は快適。

到着:ロンドン(イギリス)[安宿ネット食事
出発:オックスフォード(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/9 16:30~17:30
移動手段・時間・料金:鉄道:6.5ポンド(850円)

到着場所:Paddington駅へはメトロで行ける
出発場所:鉄道駅は町の中心
トイレ:あり

オックスフォードを観光後に移動。チケットは乗る直前に購入。電車は頻繁に有りそうだけど、事前にネットで適当な出発時間を調べておいた。鉄道移動は快適。

到着:オックスフォード(イギリス)[安宿ネット食事
出発:バース(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/8 17:05~19:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(NationalExpress):7ポンド(950円)

到着場所:バスターミナルは町の中心
出発場所:バスターミナルは町の中心
トイレ:なし

他にも安いバス会社があるかも。また直前に購入したので、もっと早く買えば早割で安く買える。どの会社も座席はすぐ売り切れる。バスの乗り心地は快適。

到着:バース(イギリス)[安宿ネット食事
出発:ポーツマス(イギリス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/6 10:27~17:40
移動手段・時間・料金:鉄道。ポーツマス->ソールズベリー:10:27-11:40、16.2ポンド(2,100円)。ストーンヘンジ観光。->バース:16:40-17:40、14.9ポンド(1,900円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

ソールズベリーでストーンヘンジ遺跡を観光した後でバースへ移動した。ソールズベリーの駅や周辺にはバックパックを預かってくれる場所がなくて、仕方なく遺跡の中まで持って入った。イギリスも鉄道は快適。

到着:ポーツマス(イギリス)[安宿ネット食事
出発:サンマロ(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/5 10:40~18:00
出入国・ビザ:フランス出国はすぐ完了。イギリス入国時は出国チケットを持ってないと、かなり厳しい。高い航空券を買わされて強制送還された人の話も聞いたほど。対策としてはまず身だしなみ。態度も紳士的に。入国カードは必ず全て埋める。特に最初の宿、職業は重要。イギリス国内に友人がいるのもNG。無職もNGらしい。そしてイギリス国内のルートと滞在日数は迷わずにしっかり言えること。所持金は多い方が良いが、私は銀行口座の金額をポンド換算で言ってクリアした。あとは結局、係員しだい。
移動手段・時間・料金:大型フェリー(Brittany Ferries):10:40-18:00(出発地時間:19:00)、84ユーロ(9,400円)。ネット購入の方が少し安いが印刷する必要がある

到着場所:フェリーターミナルから鉄道駅へはバスで10分
出発場所:フェリーターミナルは2箇所あり、ポーツマス行きは奥。国鉄駅から徒歩30分、旧市街から15分
トイレ:あり

フランスからイギリスへの船は他にいくつも路線がある。モンサンミッシェルを見た後で行く場合はこのサンマロからが便利。前日にターミナルへ来てチケットを予約購入しようとしたが、休日だったからか当日来て買うように言われた。当日は遅刻しそうだったけど、前日下見してたからすぐに購入できて良かった。悪天候で海上からの景色はいまいち。船内デッキはいろいろ動き回れるし、席もすいてたので快適だった。

到着:ルクセンブルグ(ルクセンブルク)[安宿ネット食事
出発:ブリュッセル(ベルギー)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/26 7:42~10:36
出入国・ビザ:出入国チェックなし
移動手段・時間・料金:ブリュッセル Nord駅->Arlon(ベルギー国境近い町):ベルギー国鉄:7.5ユーロ(850円)。通常:20ユーロ以上。どの区間でも最大7.5ユーロのSummerTicketで購入。->ルクセンブルク:ルクセンブルク国鉄:9.8ユーロ(1,100円)

到着場所:駅は町の中心から3km離れてる。10分毎にバスあり、
出発場所:町の中心
トイレ:あり

ベルギーのサマーチケットは鉄道料金の高い国ではとてもうれしい制度。今もあるならぜひ有効利用した方が良い。それで国境ぎりぎりまで使って移動した後、ルクセンブルクまでは正規料金で。窓口では黙ってるとサマーチケットに適用してくれない係員もいるし、今回のは説明が面倒なので券売機で購入した。

到着:ブリュッセル(ベルギー)[安宿ネット食事
出発:ブリュージュ(ベルギー)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/23 18:20~19:20
移動手段・時間・料金:ベルギー国鉄:13.1ユーロ(1,500円)。平日ならSummerTicketで7.5ユーロになる

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:あり

平日ではなかったのでサマーチケット割引券が使えなかったのは残念。この区間は頻繁に列車が走っている。

到着:ブリュージュ(ベルギー)[安宿ネット食事
出発:アミアン(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/22 8:27~15:30
出入国・ビザ:出入国チェックなし
移動手段・時間・料金:アミアン→リール フランドル/Lille Flandres:フランス国鉄TER:8:27(10分遅れ)-9:40、19.9ユーロ(2,200円)。→トゥルネー:ベルギー国鉄NMBS:10:31-10:58、6.2ユーロ(700円)。トゥルネー観光。→ブリュージュ:ベルギー国鉄:Koutrijkで40分待ちで乗換え:13:40-15:30、7.5ユーロ

到着場所:町の中心
出発場所:アミアン、リール、トゥルネーとも町の中心
トイレ:あり。フランス国鉄はきれいだけど、ベルギー側はそこそこ

直前に券売機で購入。ベルギー行きチケットはフランス内やリールの券売機では買えなかったのでリールの窓口で購入。リール、トゥルネーを観光しながら移動。トゥルネーでは駅のコインロッカーに預けて観光。ベルギー内は夏休み期間中の平日なら、どの区間でも最大7.5ユーロになるSummerTicketがある。もし途中下車可能で、有効時間内なら、リール->ブルージュをまとめて購入した方が安かったかも。ちなみに休日なら往復が片道料金になるので拠点観光がお得!

到着:アムステルダム(オランダ)[安宿ネット食事
出発:ユトレヒト(オランダ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/11 17:40~18:10
移動手段・時間・料金:鉄道:7.2ユーロ(800円)。コインがなくて窓口で買ったら券売機より手数料0.4ユーロ高かった。

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心

オランダの鉄道は裏ワザがないためヨーロッパの中でも高額。それなのにドイツやフランスほど良いわけではない。また券売機が使いにくくて、乗車カード利用も高くつく。

到着:ユトレヒト(オランダ)[安宿ネット食事
出発:ブレーメン(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/10 14:06~19:06
出入国・ビザ:出入国チェックなし
移動手段・時間・料金:ブレーメン→Bad Batheim(オランダ国境近くのドイツ側):ドイツ国鉄DB:Osnabruck乗換、1時間待ち:25ユーロ(3,000円。SaverTariff)/2人。→ユトレヒト:オランダ国鉄:Hengelo乗換、6分待ちのみ:56.6ユーロ(6,600円)/2人

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

ブレーメン観光後にかなりの長距離移動。そして2人で1万円近い。ドイツは後で戻るつもりだったので一気にオランダへ行きたかった。ドイツ国内は州パスや週末パス、平日パス等で安くできるが、オランダは何もないので移動費が高額。

到着:サンマロ(フランス)[安宿ネット食事
出発:モンサンミッシェル(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/4 14:30~16:20
移動手段・時間・料金:中距離バス(maneo)。モンサンミッシェル->ポントルソン:14:35-14:55、2.2ユーロ(250円)。->サンマロ:15:00-16:20:3.5ユーロ(400円)

到着場所:旧市街前か国鉄駅前
出発場所:町の中心。修道院前かMercurHotel前がバス停
トイレ:なし

事前にネットで時間を調べておいた方が良い。チケットは当日バス車内で購入。

到着:モンサンミッシェル(フランス)[安宿ネット食事
出発:トゥール(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/3 6:44~12:50
移動手段・時間・料金:トゥール->レンヌ/Rennes:フランス国鉄TER,TGV:6:44-10:20:LeMansで1時間待ち、乗換え:39.6ユーロ(4,500円)。->モンサンミッシェル:国鉄バス:11:30-12:50:11.7ユーロ(1,350円)。学割8.7

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

前日に券売機で購入。安い料金と時間はあらかじめネットで調べておいた。TGVは2週間前など早くに買うともっと安くなる。パリ発でも同様で最安値22ユーロもあるとか。早朝だからか、TERもTGVも空いてて快適だった。特にパリ発レンヌ行きは人気路線なので驚き。電源はどちらもなかった。冷房が強くて寒かった。

到着:トゥール(フランス)[安宿ネット食事
出発:ボルドー(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/8/1 10:27~14:06
移動手段・時間・料金:フランス国鉄TGV,TER:Poitiers乗換え:50.5ユーロ(5,700円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

直前に券売機で購入。この区間はTERがないみたいで、ポワティエまでTGVで行くのが最安だった。レイルパスを購入してた方が得。ポワティエで下車してバスでサンサヴァンへ行くつもりだったけど、帰りのバスがなぜかなかったため諦めた。車内は空いてて快適。テーブルや電源ある席もあった。車窓では田園風景や一面のひまわり畑も見れた。

到着:ボルドー(フランス)[安宿ネット食事
出発:リヨン(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/30 13:05~20:40
移動手段・時間・料金:フランス国鉄TER:69.3ユーロ(7,800円)

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

1日1便だけ直通TERがある。レイルパスを持ってるなら予約料を払ってでもパリ経由のTGVが早いし楽だと思う。出発30分前に駅のチケットオフィスで購入。これくらい遠距離になると普通車でさえも高額。フランスレイルパスの3日券を買えるか確認したが、やはりパリでしか買えないと言われた。かなり円高の日で助かった。車内は快適。長距離路線なので何度か座席予約した客が乗ってきて、そのたびに席移動したのは面倒だった。でも予約料を払ってないので仕方なし。

到着:リヨン(フランス)[安宿ネット食事
出発:ブザンゾン(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/29 11:10~16:45
移動手段・時間・料金:フランス国鉄TER。ブザンソン->Arc Et Senan/アルケ・セナン:11:10-11:40、6.8ユーロ(800円)。観光。->リヨン:14:12-16:45、27ユーロ(3,000円)

到着場所:LYONには複数の国鉄駅があるので、宿の最寄駅を確認しておくこと
出発場所:町の中心
トイレ:あり

アルケ・スナン王立製塩所に寄ってから移動した。バックパックは駅で無料で預かってもらえた。事前にネットで鉄道の時間を調べておいた方が良い。本数はかなり少ないので注意。

到着:ブザンゾン(フランス)[安宿ネット食事
出発:ストラスブール(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/28 12:53~16:55
移動手段・時間・料金:フランス国鉄TER:33.7ユーロ(3,800円)。ストラスブール->MULHOUSE VILLE:12:53-13:50。->Belfort:1本後でも遅れなければ間に合う:13:55-14:30。->ブザンソン/Besancon:15:35-16:55

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:あり

午前中はストラスブールも観光してから出発。事前にネットで乗換えに便利な時間を調べておいた。割引チケットが見つからなかったので短時間の割に高額な正規料金。列車内はかなり快適。

到着:ストラスブール(フランス)[安宿ネット食事
出発:ルクセンブルグ(ルクセンブルク)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/27 8:30~13:50
出入国・ビザ:出入国チェックなし
移動手段・時間・料金:ルクセンブルク->ナンシー:ルクセンブルク・フランス国鉄:8:30-10:00、22.8ユーロ(2,600円)。->ストラスブール:フランス国鉄TER:12:30(15分遅れ)-13:50、23.4ユーロ(2,650円)

到着場所:町の中心へ歩ける
出発場所:駅は町の中心から3km離れてる。10分毎にバスあり、
トイレ:あり

事前にネットで時間を検索。チケットは当日に駅の窓口で購入。ルクセンブルクもフランスも割引チケットが見つからなかったため、正規料金なのでかなり高額。列車内はかなり快適。

到着:アミアン(フランス)[安宿ネット食事
出発:ランス(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/21 11:19~13:38
移動手段・時間・料金:フランス国鉄TER:普通車TER:24.4ユーロ(2,800円)。乗換なし

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

直前にチケット売場で購入。たった2時間なのにこの料金は高い。フランスは他の国のような割引チケットが見つからないため、直前購入でも損した気分がしない。電車内は快適。

到着:ランス(フランス)[安宿ネット食事
出発:パリ(フランス)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/20 16:35~18:36
移動手段・時間・料金:フランス国鉄TER:普通車TER:25.7ユーロ(2,900円)。Epernayで乗換え。

到着場所:町の中心
出発場所:パリ東駅/Gare de l’EST
トイレ:あり

直前に券販機で購入。もっと早くにネットなどで特急TGV(45分)を買えば同じくらいの料金。直前には60ユーロくらいだった。乗り心地はかなり良い。夕方だけど空いてた。車窓は田園風景が続く。

到着:パリ(フランス)[安宿ネット食事
出発:アムステルダム(オランダ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/13 22:00~7/14 6:00
出入国・ビザ:出入国チェックなし
移動手段・時間・料金:長距離夜行バス(EuroLine):40ユーロ(4,500円)

到着場所:町の中心へはメトロ
出発場所:Amsterdam Amstel駅前
トイレ:なし

当日の朝、観光の前にAmstel駅前のEurolineオフィスへ行ってチケットを予約購入した。出発場所もこのオフィス前の駐車場から。車内はそこそこ快適。

到着:ニース(フランス)[安宿・ネット・食事
出発:マルセイユ(フランス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/4 14:30~17:00
移動手段・時間・料金:フランス国鉄(icten)2等:29.7ユーロ(4,000円)

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:町の中心地。港から北へ徒歩20分。
トイレ:あり

1~2時間に1本はありそうな路線。TGV、Teozは予約料(1.5ユーロ?)が必要らしい。ictenなら2等で乗れる。どれもかかる時間はそれほど変わらないので、安いictenで充分。右側席は地中海のビーチを望めるのでおすすめ。

到着:マルセイユ(フランス)[安宿・ネット・食事
出発:アルル(フランス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/3 16:10~17:00
移動手段・時間・料金:フランス国鉄(icten)2等:13.4ユーロ(1,850円)

到着場所:町の中心地。港まで南へ徒歩20分。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

車窓は田舎の畑風景、海など見てて飽きなかった。6~7月ならラベンダーやひまわりが見えるのかも。普通列車でも寝る間もなく到着。

到着:アルル(フランス)[安宿・ネット・食事
出発:アヴィニョン(フランス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/2 13:45~14:10
移動手段・時間・料金:フランス国鉄(icten)2等:6.6ユーロ(900円)

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

フランス国鉄は遅れなければ、車内はとても快適。この区間はバスもあるけど時間がかかり料金は同じくらいなので電車がおすすめ。ictenは停車駅が少なくかなり早い。しかも普通の2等チケットで乗れるので狙い目。この時期、席はがらがらだった。あっという間に到着。

到着:アヴィニョン(フランス)[安宿・ネット・食事
出発:ニーム(フランス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/1 9:10~13:30
移動手段・時間・料金:~ポン・デゥ・ガール:中距離バス(Lignes du Gard):9:10~9:50、片道7ユーロ(約950円。学割なし。往復10.7)。~アヴィニョン:12:50~13:30、片道7.4ユーロ。

到着場所:ポンデュガールはインフォの裏。橋まで徒歩10分。アヴィニョンは国鉄駅前。城塞都市の目の前。
出発場所:ニームの国鉄駅は中心地から歩ける。
トイレ:なし

ニームのバスターミナルは国鉄駅内のターミナル寄りにあるけど、分かりにくいので駅行員に確認した方がよいかも。ポンデュガール行きバスは3番乗場からで、チケットはバス乗車時にドライバーから購入。バスはいろいろ来るので行き先をよく確認すること。ポンデュガールからアヴィニョン行きバスは本数が少なくて待ち時間が長くなりがち。バス内はどちらもエアコン付でそこそこ快適。

