世界遺産一周ゆめぽろ 1199世界遺産観光が目標!世界一周旅行記ブログ

2023年インドネシア世界遺産全10件と候補一覧/行き方と地図/動画・写真・評価

インドネシアの世界遺産全10件と暫定候補一覧を掲載。アクセス難易度・地図・動画・写真・評価・登録年・種類別も紹介。各国や日本の世界遺産一覧もあり。

国旗・英名インドネシアの国旗Indonesia
首都・主都ジャカルタ
出典/参考
(PR)
地球の歩き方Kindle楽天の価格
LonelyPlanet(楽天なし)
世界遺産数10(7訪問 70%)
(訪問=他国含め構成資産1件以上でカウント)
  • 世界文化遺産
    6
  • 世界自然遺産
    4
  • 世界複合遺産
    0
アクセス
難易度
公共交通で可:6件 (75%)
車やツアー必須・難易度高め:2件 (25%)
世界遺産
次の登録
2024年7月(世界遺産候補一覧
現地情報 [地図] [時差] [天気予報] [通貨・為替レート]
周辺国の
世界遺産
アジア/オセアニア世界遺産

インドネシアの国旗インドネシアの世界遺産一覧

表の説明

写真の
右上:平均評価
右下:区分と、最初の(国の)登録年
左下:アクセス難易度(私の感覚)
 A:全か所へ主要都市から公共交通か簡易ツアーで可
 B:一部へ公共交通か短時間の車などで可
 C:全か所へ容易に行けずツアーか車などが必須
 D:観光は禁止か、行くのが困難
小画像@⇒出典:wiki CC BY3.0。@以外の写真は全て私が撮影。

インドネシア旅行ルートと交通移動手段と地図

インドネシア

料金や時間は目安です。

格安航空券を比較できます(PR)

インドネシアの暫定世界遺産一覧(候補)

ユネスコに登録されてる暫定世界遺産一覧です。リンク先は英語のみ。()内はユネスコ記載年。

インドネシアの世界遺産の詳細データ

ボロブドゥル寺院遺跡群

世界遺産の概要

インドネシアのジャワ島にある、8-9世紀に建造された仏教寺院の石造遺跡群です。ボロブドゥール遺跡、パオン/パウォン寺院、ムンドゥッ/ムンドゥット寺院の3つで構成されます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方 旅行記/ブログ

ジョグジャカルタから直行バス1.5時間/Rp25,000。帰り便は最終16時の日もあり注意

英語名

Borobudur Temple Compounds

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ウジュン・クロン国立公園

世界遺産の概要

ウジュン・クロン国立公園は、低地熱帯雨林帯に属し、熱帯性植物が生い茂ってます。クラカタウ諸島自然保護区とともに登録されてます。絶滅危惧のジャワサイやバンテン、カニクイザル、インドクジャクなどの生息地でもあります。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ジャカルタ⇒拠点の街ラブアンへ高速バス3.5時間/Rp50,000。さらに南西のタマンジャヤへはバス4時間

英語名

Ujung Kulon National Park

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

コモド国立公園

世界遺産の概要

コモド国立公園は、小スンダ列島の1つで、世界最大のトカゲ「コモドオオトカゲ/通称コモドドラゴン」が棲息することで有名です。1911年の発見時には、恐竜の生き残りと思われ衝撃を与えました。イルカやウミガメなどの希少生物も棲息。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方 旅行記/ブログ

フローレス島ラブハンバジョーへ飛行機1.5時間⇒コモド島へ船4時間、リンチャ島へ船3時間。現地ボートツアーかチャーターで

英語名

Komodo National Park

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

プランバナン寺院遺跡群

世界遺産の概要

プランバナン寺院は、古代ジャワ最大のヒンドゥー教寺院です。8-10世紀に古マタラム王国で建立されたが、16世紀の大地震で崩壊。19世紀に発掘され、20世紀には修復が開始されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方 旅行記/ブログ

ジョグジャカルタからトランスジョグジャ(バス)45分/Rp4,000。または空港からバス15分

英語名

Prambanan Temple Compounds

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

サンギラン初期人類遺跡

世界遺産の概要

約150万年前から1万年前頃までの、メガントロプス、ジャワ原人、ホモ・エレクトゥス等の初期人類の化石が発見されました。一部はサンギラン博物館で公開中です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方 旅行記/ブログ

