世界遺産観光ゆめぽろ世界一周旅行記 写真付きランキング/海外旅行バックパッカーブログ

北海道旅行ルート/おすすめ観光スポット一覧!地図や写真で

北海道観光/日本国内旅行の写真

北海道旅行の、おすすめ観光スポット写真や地図の旅行ブログです。旅行計画/観光ルートに役立ててください。日本国内旅行だけでなく世界旅行記もあります。

国名/国旗
  • 日本
  • Japan
都市名
  • 北海道
  • Hokkaido-region
通貨/お金円 / JPY / US$1 ≒ 110Yen(2021/8)
おすすめ旅行の季節次の日以外がおすすめ:年末年始(12/31-1/5)、GW(4/28-5/6)、お盆と夏休み(7,8月)、SW(9/20前後の連休)
世界遺産日本の世界遺産一覧

北海道旅行ルートと交通移動手段と地図

料金や時間は目安(2021年8月時点に修正)です。旅行記はどんどん更新していきます(2021/9に完成予定)。

格安航空券の検索は下サイトが便利です。

北海道観光おすすめスポットランキングと地図

世界遺産以外の、おすすめ観光スポット。

北海道おすすめ観光スポット 平均
評価
私の
評価
1 観光スポット 美瑛の青い池 86 75
2 観光スポット 美瑛のパッチワークの路や四季彩の丘 91 90
3 観光スポット 中富良野ラベンダー園(ファーム富田と北星山町営) 87 77
4 観光スポット 旭川市の旭山動物園 87 75
5 観光スポット 洞爺湖クルーズと有珠山頂や昭和新山 83 70
6 観光スポット 登別温泉の地獄谷 85 67

美瑛の青い池の観光情報や評価

平均評価★★★★★86/100換算 私の評価 75
英語/原語
  • Blue Pond in Biei
アクセス公共バスでの行き方:美瑛駅前の大通り(ロータリーではない)から道北バス39番「白金温泉行き」約20分/550円(2020年)夏は1日4-5本。次バスで駅戻るなら池の滞在時間30-40分。バス停から池は徒歩10分。道北バス(路線バス)も参考に。
料金/営業時間入場は無料(2021年時点)
所要時間青い池を眺めるだけなら30分で充分。奥まで写真撮影するなら1時間はほしい。私はバス停の往復は走って40分でこなした
美瑛の青い池@北海道観光/日本写真

美瑛の青い池は、欠かせない観光スポットです。1988年12月の十勝岳噴火による火山災害から美瑛町を守るため、火山泥流をためる「えん堤」(コンクリートブロック)を建設。そこに水がたまり「青い池」ができました。枯れたカラマツも幻想的。

美瑛の青い池の写真@北海道観光

青く見える理由は、白金温泉の「白ひげの滝」などからのアルミニウムを含んだ水が美瑛川と混じり、その生成されたコロイドが太陽の光と衝突して散乱することにより、波長の短い青い光が私達の目に届いているためと考えられています。

美瑛の青い池の写真@北海道観光

広く外国人観光客にも知られたのは、iPhoneの米国アップル社が、パソコン(MacBookPro)の公式壁紙(Wall Paper)として、美瑛の青い池を「Blue Pond in Biei,Hokkaido」として紹介してからです。

美瑛のパッチワークの路や四季彩の丘の観光情報や評価

平均評価★★★★★91/100換算 私の評価 90
英語/原語
  • Patchwork Road andPanoramic Flower Gardens Shikisai-no-oka in Biei
アクセス観光スポットは美瑛町に点在。レンタカーやタクシーを使わないと回りきれません。
料金/営業時間営業日や時間・料金は、観光地により違うため要確認
所要時間四季彩の丘は1時間以上かけたい。他の丘や公園は15-30分。木や路は長くても10分
美瑛のパッチワークの路や四季彩の丘@北海道観光/日本写真

美瑛の観光名所は、広範囲に点在してるので車なしではまわれません。以下は、タクシーチャーター1時間半(税込料金9,690円/2021夏の料金に更新済)で回ったプランです。美瑛ハイヤーを事前予約しました。

