世界遺産観光ゆめぽろ世界一周旅行記 写真付きランキング/海外旅行バックパッカーブログ

【2021年版】タイ世界遺産 全5件と候補/地図と写真/おすすめ観光地

タイ旅行/世界遺産の写真

タイ世界遺産 全5件や候補一覧、観光スポット写真と地図の旅行ブログです。東南アジアだけでなく世界旅行記も。タイ旅行ルート/移動手段/料金/時間や、おすすめ世界遺産観光(バンコクやアユタヤも)など旅行計画にも役立ててください!

国名/国旗
  • タイ
  • The Kingdom of Thailand
首都バンコク
公用語タイ語
通貨/お金
現在レート
バーツ/THB/ 1バーツ ≒約3.5円(2021/6)
時間帯/時差
現在の時間
日本時間を-2(GMT/UTC+7)夏時間なし
気候/天気
天気予報
南北で天候に差がある。年間を通じて20-35度の高温多湿。バンコクは、雨季(6-10月)、乾季/寒期(11-3月)[観光のベストシーズン]、暑季(4-5月)
エリア/近隣国東南アジア世界遺産一覧

タイ世界遺産とおすすめ観光スポット

タイのマップ/地図

タイの世界遺産数 3訪問/ 全6
(世界文化遺産3件、世界自然遺産3件、世界複合遺産なし)

> 世界遺産ランキング

タイの世界遺産や観光スポットです。観光地名クリックで下の詳細情報へ。未訪問/写真なし世界遺産は下Googleマップで。候補は2010年以降に推薦された世界遺産。

タイ世界遺産 平均
評価
私の
評価
1 世界遺産 古代都市スコータイ歴史公園と周辺の古代都市群 86 87
2
古都アユタヤ歴史公園(世界文化遺産1991年登録)
世界遺産 古都アユタヤ歴史公園
86 88
3
バーンチエン遺跡(世界文化遺産1992年登録)
世界遺産 バーンチエン遺跡
81 68
4
トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群(世界自然遺産1991年登録)
- -
5
ドン・パヤーイェン-カオ・ヤイ森林群(世界自然遺産2005年登録)
- -
6
ケーンクラチャン森林保護区群(世界自然遺産2021年登録)
- -
7
[世界遺産候補]プー・プラ・バート歴史公園(世界文化遺産)
- -

世界遺産以外の、おすすめ観光スポット。

タイおすすめ観光スポット 平均
評価
私の
評価
1 観光スポット ローイクラトン祭り(天灯コムローイ/灯篭流し) 0 94

タイ旅行ルートと交通移動手段と地図

料金や時間は目安です。①…はマップ参照。

※ 赤: 観光した世界遺産。青: 未観光の世界遺産

古代都市スコータイ歴史公園と周辺の古代都市群(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★86/100換算 私の評価 87
英語/原語
  • Historic Town of Sukhothai and Associated Historic Towns
アクセススコータイ市から乗り合いソンテオで30分。じっくり観光するなら遺跡周辺に宿泊する方が便利。スコータイ市から北50kmのシーサッチャナーライ遺跡公園は、ソンテウ(ミニバスかバン)で1時間15分。ドライバーにチャリエン/Charienと告げて、市街に入る前に降ろしてもらう
所要時間城壁内で1日、城壁外で1日はほしい。広範囲に点在してるので、城壁外はレンタサイクルで観光。シーサッチャナーライ遺跡公園は半日以上
古代都市スコータイ歴史公園と周辺の古代都市群@観光/タイ写真

世界遺産古代都市スコタイと周辺の古代都市群は、13世紀にアンコール王朝から独立したタイ族によるスコータイ王朝の都と主要都市の遺跡群です。15世紀にアユタヤ王朝に吸収されるまで存在しました。

上写真はスコータイの副王都シーサッチャナーライの仏教寺院ワット・プラシーラッタナー・マハータート。アンコール王朝から、スコータイ王朝、アヤタヤ王朝の影響が見られます。

スコータイ歴史公園のワット・マハータートは、スコータイで最も重要な王室寺院でした。数々の仏塔・礼拝堂・ブッダ坐像などを観光できます。プラ・アッタロートと呼ばれる仏立像も存在感あります。