ソロ/スラカルタ⇒Kalijanbe/カリジャンブへバス45分/Rp5,000。そこから東へ4kmは徒歩かオジェ=バイクタクシー/Rp20,000で

英語名

Sangiran Early Man Site

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ロレンツ国立公園

世界遺産の概要

インドネシア、ニューギニア島西部のロレンツ国立公園は、未開の地と言われるが、近くの鉱物資源の開発が始まったため、警告の意味もこめて世界遺産登録されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

英語名

Lorentz National Park

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

スマトラの熱帯雨林遺産

世界遺産の概要

スマトラの熱帯雨林遺産は、東南アジア独特の種などが存在し、スマトラ島の生物の進化を知る上でも貴重です。グヌン・ルスル国立公園、クリンチ・スブラット国立公園、ブキット・バリサン・スランタン国立公園などが含まれます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方 旅行記/ブログ

拠点の街メダン⇒ブキッラワンへミニバス3時間/Rp35,000。グヌンレウセル国立公園で必須のガイドツアー3時間/Rp375,000、1日/Rp625,000等

英語名

Tropical Rainforest Heritage of Sumatra

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム

世界遺産の概要

トリ・ヒタ・カラナとは、サンスクリット語でトリ(数字の3)ヒタ(安全、繁栄、喜び)カラナ(理由)。神と人と自然の三者の調和を重視するバリ・ヒンドゥーの哲学です。スバックとは、9世紀以来のバリの水利組織で、公平に水を配分する農民たちのまとまりです。スバックごとにスバック寺院を持ち、水の神や稲の神などへの崇拝や宗教儀礼も続けられています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方 旅行記/ブログ

ミニバスで行ける場所もあるが、主な見どころはツアーか車チャーターがおすすめ

英語名

Cultural Landscape of Bali Province: the Subak System as a Manifestation of the Tri Hita Karana Philosophy

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

サワルントのオンビリン炭鉱遺産

世界遺産の概要

19-20世紀初頭に、オランダ東インド会社により設立された石炭採掘場です。採掘地のほか企業都市、エンマハベン港の石炭の貯蔵施設群、鉄道路線も含まれます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

英語名

Ombilin Coal Mining Heritage of Sawahlunto

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ジョグジャカルタの天体軸と歴史的建造物群

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

英語名

The Cosmological Axis of Yogyakarta and its Historic Landmarks

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

広 げ る ▲
閉 じ る ▼

【世界遺産】グヌン・レウセル国立公園(スマトラの熱帯雨林遺産)の観光情報や評価

観光地
の評価
Wiki
平均★★★★★77/100換算 私の評価 88 地図①
交通アクセス
行き方
地図
ブキッラワン/Bukit Lawangが拠点。スマトラ島のメダン空港から、ミニバンで約3時間。メダンはやや治安が不安定で観光スポットもないので宿泊しないのが無難
所要時間現地の国立公園事務所で、翌朝出発の半日エコツーリズムツアーに申し込みました。約3時間/150,000ルピア≒約1,100円でオランウータンや猿を堪能
英語名
  • Gunung Leuser National Park(Tropical Rainforest Heritage of Sumatra)
グヌン・レウセル国立公園(スマトラの熱帯雨林遺産)@観光/インドネシア写真

グヌン・レウセル国立公園(別称ルスル、ルスール、ルセル)は、インドネシアの世界自然遺産スマトラの熱帯雨林遺産の一部です。他には、クリンチ・スブラット国立公園、ブキット・バリサン・スランタン国立公園が含まれてます。密漁や自然破壊で危機遺産に登録されました。

森の人と呼ばれるスマトラ・オランウータンを何匹も見ることができました。絶滅危機なので見られない日もあるそうです。野生動物のオランウータンですが、フィーディング(餌付け)されてるので、バナナを2房ももらって大喜びで食べてました。

世界遺産グヌンレウセル国立公園のバナナを食べる野生オランウータンの写真@インドネシア観光世界遺産グヌンレウセル国立公園のバナナを食べるオランウータンの写真@インドネシア観光