1日チャーターすれば富良野とセットでまわれそうです。レンタカーや自家用車を運転できる人も、回り方は似てると思うので参考にしてください。ちなみに花畑を1つだけ選ぶなら「四季彩の丘↓」がおすすめ♪

  1. 午前9時頃、旭川からの電車で美瑛駅に到着。コインロッカーに荷物預ける
  2. 青い池(上記↑)を観光。バス移動含めて1時間半
  3. 青い池から帰りのバスで美瑛駅で降りずに「大久保」バス停で降車
  4. ぜるぶの丘・亜斗夢の丘↓が目の前
  5. ケンとメリーの木↓まで徒歩20分
  6. 北西の丘展望公園↓まで徒歩10〜15分
  7. (予約済のタクシー会社に電話。チャーター1時間半)
  8. 北西の丘展望公園でタクシーに拾ってもらう
  9. 美瑛駅に寄ってもらい、コインロッカーの荷物を取得
  10. パッチワークの路のセブンスターの木↓親子の木↓
  11. マイルドセブンの丘↓の後、美馬牛方面へ向かう
  12. ジェットコースターの路↓
  13. かんのファーム↓を10〜15分くらい観光後、嵐の木へ↓
  14. 四季彩の丘↓で降ろしてもらいチャーター終了
  15. 美馬牛駅まで迷いながら歩いて30分

美瑛「パッチワークの路」は、美瑛の西に広がる丘陵地帯に広がる畑などを指します。パッチワークのように見える理由は、同じ作物をくり返し栽培すると土地がやせる(連作障害)を防ぐため、違う作物を植え替えていくためです。

ぜるぶの丘・亜斗夢の丘(パッチワークの路)

ぜるぶの丘・亜斗夢の丘は、7月上旬でも多彩な花が多くておすすめです。最盛期は7月中旬以降でしょうか。観光時間は15分くらい。

美瑛パッチワークの路のぜるぶの丘・亜斗夢の丘の写真@北海道観光

一番奥の展望台に登ると「パッチワークの路」の田園風景や「ケンとメリーの木」を眺められます。出口付近にめずらしいホワイト・ラベンダーが咲いてるのを、ツアー観光客への説明で知りました。

美瑛パッチワークの路のぜるぶの丘・亜斗夢の丘の写真@北海道観光

ケンとメリーの木(パッチワークの路)

「ぜるぶの丘・亜斗夢の丘」から北西へ徒歩20分で、背の高い1本のポプラの木ケンとメリーの木」に到着。近くで鷹(たか)かトンビを見つけました。

名前の由来は、1970年代に日産自動車のスカイラインのテレビCMとして放映された「ケンとメリーのスカイライン」だそうです。CMソング「ケンとメリー 愛と風のように」もブームになったとか。

美瑛パッチワークの路のケンとメリーの木の写真@北海道観光美瑛パッチワークの路のケンとメリーの木の鷹かトンビの写真@北海道観光

北西の丘展望公園(パッチワークの路)

「ケンとメリーの木」から南西へ徒歩で約10〜15分で「北西の丘展望公園」。ピラミッド型の展望台から、晴れた日なら十勝岳連峰、大雪山や美瑛のパッチワークの丘陵の風景などを見渡せます。観光時間は15分くらい。

7月初旬には、カラフルなルピナスの花がきれいに咲いていました。それ以外の花はもう少し後の方がきれいかも。ラベンダーもありましたが、まだまばらな感じでした。

美瑛パッチワークの路の北西の丘展望公園の写真@北海道観光美瑛パッチワークの路の北西の丘展望公園の写真@北海道観光

セブンスターの木(パッチワークの路)

パッチワークの路をドライブしながら「セブンスターの木」(かしわの木)へ。「親子の木」が先でもOK。名前の由来は、1976年にJTがタバコ「セブンスター」のテレビCMとして木を放映したからです。