世界遺産古代都市スコタイのワット・マハータートのプラ・アッタロート仏立像写真@タイ観光

スコータイ歴史公園のワット・スラ・シーは、池の小島にあるスリランカ/セイロン様式の寺院です。

世界遺産古代都市スコータイ歴史公園のワット・スラ・シーの写真@タイ観光

スコータイ歴史公園のワット・シー・チュムは、14世紀末に建立されたと考えられる「菩提樹の森」を意味する寺院です。仏堂いっぱいの巨大な坐仏像アチャナ仏は「おそれない者」を意味し、降魔印を結んでいます。

世界遺産古代都市スコータイ歴史公園のワット・シー・チュムのアチャナ仏の写真@タイ観光

夜のライトアップもきれいです。スコータイ歴史公園のワット・シー・サワーイは、13世紀初頭までにクメール人が建てたヒンドゥー教寺院を、タイ人が仏教寺院に改修。3基の塔堂プラーンが特徴的です。

世界遺産古代都市スコータイ歴史公園ワット・シー・サワーイの写真@タイ観光

スコータイ歴史公園のワット・トラパングーンは、14世紀頃に建てられた池のほとりの仏教寺院です。中央の仏塔前の坐仏像が特徴的で、ライトアップされるとさらに幻想的でした。

世界遺産古代都市スコータイ歴史公園のワット・トラパングーンの写真@タイ観光

シーサッチャナーライ歴史公園のワット・ナーンパヤーは、女王の寺院という意味だが、アユタヤ王朝様式(15-16世紀)ということ以外は詳細不明の仏教寺院です。

世界遺産スコータイのシーサッチャナーライ歴史公園ワット・ナーンパヤー写真@タイ観光

シーサッチャナーライ歴史公園のワット・チャーンロームは、仏舎利(仏陀の遺骨)が発見された場所に、1290年ラームカムヘーン王が建てたと伝えられています。象が囲む寺の意味どおり、39頭のゾウの立像が支えています。

世界遺産スコータイのシーサッチャナーライ歴史公園ワット・チャーンローム写真@タイ観光

シーサッチャナーライ歴史公園のワット・チェーディー・チェットテーオは、7列の仏塔を意味しています。寺院は王族の埋葬地と考えられています。

世界遺産スコータイのシーサッチャナーライ歴史公園ワット・チェーディー・チェットテーオ写真@タイ観光

古都アユタヤ歴史公園(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★86/100換算 私の評価 88
英語/原語
  • Historic City of Ayutthaya
アクセスバンコクの北80km/バスや鉄道で2時間弱なので、日帰り観光も可能だがライトアップもあるので宿泊がおすすめ
所要時間中洲の島内(アユタヤ歴史公園)の遺跡のみなら半日〜1日。外も含むなら観光に2日はほしい
古都アユタヤ歴史公園@観光/タイ写真

古都アユタヤ歴史公園は、1350-1767年に広大な領域を支配したアユタヤー王朝の遺跡群。35代もの王に治められ、ヨーロッパ諸国とも外交したがビルマの王朝により滅ぼされました。上写真はワット・ローカヤースッターの全長28mの寝仏

ワット・プラ・シー・サンペットは、3人の王の遺骨が収められたセイロン様式のチューディー(仏塔)。アユタヤー王朝中期に建てられた王室守護寺院の一部です。ほとんどはビルマ侵略時に破壊されました。

世界遺産古都アユタヤ歴史公園のワット・プラ・シー・サンペット写真@タイ観光

ワット・マハータートは、14世紀に建てられたがビルマにより破壊された後、木の根に取り込まれた仏像の頭が神秘的。高さ44mもの仏塔が存在したといわれています。

世界遺産古都アユタヤ歴史公園のワット・マハータート写真@タイ観光

ワット・チャイワッタナーラム/Wat Chaiwatthanaramは、島の南西にある、1630年にプラサート・トーン王が母のために建てた寺院を修復。カンボジアへの勝利を祝い、クメール様式の大プラーン(仏塔)を小プラーンが囲みます。

世界遺産古都アユタヤ歴史公園のワット・チャイワッタナーラム写真@タイ観光

ワット・ヤイチャイ・モンコンは、島の南東にありチャオプラヤータイ寺院とも呼ばれます。初代王ウートーンが最初に建てたと伝えられてます。セイロン型の仏塔や中型の坐仏像を、何十もの小型坐仏像が囲みます。寝仏もあり。