赤ちゃんオランウータンが、親にしがみついてる姿はかわいすぎ。子どもオランウータンと親とのコラボも見れました。

世界遺産グヌンレウセル国立公園のオランウータンの赤ちゃんと親の写真@インドネシア観光世界遺産グヌンレウセル国立公園の野生オランウータン親子の写真@インドネシア観光

トマスコノハザル(Thomas Leaf Monkey)も間近で見れました。フィーディングツアー外の、ブキッラワンの村でも見られました。

世界遺産グヌンルスル国立公園の野生トマスコノハザルの写真@インドネシア観光

幸運なら森の中で、世界最大の花「ラフレシア」も見ることができるそうです。ただし、2年かけて花を咲かして3日間で枯れるため、かなり低確率。写真は、ラフレシアの模型です。

世界遺産グヌン・レウセル国立公園(スマトラの熱帯雨林遺産)のラフレシア模型の写真@インドネシア観光

国立公園入口のある「ブキッ・ラワン」は小さな村です。写真は、子どもたちの登下校の様子です。

ブキッ・ラワンの村の子供達の写真@インドネシア観光

スマトラ島 トバ湖とサモシール島の文化遺跡の観光情報や評価

観光地
の評価
Wiki
平均★★★★★81/100換算 私の評価 70 地図②
交通アクセス
行き方
地図
湖畔の町パラパッから、トバ湖のサモシール島へは、毎時1便のフェリーで30-50分。トゥットゥッを拠点にしました。
所要時間トモッ、アンバリータ、シマニンドの周遊で1日、トゥットゥッ周辺のトバ湖で1日、で丸2日はほしいところ
英語名
原語名
  • Lake Toba
  • Danau Toba
スマトラ島 トバ湖とサモシール島の文化遺跡@観光/インドネシア写真

トバ湖は、インドネシアのスマトラ島にある東南アジア最大の湖です。数百万年前からの4度の超巨大噴火でできたカルデラ湖で、現在は避暑地・観光地に。湖内のサモシール島では、バタック人の文化遺跡や伝統家屋や舞踏などが楽しめます。

まずトゥットゥッから西3kmのアンバリータへ。バタック人の伝統民家が並び、300年以上前の「石造りの会議場」(Batu Kursi)や裁判所跡を観光。中心には王が座ったとされます。

スマトラ島 トバ湖 サモシール島 アンバリータの石造りの会議場@インドネシア観光/写真

シマニンドは、アンバリータからミニバスで約15km。王の住居跡やフタ・ポロン博物館を観光。午前中1-2回のバタッ舞踏では、牛の露払い、民族衣装ダンス、死者の魂を呼び寄せるシ・ガレガレ人形踊りも見学。

トバ湖サモシール島 シマニンドの王の住居跡@インドネシア観光/写真トバ湖サモシール島 シマニンドのバッ舞踏の牛の露払いの写真@インドネシア観光トバ湖サモシール島 シマニンドのバッ舞踏の人形踊りの写真@インドネシア観光

トモッは、アンバリータの南東3km。400-500年前の王家の墓が残ります。写真はシダブダル王の石棺。前面は王の顔、後ろは王が愛した女性セナガ像。

トバ湖サモシール島トモッのシダブダル王の石棺の写真@インドネシア観光

トバ湖での時間の流れはおそく感じます。晴れると本当にきれいで癒やされます。

スマトラ島のトバ湖とトゥットゥッの子どもたちの写真@インドネシア観光スマトラ島のトバ湖のトゥットゥッの写真@インドネシア観光

【世界遺産】ボロブドゥール寺院遺跡群の観光情報や評価

観光地
の評価
Wiki
平均★★★★★88/100換算 私の評価 77 地図④
交通アクセス
行き方
地図
ジョグジャカルタから直行バスが毎時2-3本/所要1.5時間/Rp.10,000。ボロブドゥールからの帰り便は最終16-17時発の日もあるので注意。
所要時間周辺遺跡ふくめてゆっくり観光すると4時間必要でした。本寺院だけ急ぎ足なら1時間半でも可能だけどもったいないかも。
英語名
  • Borobudur Temple Compounds
ボロブドゥール寺院遺跡群@観光/インドネシア写真

