世界一周旅行記 ゆめぽろEarth世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
夫婦の世界一周バックパッカー海外旅行記。135国、世界遺産595を訪問。写真や動画やホテル情報などを紹介!

メキシコシティで独立記念日祭りに参加!世界遺産ソチミルコやアステカ遺跡も観光

独立記念日前夜のソカロメキシコの首都メキシコシティとその周辺には観光名所がいっぱいでついつい長居してしまいました(^^ゞ

ゆめぽろ(@yumepolo)です。こんちはっ!

っ(*^_^*)。高度が約2200mのメキシコシティはこの時期、昼は暑いけど夜は肌寒かったです。
2007/9/14の夕方、ケレタロからの長距離バスで、メキシコシティへ到着しました。バスターミナル前から出てるメトロ(地下鉄)で、宿泊する日本人宿ペンション・アミーゴの最寄駅Revolcionまで行きました。駅から宿へは近いはずですが、1時間くらい探し歩いたあげくやっとたどり着けました。

ケレタロ周辺にはまだ行きたい都市があったのに、わざわざこの時期にメキシコシティへ来たわけは、明後日がメキシコ独立記念日で明日その前夜祭観光詳細]があるからです。
9/15は前夜祭で盛り上がるそうだけど、昼間はほとんど通常どおりでした。とりあえずこの町の雰囲気をつかもうと思い、宿から人類学博物館まで歩いて行くことにしました。大通りReformaを歩いてると、メキシコシティの都会ぶりが分かります。通りには独立記念塔を含めていくつもの塔や像が立っています。
国立人類学博物館観光詳細](Museo Nacional de Antropologia)には、メキシコ古代文明(オルメカ、マヤ、アステカなど)の遺跡、出土品、そのレプリカなど、重要なものはほぼ全て集められ展示されています。だから各地の遺跡を見て廻った最後にここを訪れるとより興味が沸くと思います。私は一番最初に行くことになりましたが。
太陽の石アステカカレンダ 超古代オルメカの巨人頭像 マヤのパカル王の翡翠仮面
博物館は非常に広くて、ゆっくり見て廻ると1階だけで5時間以上かかりました。集中力もなくなるので、時間のない人や、あまり興味のない人は、見たい箇所を先に廻ることをオススメします。一番の見所は中央に展示された「太陽の石(アステカカレンダー)」です。中央の太陽神の周りにはアステカの暦が示されてて、なんと現代と同じ365日周期だったそうです。
他にもテオティワカンの蛇神ケツァルコアトルの神殿や雨神マヤ文明パレンケのパカル王の墓から出土した翡翠仮面モンテアルバンの104号墳墓の再現も見所です。マヤ、アステカよりもっと前の超古代文明オルメカの巨人頭像もありました。
アステカ帝国首都のテノチティトランのミニチュアもあり、この辺りがかつて湖に浮かぶ島で、近未来都市のように各地から島へつながってた様子がよく分かりました。スペイン人がこの都を埋めて今のメキシコシティが出来たのだと思うと、とても残念です。
2階にはいろんな民族衣装などが展示されてましたが、もう疲れきってたのでさっと廻っただけです。ここもサンクリストバルグアテマラの村々を見て来た後なら、もっと興味を持てたかも知れません(^^;
博物館では本当にクタクタになり、帰りはさすがにReforma通りを走るカミオン(市バス)で宿近くまで戻りました。そして宿へ着くともう17時頃で、そのままグタッと寝てしまいました。。20時過ぎに目を覚ますと宿の人は誰もおらず、辺りはもう暗かったのであわてて出掛けることにしました(でも実はまだみんな出発してなかったことが後で分かりましたが)。
前夜祭の宮殿前に集結 前夜祭カテドラル前の花火 前夜祭カテドラル前の花火
メキシコ独立記念日観光詳細](Dia de Independencia)のイベントで一番盛り上がるのは、前夜9月15日のメキシコシティのソカロだと聞いてたのでそこへ向いました。宿近くの革命記念塔(さっきの独立記念塔とは別)にもすごい大勢の人が集まってて、振る舞い酒?テキーラ?を配ってました。
ソカロまでの道も人だかりでなかなか進めません。そして泡スプレーを持って誰でも構わずかけて行く子供や大人がいっぱいいるので大変です。実際何度も体や頭にはかけられましたが、カメラにはかからないよう守りました。ソカロまで辿り着くには1時間以上かかったと思います。
1810年9月16日、ドローレスという小村のイダルゴ神父が先住民の差別撤廃を掲げてスペイン軍に対し反乱を起こしたが、翌年とらわれてチワワで処刑されました。その後、紆余曲折はあったけど1821年に独立は達成されました。それで9月16日はメキシコ独立記念日として定められました。
ソカロは22時には既に超満員の人だかりで歩けないほどでした。私はカテドラル前に設置された見物席に空きを見つけたのでそこで見物することにしました。ソカロではコンサートや演説などが数箇所で行われてました。23時にはメキシコ大統領が国立宮殿前に出てきたので長い演説でもするかと思いきや、一言くらい話した後、「VIVA!メヒコ(メキシコ万歳)」を繰り返しただけでした。ちなみにこれは1810年の「イダルゴの叫び」を再現したものだそうで、大観衆も皆「ビバ!メヒコ」を大声で連発しまくって盛り上がりました。