世界遺産古都アユタヤ歴史公園のワット・ヤイチャイ・モンコン写真@タイ観光世界遺産古都アユタヤ歴史公園のワット・ヤイチャイ・モンコン写真@タイ観光世界遺産古都アユタヤ歴史公園のワット・ヤイチャイ・モンコン写真@タイ観光

ワット・パナンチューン/Wat Phanan Choengは島の南東にあり、1325年建立といわれる大寺院。高さ19mの黄金の坐仏像プラチャオ・パナンチューンが有名。中国からの伝説の悲劇の姫ソーイドークマークのほこらは、中国系タイ人に信仰されてます。

世界遺産古都アユタヤ歴史公園のワット・パナンチューン写真@タイ観光

他にも古都アユタヤーの歴史公園周辺には、遺跡や破壊された仏像がそのままの姿で放置されてて見ごたえあります。象に乗って観光できるエリアもあります。

世界遺産古都アユタヤ歴史公園の写真@タイ観光世界遺産古都アユタヤ歴史公園の写真@タイ観光世界遺産古都アユタヤ歴史公園の写真@タイ観光

バーンチエン遺跡(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★81/100換算 私の評価 68
英語/原語
  • Ban Chiang Archaeological Site
アクセスウドンターニーから、バス(バンチアン三叉路まで)+モーターサイか、直行ソンテオ/約1時間半/40バーツ。国立博物館で降ろしてもらう。発掘現場は博物館から徒歩10分
料金/営業時間博物館+発掘現場で150バーツ
所要時間バーンチアン国立博物館と発掘現場の観光は、約1時間半
バーンチエン遺跡@観光/タイ写真

世界遺産バーンチエン遺跡は、紀元前3000~2000年頃(推測)の東南アジア独自の古代文明跡です。

世界遺産バーンチエン遺跡の写真@タイ観光世界遺産バーンチエン遺跡の写真@タイ観光世界遺産バーンチエン遺跡の写真@タイ観光世界遺産バーンチエン遺跡の写真@タイ観光世界遺産バーンチエン遺跡の写真@タイ観光

ローイクラトン祭り(天灯コムローイ/灯篭流し)の観光情報や評価

私の評価 94
英語/原語
  • Loy Krathong
アクセスタイのロイ・クラトン祭りは、バンコク、チェンマイ、スコータイ、ターク、アユタヤでのイベントが有名。タークはスコータイからソンテオで約1時間半。灯篭流しは夜なので宿泊をおすすめ
ローイクラトン祭り(天灯コムローイ/灯篭流し)@観光/タイ写真

ローイクラトンは、陰暦12月(11月頃)の満月の日を中心にタイ王国で開催される祭りです。各地で特色あるイベントが行われます。日時スケジュールや開催場所は、Webサイトや現地の観光案内所で案内されます。

チェンマイでは「イーペン祭り」とも呼ばれ、空に飛ばされた数千ものコムローイ/コムファイ(熱気球/天灯)が、幻想的な光景を見せてくれます。僧侶、少女らの灯籠(とうろう)パレードや、長い爪をつけた女性の伝統舞踏も披露されます。

チェンマイのローイ・クラトン祭りの長い爪伝統舞踏の写真@タイ観光チェンマイのローイクラトン祭りの僧侶行列の写真@タイ観光チェンマイのローイクラトン祭りの少女の灯籠流しの写真@タイ観光チェンマイのローイクラトン祭りの少女のダンスの写真@タイ観光チェンマイのローイクラトン祭り(天灯コムローイ/灯篭流し)の写真@タイ観光チェンマイのローイクラトン祭り(天灯コムローイ/灯篭流し)の写真@タイ観光