セブンスターの木は、美瑛の丘の頂上付近にあリます。そばの白い花は「ジャガイモ」らしいです。美瑛にはカルビーの工場もあるそうです。

美瑛パッチワークの路のセブンスターの木の写真@北海道観光

親子の木(パッチワークの路)

親子の木」は、大きな2本の「かしわの木」の間に、小さな1本の木が寄りそい、その姿が親子のように見えるから名付けられました。木に近すぎると親子に見えないので、少し離れましょう。

美瑛パッチワークの路の親子の木の写真@北海道観光

マイルドセブンの丘(パッチワークの路)

何本もの唐松(カラマツ)が防風林として立っている風景が「マイルドセブンの丘」です。夕日が沈むサンセット時もきれいだそうです。名前の由来は、1978年にタバコ「マイルドセブン」のテレビCMでこの景色が放映されたからです。

美瑛パッチワークの路のマイルドセブンの丘の写真@北海道観光

かんのファーム(美瑛町の美馬牛エリア)

美瑛パッチワークの路から、南西の「上富良野の美馬牛/びばうし」までタクシーで約15分。「かんのファーム」へ。美馬牛駅からも徒歩15分。7月初旬の花畑はまだ満開ではなく、観光時間は約15分。

ルピナスだけは満開。他にナスタチュウム、スイスチャード、 マリーゴールド、サルビア、西洋オダマキ、金魚草、エーデルワイス、赤花除虫菊なども見れました。

美馬牛エリアのかんのファームのルピナスの写真@北海道観光美馬牛エリアのかんのファームの写真@北海道観光

ジェットコースターの路(美瑛町の美馬牛エリア)

ジェットコースターの路」は、急激なアップダウンの坂道が4kmも続きます。どんどん登り一気に下り、また急な上り坂に。周囲の田園風景もすばらしいです。観光車が多い時期は身勝手な運転はつつしみましょうね。

美馬牛から富良野へ向かう国道237号線から南西へのびる「ジェットコースターの路(道)」(西11線)へ入れます。「プロバンスの路」から改名されたとか。

美馬牛エリアのジェットコースターの路の写真@北海道観光

嵐の木(美馬牛エリア)

嵐の木/5本の木」は、JALのテレビCMでジャニーズ「嵐」の5人と登場した5本の木です。私有地にあるため、道路から望遠で撮影。多くの嵐ファンが私有地や農地に入り、警察ざたになった事もあるそうなのでマナー厳守で。

「かんのファーム」からも見えます(「5本の木」の目印あり)。かんのファームの国道237号線から、左の70号線に入ると右側に見えてきます。Googleマップでは削除されてるようですね。

美馬牛エリアの嵐の木/5本の木の写真@北海道観光

四季彩の丘(美瑛町の美馬牛エリア)

四季彩の丘」の人気の秘密は、季節ごとのカラフルな花が多様多彩で、広くて混雑も分散するし、見晴らしもよく十勝岳連峰も見渡せるからでしょう。観光時間は1時間以上はほしい。時期により入場料か寄付金を(目安は500円)。

美瑛町の美馬牛の四季彩の丘の写真@北海道観光美瑛町の美馬牛の四季彩の丘の写真@北海道観光

花がぎっしり詰まってるので写真撮影にも最適。かんのファームでは見かけなかった花では、コレオプシス(金鶏菊)、ロベリア、コスモス/秋桜、ミムラス、シャクヤク/芍薬なども。ルピナスはやはり満開。

美瑛町の美馬牛の四季彩の丘の写真@北海道観光美瑛町の美馬牛の四季彩の丘の写真@北海道観光

トラクター「四季彩ノロッコ号」にも乗り、園内の美しい花畑をまわりました。十勝岳連峰をながめられるビューポイントで止まるので、トラクターから降りて写真撮影できます。

上富良野の四季彩の丘の写真@北海道観光

四季彩の丘ではアルパカ牧場(入場料:500円)にも入りました。南米のアンデス地帯のラクダ科の動物で、毛が高級で取引されたり現地では食料にもなります。もこもこの毛や愛らしい顔などが、日本でも人気ですね。