到着:ニーム(フランス)[安宿・ネット・食事
出発:カルカッソンヌ(フランス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/31 8:00~12:30
移動手段・時間・料金:フランス国鉄(ten)2等:計27.8ユーロ(3,800円)。~Narbonne:8:20~9:00(20分遅れ)。~ニーム(Nimes):10:50~12:30。

到着場所:国鉄駅もバスターミナルも中心地から歩ける。
出発場所:町の中心から歩ける。

7時台の電車に乗り遅れたので、乗換えの必要な次のに乗車。しかしこれが20分も送れたため、乗換えがうまくいかず2時間待ちに。ニーム到着は大幅に遅れてしまった。ニームでは観光後、国鉄の待合室で座っていると国境警察のパスポートチェックを受けるために警察所へ。雑談だけで開放されたが、既にポンデュガール行き最終バスは終わってた。。仕方なくニーム泊。

到着:カルカッソンヌ(フランス)[安宿・ネット・食事
出発:アンドラ・ラ・ベリャ(アンドラ)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/30 5:00~15:15
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:~トゥールーズ:小型バス(Novatel):5:00~8:00、31ユーロ(約4,200円。学割25)。~カルカッソンヌ:フランス国鉄(TGV):14:30~15:15、16.5ユーロ(2,250円。学割なし。普通車は14ユーロ)。
TEL:+376-803789|email:novatel@andorrabybus.com|WEB:www.andorrabybus.com

到着場所:トゥールーズのバスターミナルは国鉄駅近く。町の中心へも歩いて行ける。カルカッソンヌの国鉄駅も中心から歩ける。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:国鉄TGVは無料トイレ付。駅トイレは有料。

アンドラから隣国へはバスしか手段がなくてしかも割高。ユーレイルパスを持ってるなら近くの電車駅まで行く方が安くつくらしい。Novatelは他に1日5本のバルセロナ空港行きや、Girona空港行き、14時発のトゥールーズ行きバスもある。トゥールーズの駅の荷物預かり所は72時間単位で6ユーロと高かったので、バックパック背負いながら半日観光。バスターミナルでもインフォでも荷物預かりサービスはなかった。

到着:ハノーファー(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:ケルン(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/28 8:49~15:30
移動手段・時間・料金:ドイツ鉄道DB:平日9時からRE・RB乗り放題チケット利用:42ユーロ(4,500円)/1人。5人までは1人追加ごとに+6ユーロ。ケルン->Essen/エッセン:8:49-9:50、通常17ユーロ。9:00過ぎるまでの駅のチケットは別購入:3.5ユーロ/1人。エッセンで観光。->ハノーファー:Mindenで乗換え:12:29-15:30。

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

すっかりおなじみの平日乗り放題券を利用。これは急行など乗れないので遠距離移動時には不向き。途中で観光して移動するには向いてる。今回もエッセンで世界遺産を観光してからハノーファーへ向かった。9時以降の鉄道だと到着が遅くなるため、9時過ぎるまでの駅をネットで調べてそこまでのチケットを購入して列車に乗り込んだ。そうしないとチケットチェックの時に罰金をとられてしまうので注意。

到着:ケルン(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:ハイデルベルク(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/26 10:21~18:28
移動手段・時間・料金:ドイツ鉄道DB:平日9時からRE・RB乗り放題チケット利用:42ユーロ(4,500円)/1人。5人までは1人追加ごとに+6ユーロでOK。ハイデルベルク->Rudesheim/ルーデスハイム:Darmstadt、Wiesbadenで乗換え:10:21-13:06。->St.Goarshausen:ライン川下り:14:15-16:05、16.6ユーロ(ジャーマンレイルパス持参なら無料)。->ケルン:koblenz乗換え:16:31-18:28。

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

鉄道チケットは当日に駅で購入。ライン川下りチケットも当日に発着場の売場で購入。船は夏なら1日に数便ある。事前にネットで時間を調べておいてそれに合わせて列車にも乗った。ライン川下りのこのルートは数々の古城やぶどう畑が見れるオススメのルート。

到着:ハイデルベルク(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:マンハイム(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/25 16:00~16:30
移動手段・時間・料金:ドイツ鉄道DB。土日にRE・RB乗り放題チケット利用:39ユーロ(4,100円)/5人まで。通常はREで約10分だが工事中のためSバーンとバスを乗り継いで30分かかった

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心
トイレ:あり

工事中で土日のみ?電車が運行してなかったため不便だった。ハイデルブルクの宿が満員だったのでマンハイムに宿泊したが、町並み的には前者の方が数段好き。

到着:マンハイム(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/24 7:02~18:55
移動手段・時間・料金:ドイツ鉄道DB:土日にRE・RBのみ乗り放題チケット:39ユーロ(4,100円)/5人まで。ガルミッシュ->ミュンヘン:7:02-8:40。オクトーバーフェスト観光。->Mühlacker:Ulm、Stuttgart 乗換え:10:40-15:00。<->Kloster, Maulbronn:BUS700番:15:04-15:22、16:31-16:50、往復2ユーロ(週末パス利用できたかも)。観光。->Heidelberg:17:00-17:50。->Mannheim:RNV5(トラム。週末パスでOK):18:05-18:55。

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心へ歩ける
トイレ:あり

かなりの長距離移動&観光だったが、週末チケットで早朝から安く動けたのが良かった。オクトーバーフェスト開催中の土日のミュンヘン行きはこの時間でも超混雑で騒がしい。マウルブロンの修道院にも寄ったが乗換えが多くて大変だった。ドイツの鉄道はほぼ時間通りだし、乗換えも分かりやすいので良かった。車窓は山や森や町並みが見事だった。ガルミッシュ近くでは雪かぶった山に朝焼け当たる風景が良かった。

到着:ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:ローテンブルク(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/22 10:06~17:58
移動手段・時間・料金:ドイツ鉄道DB。バイエルンパスを利用:バイエルン州内のRE・RBなら乗り放題:平日は午前9時から利用可:窓口購入は+3ユーロ。29ユーロ(3,000円)/5人まで。1人なら21ユーロ。ローテンブルク->Regensburg/レーゲンスブルク:Steinnach、Ansbach、Nurnbergの3回乗換え:10:06-12:38。観光。->ガルミッシュ:Munchenで乗換え:14:44-17:58。

到着場所:町の中心へ歩ける
出発場所:町の中心から約1km
トイレ:あり

ローテンブルク駅の自販機が壊れてたため窓口で購入するしかなかった。3ユーロの手数料は高い。バイエルン州はドイツで一番大きいし観光地も多いので、バイエルンパスの利用価値は高い。この時期はビールの祭典オクトーバーフェスタが開催されてるため、ミュンヘン発着の電車はどれも激混みで座れなかった。民族衣装の人も多くて楽しい。車内でビール飲んで騒いでる人達はうるさい。

到着:ローテンブルク(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:ヴュルツブルク(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/21 12:41~13:49
移動手段・時間・料金:ドイツ鉄道DB。13:23にSteinach駅に着いて22分後に乗換え。11.7ユーロ(1,250円)

到着場所:町の中心へ1km
出発場所:町の中心
トイレ:あり

1時間ごと。Rothenburgという駅は複数あるが、観光客が多いロマンティック街道のは「Rothenburg ob der Tauber」なので間違えないように。車両は少ないため、ぎりぎりに乗り込むと席がないかも。車窓ではワイン、きゃべつ、花畑などがきれいだった。

到着:ヴュルツブルク(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:ヴァイマール(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/20 9:21~17:22
移動手段・時間・料金:ドイツ鉄道DB:平日9時からRE・RBのみ乗り放題チケット:42ユーロ(4,500円)/1人。5人までは1人追加ごとに+6ユーロでOK。ヴァイマール->バンベルク:1回乗換え:9:21-12:45、通常31.3ユーロ。観光。->ヴュルツブルク:16:24-17:22、通常18.3ユーロ

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心から約1km
トイレ:あり

平日乗り放題券を使って1観光地を廻りながら移動した。2人で約50ユーロ節約。バンベルクまでの区間は時間によっては違うルートの方が早い。ネットや自販機で要確認。バンベルクまでの乗換え時間が4分しかなく少し遅れたが、到着を待ってくれてて良かった。バンベルクのロッカーは中型2ユーロ、大型3ユーロ。バンベルク観光は駅との往復2kmも含めると3時間以上が必要だった。

到着:ヴァイマール(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:ベルリン(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/18 7:00~20:30
移動手段・時間・料金:ドイツ鉄道DB:土日にRE・RBのみ乗り放題チケット:39ユーロ(4,100円)/5人まで。ベルリン(ZoologicoGarten)->Dessau:7:00-8:40、通常21.7ユーロ。観光。->Wittenberg:14:13-14:50、通常7.2ユーロ。観光。->Weimar/ヴァイマール:16:45-20:30(乗換えを間違わなければ1時間早く着けた)、通常21ユーロ

到着場所:町の中心まで約1km
出発場所:町の中心
トイレ:あり

鉄道代の高いドイツ。週末乗り放題券を使って3観光地を廻りながら移動した。ユーレイルパス等を持ってる人はIC系にも乗れるのでもっと楽。かなり疲れたけど元は取った気がする。鉄道は多いけど無駄な待ち時間を作らないよう、事前にネットで発着時刻と乗換駅は確認しておくことをおすすめ。それを怠ったためヴァイマールへの到着が1時間遅れてしまった。デッサウ駅にはバックパック2つ入れれる大型ロッカーあり。2ユーロ/24h。ヴィッテンベルクもあるらしい(未確認)。

到着:ベルリン(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:レイキャビック(アイスランド)[安宿ネット食事
 移動日:2011/9/14 9:30~14:50
出入国・ビザ:シェンゲン加盟国どうしなので出入国チェックなし
移動手段・時間・料金:飛行機(Iceland Express):往路同様30分遅れの離着陸:9:30-14:50(出発地時間:12:50)。航空券:174USD+TAX・サーチャージ100USD(往復分を適当分割)=274USD(15,000円)

到着場所:町の中心へは鉄道DBやSバーンで約40分
出発場所:レイキャビックの町からKeflavik空港までのシャトルバスについては下の出発時の情報を参照。
トイレ:あり
食事:機内での飲食は有料

スカイスキャナー等の比較サイトで安い日を検索してからIceland Expressのサイトで直接購入。10日前に購入。早ければもっと安く買える。預け荷物は20kgまで無料。機内の飲食は全て有料なので、お菓子などを持ち込むのが良い。かなり乾燥してて喉も渇くため、空ペットボトルでセキュリティを通った後にトイレ等で水を補給すれば無料。この技は水道水が美味しく飲めるアイスランドでのみ通用する。

到着:ブレーメン(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:リューベック(ドイツ)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/9 16:12~18:23
移動手段・時間・料金:ドイツ国鉄DB:週末乗り放題券(39ユーロ(4,500円)/5人まで)でヴィスマール往復とともに利用

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:あり

予約なしで乗り込んだ。土曜日だからか夕方便でも空いてた。週末乗り放題券で日帰り観光の後に移動するとかなり交通費を節約できる。

到着:リューベック(ドイツ)[安宿ネット食事
出発:コペンハーゲン(デンマーク)[安宿ネット食事
 移動日:2011/7/8 15:44~19:40
出入国・ビザ:出入国チェックなし
移動手段・時間・料金:デンマーク国鉄DSB:449デンマーク・クローネ(7,100円)。うち座席指定券:23クローネ

到着場所:町の中心から歩ける
出発場所:町の中心
トイレ:あり

前日に駅のチケット売場で購入。3日以上前にネットなどで購入すれば20ユーロ安い席もある。もっと前ならさらに半額くらいのチケットもある。今回は直前だったので仕方なく標準料金で購入。駅にはPCとプリンターもあるので各自で購入も可能。その場合、座席指定をしないこともできる。車内は快適だけど、私の座席は雨漏りがしててパソコンも出せないし、くつろぐことが出来なかったのが残念。しかも車掌が来ても何も対応してくれない。チケット確認は2回やってきた。ネット購入した時はプリントアウトを忘れずに。

到着:パレルモ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:リパリ島(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/31 11:15~19:30
移動手段・時間・料金:リパリ島→ヴルケーノ島:中型フェリー:11:15-11:25、5.5ユーロ(600円)。→ミラッツォ:中型フェリー:14:20-15:00、18.7ユーロ(2,100円)。ミラッツォ港前→駅:市バス:約30分毎:15:45-15:55、1ユーロ。→パレルモ:鉄道IC:16:22-19:30、15.5ユーロ(1,700円)

到着場所:パレルモの鉄道駅は町の中心
出発場所:リバリ島のフェリーターミナルは町の中心。ミラッツォの鉄道駅へは市バスかタクシーで。
トイレ:船と鉄道にはトイレあり

ヴルケーノ島へは8時台のフェリーで行くつもりだったけど寝坊したので遅くなってしまった。通常なら9時台もあるはずだけど、オフシーズンだか大晦日だかの理由で欠航だった。ヴルケーノ島の滞在時間は、火山ハイキング2時間半、泥温泉1時間は欲しいかも。私は火山1時間、泥温泉1時間で急いで観光した。同日にパレルモへ行く場合は鉄道時間等を調べておいた方が良い。安いR車は2時間に1便程度。私は宿のチェックイン22時までに間に合わすためICに乗車。Rより5ユーロ高い。

到着:リパリ島(イタリア)[安宿ネット食事
出発:カターニア(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/30 11:15~15:45
移動手段・時間・料金:カターニア→メッシーナ:鉄道R:11:15-13:00、6.8ユーロ(750円)。→リパリ島:14:00-15:45、21.2ユーロ(2,400円)+入島料1ユーロ

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:船と鉄道にはトイレあり

この時期、メッシーナからリバリ島へのフェリーは1日1便だったので、それに合わせた時間で鉄道にも乗車。オンシーズンならもっと多いだろうし、ミラッツォからならこの時期でも数便ある。フェリーは10分以上遅れて出発。晴れてたので揺れなかった。

到着:カターニア(イタリア)[安宿ネット食事
出発:シラクーサ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/28 14:00~15:10
移動手段・時間・料金:大型バス(interbus):5.7ユーロ(650円)

到着場所:町の中心から歩ける
出発場所:町の中心
トイレ:あり

日に数便ある。この時期は予約なしでもすぐ乗れて空いてた。快適だなぁと思う暇もなく目的地に到着。

到着:シラクーサ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:ヴァレッタ(マルタ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/27 6:45~12:00
移動手段・時間・料金:ヴァレッタ→Pozzallo:大型フェリー(VIRTU Ferries):6:45-8:30、50ユーロ(5,700円)。→シラクーサ:10:10-12:00、5.4ユーロ(600円)

到着場所:町の中心
出発場所:町やバスターミナルから徒歩20分。市バス98か198番は朝6時からなので間に合わない。タクシーはスリーマから15ユーロ
トイレ:船にはトイレあり

マルタ発着フェリーの情報は現地でも言う人によって違う。季節によって大きく変動するからだと思うので自力で調べた方が良い。冬季だったのでシチリア島のPozzalo行きしかなかったが、夏ならイタリア他都市やチュニジアなどへの便もありそう。前日に出発時間や料金を調べにターミナルへ行った。チケットは当日購入した。船内は快適。大型船なのであまり揺れなかった。ちょっとした地中海クルーズを満喫できる。電源のある席が数席だけあるが、早めに占領されてしまってる。

到着:ヴァレッタ(マルタ)[安宿ネット食事
出発:バーリ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/21 22:00~23:20
移動手段・時間・料金:飛行機(Ryanair):50ユーロ(5,700円。、TAX・サーチャージ全て込み。うち預け荷物15kgまで:15、Webチェックイン:6、クレジットカード払い:10(何人分でも))