スコータイは、ロイクラトン発祥の地なので一番盛り上がります。いろんな飾りの灯籠流しを見ることができます。

スコータイのロイクラトン祭りの灯籠流し写真@タイ観光

美少女コンテストが開催されていました。「コープンカー♪」の言い方がかわいい。

スコータイのロイクラトン祭りの美少女コンテスト写真@タイ観光

タイの伝統格闘技「ムエタイ」や、ファイアーダンスやファイアーポイも無料で気軽に観戦できます。

スコータイのローイクラトン祭りのムエタイ舞踏の写真@タイ観光スコータイのローイクラトン祭りのファイアーダンス写真@タイ観光

遺跡を背景にして、レーザー光線と大音響を使ったスコタイ歴史劇も観劇できます。

スコータイのローイ・クラトン祭りのスコタイ歴史劇の写真@タイ観光スコータイのローイ・クラトン祭りのスコタイ歴史劇の写真@タイ観光

象と美女、宗教ぽい仮面、伝統衣装の少女など、いろんなパレードも見ることできます。

スコータイのローイ・クラトン祭りの象パレート写真@タイ観光スコータイのローイ・クラトン祭りの宗教仮面パレード写真@タイ観光スコータイのローイ・クラトン祭りの伝統衣装少女の写真@タイ観光

スコータイ近くのタークでは、大規模な灯篭流し(とうろう)やパレードを見ることができます。

タークのローイクラトン祭りの灯篭流しの写真@タイ観光タークのローイクラトン祭りの灯篭流しの写真@タイ観光タークのロイクラトン祭りの灯篭流しの写真@タイ観光タークのローイクラトン祭りの人形パレード写真@タイ観光タークのロイクラトン祭りの伝統人形持つ少女パレードの写真@タイ観光タークのローイクラトン祭りの伝統衣装女性の写真@タイ観光

アユタヤーでは、象や馬も使った伝統舞台劇や、シャモによる闘鶏なども見れました。

アユタヤーのローイクラトン祭りの伝統舞台劇の象の写真@タイ観光アユタヤーのローイクラトン祭りの伝統舞台劇の馬の写真@タイ観光アユタヤーのローイクラトン祭りの伝統舞台劇の象と美女の写真@タイ観光アユタヤーのローイクラトン祭りの伝統舞台劇の写真@タイ観光アユタヤーのローイクラトン祭りの伝統舞台劇の写真@タイ観光アユタヤーのローイクラトン祭りのシャモ闘鶏の写真@タイ観光

タイ旅行おすすめ観光スポット写真

チェンマイは、かつてラーンナー・タイ王国の首都だったので多くの寺院が残ってます。その王国はモン族のハリプーンチャイ帝国を滅ぼしたメンラーイ王(マンラーイ)が繁栄させ、隣国ビルマ(現ミャンマー)と争い文化も吸収しながら19世紀後半まで約600年間独立してました。

ワット・チェーディー・ルアン寺院の涅槃仏陀像(ねはんぶっだ)は、巨大な寝釈迦像で威圧感あります。仏塔チェーディー・ルアンは、1411年に建てられた後、地震で半壊した状態で修復されたものです。

チェンマイのワット・チェーディー・ルアン寺院内の涅槃仏陀像の写真@タイ観光/旅行チェンマイの仏塔チェーディー・ルアンの写真@タイ観光/旅行

ワット・プラ・シン寺院は、チェンマイで最も格式高い寺院の1つです。なかでも経蔵(ホートライ)は、下半分がコンクリート、上半分が木造であり有名です。

チェンマイのワット・プラ・シン寺院の経蔵(ホートライ)写真@タイ観光/旅行

ワット・プラ・シン寺院の礼拝堂内部の壁画は、北部タイ伝統芸術の代表作とも言われ、チェンマイ地方の伝統衣装や習慣が描かれています。

チェンマイのワット・プラ・シン寺院の壁画写真@タイ観光/旅行

ワット・チェン・マン寺院は、メンラーイ王(マンラーイ)が遷都時に建てた宮殿でもありました。裏の仏塔は、基部を15頭の象が支えていて見どころです。

チェンマイのワット・チェン・マン寺院の仏塔の象の写真@タイ観光/旅行チェンマイのワット・チェン・マン寺院の写真@タイ観光/旅行
ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(旅行/映画好き)
世界一周の海外旅行で135国観光、世界遺産595訪問。好奇心:世界遺産/遺跡/野生動物/祭り/食欲。コメントや誤文報告は@yumepoloへ。全写真は自分で撮影したので無断使用禁止⇒詳細プロフィール
サイト管理人ゆめぴょん(旅行/映画好き)
ゆめぽろプロフィール画像
世界一周の海外旅行で135国観光
世界遺産595訪問。現在:大阪
映画:年400本/日本旅行/テニス
詳細プロフィール >