上富良野の四季彩の丘の写真@北海道観光

四季彩の丘から「JR美馬牛駅」までは歩きました。丘を出て左。電車が極端に少ないため時刻表を確認して、迷いやすいので50分前には出た方がよさそう。Googleマップ等が便利。上マップ↑も参考に。

道の途中で、白い塔が有名な「美馬牛小学校」も見かけました。かわいい造りなので、観光ツアーでも車内から写真撮影してました。

上富良野の美馬牛小学校の写真@北海道観光

中富良野ラベンダー園(ファーム富田と北星山町営)の観光情報や評価

平均評価★★★★★87/100換算 私の評価 77
英語/原語
  • Farm Tomita in Nakafurano
アクセスJR中富良野駅、西中駅から徒歩20分で「ファーム富田」。富田から徒歩10分で「北星山町営ラベンダー園」。学校の夏休み開始後は駐車場がすぐ埋まるので、中富良野か西中のホテルに宿泊・駐車し徒歩で行くのがおすすめ
所要時間ファーム富田の観光時間は1時間以上はほしい。ラベンダー園の見ごろの時期は「6月下旬から8月上旬」。高確率な満開時期は「7月中旬から下旬」。年によるので情報収集は必須
中富良野ラベンダー園(ファーム富田と北星山町営)@北海道観光/日本写真

中富良野のファーム富田(ラベンダー園)は、JR中富良野駅か西中駅から徒歩20分。観光客は多いけど混雑しないほどの広さ。満開のラベンダーを見れるかは運ですが、ここは早咲きも遅咲きもあり、見れる確率を上げるよう工夫されています

中富良野ラベンダー園・ファーム富田の写真@北海道観光

ファーム富田は全て回るとかなり広いです。多くの観光客は上まで行きませんが、景色が良いので満開時期なら登るのもおすすめです。

中富良野ラベンダー園・ファーム富田の写真@北海道観光中富良野ラベンダー園・ファーム富田の写真@北海道観光

ファーム富田には、ラベンダー以外の色とりどりの花も植えられています。この時期まだまばらでしたが一部紹介すると、マリーゴールド、ポピー、アゲラタム、ベゴニア、ケイトウ、インパチェンス、ニチニチソウ、などが見れました。

中富良野ラベンダー園・ファーム富田の写真@北海道観光中富良野ラベンダー園・ファーム富田の写真@北海道観光

ファーム富田のラベンダー園では、エゾリス?も発見。

中富良野ラベンダー園・ファーム富田のエゾリス写真@北海道観光

ファーム富田では、ラベンダーのドライフラワーも作っていました。

中富良野ラベンダー園・ファーム富田のドライフラワー写真@北海道観光

ファーム富田のラベンダー園だけで十分満足できたのですが徒歩圏内の「北星山町営ラベンダー園」へも。しかしまだまばらでした。リフト(300円)で登った頂上からは、晴れてれば十勝岳連峰を眺めることができます。

中富良野の北星山町営ラベンダー園の写真@北海道観光中富良野の北星山町営ラベンダー園の写真@北海道観光

旭川市の旭山動物園の観光情報や評価

平均評価★★★★★87/100換算 私の評価 75
英語/原語
  • Asahikawa Asahiyama zoological park
アクセスJR旭川駅から30分間隔の公共路線バス/40分/450円。旭川空港からもバスあり(時刻表などは旭山動物園公式のアクセス参照)
料金/営業時間入場料は大人1,000円(2021年9月時点)
所要時間私は5時間かけて主要な「もぐもぐタイム」も全て見ました。ツアーでは2-3時間が主流のようです。
旭川市の旭山動物園@北海道観光/日本写真

旭川市の旭山動物園は、自然な生態・行動・生活が見られる「行動展示」を実施して人気がでました。「もぐもぐタイム」(エサのフィーディング)を毎朝発表(コロナ禍中は中止。旭山動物園公式参照)するのでスケジュールもたてやすいです。