到着場所:空港からタクシーでスリーマまで20ユーロ。夕方までに到着したら市バスがある。夏なら夜まであるかも
出発場所:バーリの国際空港へは、中央駅前から市バス16番(うろ覚え)で約30分、0.8ユーロ
トイレ:あり

10日くらい前にRyanのサイトでネット予約。本当はギリシャから行ければイタリアへ戻る手間も省けたのだけど、船代を払ってもこちらの方が安かったし、日程的にも合ったのがあったので購入。空港までの市バスは19時までなら1時間に1本くらいありそう。駅前のツーリストインフォで時刻表がもらえるので事前に確認しておくと良い。機内では食事などが有料なので食料を持ち込むことをおすすめ。短時間の飛行なので席が狭い点などは苦にはならなかった。

到着:バーリ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:ケルキラ(コルフ島)(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/20 23:00~8:00
移動手段・時間・料金:大型フェリー(AGOUDIMOSのIonianKing):33ユーロ(3,750円)。冬季料金

到着場所:バーリ旧市街の西端の国際フェリーターミナル。船降場から出口まで約1.5km。新市街までは更に約2km
出発場所:入口から船乗場までは約1.5km。出発時間の30~1時間前にシャトルバスあり
トイレ:あり

この時期は2日に1便程度。チケットは港周辺の旅行会社で購入出来る。待合室で無料WIFIを拾えたが弱すぎてメール受信くらいしか出来なかった。船は大型で快適。デッキは夜は暖房が強すぎてTシャツでも暑かった。のどもからからになったので、飲料水は多めに持っていく方が良いかも。

到着:ケルキラ(コルフ島)(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:サランダ(アルバニア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/18 12:45~16:00
出入国・ビザ:アルバニアはシェンゲン国ではないため、パスポートチェック&押印あり。無料ですぐ済む
移動手段・時間・料金:中型フェリー:19ユーロ(2,150円)

到着場所:フェリーターミナルは新市街の中心。船下りてから出口までは約1.5km歩く。シャトルバスがあれば乗ればよい
出発場所:コルフ行きフェリーターミナルは町の中心
トイレ:あり

この時期でも毎日1便運行されてた。日帰りは不可能。小さな船なので大寒波の影響で船が激しく揺れた。乗客の多くが酔っていた。また到着は30分遅れた。

到着:サランダ(アルバニア)[安宿ネット食事
出発:アテネ(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/15 8:30~18:00
出入国・ビザ:ギリシャ出国、アルバニア入国ともすぐスタンプ押されて終了。どちらも無料。アルバニア側は車内で完了。国境によっては入国料を徴収されるらしい
移動手段・時間・料金:中型バス:20ユーロ(2,280円)

到着場所:町の中心
出発場所:アルバニア行きバスは、ラリッサ駅周辺に集まったオフィスから数社ある
トイレ:なし

アルバニア方面行きバスは午前と夜行便の2本。サランダ行きを運行する会社は少ない。オフシーズンなので出発直前でも簡単に乗れてしかも安くしてもらえた。オンシーズンは前日購入が良いかも。ギリシャ全体はストライキ中だったけどアルバニア行きバスには影響なかった。途中で2回の食事休憩と1回トイレ休憩があった。後半は山道で酔いそうだった。バスの乗り心地は大型の方が良いかも。

到着:アテネ(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:イラクリオン(クレタ島)(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/13 21:00~12/14 10:00
移動手段・時間・料金:イラクリオン→ピレウス:大型フェリー(Anek LinesのKriti Ⅱ):21:00-翌6:00:28ユーロ(3,200円)。→アテネ:国鉄:9:45-10:00:1ユーロ

到着場所:ピレウス港に着。ポートを出て右へ歩いていくと国鉄駅やメトロ駅。そこからアテネまで15~30分
出発場所:フェリーポートは町の中心から約1km。徒歩10分
トイレ:あり

オフシーズンでもピレウス行きは毎日夜行便がある。それでも波が高かったので用心して出港前に買いに行った。チケットは町中の旅行会社で購入出来る。運が良ければ格安チケットがあるらしい。船は時間通りに出発。到着は5時予定が1時間遅れた。船内は快適。デッキには電源が上の方に2箇所しかない。

到着:イラクリオン(クレタ島)(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:フィラ(サントリーニ島)(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/12 15:00~21:00
移動手段・時間・料金:大型フェリー(Anek LinesのIerapetra):16.5ユーロ(1,900円)

到着場所:フェリーポートは町の中心から約1km。徒歩10分
出発場所:フェリーポートは町の中心から4km離れてる。タクシーは10分、13ユーロ(1,500円)。バスがあれば20分、2ユーロ
トイレ:あり

オフシーズンのこの時期、サントリーニ島→クレタ島は週1便(土曜の午前4時半発)のみ。それなのに大寒波の影響で大遅延が生じた。船が停泊してる島からサントリーニ島まで5時間かかるため、深夜早朝も含めて5時間毎に確認しに行った。確認はペリカントラベルの隣のポートポリスで24時間可能。結局35時間遅れで船がやって来て出発出来た。船内は快適。夕方から夜だったのでエーゲ海の景色は見れなくて残念だった。

到着:フィラ(サントリーニ島)(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:シロス島(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/8 12:00~21:00
移動手段・時間・料金:大型フェリー(Anek Lines):18.8ユーロ(2,200円)

到着場所:フェリーポートは町の中心から4km離れてる
出発場所:フェリーポートは町の中心
トイレ:あり

チケットは2日前にミコノス島で購入。この時期はほとんど乗客がいないので当日でも購入可能だと思う。フェリーポート前にたくさんの代理店があるがどこも同じ料金だと思う。フェリーは大型で、外デッキ、内デッキがある。昼は外が気持ち良いけど、夕方からは寒くなるので中で過ごした。電源はBlue Starより少ない感じ。大デッキのすみっこに1箇所見つけただけ。途中、Naxos島ともう1つに立ち寄った。快晴だったので景色もよかった。

到着:シロス島(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:ミコノス島(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/7 14:15~15:30
移動手段・時間・料金:大型フェリー(Blue Star Ferry):8ユーロ(900円)

到着場所:フェリーポートは町の中心
出発場所:ニューフェリーターミナルは町から4km離れてる。宿の無料送迎を利用
トイレ:あり

チケットは1日前にミコノスタウンのオールドポート前の代理店で購入。この時期なら当日でも購入可能だと思う。シロス島行きフェリーは、ピレウスから来た船が折り返すので、13時頃には乗船出来る。今回はエコノミーチケットは外のデッキだと言われたが、快晴だったので気持ちよかった。夏はかなり暑いのかも。荷物さえなければ簡単に下のインドアデッキで過ごすことも可能。

到着:ミコノス島(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:ピレウス(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/4 7:30~13:00
移動手段・時間・料金:大型フェリー(Blue Star Ferry):31ユーロ(3,500円)

到着場所:ニューフェリーターミナルは町から4km離れてる。宿の無料送迎を利用
出発場所:フェリーターミナルはいくつもあるので事前に要確認。町の中心から歩ける
トイレ:あり

チケットはピレウスのフェリーターミナル周辺の代理店で購入。当日は宿の無料送迎サービスでターミナルまで送ってもらったが、自力で行く場合はフェリーターミナル番号(今回はE7だった)をしっかりと確認しておくこと。フェリーへは出航の30分前には乗船すること。電源の近くなど良い席を確保したいなら1時間以上前に行く必要がある。船内はとても快適で、トイレも清潔。レストランやファストフード店などもある。エーゲ海の景色を眺めにデッキへ出たり、パソコンしたりとかしてたらすぐ着いた。

到着:アテネ(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:デルフィ(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/2 13:30~16:30
移動手段・時間・料金:大型バス(KTEL):13.6ユーロ(1,550円)

到着場所:町の中心の知らない場所で降ろされ、歩いてる間に知ってる道に出て宿まで行けた。国鉄駅まで徒歩30~50分。タクシーが賢明かも。
出発場所:町の中心。チケットはオフィスで事前に購入
トイレ:なし

オンシーズンならもっとバスの便数は多いのかも。この時期なら出発前でも余裕でチケット購入出来たけど、夏は事前購入した方が良いかも。同じ時間帯に数本のバスが来るので、しっかりと行き先を確認してから乗ること。車内は快適。

到着:デルフィ(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:カランバカ(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/12/1 8:00~13:30
移動手段・時間・料金:カランバカ→トリカラ/Trikala:大型バス(KTEL):8:00-8:45、ラミアまで12.5ユーロ(1,400円)。→ラミア/Lamia:大型バス(KTEL):9:00-10:40。→アムフィッサ/Amfissa:10:40-12:10、デルフィまで8.2ユーロ。→デルフィ:12:45-13:30。

到着場所:町の中心
出発場所:町の中心のKTELオフィス前
トイレ:なし

オフシーズンでも直通バスが週3便(木土日)あるっぽい。曜日が合わなかったので乗り継ぎで移動。バスチケットは前日にバス会社オフィスで購入したが、この時期なら当日でも買えそう。夏は混んでるらしい。Lamia→Amfissaのバスが少ない(たぶん1日2~3便)ので、1日でデルフィにたどり着きたいなら朝早くトリカラへ向かう必要がある。私はLamiaでちょうど待ってたバスに乗れたけど、ここが遅れるとどれだけ待つか分からない。心配ならカランバカをもっと早く出発した方が良いかも。乗換えは多いけどバス車内は快適なので、パソコンしたり寝たりしながら快適だった。ただし全て終点ではないので、降りる場所をドライバーに印象付けて、乗り過ごしのないように!

到着:カランバカ(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:テッサロニキ(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/29 9:45~13:27
移動手段・時間・料金:ギリシャ鉄道:12ユーロ(1,300円)。テッサロニキ→ラリッサ(アテネではない):9:45-11:18。→カランバカ:12:07-13:27。

到着場所:町の中心から歩ける
出発場所:テッサロニキ駅は町の中心。バスターミナルや中心地から市バス8番などで行ける。
トイレ:なし

直通鉄道が1日1本あるが、18時発なので到着時間が遅すぎて却下。午後14時にもラリッサ経由で行ける便がある。テッサロニキ観光後に行くならアリかも。乗換えで行く場合、いくつか選択肢があるみたいなので駅のインフォが開いてる時間に確認した方が良いかも。チケットオフィスでは相談にのってくれない。ギリシャの鉄道は意外に時間に正確だし乗り心地も良い。ただ駅の電光掲示板や時計がめちゃくちゃなので、行き先や乗るプラットフォーム番号などは駅員にしっかり確認した方が良い。

到着:テッサロニキ(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:アテネ(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/27 0:00~6:00
移動手段・時間・料金:大型バス(KTEL):39ユーロ(4,500円)

到着場所:鉄道駅前。町の中心へは歩ける。
出発場所:キフィスウ・ターミナル/Kifissouへは、オモニア広場からKonstantinus通りを3ブロック歩き、左折した先から出る051番バスで約15分。
トイレ:なし

1時間に1便くらいある。アテネのバスターミナルはいくつかあるので間違えないよう注意。いずれのバスターミナルも行きにくい場所にあるので、時間には余裕をもった方が良い。またすぐ満席になる場合があるみたいなので、事前にチケット予約か購入しておくことをオススメ。テッサロニキへは鉄道でも行け、そちらの方が安い。しかしこの日の夜行鉄道は満席か運行してなかったようなのでバスを選んだ。テッサロニキは町の中心のオフィス前で降ろしてもらえるが、早朝歩くのはおすすめしない。だから私は0時発のバスにした。22時や23時発のバスだと早く着きすぎると思う。

到着:アテネ(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:ピレウス(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/24 8:00~8:30
移動手段・時間・料金:メトロ:1ユーロ

到着場所:040番バスはシンタグマ広場が終点。メトロなら好きな場所へ
出発場所:メトロ駅へは町の中心から歩ける。040番バス乗場は町に数箇所
トイレ:なし

ピレウスからアテネへは通常はメトロ利用が速いし、好きな場所で降りられるので便利。しかし宿の場所や、シンタグマ広場へ乗換えなしで行きたいなら040番が便利。バスもメトロも頻繁に出てる。バス乗場は方向を間違えないよう、地元民に確認した方が良い。

到着:ピレウス(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:ナフプリオン(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/23 14:00~18:00
移動手段・時間・料金:ナフプリオン→アテネ:大型バス(KTEL):14:00-17:00、12ユーロ(1,400円)。→ピレウス:メトロ:1時間、1ユーロ。

到着場所:アテネではメトロ駅前で降ろしてもらうのが便利。アテネからピレウスまでは国鉄(15分)、メトロ、バス040番などで1時間くらい。
出発場所:バスステーションは町の中心
トイレ:なし

ナフプリオンではエピダヴロス観光後に出発。アテネ行きは2時間に1~2便ある。大型バスで快適。アテネからピレウスへのメトロは、モナスティラキ/Monastirakiで乗換え。

到着:ナフプリオン(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:スパルタ(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/21 15:00~18:10
移動手段・時間・料金:スパルタ→トリポリ/Tripoli:大型バス:15:00-16:00:5ユーロ(570円)。→ナフプリオン/Nafplion:大型バス:17:00-18:10:6.2ユーロ(700円)

到着場所:バスステーションは町の中心
出発場所:スパルタのバスターミナルは町の中心から少し南、徒歩5分。トリポリのバスターミナルは2つあり、ナフプリオン行きは降ろされたカフェから徒歩15分のメイン・バスターミナルから。
トイレ:なし

この時期、スパルタからナフプリオンへの直通バスは出てないのでトリポリで乗換え。トリポリへはアテネ行きバスが2時間に1~2便出てる。トリポリではバスターミナルを間違えないよう注意。チケットは事前にオフィスで購入。大型バスは快適。

到着:スパルタ(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:オリンピア(ギリシャ)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/20 11:45~19:30
移動手段・時間・料金:オリンピア→ピルゴス/Pirgos:大型バス:11:45-12:15:1.9ユーロ(220円)。→トリポリ/Toripoli:大型バス:15:30-18:00:13ユーロ(1,500円)。→スパルタ:大型バス:18:30(15分遅れ)-19:30:5ユーロ(570円)

到着場所:スパルタのバスターミナルは町の中心から少し南、徒歩5分
出発場所:オリンピアのバス乗場は、Palace Hotel前。トリポリにはバスターミナルが2つあるが、私は降ろされた場所(メインバスターミナルではない方)の前のカフェでバスチケットを購入して、その前からスパルタ行きに乗れた。
トイレ:なし

月-金ならトリポリ直通バスが12時過ぎにあるが、日曜だったのでピルゴス経由で行くしかなかった。夏はもっとバスが多いと思う。ピルゴスからトリポリ行きバスはこの時期は1日1~2便。トリポリからスパルタへのバスは1日数便ある。ギリシャのバスは大型が多くて快適だけど、距離の割に料金が高い。

到着:オリンピア(ギリシャ)[安宿ネット食事
出発:バーリ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/18 20:00~11/19 16:50
出入国・ビザ:イタリア出国手続きはフェリーのチュックインと同時、すぐ終了。ギリシアもシェンゲン地域なので入国手続きはなし
移動手段・時間・料金:バーリ→パトラス/Patras:国際フェリー(SuperFast):20:00-翌13:00:デッキ 53ユーロ(6,000円)。→ピルゴス/Pirgos:鉄道:13:35-15:20:3.7ユーロ(420円)。→オリンピア:大型バス:16:00-16:50:1.9ユーロ
WEB:www.superfast.com