独立記念日前夜祭のソカロ グアダルーペ寺院 グアダルーペ軌跡のマント
するとカテドラル前に花火が上がり出しました!この花火はどんどん勢いを増して、日本ではあり得ないくらいの至近距離でほとんど間もおかずに上がるため、火の粉や花火のカスが近くに落ちて来て危ないです。逃げる人も多くいました。カテドラルや国旗にも当ってる気がしましたが、メキシコ人は気にしないのでしょう。花火が終わると群集はソカロから去って行きました。それぞれの自宅やバーなどで独立記念日当日を祝うのでしょうか。
9/16の独立記念日の午前中にも軍事パレードがあったらしいですが、宿でのんびりしてたので見れませんでした(>_<)。この日は昨日の盛り上がりの余韻に浸りながら?のんびり過ごしました。 9/17は午後前から、グアダルーペ寺院へ行きました。メキシコ・カトリック最大の聖地らしく、新聖堂には2万人もの信者を収容出来るそうです。旧聖堂もそばに建っています。教会裏のテベヤックの丘には昔、神殿があったけどスペイン人によってカトリック寺院に変えられたようです。この寺院の中では、奇跡のグアダルーペのマントを見ることが出来ます。
1531年12月9日、テベヤックの丘で先住民ディエゴの前に聖母が現れ「ここに私の教会を建てよ」と言いました。しかしスペイン司祭はこの話を信じませんでした。ディエゴの前に再び聖母が現れ、奇跡の証として12月には咲かないバラの花を与えました。ディエゴはそれを持ってたマントに包み、再び司祭のもとへ行きました。そしてマントを広げると、光輝くマントには褐色の聖母が浮かび上がりました。司祭はそのマントを奇跡の品として祭った寺院を建てました。しかし奇跡はそれだけではなく、マントの聖母の「目」には、それが開かれた瞬間に聖母が見た光景、すなわちディエゴと司祭がマントの聖母を見て驚いてる様子が焼きついてるそうです。
古代首都テノチティトラン ソチミルコの遊覧船 首都の上にメキシコシティ
その日はその後、ソチミルコ(Xochimilco)[観光詳細]へも行きました。アステカ帝都テノチティトランの湖はほとんど埋められてしまったけど、ソチミルコの水路はその名残りだそうで世界遺産にも登録されてます。現在ソチミルコでは休日になると、その水路に浮かべたカラフルな船で舟遊びする人がたくさんいます。しかし平日だったので、船代をシェアする人が見つからず、高額だったために舟遊びはあきらめて船だけ撮影して帰りました。
9/18は午後から、ディエゴリベラ壁画館観光詳細]の「アラメダ公園の日曜午後の夢」を見に行きました。メキシコ近現代の有名人達が描かれてて、中央のフリーダ・カーロ夫人の前、カトリーナというメキシコで有名な骸骨女性の横に、リベラ自身も子供姿で描かれています。そこからソカロへ行く途中にあるべジャス・アルテス劇場の2階ではリベラ壁画だけでなく、オロスコ、シケイロス、タマヨといった有名画家達の壁画も見ることができ圧巻です。
ソカロまで歩いていき、カテドラルやテンプロ・マヨールも見学しました。テンプロ・マヨール(Templo Mayor)[観光詳細]は、アステカ帝都テノチティトランの中央神殿がメキシコシティ中心部で、20世紀になってから発掘されたものです。きれいには復元されてないけど、この辺りがアステカ帝国の中心だったことが分かり、歴史を感じることが出来ます。博物館では出土品も多く展示されています。
ディエゴリベラの有名壁画 国旗の降旗は強風日必見 ルチャリブレの試合後
ソカロでは17時頃(冬はもっと早い時間かも)から巨大な国旗を降ろすセレモニーを見ることが出来ました。朝の国旗掲揚とともに毎日見れます。この日は強風だったので特に見ごたえがありました。国旗を地面に付けないように折り畳む必要があるけど、風が強すぎて軍隊の若者達が20人くらい集まっても至難の業でした。風になびいた国旗が地面を触った気がしたのは私だけではないはず(^^)
そしてそのまま歩いてすぐのプロレス会場へと行きました。メキシコ国民の娯楽ルチャ・リブレという、空中殺法などが派手な覆面プロレスを見るためです!格闘技には興味ないし、あまり期待してなかったけど、MX$50(約550円)と安い入場料のわりにはとても楽しめました。ルチャには後にもう1度行ったので、詳細はそこで話すことにします(喜劇のようで笑えます)。
9/19は宿の近くのスターバックスで、MX$17(約180円)のコーヒー1杯のみで1日中ネットしてました。宿ではネット出来ないので、HP更新などいろいろためてたことを一気にしました。
9/20は朝からバスターミナルへ行って、サカテカスへ向かう長距離バスに乗りました。
それでは、おやすみなさーい(-_-)zzz「コテッ」

«前記事:夜景の美しさ&民族衣装踊り in タスコ世界遺産テオティワカン/メキシコシティ旅行!アステカのピラミッドやプロレス:次記事»

★海外旅行の準備編 & 東北旅行

ページ
↑先頭
ホーム