ほっきょくぐま館

ホッキョクグマ(しろくま)は「もぐもぐタイム」でも一番人気なので、混む日には開始20分前でも行列になります。同時間に3交代制でやってくれたりしますが、水槽の前に行けるかは運しだい。

旭川市の旭山動物園ホッキョクグマ(しろくま)写真@日本観光北海道

ほっきょくぐま館の屋内では、シロクマがダイナミックに泳ぐ様子を見学できます。カプセル状ガラスで、目の前を歩くシロクマを見ることもできます。

旭川市の旭山動物園ホッキョクグマ(しろくま)写真@日本観光北海道

ホッキョクグマの「もぐもぐタイム」の動画もぜひ観てください。

ペンギン館

ペンギンも子どもを中心に大人気です。水中トンネルは水族館のようで、真横や真上をペンギンがびゅんびゅん泳いでいき楽しいです。

旭川市の旭山動物園のペンギン写真@日本観光北海道旭川市の旭山動物園のペンギン写真@日本観光北海道旭川市の旭山動物園のペンギン水槽トンネル写真@日本観光北海道

ペンギンの「もぐもぐタイム」は、多くのペンギンが落ち着きなく泳ぎまわるので、動画で撮影しました。

水槽トンネルを抜けると、屋内で卵を温めている「イワトビペンギン」を見ることができました。温めているメスのそばのオスは、近づく別のペンギンを威嚇します。下の動画でも少しとらえています。

旭川市の旭山動物園のペンギンが卵を温めてる写真@日本観光北海道

あざらし館

屋内の縦の水中トンネルでは、アザラシが気持ちよさそうに泳ぐ様子を見ることができます。

旭川市の旭山動物園のアザラシの水槽トンネル写真@日本観光北海道

外のアザラシはのんびりしてますが「もぐもぐタイム」が始まると活発に動きはじめます。エサを要求する姿がかわいい。エサをダイビングキャッチする芸も見せてくれます。飼育員が生態などの説明をしてくれました。

旭川市の旭山動物園のアザラシのもぐもぐタイム写真@日本観光北海道

もうじゅう館(ライオン、オオカミ、トラ等)

ライオンと、ユキヒョウは、夫婦?での昼寝タイムでした。

旭川市の旭山動物園のライオン写真@日本観光北海道旭川市の旭山動物園のユキヒョウ写真@日本観光北海道

北海道の「エゾオオカミ」は残念ながら狩りにより絶滅しましたが、かなり近い種の「シンリンオオカミ」を見ることができます。目がかっこいいですね。トラがツメをといでる姿は動画にて。ほぼネコなのでかわいい。

旭川市の旭山動物園のエゾオオカミに似たシンリンオオカミ写真@日本観光北海道

他のかわいい動物達(レッサーパンダ、カピバラ等)

レッサーパンダが、上方の橋から下を眺めてる姿がかわいい。

旭川市の旭山動物園のレッサーパンダ写真@北海道観光

一番奥の猿エリアでは、ワオキツネザルの「もぐもぐタイム」を見学できました。

旭川市の旭山動物園のワオキツネザル写真@北海道観光

カピバラは、最大のネズミです。トボけた顔にいやされます。

旭川市の旭山動物園のカピバラ写真@北海道観光

かばの「もぐもぐタイム」も見ました。かば館の屋内では水族館のように、かばが泳ぐ姿を見ることもできます(動画を参照)。

旭川市の旭山動物園のかば写真@北海道観光

洞爺湖クルーズと有珠山頂や昭和新山の観光情報や評価

平均評価★★★★★83/100換算 私の評価 70
英語/原語
  • Lake Toya
アクセス
  • ・JR洞爺駅⇔洞爺湖温泉/路線バス/20分/片道340円/夏は1日12本。洞爺湖温泉⇔昭和新山駅/タクシー/10分/片道2,000円以内、路線バス(1日2往復)/15分/片道340円。昭和新山駅⇔有珠山頂/ロープウェイ(15分間隔)/6分/往復1,500円、徒歩なら約15分
  • ・札幌からJR洞爺駅まで特急で約2時間/自由席 約7,000円。新千歳空港から約1時間半。高速バスなら洞爺湖温泉まで行けて3時間以内、特急の半額くらい
料金/営業時間洞爺湖クルーズ船(洞爺湖汽船)、有珠山ロープウェイは、公式サイトやJTBレジャーチケットに割引クーポンある場合あるので事前に検索等で調べましょう
洞爺湖クルーズと有珠山頂や昭和新山@北海道観光/日本写真