到着場所:オリンピアの町の中心
出発場所:バーリ旧市街の西端の国際フェリーターミナル。中央駅から北へ徒歩20~30分。駅から20番の「/」付の市バスで約10分でフェリーターミナルの中まで行ける。パトラスの鉄道駅はフェリーターミナルの目の前。バスターミナルは駅を超えて右に入った所すぐ。ピルゴスのバスターミナルは鉄道駅から少しパトラス側へ戻り線路渡った先、徒歩10分
トイレ:フェリーにはあり
食事:それほど高くないレストランあり。味は未確認

急にギリシア行きを決めたが調べてみると、この時期でも毎日フェリーが運航してるようだった。出航の2時間前にフェリーターミナルへ行きデッキ席のチケットを購入。パスポートが必要。寝台や個室なども高いけどあるみたい。デッキ席はバス泊より充分過ぎるくらい快適。人も少なかったので2席使って横になれた。レストラン、トイレ、シャワーまで清潔なものを完備。120分3ユーロでWIFIも使えるようだった。電源はデッキ室の4すみ、外のフロント前のソファの中央辺り、レストランの数箇所などにあるけど、競争率は高いので早めに周辺で席確保した方がいいかも。とにかくホテルが動いてる感じで何不自由なく移動出来た。パトラスからオリンピアへは1日数便のバスがあるが、フェリーが遅れたために乗れず、ピルゴス経由で向かった。ピルゴスからオリンピア間も鉄道はあるけど少ないので、この日は15時過ぎで既にバスしか選択肢がなかった。

到着:マルマリス(トルコ)[安宿・ネット・食事
出発:スカラ(パトモス島)(ギリシャ)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/11/19 2:30~16:30
出入国・ビザ:港でパスポートチェック&出入国手続き&押印。パスポートのマケドニア印が見つかり、ギリシャ出国印をもらえなかった。シェンゲン国の出国印がないとトラブルの原因になるため、係官にお願いしてフェリーチケット裏に印をもらった。
移動手段・時間・料金:~ロードス島:大型フェリー(Blue Star):2:30~8:30、28.5ユーロ(3,850円)。~マルマリス:中型フェリー(Yesil Marmaris):14:00~16:30、料金は往復購入(復路オープンの往復75ユーロ)

到着場所:町の中心から徒歩30分の港
出発場所:ロドスシティの港、パトモス島の港は共に旧市街近く。
トイレ:あり

ロードス島までのフェリーは往路と同じ船。探せば電源もあるのでPCしてた。ソファがたくさんあるけど、始発ではないため寝てる人が多かった。しかし途中の寄港地で人が降りるのですぐ空いた。船内にはレストランもあるけど、スーパーで水や食料を購入してきた方が安くつく。マルマリス行フェリーの時間まで観光可能。ギリシャ出国時にはまさかの出国印拒否。入国時の係官が甘くて助かったかも。北キプロスへの渡航暦がある場合も入国拒否されるので注意。マリマリスへの船は往路同様、中型船で乗り心地も微妙。

到着:スカラ(パトモス島)(ギリシャ)[安宿・ネット・食事
出発:マルマリス(トルコ)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/11/17 9:30~23:00
出入国・ビザ:港でパスポートチェック&出入国手続き&押印
移動手段・時間・料金:~ロードス島:中型フェリー(Yesil Marmaris):9:30~12:00、往復75ユーロ(10.150円。復路オープン)。9:00出港が遅れた。復路を同日にすれば50ユーロ。出入国税とTAX込み。~パトモス島:大型フェリー(Blue Star):17:00~23:00、28.5ユーロ

到着場所:ロドスシティの港、パトモス島の港は共に旧市街近く。
出発場所:町の中心から徒歩30分の港
トイレ:あり

ギリシャの島だけどトルコからの方が行きやすいロードス島。夏のハイシーズンには50分で着く高速船もあるらしいので、日帰りでも長めに観光出来るかも。冬は日帰りだと3時間程度しか観光出来ない。私はギリシャのパトモス島も一緒に行きたかったので復路オープンにした。チケットは当日購入可能だけど、乗船も手続きも一番最後にまわされるので、可能なら前日までに購入した方がいい。夏なら町の旅行会社の方が安い場合もあるとか。この時期は最安で1ユーロ安いだけだった。快晴だったけどフェリーは少し揺れた。意外と古い船で期待はずれだったけど、景色は最高!パトモス島への船は超快適。レストランや売店、シネマルームなどもあるが、スーパーで水や食料を購入してきた方が安くつく。電源も探せば少しだけ見つかるのでソファでPCして、疲れたら寝てた。いくつか島に寄るけど無料WIFIは拾えず。夜景はそこそこきれい。

到着:バーリ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:ナポリ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/17 9:10~12:15
移動手段・時間・料金:長距離バス(SITA):20ユーロ(2,300円)。8:20出発が50分遅れた

到着場所:バーリ Central駅前。町の中心
出発場所:ナポリ中央駅からガリバルディ広場に出て左へ歩き1本目を左折。Hotel Radamanを右に見ながら越えてすぐのバス停。道路の両サイドにSITA看板あるが、バーリへはHotel Radaman側から。始発はナポリのなんとか駅かららしい。
トイレ:なし。1回トイレ休憩あり

この区間は電車でも行けるが乗換えが必要で時間もかかるし、全てRで行くのは難しいので金額も30ユーロ以上かかりそう。平日ならバスは午前2本(7、8時台)、午後4本くらい。午前はSITA社、午後はMarino社。チケットはガリバルディ広場にあるブースで購入可。乗場近くのBarでも売ってるらしいが購入したい時間をはっきり伝えること。この日のバスは1時間近くも遅れた。私は乗場を間違えたと思ってあせった。しかも大雨でびしょ濡れ。バス内も道路も快適で揺れも少ない。晴れてくると山や畑の風景がとてもきれいだった。

到着:ナポリ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:ローマ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/10 16:45~19:25
移動手段・時間・料金:イタリア鉄道:10.5ユーロ(1,200円)

到着場所:ナポリ・セントラル駅は町の中心
出発場所:ローマ・テルミニ駅は町の中心
トイレ:あり

ローマを観光後に移動。ナポリ行きは1時間に1本くらいありそう。R/普通は少ない時間帯もあるので事前に調べとくと良い。夕方なので混んでると思ったけど、Rでナポリまで行く人は少ないようで最初だけ混んでたが後は貸切車両になった。

到着:ローマ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:フィレンツェ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/3 17:13~21:20
移動手段・時間・料金:イタリア鉄道:17.15ユーロ(2,000円)

到着場所:ローマ・テルミニ駅は町の中心
出発場所:サンタマリア・ノヴェッラ駅は町の中心
トイレ:あり

フィレンツェ周辺を日帰り観光後に移動したので遅くなってしまった。特にこの区間は急行/IC以上は本数が多いけど、R/普通は2時間に1本程度しかないので安く行きたいなら事前に調べた方が良いかも。最初は混んでたけど、Rでローマまで行く人はほとんどいないようで最後はガラガラになった。

到着:フィレンツェ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:シエナ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/11/2 18:00~19:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(SITA):7.1ユーロ(800円)

到着場所:サンタマリア・ノヴェッラ駅前
出発場所:Fiorentina通りのマクドナルド前
トイレ:なし

この区間は1時間に数本のバスがあって便利。急行(RAPIDA)に乗ったけど、普通便とは10分しか変らないので、先に来たバスに乗れば良い。チケットはバス車内では買えないらしく、あらかじめグラムシ広場の地下のチケット売場で購入しておく必要がある。乗る場所はどこからでもよくて、私は宿の近く(グラムシ広場から徒歩30分)から乗った。道も車内も快適。

到着:シエナ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:フィレンツェ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/10/31 17:40~19:20
移動手段・時間・料金:長距離バス(SITA):7.1ユーロ(800円)

到着場所:グラムシ広場は町の中心から歩ける
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:なし

電車でも行けるが時間帯によっては乗換えになるし、シエナ駅から中心地までは市バスに乗る必要があるので不便。SITAバスはシエナのグラムシ広場まで行くので便利。バスは日曜日でもほぼ毎時間の運行だった。道も車両も快適でほとんど眠ってた。

到着:フィレンツェ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:リミニ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/10/28 16:44~20:11
移動手段・時間・料金:イタリア鉄道:R2等。リミニ~Faenza:16:44-17:32、5.1ユーロ(600円)。~フィレンツェ.SMN:18:20-20:11、6.55ユーロ(750円)

到着場所:町の中心から歩ける
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:あり

リミニからフィレンツェまでの路線を券売機やイタリア鉄道のホームページで検索すると、安いRは全くなくてICやESのみ出て来て最低でも20ユーロ以上。しかもボローニャ乗換え。でもFaenzaまでを個別に検索するとRはあるので、ここで乗換えていくのがフィレンツェまでは最安。ただし時間はかかるし、最終はこの時間帯なので、状況によってはボローニャ経由のIC等を使うしかない。マイナー路線だからか、夕方なのにどちらも座れてパソコンや読書などしながら移動出来た。

到着:リミニ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:モデナ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/10/25 6:50~9:07
移動手段・時間・料金:イタリア鉄道:R2等:6:48-9:07、9.5ユーロ(1,000円)

到着場所:町の中心から歩ける
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:あり

時刻表どおりの運行で満足。乗換えなし。時間によってはボローニャで乗り換える必要があるかも。まだ外は真っ暗な時間だし、通勤前だったので余裕で座れた。座れるとパソコンしたり、読書したり、寝たり出来て、あっという間に到着。

到着:モデナ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:ボルツァーノ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/10/23 14:30~19:06
移動手段・時間・料金:イタリア鉄道:R2等:14.05ユーロ(1,600円)。ボルツォーナ~ヴェローナ:14:30-16:15。~モデナ:17:00-19:06

到着場所:町の中心から歩ける
出発場所:ボルツァーノ/Bolzano(Bozen)駅は町の中心
トイレ:あり

午後早い時間帯に出発したので、モデナまでずっと座れた。イタリア鉄道は座れるとかなり快適。セキュリティも心配ないのでパソコン出来るのも便利。ヴェローナの乗換え時に電車が30分も前に駅に着いてたので心配だったが、係員をつかまえてモデナ行きだと確認した。

到着:ボルツァーノ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:ヴェローナ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/10/22 17:50~19:30
移動手段・時間・料金:イタリア鉄道:R2等:8.65ユーロ(1,000円)

到着場所:ボルツァーノ/Bolzano(Bozen)駅は町の中心
出発場所:ヴェローナ駅まで町の中心から徒歩20分。市バスでも行ける
トイレ:あり

丸一日観光した後に出発したので遅くなった。また夕方だったので超満員で、大荷物持ってると車内で座れない。出入口付近で突っ立てたが、音がうるさすぎて会話出来ないほどだった。降りる駅が分かりづらいので事前に到着時間は調べておいた方が良いかも。

到着:ヴェローナ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:ヴェネツィア(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/10/20 9:40~18:23
移動手段・時間・料金:イタリア鉄道:R2等。ヴェネツィア~パドヴァ/Padova:9:40-10:28、2.9ユーロ。約1時間毎。~ヴェツェンチェ/Vicenza:14:29-14:55、ヴェローナまで通しで4.95ユーロ。~ヴェローナ/Verona(Porta Nuova):17:26-18:23。

到着場所:パドヴァ、ヴェツェンチェは町の中心へ歩ける。ヴェローナ駅は中心へ約2km。市バスが頻繁に走るが朝夕は混雑してて大荷物持ってると使いにくい。
出発場所:St.Lucia駅へは宿から歩いた
トイレ:あり

パドヴァ、ヴェツェンチェの2都市を観光後、ヴェローナへ向かう移動。パドヴァのみ荷物預かり所あり。かなり疲れたので時間に余裕あるならどこか拠点で観光した方が楽。パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂(荷物預かり可)はネット予約済みだったので10:20までに到着する必要があったけど、宿出る時間が遅くなってしまい乗り過ごした。しかもあわててICチケットを買ってしまい払い戻しも出来ずに損した。イタリアの鉄道チケットは6時間有効で途中下車し放題なので、ヴェローナまで6時間以内であれば通しで購入した方が少しお得。私はパドヴァ~ヴェツェンチェ~ヴェローナ間を通しで購入。ヴェローナは2駅あるので注意。中心はPorta Nuova駅。夕方は通勤ラッシュ時で、バックパック持ってると座れなくてドア付近に居座り。

到着:ヴェネツィア(イタリア)[安宿ネット食事
出発:ローマ(イタリア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/10/16 22:40~6:00
移動手段・時間・料金:イタリア鉄道:夜行列車:2等6人座席:37.5ユーロ(4,300円)

到着場所:町の中心へは歩けるが、宿の場所によってはヴァポレット(定期船)に乗る必要がある
出発場所:Rome Tributina駅へはテルミニ駅からメトロB線で4駅
トイレ:あり

当日駅の券売機でチケット購入したら、夜行移動が一番安かった。寝台は100ユーロ越える。久々のヨーロッパ鉄道。2等座席での夜行移動。6人コンパートメントで満員だったので座ったまま眠ったけど快適。アフリカではミニバス内で未舗装道を走りながら寝てたので段違い。荷物を取られる心配も少ないので安全面も安心。でも取られた人もいるようなので、日本にいる時よりは用心すること。終点はUDINEだったので乗り過ごしに注意。ヴェネツィアにはMESTREという駅もあるけど、島内に宿泊するなら次のSt. Lucia駅で降りること。MESTREには安く泊まれるキャンプサイトもあるけど、島への往復移動費も考慮して宿泊先を決めればいいと思う。

到着:ローマ(イタリア)[安宿ネット食事
出発:モンバサ(ケニア)[安宿ネット食事
 移動日:2010/10/15 10:40~17:00
出入国・ビザ:ケニア出国はスムーズだった。出国税(20USD)は航空券に含まれている場合もある。イタリア入国はパスポートにスタンプ押されただけ。数秒で終了。出国チケットについても全く聞かれなかった
移動手段・時間・料金:飛行機(Meridiana社):片道299ユーロ(32,600円)。税込み。ケニアの出国税20USDは含まれておらず空港で支払った。
WEB: http://www.meridiana.it/

到着場所:ローマのレオナルドダヴィンチ空港から町の中心へはシャトルバスが走ってる。私はテルミニ駅へ行きたかったので8ユーロのBUSSHUTTLEに乗った。約1時間。6ユーロで違う駅行きもある。
出発場所:Moi International Airportへは、町の中心からトゥクトゥクで20~30分、700ケニアシリング(700円)
トイレ:あり
食事:機内食:パンプキンのラビオリor野菜入りパスタ。ドリンク。コーヒーor紅茶。更に軽食としてチーズorターキー&チーズのサンドイッチとドリンクもあった。

東アフリカからヨーロッパへ飛ぶには、この時期モンバサからが一番安かった。月に2回くらいベルギーのブリュッセル行き格安航空券が、1ヶ月以上前に予約すると2万円ちょっとであるが日が合わず断念。空港でのチェックイン時にイタリア出国チケットの有無、Eチケットのプリントアウト、イタリアビザの要否などを聞かれ、その後1時間以上もカウンター前で待たされた。結局飛行機に乗れたのは離陸の数分前。何がひっかったのかは不明だけど、走って出国手続き、搭乗手続きを終えた。機内は超快適。マダガスカル航空ほどではないけど、食事も美味しい。CAの気配りは日本並み。というかこれが普通かも。久々に「客を神様扱い」してもらえた(^^;。各座席に小型TVが付いてるけど、私のは壊れてた。まぁ見たい映画はなかったので問題なかったけど。寝て食べてPCして本読んでるとあっという間に到着。