ボロブドゥール寺院遺跡群は、780年頃にシャイレンドラ王朝が約50年かけて建設した大乗仏教遺跡です。完成後、ヒンドゥー教国に支配され歴史から消えましたが、1814年に占領国イギリスのトーマス・ラッフルズに掘り起こされ、後に修復されました。

世界3大仏教遺跡の1つ(あと2つは、カンボジアのアンコールワット、ミャンマーのパガン遺跡)。ボロブドゥール遺跡は謎が多く、いまだに寺院・墓・僧侶の住まいなど諸説あり。上部円形3層にはストゥーパが林立。下部方形6層の一部の仏伝図レリーフは見事。

世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡の全体写真@インドネシア観光世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡ステゥーパ写真@インドネシア観光世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡の釈迦像写真@インドネシア観光世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡ステゥーパと景色写真@インドネシア観光

仏伝図(レリーフ)は見ごたえあるが、特に第1回廊の上段は「ブッダの生涯」が描かれた連作です。下段は「釈迦の前世」が寓話で描かれています。

世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡の仏伝図レリーフ写真@インドネシア観光

有名な、悪因悪果を説いた「醜悪な顔」のレリーフ

世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡の「醜悪な顔」のレリーフ写真@インドネシア観光

世界遺産ボロブドゥール遺跡で遊んでた地元学生。

世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡の地元女子校生JK写真@インドネシア観光

ムンドゥッ寺院は、ボロブドゥール遺跡から東3kmです。内部の巨大な石仏三尊像はジャワ美術の最高傑作と言われています。寺院の外側のレリーフも見事。

世界遺産ボロブドゥール遺跡ムンドゥッ寺院写真@インドネシア観光世界遺産ボロブドゥール遺跡ムンドゥッ寺院内の釈迦像写真@インドネシア観光

【世界遺産】プランバナン寺院群の観光情報や評価

観光地
の評価
Wiki
平均★★★★★87/100換算 私の評価 77 地図④
交通アクセス
行き方
地図
ジョグジャカルタ市内から、トランスジョグジャ(バス)で約45分
所要時間ロロ・ジョグラン寺院の周辺だけなら1.5時間、セウ寺院までを含めると3時間はほしい。その他も含めると半日〜1日は必要
英語名
  • Prambanan Temple Compounds
プランバナン寺院群@観光/インドネシア写真

世界遺産「プランバナン寺院群」は、サンジャヤ王朝のヒンドゥー教国マタラム王国を象徴する寺院群です。隣の仏教国シャイレンドラ王朝のボロブドゥールとは宗教をこえた婚姻関係を結んでいました。中心のロロ・ジョングラン寺院以外にも遺跡は点在。

史跡公園のロロ・ジョングラン寺院は、856年ピカタン王による建立と推定されてます。中心は主堂シヴァ神殿で、その左右は、ブラフマ神殿、ヴィシュヌ神殿

世界遺産プランバナン寺院群ロロ・ジョングラン寺院の写真@インドネシア観光世界遺産プランバナン寺院群の写真@インドネシア観光

シヴァ神殿内のドゥルガ女神像は、シヴァの妻です。伝説のロロ・ジョングラン姫の呪われた姿とも言われています。

世界遺産プランバナン寺院ドゥルガ女神像の写真@インドネシア観光

シヴァ神殿の外壁には、古代インド叙事詩ラーマーヤナがレリーフで描かれています。

世界遺産プランバナン寺院群のラーマーヤナレリーフ写真@インドネシア観光

セウ寺院(千の寺院)は、ヒンドゥー教のロロ・ジョングラン寺院から北1.5kmにあり、仏教色が強い寺院です。入口両脇は守護神クベラの巨人像が出迎え、主堂までは多数のペルワラの崩落石が放置されたままです。