洞爺湖は温泉が有名ですが、今回は函館から洞爺湖に寄って(日帰り観光)登別温泉に宿泊するルートで旅行。

洞爺湖は約11万年前の巨大噴火でできたカルデラ湖で、屈斜路湖(くっしゃろこ)、支笏湖(しこつこ)に次いで日本で3番目の大きさです。

洞爺湖クルーズ写真@北海道観光

2008年に洞爺湖サミットが行われたことで、世界的にも有名になりました。

洞爺湖クルーズ写真@北海道観光洞爺湖クルーズ写真@北海道観光

洞爺湖の遊覧船クルーズもおすすめ。夏季なら30分毎。中島に上陸して次の船で戻るなら約80分、下船なしなら約50分のクルーズ時間。冬季は下船できないようです。湖なので晴れてれば波もなくほぼ揺れません。

洞爺湖クルーズ写真@北海道観光

洞爺湖に浮かぶ無人島の中島に上陸できます。夏季なら30分毎の次のクルーズ船で帰れます。クルーズ遊覧船「エスポワール号」はお城のようでした。

洞爺湖の無人島の中島へ向かう遊覧船エスポワール号の写真@北海道観光

洞爺湖の中島には、カラマツ林や森林博物館があります。湖そばにいる白鳥は、凶暴なのもいるので近づきすぎないよう注意してくださいね。

洞爺湖クルーズで寄った無人島の中島のカラマツ林の写真@北海道観光

洞爺湖の中島のカラマツ林ではトレッキングもでき、運がよければ野生エゾシカに会えるとか。私は博物館の剥製(はくせい)のみ。エゾシカは観光資源用に3頭つれてこられ450頭にも繁殖したけど、エサ不足で現在は約50頭だそうです。

洞爺湖クルーズで寄った無人島の中島のエゾシカ剥製の写真@北海道観光

洞爺湖へ行く前、有珠山へ登るロープウェイ駅「昭和新山」に寄りました。昭和新山は、1943年末から約2年間、17回の火山活動で、農場だった場所に隆起した約400mの溶岩ドームです。登山は禁止。国の「特別天然記念物」に指定されてます。

地元の郵便局長だった三松正夫さんによる詳細な観察記録「ミマツダイヤグラム」は世界的にも評価されました。三松さんは住民を救うために私財で「昭和新山」を買い取り私有地としました。

洞爺湖の昭和新山の写真@北海道観光

有珠山の山頂から「昭和新山」をながめると噴煙が見えました。2000年には有珠山も噴火したし、洞爺湖もカルデラ湖なので、この辺り一体は火山活動が活発な場所であることがわかります。

洞爺湖の有珠山頂からの昭和新山の写真@北海道観光

有珠山の頂上へはロープウェイ(往復1,800円/片道6分)で。公式サイトに割引クーポンあるなら使いましょう。展望台からは昭和新山や洞爺湖を眺められます。

洞爺湖の有珠山頂からのロープウェイと昭和新山の写真@北海道観光有珠山頂からの洞爺湖の写真@北海道観光

山頂のロープウェイ乗場の左側から、さらに上まで登る階段があります。約10-15分。有珠山の山頂では火口や噴煙を見ました。火口へ向かう「外輪山遊歩道」(片道40分)もあるので、晴れてれば気持ちよさそうです。

洞爺湖の有珠山頂の噴煙の写真@北海道観光

登別温泉の地獄谷の観光情報や評価

平均評価★★★★★85/100換算 私の評価 67
英語/原語
  • Jigokudani in Noboribetsu Onsen
アクセス
  • ・JR登別駅から登別温泉まで道南バスが1日数便。ホテルにより降り場が違うので注意
  • ・札幌駅や新千歳空港からの高速バスなら登別温泉まで直接行けて、JRより安い
  • ・ホテルの送迎バスがあれば最も安い。札幌市内や新千歳空港から
料金/営業時間地獄谷の入場料は無料
登別温泉の地獄谷@北海道観光/日本写真

登別温泉は、日本の温泉100選では必ず上位に入るほどの有名温泉です。入口には大きな赤鬼が。ホテルで堪能した登別温泉は、白くにごった湯が特徴的で体が温まります。観光名所の地獄谷も観光。

登別温泉の地獄谷の赤鬼写真@北海道観光

地獄谷へ向かう途中、カラフルな鬼の金棒が並ぶ「泉源公園」があります。その片隅で煙が立ちこめてるのは「間欠泉」です。約3時間ごとに最長50分も噴出します。80度の高温なので近づきすぎないように。

登別温泉の泉源公園の写真@北海道観光

登別温泉の地獄谷は、日和山の噴火で生じた火口跡で、今でも火山ガスが吹き出したり、ぐつぐつ高温の温泉がわいてます。硫黄などの影響で、地表は不思議な色です。

登別温泉の地獄谷の写真@北海道観光登別温泉の地獄谷の写真@北海道観光

登別温泉の地獄谷では観光用の遊歩道が整備され、1周約600m、約10分で見学可能。夏期の夜は遊歩道のライトアップやイベントが開催されることもあります。公式サイト等でご確認ください。

登別温泉の地獄谷の写真@北海道観光

地獄谷の一番奥の、小さな間欠泉「鉄泉池」では、わきだしてる様子を見ることもできます。

登別温泉の地獄谷の間欠泉「鉄泉池」写真@北海道観光

登別温泉街には飲食店やお土産物屋がならんでて「からくり閻魔堂」も。1993年の「第30回登別地獄まつり」 の記念事業で制作された「閻魔大王からくり山車」です。地獄の審判と書かれた時間に「からくり」を見ることができます

登別温泉街の写真@北海道観光登別温泉のからくり閻魔堂の写真@北海道観光

「からくり閻魔堂」(えんまどう)の動画は、50秒後からがおすすめ。

地獄谷から徒歩15分で大湯沼。そこから少し車道を戻り、天然足湯へつづく登別原始林(天然記念物)の遊歩道で徒歩5分で大正地獄です。

登別温泉の大正地獄への遊歩道は登別原始林(天然記念物)@北海道観光

大正地獄は、大正時代の小爆発でできた約10mの湯沼です。定期的に小爆発する間欠泉で、湯量も増減して、湯の色が灰色、緑色、青色、黄色など七色に変化するそうです。この時は小爆発は見れませんでした。

登別温泉の大正地獄の写真@北海道観光

大正地獄から小さな橋や滝そばを数分歩くと、大湯沼川の天然足湯に到着。足湯は気持ちいいけど、大正地獄の小爆発時は熱い場合もあるので注意。地獄谷からここまで片道30分程度でしたが、さみしい道なので充分警戒を。

登別温泉の大湯沼川の天然足湯の写真@北海道観光

のぼりべつクマ牧場」も興味あったけど、安くない料金(往復の高速ゴンドラ込みで2,650円)と時間の都合で次回の楽しみとします。

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(旅行/映画好き)
世界一周の海外旅行で135国観光、世界遺産595訪問。好奇心:世界遺産/遺跡/野生動物/祭り/食欲。コメントや誤文報告は@yumepoloへ。全写真は自分で撮影したので無断使用禁止⇒詳細プロフィール
サイト管理人ゆめぴょん(旅行/映画好き)
ゆめぽろプロフィール画像
世界一周の海外旅行で135国観光
世界遺産595訪問。現在:大阪
映画:年400本/日本旅行/テニス
詳細プロフィール >