到着:サフランボル(トルコ)[安宿・ネット・食事
出発:ギルネ(北キプロス・トルコ共和国)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/12/7 13:40~12/8 18:40
出入国・ビザ:北キプロス、トルコの出入国は少し並ぶが簡単。北キプロス印を別紙にもらってる場合は出国時にそれも同時に出すこと。タシュジュからのトルコ入国印があるとギリシャへ入れない可能性もあるが、タシュジュ出国印を拒否出来なかったので今回は黙って押してもらった。
移動手段・時間・料金:~タシュジュ:大型フェリー:13:40~19:30、往復130トルコリラ(7,800円。学割100リラ)に込み+15(出国税&TAX)。12時発が100分遅れ。~スィリフケ:ドルムシュ:、1.25リラ。~アンカラ:長距離夜行バス():22:30~翌6:30、25リラ。~サフランボルのオトガル:長距離バス(Safran):15:30~18:30、15リラ。~クランキョイ:セルビス:18:40着、バス代に混み

到着場所:クランキョイの街中
出発場所:町の中心から約2km離れたフェリーターミナル
トイレ:フェリーには無料トイレあり
食事:バスではチャイ、コーヒー、水、ジュース、お菓子

暴風のため3日間も9:30の高速船は出港しなかった。土日なので他の時間帯の船はなし。仕方なくその3日目の12:00(正午)発フェリーに乗船。しかし出発は100分遅れ。高速船とは違い大型船で、レストランの隅っこには電源もあって快適にパソコンとか出来た。タシュジュに着くと歩いてドルムシュ乗場へ行き、近くのケバブ屋で食料調達してからスィリフケへ。オトガルでアンカラ行き夜行バスチケットを購入。このバスではWIFI利用可のはずなのに不可だった。翌朝はオトガルで荷物を預けて(1つ3リラ)15時まで博物館(無料WIFI)などを観光。そしてサフランボルへ。このバス内では無料WIFIでそこそこ速い。カラビュックではなくオトガルまで行けた。そこからクランキョイへのセルビスも無料。宿泊予定の宿は送迎付きなので何度か電話したけどつながらず、結局クランキョイからサフランボル村まで歩いた。約2km、徒歩30分。

到着:ギルネ(北キプロス・トルコ共和国)[安宿・ネット・食事
出発:レフコーシャ(ニコシア)(北キプロス・トルコ共和国)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/12/5 7:20~7:50
移動手段・時間・料金:ドルムシュ:3.5トルコリラ(220円)

到着場所:町の中心(キレニア城近く)
出発場所:旧市街のギルネ門前。北キプロス側
トイレ:なし

ギルネから9:30発タシュジュ(トルコ)行きフェリーに乗るつもりでレフコーシャを出発。しかし暴風のため出港停止。あわてて安宿を探した。ドルムシュは客が集まるまで出発しないので、余裕をもって出発した方がいいかも。

到着:レフコーシャ(ニコシア)(北キプロス・トルコ共和国)[安宿・ネット・食事
出発:ラルナカ(キプロス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/12/3 12:00~16:30
出入国・ビザ:南キプロスの出国手続はなし。北キプロス入国は以前のスタンプ用紙を出せば、そこに押印して手続き終了。
移動手段・時間・料金:レンタカー(Mazda demio):3日間60ユーロ+ガソリン満タン45ユーロ(空で返却)+15ユーロ(追加ガソリン)
WEB:www.economycarrentals.com/

到着場所:ニコシア(南)の町から4km南のレンタカーオフィス
出発場所:ラルナカのLarco Hotel
トイレ:なし

ラルナカを観光(徒歩)後、コイロコイティア(ヒロキティア)の住居跡、ストロヴローヴニ修道院のフレスコ画などを観光しながらニコシアへ。ガソリン代は最初に取られたため、空っぽ返しで良かった。だから最後は空っぽランプが点灯したまま数十kmを走った。総計600km超。SIXT Rentacarオフィスに人はいて、車のチェックなしに手続き終了。

到着:ラルナカ(キプロス)[安宿・ネット・食事
出発:レフコーシャ(ニコシア)(北キプロス・トルコ共和国)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/11/30 18:30~12/2 17:00
出入国・ビザ:北キプロスから南へはレフコーシアの町の中心のグリーンライン(出入国管理所)から簡単に通り抜け可。ただし南の入国印はもらえないので再び北からしか出国出来ない。この時期、南北キプロス、EU、日本、USA、カナダ、ニュージーランドなど一部の国民のみ通過可能だったそう。ちなみに南→北は誰でも入国可だと思う。
移動手段・時間・料金:レンタカー(Mazda demio):3日間60ユーロ+ガソリン満タン45ユーロ(空で返却)+15ユーロ(追加ガソリン)
WEB:www.economycarrentals.com/

到着場所:ラルナカのLarco Hotel
出発場所:ニコシア(南)の町から4km南のオフィス
トイレ:なし

公共交通機関だけでは観光しにくいキプロスを、日本人3人でレンタカーで廻った。ネット予約すると破格だったけどガソリン代を取られたのは誤算。ガススタンドでの価格は1L約0.96ユーロ。レンタカー会社はSIXT。町からオフィスは遠いので宿で借りて宿返し(料金は同じ)がおすすめ。でも私は物価の安い北に宿泊するため、オフィスまで歩いた。しかし予約時間を1時間過ぎてもオフィスは閉まったまま。仕方なく町へ戻り、ファストフードGoodysのWIFIでSkypeを利用して緊急連絡先へ電話。すると45分後にオフィスへ来いと言う。ここまで乗ってきて、と頼んでもダメ。結局バックパックを背負って4km歩きオフィスで車を借りれた。しかしSIXTの対応は最悪で謝罪すらなかった。こちらも疲れてたし時間もなかったのであまり追求せずに出発。キプロスの道は整備されてるし、町近辺以外では車が少ないため運転は楽チン。しかも日本と同じ左側通行、右ハンドル車なので混乱もなし。今回は全工程、運転してもらった。ドライバーのHさん、お疲れさま、そしてありがとう。トロードスの山道をかなり走ったので、ラルナカまでは1度だけ10ユーロ分だけガソリン補充した。

到着:レフコーシャ(ニコシア)(北キプロス・トルコ共和国)[安宿・ネット・食事
出発:スィリフケ(トルコ)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/11/28 9:50~16:30
出入国・ビザ:乗船前にトルコの出国手続き。タシュジュのスタンプがパスポートに残るとギリシャ入国が難しくなるそうなので別紙押印をお願いしたがダメだった。船を降りた後の北キプロス入国手続きはスムーズ。ここの押印があるとギリシャ、キプロス共和国へ入国出来なくなるので別紙にお願いしたところOKだった。出入国とも処理はスムーズ
移動手段・時間・料金:~タシュジュ(トルコ):ミニバス:9:50~10:10、1.25トルコリラ。~ギルネ(北キプロス):高速フェリー:12:30~15:00、往復130トルコリラ(7,800円。学割100リラ)+13(出国税&TAX)。~レフコーシャ:ミニバス:15:30~16:30、6トルコリラ

到着場所:城塞に囲まれた旧市街のギルネ門前。北キプロス側
出発場所:町の中心のオトガル前
トイレ:フェリーには無料トイレあり

スィリフケ~タシュジュへのミニバスは頻繁にありそう。キプロス行きフェリーは往復で購入するのがお得。TAX以外はクレジットカードでも購入可。学割は日本の運転免許証でも適用されるという噂。帰りの日程はオープンなので決める必要なし。今回はあまり船が揺れなかったけど、波が高くて揺れる日も多いらしい。船には予想以上に人が乗ってたけど、席もたくさんあるので余裕で座れた。ギルネ~レフコーシャのミニバスは港から出てたが町中でドルムシュに乗換えさせられた。ドルムシュは3.5リラなのに2.5リラ多めの6リラも払わされた。

到着:イスタンブール(トルコ)[安宿・ネット・食事
出発:ソフィア(ブルガリア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/11/4 21:00~11/5 5:30
出入国・ビザ:ブルガリア出国、トルコ入国ともバスから降りてパスポートチェック&押印。深夜早朝に寝てるとこ起こされるのは仕方ないけど極寒なので冬は超つらい。トルコ税関では抜き打ちでアルコール持込チェックのためバックパック全荷物チェックが行われるらしい。
移動手段・時間・料金:長距離夜行バス(Materik):40レフ(2,750円)

到着場所:オトガル(バスターミナル)は町の中心から離れてる。旧市街スルタンアフメットへ行くには、メトロでZeytinburnu(ゼイティンブルヌ)へ行き、トラムヴァイに乗換えて約20分。Aksaray経由の方が早いかもしれないけど、始発駅ではないため荷物が多い場合はおすすめではない。
出発場所:中央バスターミナル(鉄道駅横)。中心地からトラム6、9番など。徒歩20~40分
トイレ:なし
食事:チャイ、お菓子、水

いくつかバス会社があり、出発時間も値段もいろいろ。61番カウンターでは学割で35レフになるとか。ただし年齢制限あり。チケット購入時にはパスポートが必要。夜行バスは20~23時台まで頻繁にある。この時期、出発時はがらがらだったけど、途中で結構乗ってきた。国境は午前1時頃に到着。ヨーロッパ圏の甘い越境に慣れてたので、バスを降りてのパスポートチェックはつらかった。この時期以降は寒すぎるので防寒具必須。荷物検査はバッグの外を触るだけだった。主にアルコールの確認らしいので、ビンや水筒を持ってる場合はバッグ中央に押し込んだ方がいいかも。イスタンブール到着後は明るくなるまで、小さなバス会社のオフィスで待たせてもらった。

到着:ソフィア(ブルガリア)[安宿・ネット・食事
出発:リラの僧院(ブルガリア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/11/1 15:00~17:30
移動手段・時間・料金:長距離バス:10レフ(690円)

到着場所:オフチャ・クペル・バスターミナル。町の中心ポリス1世通りへはトラム5、19番で約20分
出発場所:リラ僧院前。リラ村も通る
トイレ:なし

冬季だからかソフィア行きバスは1日1本のみ。リラ村へのバスも午前8時台と9:00発の次は同じ15:00発までなし。だから急ぐ場合は日の出の後すぐに僧院を観光して、9:00のバスでリラ村へ向かうのが良いかも。そこからソフィアやマケドニア方面へはもう少し多くバスがあるみたいなので。車窓はリラ村までは山道で、この時期は紅葉が超きれいだった。冬は雪景色、夏は緑の山など季節によって感じられるものが違いそう。

到着:リラの僧院(ブルガリア)[]
出発:オフリド(マケドニア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/30 15:30~10/31 16:30
出入国・ビザ:マケドニア出国、ブルガリア入国ともバスに係員が乗ってきてパスポート回収。外でそれを確認後、押印されて返却された。
移動手段・時間・料金:全て長距離バス。~Bitola(ビトラ):15:30~17:00、200デナール(400円)。~ブラゴエフグラッド:20:00~翌4:00、1,240デナール。~バンスコ:8:30~10:00、12:30~14:00、6~7レフ(480円)。ブラゴエフグラッド~リラの僧院:15:00~16:30、1.7(リラ村まで)+1.5(僧院まで)+0.5(荷物)。

到着場所:ブラゴエフグラッドは長距離、近距離ターミナルと鉄道駅が近くにある。バンスコは町の中心から500m離れた場所。リラの僧院は僧院前。
出発場所:町の中心から東へ徒歩15分
トイレ:なし

当初ソフィア経由でしか行けないと思ってたブラゴエフグラード。ネットで調べてビトラから1日1便夜行バス(ソフィア行き)が出てることが分かった。ビトラまでの車窓はこの時期、紅葉がとてもきれいだった。ビトラのターミナル前にはレストランやファーストフードがあるので時間はつぶせる。ソフィア(ブルガリア)直通は19時発の夜行のみ。スコピエへは1日6便ある。ベルグラード(セルビア)へも夜行1便。ティラナ(アルバニア)へは15分毎にTIMマーケット前から出てるバスでStrugaまで行き、そこから12:30発のバスで行ける。ブラゴエフグラッドでは朝6時まで鉄道駅で過ごし、6時から開いたバスのチケット売場の快適エアコンルームでバス時間を待った。リラへは近距離ターミナルから、バンスコへは両方から(早朝のは近距離から)、ソフィアは両方から発着。ブラゴエフ~リラ村へは毎時ちょうど発。通常はそこから僧院へのバスへ乗換える必要がある(1日4便程度)が、私の乗ったバスは僧院まで行ってくれた。リラ村を15:30~50発の最終バスだったみたい。

到着:オフリド(マケドニア)[安宿・ネット・食事
出発:スコピエ(マケドニア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/29 14:45~18:00
移動手段・時間・料金:長距離バス:450デナール(1,000円)

到着場所:町の中心へは西へ徒歩15分
出発場所:町の中心から徒歩20分の東側。バスターミナルと鉄道駅は隣接。
トイレ:なし

この路線はかなり頻繁にバスが出てる。以前とはバスターミナルの場所が移ってるようなので注意。車窓ではマケドニアののどかな田舎風景を見れる。

到着:スコピエ(マケドニア)[安宿・ネット・食事
出発:プリシュティナ(コソボ)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/28 17:00~19:40
出入国・ビザ:コソボ出国時、マケドニア入国時に係員がバスへ乗ってきてパスポートを回収して、数分後に返され手続き完了。両方とも押印された。
移動手段・時間・料金:長距離バス:5.5ユーロ(750円)

到着場所:町の中心から徒歩20分の東側。バスターミナルと鉄道駅は隣接。
出発場所:町の中心からはタクシーかバスで。7番バスが目の前を通る。
トイレ:なし

プリシュティナ周辺を観光後に移動したので遅くなってしまった。この路線は10便以上と頻繁にバスあり。早いバスは2時間で着くらしい。

到着:プリシュティナ(コソボ)[安宿・ネット・食事
出発:コトル(モンテネグロ)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/26 12:45~10/27 4:00
出入国・ビザ:モンテネグロ出国時は係員がバスへ乗ってきてパスポート回収後、押印され返却された。コソボ入国手続きはなし。
移動手段・時間・料金:~Budva(ブドヴァ):12:45~13:20、3ユーロ。~Podgorica(ポドゴリッツァ):18:00~19:30、6ユーロ+荷物1つ1ユーロ。~Prishtina(プリシュティナ):21:00~翌4:00、15ユーロ。

到着場所:町の中心へはタクシーかバスで。事前に宿や観光場所への行き方は要確認。
出発場所:旧市街から歩ける
トイレ:なし

コトル~ブドヴァ、ポドゴリッツァは頻繁にある。ブドヴァのバスターミナルは荷物預かりもあるし、安く食事も出来るので便利。魚とかも町中のしゃれた店よりは安い。スティヴィ・ステファン(モンテネグロのミニモンサンミッシェル)へのバスも出てて片道2ユーロ。ポドゴリッツァからプリシュティナへのバスは夜行のみかも(21、22、23時など)。昼便は不明。国境ロジャイエまで行けばPeje(ペチ)行きバスがあるかも。到着時間を考えると23時発が良かった。プリシュティナのバスターミナルは24h開いてたし、治安面の問題もなさそうだった。でも最新情勢を確認してから行くべきだと思う。

到着:コトル(モンテネグロ)[安宿・ネット・食事
出発:ジャブリャック(モンテネグロ)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/24 11:25~19:30
移動手段・時間・料金:~Pogetici(ポゲティッチ村):11:25~14:15、5ユーロ(学割かも)。~Podgorica(ポドゴリッツァ):15:50~16:30、2.5ユーロ。~Kotor(コトル):17:15~19:30、7ユーロ。