世界遺産プランバナン寺院群セウ寺院の写真@インドネシア観光世界遺産プランバナン寺院群セウ寺院と守護神クベラ像の写真@インドネシア観光

博物館では、伝統楽器の音楽演奏や、黄金?の出土品などを見学できました。

世界遺産プランバナン寺院群の博物館の伝統楽器演奏の写真@インドネシア観光世界遺産プランバナン寺院群の博物館の黄金出土品の写真@インドネシア観光

【世界遺産】サンギラン初期人類遺跡の観光情報や評価

観光地
の評価
Wiki
平均★★★★★79/100換算 私の評価 60 地図⑤
交通アクセス
行き方
地図
ソロ/スラカルタから北東18km。バスターミナルからバスでKalijanbe/カリジャンブまで約45分。そこから東へ3kmは歩いた。オジェ(バイクタクシー)も可
所要時間サンギラン博物館だけなら1時間。発掘村へオジェッで行くなら半日は必要
英語名
  • Sangiran Early Man Site
サンギラン初期人類遺跡@観光/インドネシア写真

世界遺産「サンギラン初期人類遺跡」は、1936年にオランダ人の古生物学者がジャワ原人の頭蓋骨を発掘してから化石の宝庫として有名になった場所です。周辺からはマンモスの牙の化石なども出土しています。

サンギラン博物館の近くで、巨大なジョワ原人像がお出迎え。博物館はマンモスの巨大牙の入口から。帰り用のバイクタクシー(オジェッ)が客を待ってます。

世界遺産サンギラン初期人類遺跡の博物館前のジャワ原人像の写真@インドネシア観光世界遺産サンギラン初期人類遺跡の博物館入口の写真@インドネシア観光

サンギラン博物館では、出土したジャワ原人の頭蓋骨や、マンモスや動物の骨の化石などを見学できました。

世界遺産サンギラン初期人類遺跡の博物館内のジャワ原人の頭蓋骨化石の写真@インドネシア観光世界遺産サンギラン初期人類遺跡の博物館内のジャワ原人の頭蓋骨写真@インドネシア観光世界遺産サンギラン初期人類遺跡の博物館内の骨の化石写真@インドネシア観光

ジャワ原人の生活予想や、人種別に人類の進化を示した図など興味深い資料もあって楽しめました。

世界遺産サンギラン博物館内の進化説明の写真@インドネシア観光

【世界遺産】コモド国立公園の観光情報や評価

観光地
の評価
Wiki
平均★★★★★84/100換算 私の評価 85 地図⑦
交通アクセス
行き方
地図
空港のあるフローレス島のラブハンバジョーを拠点に。1泊2日のボート泊ツアーを現地で申込み、翌朝リンチャ島、翌々朝コモド島でコモドオオトカゲ観光。数回シュノーケリングと食事もセット
英語名
  • Komodo National Park
コモド国立公園@観光/インドネシア写真

世界遺産「コモド国立公園」は、世界最大トカゲのコモドオオトカゲ(コモドドラゴン)が棲息するコモド島、リンチャ島、パダール島、海洋生物保護区を含む自然豊かなエリアです。激しい潮流により、外界から隔絶された生態系が観光の目玉です。

インドネシアのフローレス島を出発し、リンチャ島、コモド島の周辺の海をクルーズ、たまにシュノーケリング。天気にもめぐまれ、夢のようにきれいな海でした。

世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光

世界遺産のリンチャ島、コモド島では、野生のコモドドラゴン(コモドオオトカゲ)を何体も見学できました。見かけからは想像できないほどの瞬発力で、鹿・水牛・馬にかみつき毒で敗血症にし捕食。油断した人間も何人も犠牲になってるとか。

世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光

スノーケリングでは久々に水中カメラで撮影。ウミガメ、イソギンチャクとクマノミ、マンタの群れなどに遭遇。

世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光世界遺産コモド国立公園の写真@インドネシア観光

【世界遺産】バリ島の寺院とライステラス(バリ州の文化的景観トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム)の観光情報や評価

観光地
の評価
Wiki
平均★★★★★79/100換算 私の評価 74 地図⑥
交通アクセス
行き方
地図
バリ島内に点在してるので、近場はミニバスや徒歩で観光し、他は効率的な経路を計画して、2日間ホテルで車チャーターしてまわりました
所要時間今回まわった場所だけでも、全日の車チャーターで丸3日間は必要
英語名
  • Cultural Landscape of Bali Province: the Subak System as a Manifestation of the Tri Hita Karana Philosophy
バリ島の寺院とライステラス(バリ州の文化的景観トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム)@観光/インドネシア写真

世界遺産バリ州の文化的景観(トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム)は、9世紀以来のバリ島の伝統的な水利組合(スバック)と、水の神や稲の神などを崇拝する寺院や宗教儀式を結びつけるバリ・ヒンドゥー教的な文化的景観です。

タマン・アユン寺院は、1634年にメングウィ王国の国寺として建設。その後改修され、ジャワ島や中国の建築様式も取り入れた最大の水の寺院です。水路ぞいの10基の塔メルは神秘的です。

世界遺産バリ州の文化的景観のタマンアユン寺院の写真@インドネシア観光

ジャティルイ村の棚田(ライステラス)は、聖なる山バトゥカウ山の周辺に広がる、バリ島で最も美しいといわれる棚田です。バリ島の世界遺産の象徴にもなっています。

世界遺産バリ州の文化的景観のジャティルイ村の棚田写真@インドネシア観光世界遺産バリ州の文化的景観のジャティルイ村のライステラス写真@インドネシア観光

ティルタ・エンプル寺院は、聖なる泉に建設されたと伝えられています。バリ古来の水の精霊信仰と、ヒンドゥー教と仏教が融合された思想を伝えています。満月と新月の日には、人々が体を清め、聖水を持ち帰るそうです。

世界遺産バリ州の文化的景観の写真@インドネシア観光

カルデラ上のペネロカン村からは、バトゥール湖とバトゥール山と湖畔の景勝地キンタマーニをながめることができます。バトゥール湖は「バリ島の水がめ」「女神のすみか」とも呼ばれています。

世界遺産バリ州の文化的景観バトゥール湖とバトゥール山と湖畔の景勝地キンタマーニ写真@インドネシア観光

テガララン棚田(ライステラス)は、ウブド近郊で最も有名なビューポイントです。周辺には木彫りなどの民芸品店が並んでいます。

世界遺産バリ州の文化的景観のテガララン棚田(ライステラス)写真@インドネシア観光

バリ島のタナロット寺院/ブサキ寺院/コピルワック/伝統芸能の観光情報や評価

観光地
の評価
Wiki
平均★★★★★84/100換算 私の評価 70 地図⑥
交通アクセス
行き方
地図
バリ島内に点在してるので、近場以外は車チャーターでまわりました(上述)
英語名
  • Pura Tanah Lot,Pura Besakih,Kopi Luwak in bali
バリ島のタナロット寺院/ブサキ寺院/コピルワック/伝統芸能@観光/インドネシア写真

バリ島には、世界遺産でなくても魅力的な観光スポットが多いです。上写真は北部のブラタン湖に浮かぶ様子が美しいウルン・ダヌ・ブラタン寺院です。

コピルアク/コピルワックとは、コーヒー豆を食べたルアック(マレージャコウネコ)の糞(ふん)の中のコーヒー豆を洗い焙煎したコーヒーです。希少で独特の香りを持つため高額。コーヒー園見学の試飲では1杯400円でした。

バリ島のコピルアック園のコーヒー豆の写真@インドネシア観光バリ島のルアク/マレージャコウネコの写真@インドネシア観光バリ島のルワックの写真@インドネシア観光バリ島のコピルアクの写真@インドネシア観光

南西部のタナロット寺院は、海の神や神の化身・白蛇がすみついてると伝えられ、夕陽/サンセットスポットでもあります。16世紀にジャワ島から渡ってきた高僧ニラルタが「神々が降臨する場所」として建設したそうです。近年、日本のODAが補強に関わりました。

バリ島のタナロット寺院の写真@インドネシア観光バリ島のタナロット寺院の夕日の写真@インドネシア観光

ゴア・ガジャ(ゾウの洞窟)は、11世紀のペジェン王朝に造られたらしい石窟寺院です。入口のレリーフは魔女ランダと言われ、中にはシヴァ神、ヴィシュヌ、ブラーフマを表すリンガや、ガネーシャ像がまつられています。

バリ島のウブドのゴアガジャ石窟寺院の写真@インドネシア観光

イエ・プルは、14世紀後半に造られた横25mにわたる岩壁の彫刻群です。レリーフには、ヒンドゥー教のクリシュナ神や狩りの様子などが描かれています。

バリ島のイエプル彫刻群の写真@インドネシア観光

ウブド北東10kmのグヌン・カウィは、ひとつ岩から彫られた墓碑群で、バリ・ヒンドゥー教の聖域です。巨人クボ・イワが爪でひっかいて一晩で彫ったという伝説もあるそうです。

バリ島のグヌン・カウィ墓碑群の写真@インドネシア観光

ブサキ寺院は、聖なる山アグン山麓に建つバリ・ヒンドゥー教の総本山です。入口の大きな階段が特徴的。複数の塔メルが目立っています。祭礼(オダラン)中で、宗教儀式がとりおこなわれていました。

バリ島のブサキ寺院の大階段の写真@インドネシア観光バリ島のブサキ寺院の写真@インドネシア観光バリ島のブサキ寺院の宗教儀式の写真@インドネシア観光

クルタ・ゴサ(スマラプラ王宮跡)は、16-19世紀に栄えたゲルゲル王朝の都の宮殿でした。水に浮かぶ宮殿バレ・カンバンは王家の休息所だったと言われ、ラーマーヤナ神話等のカサマン・スタイルの天井画が見事です。

バリ島のクルタ・ゴサ(スマラプラ王宮跡)写真@インドネシア観光バリ島の宮殿バレカンバンの天井画の写真@インドネシア観光

サラスワティ寺院/ウォーターパレスは、ウブドの中心地にあり夜のライトアップもきれいな水の宮殿です。朝夕の池にはハスの花が咲いていることもあります。

バリ島のサラスワティ寺院/ウォーターパレスの写真@インドネシア観光

バリ島の伝統芸能の中心地ウブドでは、毎夜どこかで伝統芸能を無料か格安で見学できます。曜日ごとに場所や時間が違うので、観光案内所やホテルでスケジュール表をもらっておくのがオススメ!

バリ島の伝統芸能の写真@インドネシア観光

インドネシア旅行おすすめ観光スポット写真

ジョグジャカルタでは、1756年に建築された王宮(クラトン)をたずねました。内部は博物館になっています。民族衣装で伝統楽器を演奏する姿も見学できました。

ジョグジャカルタの王宮クラトン@インドネシア観光/写真ジョグジャカルタの王宮クラトンの伝統音楽演奏@インドネシア観光/写真

この日は伝統芸能「ワヤン・クリッ」(影絵芝居)を見学できました。影絵の後ろ側ものぞけます。民族衣装の子どもがかわいい。

ジョグジャカルタの王宮クラトンでワヤンクリッ/影絵芝居@インドネシア観光/写真ジョグジャカルタの王宮クラトンの民族衣装の子ども@インドネシア観光/写真

水の離宮タマン・サリも観光。スルタンが美女を選んだとされるプールもきれいに残されています。

ジョグジャカルタの水の離宮タマンサリのプール@インドネシア観光/写真ジョグジャカルタの水の離宮タマンサリ@インドネシア観光/写真

ソロ/スラカルタの東36kmのスクー寺院遺跡では、マヤ文明のピラミッドに似たのを観光。15世紀のマジャパイッ朝時代に建設されたヒンディー教寺院跡です。

ソロのスクー寺院のピラミッド遺跡の写真@インドネシア観光

ヒンドゥー神話の描かれたレリーフや亀石などもある個性的な遺跡です。ソロのバスターミナルからkarangpandanへ行き、ミニバスに乗換えて約1時間30分。帰り便は16時頃なので早めに。

ソロのスクー寺院遺跡のヒンドゥー神話レリーフの写真@インドネシア観光

コモドドラゴン観光の拠点となる、フローレス島のラブハンバジョーは素朴な小さな村です。子どもたちが元気でした。

フロレース島の子ども達の写真@インドネシア観光

インドネシア世界遺産・観光地の関連記事

()は世界遺産数。*は作成中で名称一覧のみ
ゆめぽろ
サイト管理人ゆめぽろ(旅行・映画好き)
 プロフィール
世界一周/海外旅行で135国観光、世界遺産609訪問。
興味好奇心:世界遺産/遺跡/自然/野生動物/祭り/地元グルメ
サイト管理人ゆめぽろ(旅行・映画好き)
ゆめぽろ
世界一周135国/世界遺産609訪問
現在:大阪。プロフィール >
1199件の全世界遺産をご紹介♪