到着場所:ポゲテッチ村は幹線道路沿いで降ろされる。
出発場所:町の中心
トイレ:なし

ジャブリャック~ポドゴリッツァは雪が積るまではNiksic(ニクシッチ)経由で早く行ける。冬はMojkovac(モイコバッツ)経由のみ。でも時間があって晴れてれば、後者の方がタラ川渓谷のすばらしい車窓を眺められるのでおすすめ。ジャブリャック→モイコバッツの場合、左側の席キープが必須。タラでは巨大石橋も見れる。ポゲティッチ村から約10km山へ登った場所にOstrog(オストログ)修道院がある。幹線道路沿いにタクシーが止まってて往復+待ち1時間を15ユーロで行ってくれた。夏ならヒッチも可能かも。またはブドヴァなどから1人15~20ユーロでツアーもあるみたい。そこからコトルへはニクシッチへ戻った方が早い場合もありそう(1日10便程度)。でもポドゴリッツァからの方がコトル行きは頻繁に出ているので大差ないかも。1時間に1~2本くらい。幹線道路で手を上げてバスを止めて乗る。

到着:ジャブリャック(モンテネグロ)[安宿・ネット・食事
出発:ノヴィ・パザール(セルビア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/22 13:00~19:30
出入国・ビザ:セルビア出国、モンテネグロ入国ともにバスに係員が乗って来てパスポートチェック。どちらも出入国印あり。乗客のうち私だけパスポートを持っていかれてスタンプを押して返してもらった。
移動手段・時間・料金:~Mojkovac(モイコバッツ):長距離バス:13:00~16:40、800ディナール(1,300円)。~Tarra(タラ)への橋前:ミニバス:16:45~17:30、3.5ユーロ。~ジャブリャック:ヒッチハイク(おじいちゃんの車):18:50~19:30、無料。

到着場所:ツーリストインフォ前の交差点
出発場所:町の中心
トイレ:なし

事前に調べても当日中に行けるかどうか分からなかった経路。夏ならモイコバッツからのバスがもう少し遅い時間にもあるそうだけど、この時期の秋は一番少ないようで大きな橋の手前までしか行けない。しかもそこには宿泊施設なしなので、ヒッチハイクか無線タクシー(20ユーロ以上らしい)でジャブリャックへ行く必要がある。私は1時間以上ヒッチに挑戦し続けてあきらめかけた瞬間に、英語を話せるおじいちゃんに町まで乗せてもらえてラッキー♪。モイコバッツまでのバスは首都ポドゴリッツァ行きなので降りる場所を強調して注意してないと降り損なうかも。到着直前の右側の車窓はきれい。モイコバッツでは止まってたミニバスの兄ちゃんがジャブリャックの手前まで行けるよ!と行ってくれたので乗車。そこからの車窓も右側にタラ渓谷のすばらしい景色が眺められるのでおすすめ!

到着:ノヴィ・パザール(セルビア)[安宿・ネット・食事
出発:ベオグラード(セルビア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/20 8:00~10/21 0:40
移動手段・時間・料金:全て長距離バス(会社不明)。~ザイェチャル(ここからガムジグラード往復はタクシー:300+500ディナール):8:00~12:30、1,050ディナール(1,600円)。~Nis:15:20~17:30、520ディナール。~ノヴィ・パサール:19:00~00:40、1,055ディナール。

到着場所:Hotel Palmaの前
出発場所:町の中心から歩ける
トイレ:なし

この辺のバスはネットで調べても情報が少ない。ベオグラード~ガムジグラードのバスは1日7便くらい。始発(次は12:30発)に乗った。この日は雨の影響とかでガムジグラードでは降ろしてもらえずザイェチャルまで行った。そこからのバスは15:00までなかったのでタクシーで。なんと地元のおじちゃん2人が交渉してくれ、200+100ディナールの運賃を出してくれた。大感謝♪。帰りは遺跡のインフォでラジオタクシーを読んでもらい、400ディナール。ザイェチャルからUsceやノヴィ・パサールへはNis経由でのみ。Nisへは1日6便くらい。Nis~ノヴィ・パサールは、19:00、10:00発のみ。

到着:ベオグラード(セルビア)[安宿・ネット・食事
出発:サラエヴォ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/17 6:30~5:30
出入国・ビザ:真夜中だけどバスに係員が乗ってきてパスポートチェック。出入国とも押印。
移動手段・時間・料金:~ヴィシェグラード(1回乗換):長距離バス(AROMA):6:30~10:00、12.5マルカ(850円)+預け荷物1つ1マルカ。~ベオグラード:長距離夜行バス:23:30~5:30、29マルカ。

到着場所:町の中心へ歩ける
出発場所:セルビア側バスターミナルLukavicaは旧市街から103番や31番バスで40分。ヴィシェグラードのバスターミナルはソコロヴィッチ橋から徒歩10分。場所は分かりにくいので橋そばのインフォか地元民に聞いた方がいい。
トイレ:なし

ヴィシェグラードへ行くバスの出発時間はバスターミナルのインフォで要確認。冬はもっと少なくなりそう。この時期、8:40、9:40にもあり。直通バスなら2時間で着くけど、今回は乗換えが必要だったので3時間半もかかった。この時期すでに極寒だったにもかかわらず、バス内での暖房は一切なしで凍えそうだった。防寒具必須。ヴィシェグラードまでの車窓は雪景色、天然クリスマスツリーがきれいだったけど寒すぎて楽しむ余裕なし。ヴィシェグラード~ベオグラードのバスは私が乗ってきたバスの次は13:30だったのでバスターミナルで待ってたけど1時間待っても来なかった。インフォで確認したら、バスターミナルをスルーする運転手がいるとのこと。仕方ないので確実にバスが止まるMotel Okukaで次のバス23:30発を待った。昼食、夕食ともそのMotel併設レストランで食べ、パソコンしたりしながら約7時間も待って無事に乗れた。ちなみに朝一5:00のベオグラード行きは始発なのでMotelは通らずバスターミナル発だそうで分かりにくい!夜行バスも寒かった。

到着:サラエヴォ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)[安宿・ネット・食事
出発:ドブロヴニク(クロアチア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/15 8:00~17:40
出入国・ビザ:国境付近で係員が乗ってきてパスポートチェック。希望者のみクロアチア出国スタンプを押してもらえる。ボスニア・ヘルツェゴビナ入国印は押す必要あり。国境を何度もまたぐため計4回もチェックされた。
移動手段・時間・料金:~モスタル:長距離バス(euroline):8:00~11:30、87.5クーナ(1,750円)+預け荷物1つ8クーナ。~サラエヴォ:長距離バス:15:00~17:40、18マルカ(1,220円。学割11.5)+預け荷物1つ1マルカ

到着場所:鉄道駅に隣接。旧市街まではトラム1で約10分。
出発場所:フェリーターミナルに隣接。旧市街からバス3番などで20分。
トイレ:なし

この時期、ドブロヴニク~モスタルやサラエヴォは1日2便(8:00、15:00)しかない。夏はもう少し多い。モスタル~サラエヴォは1~2時間に1便ある。モスタルまではアドリア海沿いを走るので左側の車窓がすばらしく良い。

到着:ドブロヴニク(クロアチア)[安宿・ネット・食事
出発:フヴァル島(スタリ・グラード)(クロアチア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/13 9:00~16:15
移動手段・時間・料金:大型フェリー(JADROLINIJA):97クーナ(1,950円)。スプリットから乗っても同じ値段で損した気分。

到着場所:バスターミナルに隣接。旧市街へバス3番などで20分。
出発場所:スタリーグラード港。町へは1.5km。
トイレ:あり

この時期、火曜と土曜のみスプリット(早朝)~スタリー・グラード~コルチュラ~ドブロヴニク(夕方着)の大型フェリー便あり。前日夜19:00にリエカから乗船することも可能。夏なら週4便もあるみたい。船の中は広いサロンがあり暖かいし電源も探せばあるし超快適。コルチュラに着港してる間、無料WIFIを拾えた。でもコルチュラの町はとてもきれいなのでぜひデッキへ出て見て欲しいかも。この時期かなり寒くて風も強いので、デッキに出る時はニット帽、マフラー、手袋など防寒具は必須。途中の島々やアドリア海の眺めも最高☆

到着:フヴァル島(スタリ・グラード)(クロアチア)[安宿・ネット・食事
出発:スプリット(クロアチア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/12 9:00~11:00
移動手段・時間・料金:大型フェリー(JADROLINIJA):38クーナ(750円)

到着場所:スタリーグラード港。町へは1.5km。
出発場所:バスターミナルと隣接してるフェリー乗場
トイレ:あり

中型船の方が安いらしいけどフヴァル島行きのがあるのかは分からなかった。港へ行ってすぐ出港するフェリーに飛び乗った。船内は広いサロンにたくさんのソファ席や、デッキのテラス席などもあって快適だった。電源は見つからず。

到着:スプリット(クロアチア)[安宿・ネット・食事
出発:シベニク(クロアチア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/9 14:00~17:10
移動手段・時間・料金:~トロギール:長距離バス:14:00~15:00、36クーナ(720円)+預け荷物1つ7クーナ。~スプリット:市バス:16:10~17:10、20クーナ。

到着場所:近距離バスターミナルは旧市街から徒歩20分。
出発場所:町の中心。
トイレ:なし

シベニク、トロギール、スプリット間のバスは20分に1本くらいの割合で頻繁にある。チケットはバス内で購入出来る。トロギールからスプリットへは市バスが頻繁にあるのでそれに飛び乗ったが失敗だった。SOBE(プライベートルーム)の客引きは長距離バスターミナルへ集まってくるため、長距離バスでスプリット入りするのが理想だった。結局そちらの方へ歩いていく途中でSOBEの勧誘にあったがそれまで約30分間も歩きとおしだったのは辛かった。ここら辺の車窓はアドリア海沿いなので海がとてもきれいに見える。シベニク、トロギール、スプリットともバスターミナルで荷物預け可。

到着:シベニク(クロアチア)[安宿・ネット・食事
出発:プリトヴィッツェ(クロアチア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/8 9:50~14:00
移動手段・時間・料金:長距離バス(varazdin):107クーナ(2,100円)+預け荷物1つ7クーナ。

到着場所:町の中心。
出発場所:Mukiju村とJezerce村の間の道路沿いすぐのバス停。
トイレ:あり

この時期シベニク行きは9:45、10:55、13:15、13:40、15:45発のみ。スプリット行きならもう少し多い。時刻表は公園入口2に貼ってた。バスはやや早めに通り過ぎてく場合もあるようなので、Mukinjeから乗る場合もやや早めにバス停で待った方が良いかも。車窓では左側から白い岩山が続く風景が見える他、田園風景や森も見られる。到着直前には海や大河のきれいな風景も見れる。プリトヴィッツェはインフォで荷物預け可能。シベニクはバスターミナルで預け可。

到着:プリトヴィッツェ(クロアチア)[安宿・ネット・食事
出発:ザグレブ(クロアチア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/6 12:30~14:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(PrometMakarska):84クーナ(1,700円。TAX込み)+預け荷物1つ7クーナ。

到着場所:Mukiju、Jezerce村の目の前。
出発場所:町の中心。宿などからは徒歩かトラムを利用。
トイレ:なし

ザグレブのバスターミナルのチケットオフィスはどこで購入すればいいのか分かりづらい。どこでもいいのか?料金には座席料やその他不明な追加料金が付いてくるので損した気分。しかも荷台に荷物を預けると1つ7クーナも取られる。大きくない荷物は持って上がった方が良いかも。プリトヴィツェ国立公園の入口2前が普通の乗降所だけど、夏以外に自力でSOBE(プライベートルーム)を探したいなら1つ先のMukinje(ムキニュ)で降りた方が良い。

到着:ザグレブ(クロアチア)[安宿・ネット・食事
出発:ポレッチ(クロアチア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/5 13:00~17:00
移動手段・時間・料金:長距離バス:168クーナ(3,400円)+預け荷物1つ7クーナ。

到着場所:町の中心。宿などへはトラムを利用。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:なし

ポレッチからプリトヴィツェ国立公園までは直通バスがないので、リエカ経由でカーロヴァックで乗換える必要がある。首都ザグレブからは直通バスが1日数便ある。車窓はアドリア海や湖や田園風景が続く。

到着:ポレッチ(クロアチア)[安宿・ネット・食事
出発:ピラン(スロベニア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/4 12:20~16:30
出入国・ビザ:係員がバスへ乗ってきてパスポートチェック。私のだけバス外で念入りにチェック後、無事にシェンゲン地域脱出印をもらえた。クロアチア入国印はなし。
移動手段・時間・料金:~Portoroz:市バス:12:20~12:35、1ユーロ。~ポレッチ:中距離バス:14:30(14:22が遅れて)~16:30、6.5ユーロ+預け荷物1つ1ユーロ。

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:町の中心。
トイレ:なし

9月までの夏は1日1便だけ午後便があるようだけど10月には直通便はなかった。コペルへ戻ってバスか鉄道に乗るか、Portorozからの1日2便のPULA行きバスに乗る必要がある。車窓はアドリア海が続く。

到着:ピラン(スロベニア)[安宿・ネット・食事
出発:ポストイナ(スロベニア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/3 11:00~20:00
移動手段・時間・料金:~Divaca:中距離バス:11:00(10:53が遅れて)~11:30、6ユーロ。~Koper:スロベニア国鉄:17:25~18:20、3.61ユーロ。~ピラン:19:15~19:50、3.1ユーロ。

到着場所:町の中心。
出発場所:町の中心から歩ける。鉄道駅からは徒歩20分。
トイレ:国鉄にはあり。

この時期ポストイナからディバーチャ行きバスはこの便を逃すと夕方にしかない。ディバーチャでツュコツィアン鍾乳洞へ行くのならシャトルバスと連絡してる国鉄で行く方が楽。バスとは連絡してないので、歩いて行くか次バスを待つしかなくなる。ディバーチャからコペル、リュブリャナ行き電車は2時間に1本はありそう。コペル~ピランはバスか乗合タクシーのみ。ピラン行きバスは30分~1時間毎にありそう。ディバーチャ駅にはロッカーあり。ポストイナのバスターミナルにはないかも。

到着:ポストイナ(スロベニア)[安宿・ネット・食事
出発:リュブリャナ(スロベニア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/2 11:30~12:40
移動手段・時間・料金:中距離バス:6ユーロ(810円)

到着場所:町の中心へ歩ける。駅からは20分離れている。
出発場所:駅前のバスターミナル。町の中心から歩ける。
トイレ:なし

鉄道より本数が多いし、少しだけ安いのでバスを選んだ。ポストイナに宿泊する場合も町の中心近くに行けるのでバスがオススメ。ポストイナ鍾乳洞まで徒歩15分。荷物をロッカーに預けたい場合は国鉄駅で可能。バスターミナルでは不可。鍾乳洞でも預かってくれるみたいだけど、大荷物を持って往復するのは大変かも。洞窟城への無料バスは駅から10:30、12:00、14:30、16:10発。5分後にポストイナ鍾乳洞に寄って25分後に到着。洞窟城から鍾乳洞や駅へ帰る場合もその時間に乗れる。

到着:リュブリャナ(スロベニア)[安宿・ネット・食事
出発:ザルツブルグ(オーストリア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/10/1 8:10~17:00
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:~Lesce Bled:オーストリア国鉄+スロヴェニア国鉄:8:12~11:47(Villachで乗換え)、26.55ユーロ(約3,600円)。~リュブリャナ:中距離バス(integral):15:30~17:00、6.3ユーロ。

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:国鉄にはあり

オーストリア国鉄OECはゆったり座席で、上にはコンセントも付いててPCが出来て快適♪隣国への切符は券売機では買えない。オフィスで買う必要があるため早めに駅に来た方が良い。電車内でも買えるけど手数料3ユーロ取られるらしい。私はVillachから先の切符を乗換えた電車内で購入したけど手数料は不要でラッキーだった。ブレッド湖からリュブリャナへはバスの方が本数も多く、乗場も歩いていけるのでオススメ。オーストリアなどへ電車で行く場合は、約3km離れたLesceBled駅へ市バスで行くか、湖南のBledJezero駅からも乗れるらしい。車窓は田園風景や森が見れる。

到着:ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(ドイツ)[安宿・ネット・食事
出発:フェルトキルヒ(オーストリア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/28 9:30~16:00
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:~Bregentz:オーストリア国鉄QBB:9:28~10:11、6.5ユーロ(LindauHbfまで)。~Lindau Hbf(ドイツ):10:40~10:55。~ガルミッシュ(Kempten、Reutteで乗換え):ドイツ国鉄:11:59~15:59、29.1ユーロ(2等の通常料金)、バイエルンチケット(2~5人まで28ユーロ。1人なら20。バイエルン州1日乗り放題)を利用。
WEB:www.bayern-fahrplan.de

到着場所:町の中心。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

時間に正確なスイス国鉄と違い、ドイツ国鉄は遅れることもあるみたい。それでも乗継便は待っててくれるのでありがたい。ドイツ国鉄も2等でも高額なので、ユーレイルがなければバイエルンチケットなど各州の乗り放題チケットがお得。2人で使えば1人当り14ユーロ!この日はミュンヘンのビール祭り(オクトーバーフェスタ)へ行くのも乗り放題を利用した。景色は森や山や川などが多くて見てて飽きない。

到着:サングトガレン(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:ツェルマット(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/26 12:40~21:15
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。次料金はパスなしの場合。~Fiesch(フィーシュ。Brigで乗換):スイス国鉄R:12:40~15:00、44.6スイスフラン。~サングトガレン(Brig、チューリッヒで乗換):スイス国鉄:16:57~21:15、107.6スイスフラン。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心から歩ける。郊外へは路面トラムや1、4番バスなどで行ける。
出発場所:町の中心。
トイレ:あり

フィーシュで途中下車してロープウェイに乗ってアレナル氷河を見に行った。それからサンクトガレンへ向かったので遅くなってしまった。時間帯によってはVispへ戻ってICに乗った方が早いかも。でも車窓はBrig~アンデルマットの氷河特急ルートの方がきれいだと思う。

到着:ツェルマット(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:ルツェルン(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/25 16:00~19:15
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。~ベルン~Visp~ツェルマット:スイス国鉄IR,IC,R:パスなしの場合105スイスフラン。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心。
出発場所:町の中心。
トイレ:あり

距離の割りには楽な移動だった。特にベルン~VISP(フィスプ)間のICは2階建てで快適♪車窓はフィスプくらいから山道できれいになり、ツェルマット近くでは氷河なども見える。

到着:ルツェルン(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:ベルン(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/23 19:00~20:00
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。スイス国鉄IR:パスなしの場合、35スイスフラン(3,150円)。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心。
出発場所:町の中心。時計塔からは9番トラムで。
トイレ:あり

これまた出発が遅くなった。でも治安の良いスイスでは宿に夜着でもぜんぜんこわくないのでついつい…。スイス北部はベルンを基点にしてICに乗ると驚くほど遠くまで速く行けるのでびっくり快適♪。ルガーノやツェルマット周辺とは大違い。車窓は後半のみ山がきれい。

到着:ベルン(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:ローザンヌ(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/22 17:20~18:25
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。スイス国鉄IC:パスなしの場合、31スイスフラン(2,800円)。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心。時計塔へは9番トラムで。
出発場所:町の中心。
トイレ:あり

またまた観光詰め込みすぎで出発が遅くなってしまったけど、あらかじめ検索しておいた時間の最速ICに乗車。2階建て。通勤帰りや旅行者であふれてて席がなかった。

到着:ローザンヌ(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:インターラーケン(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/21 16:00~18:15
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。パスなしの場合:計51スイスフラン。インターラーケンOST~ベルン:国鉄IC:16:01~16:52。~ローザンヌ:国鉄IR:17:04~18:15。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

出発時間によってはベルンまで迂回した方が早いみたい。スイス国鉄のHPで検索した最速。ICは2階建てで景色も良く見えるし席も広いので快適。でもこの時間帯は首都から通勤帰りの客も多くて激込みで席ない人もたくさんいた。車窓は前半トゥーン湖、後半レマン湖周辺の一面に広がるぶどう畑を見下ろせた。

到着:インターラーケン(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:クール(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/17 17:10~20:30
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。スイス国鉄IC(チューリッヒ、ベルン乗換):17:09~20:28、パスなしの場合100スイスフラン。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:町の中心。
トイレ:あり

クールからの出発が遅くなったのでインターラーケンに着けるか不安だったけど、スイス国鉄HPで検索するとチューリッヒ、ベルンなど北の迂回路を通ると早く着けることが判明。暗くなるまでは風景もきれいだった。

到着:クール(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:ルガーノ(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/16 10:00~18:30
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。~Tirano(イタリア):ポストバス:10:00~13:00。~クール:国鉄(ベルニナ特急):14:00~18:30、指定席予約料:1人9スイスフランは各種パスを持ってても別途必要。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

ティラノ~クール間のベルニナ急行に乗車。全席パノラマ列車。座席横の壁全てが窓になってて、きれいに掃除もされてるので景色をフルに楽しめる。写真撮影もしやすい。一方で窓を開けることが出来ないので、鉄道ファンは普通列車に乗るとか。ちなみに普通列車は予約手数料もかからないし、ほぼ同じ時間で同じ線路を走る。ベルニナも空いてる時期なら予約なしでも乗れそう。車窓では出発後すぐに見れる大ループ、中盤でのランドヴァッサー橋の他、多くの石橋や小ループなど変化に富んだ景色を眺められる。ただこの日は雨&曇りだったので満足出来るほど楽しめなかったのが残念。。

到着:ルガーノ(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:ツェルマット(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/15 10:40~23:30
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。次料金はパスなしの場合。~Stalden:国鉄:10:40~11:40、30スイスフラン。~サースフェー:ポストバス:11:50~12:30。~Stalden:ポストバス:16:30~17:00。~Brig:国鉄:17:15~17:40、8.2スイスフラン。~Goschenen:マッターホルン鉄道:19:23~21:42、7.6+32スイスフラン。~Bellinzona:国鉄:21:50~22:53、26スイスフラン。~ルガーノ:国鉄:22:57~23:27、11.8スイスフラン。。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:町の中心。
トイレ:あり

やって来た道を戻り、宿が安くて快適なルガーノへ再び。こんなめちゃくちゃな移動はスイスパスがあるからこそ。サースフェーで氷河の上を歩いてからルガーノへ向かったので、暗くなってしまい今回はすばらしい車窓を見れなくて残念。Stalden駅にはロッカーがないけど、駅員に言えば有料で荷物を預かってくれる。ただサースフェーからVISPへのポストバスがありそうだったので、サースフェーで預かってもらった方が良かったかも。Brigからはアンデルマットを通る以外にも、イタリアを通ってロカルノへ抜ける方が早い時間帯もあるみたい。

到着:ツェルマット(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:ルガーノ(スイス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/13 9:30~15:15
移動手段・時間・料金:全区間、スイスセーバーパス15日券(387スイスフラン。約34,800円)を利用。次料金はパスなしの場合:。~Bellinzona:国鉄:9:30~10:00、11.8スイスフラン。。~Goschenen:国鉄:10:06~11:07、26スイスフラン。~Brig:国鉄:11:12~13:33、7.6+32スイスフラン。~ツェルマット:鉄道:13:53~15:14、35スイスフラン。
WEB:http://www.rail.ch/

到着場所:町の中心。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

スイス南部の移動はいくつも山を越えたりするので距離の割りに時間がかかる。効率だけを考えるならベルン、チューリッヒ、ジュネーブなどから行く方が良いと思う。でもこの路線(特にアンデルマット~ツェルマット間)は氷河特急も走る景勝ルート!左右どちらからも美しい山、田園風景などを見れるけど左側の方がややオススメ。Goschenenでの乗換は分かりにくいし時間もギリギリなので駅員に確認した方が良い。全ての列車は連絡してるので遅れても待っててくれるのはさすがスイス!

到着:ルガーノ(スイス)[安宿・ネット・食事
出発:コモ(イタリア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/11 10:00~11:00
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:~イタリア国境:市バス:10:00~10:15、2ユーロ。スイス国鉄:10:30~11:00、9.6スイスフラン。

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:ユースホステル「Ostello Villa Olmo」の前のバス停から。
トイレ:国鉄にはあり。

コモ~ルガーノは鉄道でも行けるけど、ちょうど宿前のバス停から国境まで行けたので駅まで歩く手間が省けて良かった。料金はほぼ同じだけど。スイスパスやハーフパスを持ってる場合はこの国境駅から利用可能。この駅で購入出来るかは不明。ルガーノまで行けるバスもありそうだったけど乗場は不明。スイス国鉄は分単位で時間に正確だし、トイレまで清潔なので乗り心地最高!

到着:コモ(イタリア)[安宿・ネット・食事
出発:ヴァラッロ セージア(イタリア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/10 12:30~16:30
移動手段・時間・料金:イタリア国鉄。~ミラノ(Novara乗換。ミラノ中央駅着):12:34~14:45、6.75ユーロ。ミラノ(ガリバルディ駅)~コモ:15:38~16:37、3.6ユーロ。

到着場所:町の中心へ歩ける
出発場所:ヴァラッロ駅は町の中心から歩ける。ミラノではコモ行きはP.ガリバルディ駅からが本数多いので中央駅からメトロで移動。
トイレ:あり

ヴァラッロ・セージアからは本数が少ないので、事前にネットか駅で時刻表を確認しておいた方が時間のロスも少なくなる。往路と同じく単線チックな2両編成の列車。車窓は前半は山道。ミラノからコモへの列車は1~2時間毎くらい。中央駅から乗ると倍以上の値段になるので、メトロでガリバルディ駅へ移動してから乗車した。

到着:ヴァラッロ セージア(イタリア)[安宿・ネット・食事
出発:ミラノ(イタリア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/9 14:00~16:15
移動手段・時間・料金:イタリア国鉄(Novara乗換):15:00~16:15、6.75ユーロ。

到着場所:町の中心へ歩ける
出発場所:中央駅は町の中心。
トイレ:あり

1~2時間に1本程度しかない。距離の割りに時間がかかる。Novaraからは単線のような2両だけの列車。プラットフォームが分かりにくいので駅員などに聞いた方がいいかも。車窓は後半、山道になるので良い。

到着:ミラノ(イタリア)[安宿・ネット・食事
出発:ジェノヴァ(イタリア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/7 15:45~17:40
移動手段・時間・料金:イタリア国鉄:9.1ユーロ(1,200円)

到着場所:中央駅は町の中心。
出発場所:町の西のPrinciple駅。
トイレ:あり

1時間に1本はあるが、普通電車は2時間毎くらい。急行も合わせると本数は多いが料金は1.5倍くらいする。ミラノは国鉄駅がたくさんあるので、あらかじめ降りる駅の正式名称を調べておいた方がいい。

到着:ジェノヴァ(イタリア)[安宿・ネット・食事
出発:ニース(フランス)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/9/6 16:50~9/7 0:15
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:~マントン:中距離市バス:16:50~18:40、1ユーロ。~Vintimille:フランス国鉄(ten)2等:21:10~21:20、2.4ユーロ。~ジェノヴァ:イタリア国鉄(急行2等):22:15~00:15、15ユーロ。

到着場所:ジェノヴァPrinciple駅は町の西。
出発場所:ニースのバスターミナルは旧市街の中心。
トイレ:国鉄にはあり。

ニース~モナコ~マントンは電車もあるけど、バスで行くのが安くておすすめ。いずれも100番バス。ただ、渋滞に会ってしまい大幅に遅れてしまった。ニース出発が遅かったのでマントンか国境の町Vintimilleに泊まろうと思って、それぞれで宿探しをしたけど、安い宿が見つからなかったので最終電車でジェノヴァへ強行した。Vintimilleからジェノヴァへの電車は各駅停車なら3時間くらいかかる。

到着:アンドラ・ラ・ベリャ(アンドラ)[安宿・ネット・食事
出発:バルセロナ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/29 15:00~18:00
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:中距離バス(Alsa):15:00~18:00、24.35ユーロ(約3,300円。学割21.95)

到着場所:町の中心から歩ける。出て右へ歩くと中心地へ。
出発場所:北バスターミナル。メトロ1番のArco de Trionf駅前。

13時に乗るつもりだったけどチケット売場が混雑してて間に合わず。でもバス乗場の前にも券売機があったのでそれで買って行けば良かった。アンドラまでの道はピレネー山脈を越えるため景色がきれい。

到着:バルセロナ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:バレンシア(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/27 2:30~7:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Alsa、Eurobus):25.34ユーロ(約3,450円。学割21.54)。2:00発が30分遅れで出発。

到着場所:北バスターミナル。外に出て目の前にメトロ1番のArco de Trionf駅がある。
出発場所:町の中心から歩ける。メトロ駅Turiaから徒歩2分。
トイレ:あり

トマト祭り当日の宿も高かったので、泊まらず夜行移動して宿代を浮かすことにした。席は前日昼に購入。この時期、いい時間帯のはすぐ売り切れるので早めの購入がおすすめ。最初、バス車内はかなりエアコンで寒かったけど途中から切られて快適になった。2回くらい30分づつの時間調整?休憩があった。リクライニングも出来るしそこそこ快適だった。バレンシアのバスターミナルは深夜でも警備員が1時間毎に廻ってたので比較的安全。それでも怪しい人はいたので要注意。22時以降のトイレはバス発着階のみ開放。コインロッカーは多いけど祭り前日からは混むみたい。

到着:バレンシア(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:タラゴナ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/25 9:45~13:45
移動手段・時間・料金:長距離バス(Alsa):19.5ユーロ(2,650円。学割16.24)
WEB:www.alsa.es

到着場所:町の中心から歩ける。メトロ駅Turiaへ徒歩2分。
出発場所:鉄道駅もバスターミナルも町の中心から歩ける。
トイレ:あり

バレンシア近郊のトマト祭りの2日前に安い電車チケット(Regional)を購入しようとしたら既に満席だった。この時期に買うなら普通列車でも早めの方が良いかも。急行なら空いてたけど29ユーロだったのでバスにした。Alsaはたまに学割を使えるよう。シーズン、購入場所、係員のどれに依存するのかは不明。

到着:タラゴナ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:バルセロナ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/23 13:00~14:00
移動手段・時間・料金:電車(Renfe、CE):1時間、6.1ユーロ(850円)

到着場所:鉄道駅もバスターミナルも町の中心から歩ける。
出発場所:サンツ駅。メトロ:Sants Estacio

サンツ駅の中距離チケット売場(Media Distance)で購入出来る。券売機でもあるかも。CE(カタルーニャExpress)やREよりもRegionalの方が0.5ユーロほど安いが本数が少なく、たぶんもう少し時間がかかる。電車なので乗り心地は良い。

到着:バルセロナ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:サラゴサ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/13 16:30~20:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Alsa):4時間、13.71ユーロ(約1,850円)
WEB:www.alsa.es

到着場所:北バスターミナル。外に出て目の前にメトロ1番のArco de Trionf駅がある。
出発場所:中央メルカド前から市バス34号で約10分。0.95ユーロ。
トイレ:あり

国鉄RenfeもあるがAVEばかりなので料金が高くてやめた。急ぐ場合やAVEに乗りたいならいいかも。バスは日に数本ありそう。16:30の前は15:15発。平日なのにどのバスも満員だった。スペインの他の町とは違い混んでいる感じを受けた。バス内ではほとんど寝てたけど、山と田舎風景が広がっていた。

到着:サラゴサ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:クエンカ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/12 9:00~18:15
移動手段・時間・料金:~テルエル:長距離バス(Samar):9:00~12:00、9.6ユーロ(約1,300円)。~サラゴサ:長距離バス(Tezasa):16:15~18:15、9.56ユーロ。

到着場所:テルエルは旧市街内の徒歩圏。サラゴサのバスターミナルは国鉄Renfe駅と共通で、市バス34号でセントロの中央メルカド前まで行ける。約10分。0.95ユーロ。
出発場所:国鉄Renfe駅から徒歩2分。新市街からは徒歩圏内。旧市街からは市バス1、2号で。

クエンカ⇔テルエル、タラゴナ経由バルセロナ行きバスは日1本のみ(日曜は時間が違うので要確認)。テルエル~バルセロナも2本程度。この辺りのバスは本数が少ないので、寄り道したら宿泊せざるを得なくなる可能性大。テルエル~サラゴサの風景は白っぽい山がたくさん連なる背景と、農作地など田舎っぽい前景がマッチしててきれいだった。

到着:クエンカ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:マドリッド(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/10 14:20~19:00
移動手段・時間・料金:電車(Renfe)。~アランフェス:14:20~15:10、3.05ユーロ(420円)。~クエンカ:17:00~19:00、8.58ユーロ(1,160円)。

到着場所:駅から旧市街セントロへは1、2号の市バスで。安宿は歩いて行ける範囲に多い。
出発場所:国鉄RenfeのAtocha駅のCercaia(近距離線)。メトロ1号線(水色)のAtocha Renfe駅。
トイレ:あり

アランフェスの国鉄駅には荷物預かり所やロッカーが見当たらなかった。王宮までは徒歩10分。マドリッドからアランフェスへの電車はかなり頻繁にある。マドリッドやアランフェスからクエンカへの電車は1日4便程度。アランフェスからの車窓では、この時期アンダルシアで既に枯れてた「ひまわり畑」で咲いてる花を見ることが出来た。電車の出発は20分遅れたので予定出発時間は16:35。

到着:マドリッド(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:セゴビア(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/5 18:30~19:30
移動手段・時間・料金:中距離バス(Sepulvedana):18:30~19:30、6.59ユーロ(890円)。

到着場所:メトロPrincipe Pio駅近く
出発場所:Plaza Mayorから10分のアソゲホ広場から、大通りAv.Fernandez Ladredaを直進10分。

頻繁に運行されてる路線なので安心。あっと言う間に着くので寝る時間もないほど。

到着:セゴビア(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:サラマンカ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/4 13:15~20:30
移動手段・時間・料金:中距離バス(avanza)。~アビラ:13:15~15:00、5.81ユーロ(約780円)。~セゴビア:19:00~20:30、4.2ユーロ。
WEB:www.avanza.es

到着場所:大通りAv.Fernandez Ladredaを直進10分でローマ橋のあるアソゲホ広場。そこから軽く10分登るとPlaza Mayor。
出発場所:セントロからターミナルまで徒歩15分。

アビラまでは畑が広がる田舎風景。アビラからセゴビアまでのバスは、シエスタ時間の昼間はほとんどないので、電車を調べてもいいかも。アビラのバスターミナルには大きなロッカーあり。2ユーロ。

到着:サラマンカ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:カセレス(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/2 17:00~19:45
移動手段・時間・料金:長距離バス(Alsa):約2時間半、12.46ユーロ(約1,680円)
WEB:www.alsa.es

到着場所:バスターミナルからPlaza de Mayorまで徒歩15分。
出発場所:Plaza Obispo Garalza(Mayorから徒歩3分)からL1番バスでバスターミナルまで約10分、0.75ユーロ。Renfe駅はバスターミナルから大通りを渡った側にある。
トイレ:あり

日曜だからか13:30の次は17:00発。18時発のは少し高め。途中の景色は田舎っぽい風景が楽しめた。

到着:カセレス(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:アルヘシラス(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/8/1 9:30~21:50
移動手段・時間・料金:~セビーリャ:長距離バス(LineSur):9:30~12:30、17.06ユーロ(約2,300円)。~メリダ:長距離バス(Alsa):14:00~17:00、12,77ユーロ。~カセレス:電車(Renfe):20:50~21:50、5.5ユーロ。
WEB:www.alsa.es

到着場所:アルヘシラスからセビーリャへのバスはセントロのターミナルに到着。メリダ等北部や国際バスに乗換るなら、C3, C4の市バスでPlaza de Armasターミナルまで行く必要がある。メリダのターミナルからセントロまでは約1~1.5Km。カセレスではRenfe駅、ターミナルとも大通りからL1番バスでセントロへ行ける。約10分、0.75ユーロ。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

平日の6:30発を狙ってたけど土曜だったので始発9:30に乗車。セビーリャでもバスターミナル間を移動する必要があり思った以上に接続が悪く進かった。メリダからカセレスのバスは土曜は最終16時、日曜は19時の1本のみ。Renfeの電車なら数本ありそう。バスターミナルからRenfe駅までは徒歩30分。カセレスのターミナルにはロッカーあり。メリダのRenfe駅には荷物預かりなし。

到着:アルヘシラス(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:グラナダ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/30 10:30~7/31 0:45
移動手段・時間・料金:~マラガ:長距離バス(Alsa):10:30~12:30、9.76ユーロ(約1,300円)。マラガ~ロンダ往復:中距離バス(Amarillos):13:00~14:45、17:00~18:30、片道9.19ユーロ。~アルヘシラス:長距離バス(Partillo):23:00~0:45、11.25ユーロ。

到着場所:ロンダ、アルヘシラス共に町の中心から歩ける。
出発場所:セントロから3、33番バスで。約15分。1.2ユーロ。
トイレ:Amarillaは中型バスでトイレなし。

グラナダ~ロンダは便が少なく9:30発が満員だったので1時間後のマラガ行きに乗車して、マラガでロンダ行きバスを探した。ロンダ行きはいくつかのバス会社が運行してるよう。ロンダからも同様。マラガからアルヘシラスへは20時発バスのチケットを購入して、構内モニター表示のプラットフォームで待ってたのに急遽違う場所から出発したらしく乗り過ごした。放送はされたようだけどスペイン語なので聞き逃した。チケット売場のおじさんは渋々って感じで23時発のチケットを手数料なしで発券してくれた。日本なら無理かも。アルヘシラス到着は深夜1時前になり怖いので、本当は翌朝にしてもらいたかったけど遠慮して言えず、結局すぐに出発時間になりバス中では爆酔。ロンダのターミナルのロッカーは3.5ユーロ。

到着:グラナダ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:コルドバ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/27 14:00~16:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Alsa):約2時間半、12.5ユーロ(1,650円。学割なし)
WEB:www.alsa.es

到着場所:セントロへはターミナル前からの3、33番バスで行ける。約15分。1.2ユーロ。
出発場所:セントロからターミナルへは3番バスで。SanFernado通りの川沿いから乗れる。約15分。20分毎。1.1ユーロ。

ウベダ、バエサなどへ行きたかったけど1日に2便しかなく時間が合わず断念。グラナダからなら頻繁にあるので日帰りで行くことは可能。あいかわらず高額強気な価格のALSA。しかし電車より安く速いので利用することに。途中アンダルシアのひまわり畑を通ったけどこの時期には残念ながら全て枯れてた。。

到着:コルドバ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:リスポン(ポルトガル)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/24 21:45~7/25 18:00
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:~セビーリャ:長距離バス(Euroline):21:45~6::30(約8時間。時差+1時間)、35ユーロ(約4,700円。学割で32)。~コルドバ:長距離バス(Alsa):16:15~18:00、10.36ユーロ(学割なし)。
WEB:www.alsa.es

到着場所:セビーリャは国際や北部バスはPlaza de Armasバスターミナル、それ以外はセントロに到着。相互間はC3, C4の市バスで結ばれてる。コルドバのターミナルからは3,4,16番バスなどでSanFernandoで降りるとセントロ。
出発場所:Sete Riosバスターミナル。メトロ青でJardim Zoologico下車すぐ。
トイレ:あり

セビーリャまでの夜行バスは乗り心地は快適だったけど、乗客が一晩中騒がしくて安眠妨害だった。予定通りなら21:30~5:45だったけど遅れた方が眠る時間が長くなるので良かった。コルドバまでのバスではエアコンもあって快適で爆睡。セビーリャのセントロのバスターミナルの荷物預かり所は1つ2ユーロ。

到着:リスポン(ポルトガル)[安宿・ネット・食事
出発:ファティマ(ポルトガル)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/21 8:30~17:10
移動手段・時間・料金:~トマール:中距離バス(Tejo):8:30~9:30、3.4ユーロ(450円)。~リスボン:電車:15:10~17:10、8.25ユーロ(バスは8)。

到着場所:サンタ・アポローニア駅からは左手のバス停から745番か759番でRossio、Restaudoresへ行ける。メトロもあり。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:未確認

ファティマからトマールへのバスは午前中は1本。午後も1~2本しかない。トマールからリスボンへのバスも10:15発の次は16:45。でも隣接した駅からの電車なら頻繁にありそう。

到着:ファティマ(ポルトガル)[安宿・ネット・食事
出発:ポルト(ポルトガル)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/20 7:15~18:40
移動手段・時間・料金:~アルコバサ:長距離バス(Rede Expresso):コインブラスで乗換え待ち1時間:7:15~11:20、13.3ユーロ(1,800円)。~バターリャ:中距離バス(Tejo):13:00~13:35、2.75ユーロ。~ファティマ:バス(Tejo):18:10~18:40、2.1ユーロ。

到着場所:どのターミナルも町の中心から歩ける。バターリャはターミナルがないので地元民やインフォに聞かないと分かりづらい。
出発場所:ポルトのターミナルはサン・ベント駅から坂を登るので徒歩20分は覚悟。リスボン発着バスのREターミナル。
トイレ:Redeのみあり。

ポルトから数都市を観光してリスボンまで行こうと思ってたけど、バス本数が少なすぎてファティマまでしか行けず。ファティマ教会を1時間でさっと見ればトマールまでは行けるかも。バターリャからレイリアへ行きファティマへ行く方法もあるかも。Tejoバスは市バスっぽい。大荷物は自分でバス横の荷物入れを開けて入れる必要あり。

到着:ポルト(ポルトガル)[安宿・ネット・食事
出発:サンティアゴ デ コンポステーラ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/17 22:30~7/18 2:00
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:長距離バス(Alsa):約4時間半(時差-1時間)、26ユーロ(約3,500円)。予定通りなら22:00~00:45。
WEB:www.alsa.es

到着場所:バスターミナルが閉まってるからか新市街の公園前に降ろされた。付近には空いてる店なし。しばらくさまよったあげくタクシーで空港へ避難。
出発場所:Garcia広場からバスターミナルまで5番バス。徒歩なら20~30分。
トイレ:あり

この辺のバスターミナルは深夜には閉まるとこが多いみたい。深夜の市街は酔っ払いや暴走車がいてからまれそうになったりして怖かった。それが分かってたらポルトセントロの前に止まった空港で降りた方がタクシー代かからずに済んだのに。。空港は空調もセキュリティもそこそこで、イスも寝やすくつながってるのでGood!翌朝バスで旧市街セントロへ向かった。

到着:サンティアゴ デ コンポステーラ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:オビエド(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/16 10:30~22:00
移動手段・時間・料金:~Rivadeo:長距離バス(Alsa):10:30~13:50、14,35ユーロ(約1,870円)。~ルーゴ:長距離バス(ARRIVA):14:15~16:30、9.55ユーロ(約1,240円)。~サンティアゴ:長距離バス(Empressa):19:30~、8.25ユーロ(約1,070円)

到着場所:5番バスがPlaca Garciaとバスターミナルを結ぶ。20分毎。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

Rivadeoまでの景色はまぁ良い。曲がり角が多いのでPCしてたら酔いそうになった。ルーゴのバスターミナルには荷物預かり所あり。1つ3時間55セント。

到着:オビエド(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:レオン(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/15 12:30~19:30
移動手段・時間・料金:長距離バス(Alsa)。アストルガ往復:12:30~13:15、14:50~15:30、片道3.3ユーロ(約430円)。レオン~オビエド:17:00~19:30、8.36ユーロ。
WEB:www.alsa.es

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり

オビエドまでの景色はすばらしい。道路も良好。ガウディ建築の城のような教会を見るためにアストルガへ寄った。この辺のバスは頻繁にあるけど、シエスタ時間のバスは少ないように思う。急ぐなら朝早い行動が良いかも。レオンのバスターミナルでは無料WIFI可能。アストルガでは荷物預け所を見つけられなかったけど、ガウディ建築まで徒歩2分なので背負いながらでも十分観光可能。

到着:レオン(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:パンプローナ(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/14 9:00~18:40
移動手段・時間・料金:長距離バス(Alsa)。~Vitoria:9:00~10:15、7.7ユーロ(1,050円)。~ブルゴス:11:40~13:15、7.68ユーロ。~レオン:16:30~18:40、13.85ユーロ。
WEB:www.alsa.es

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:町の中心から歩ける。

ブルゴスからオビエドまで行きたかったけど最終バス(17:30)が満員だったのでレオン行きにした。レオンのバスターミナルでは無料WIFI可能。パンプローナのWIFIは有料。パンプローナの荷物預かり所は牛追い祭り中だからか高額で、0.55ユーロ/時間、5ユーロ/日(日をまたいでも)だった。

到着:パンプローナ(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:マドリッド(スペイン)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/13 1:00~5:00
移動手段・時間・料金:長距離夜行バス(Alsa)。~Soria:1:00~3:30、14.19ユーロ(1950円)。~パンプローナ:3:30~5:00頃、13.01ユーロ。
WEB:www.alsa.es

到着場所:町の中心から歩ける。
出発場所:マドリッドの空港からは到着階の外から200番バスで、バスターミナル(Avenida de America)へ1ユーロで行ける。

マドリッドのバスターミナルはどのバスか見つけにくい。近くに手頃なカフェ&バルを見つけたので食事した。ターミナル内の治安はそれほど良くなさそうだけど、酔っ払いやスリに注意してれば大丈夫。パンプローナの荷物預かり所は牛追い祭り中だからか高額で、0.55ユーロ/時間、5ユーロ/日(日をまたいでも)だった。パンプローナのターミナルのWIFIは有料。

到着:マドリッド(スペイン)[安宿・ネット・食事
出発:リーガ(ラトビア)[安宿・ネット・食事
 移動日:2009/7/12 11:05~19:10
出入国・ビザ:出入国チェック一切なし。
移動手段・時間・料金:LyanAir(飛行機):総計25,300円。~フランクフルト:11:05~12:20。42.38ラッツ(約8,300円)/1人(航空券4.59、全TAX16.79、WebCheckin7(何人でも同じ)、VISAカードCharge7(何人でも同じ)、預け荷物15Kgまで1つ7)。~マドリッド:16:45~19:10。125.28ユーロ(約17,000円)/1人(航空券159.98、全TAX30.58、WebCheckin10(何人でも同じ)、VISAカードCharge10(何人でも同じ)、預け荷物15Kgまで1つ10)。

到着場所:マドリッドの空港からは到着階の外から200番バスで、バスターミナル(Avenida de America)へ1ユーロで行ける。
出発場所:町の中心から歩ける。
トイレ:あり
食事:有料

2週間前に予約。1ヶ月以上前ならこの半額にもなる。フランクフルト空港で約3時間待って乗り換え。初めての格安航空会社RYANAIR。あらゆるサービスを有料にして航空券代を格安提供。特に預け荷物15Kg、手荷物10Kgを1つまでの制限が厳しかった。これを超えると30ユーロ超過になるので他の会社と変わらない金額になったりもする。前日に荷物整理&手荷物調整を行ってぎりぎりクリア。他の客もぴったり15Kgや14.9Kgなどの人が多くて笑えた。リーガの空港では16Kgの人もOKされてたので比較的甘いかも。担当者によるかもしれないし。

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム