世界遺産一周ゆめぽろ 1199世界遺産観光が目標!世界一周旅行記ブログ

2023年イギリス世界遺産全33件と候補一覧/行き方と地図/動画・写真・評価

イギリス世界遺産の写真

イギリスの世界遺産全33件と暫定候補一覧を掲載。アクセス難易度・地図・動画・写真・評価・登録年・種類別も紹介。各国や日本の世界遺産一覧もあり。

国旗・英名イギリスの国旗United Kingdom
イギリス正式名称グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(略称: 英国/UK)
(イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドで構成)
首都・主都ロンドン
出典/参考
(PR)
地球の歩き方Kindle楽天の価格
LonelyPlanet(楽天なし)
世界遺産数33(21訪問 64%)
(訪問=他国含め構成資産1件以上でカウント)
  • 世界文化遺産
    28
  • 世界自然遺産
    4
  • 世界複合遺産
    1
アクセス
難易度
公共交通で可:27件 (82%)
車やツアー必須・難易度高め:6件 (18%)
世界遺産
次の登録
2024年7月(世界遺産候補一覧
現地情報 [地図] [時差] [天気予報] [通貨・為替レート]
周辺国の
世界遺産
ヨーロッパ世界遺産一覧

イギリスの国旗イギリスの世界遺産一覧

表の説明

写真の
右上:平均評価
右下:区分と、最初の(国の)登録年
左下:アクセス難易度(私の感覚)
 A:全か所へ主要都市から公共交通か簡易ツアーで可
 B:一部へ公共交通か短時間の車などで可
 C:全か所へ容易に行けずツアーか車などが必須
 D:観光は禁止か、行くのが困難
小画像@⇒出典:wiki CC BY3.0。@以外の写真は全て私が撮影。

格安航空券を比較できます(PR)

イギリスの暫定世界遺産一覧(候補)

ユネスコに登録されてる暫定世界遺産リストです。リンク先は英語のみ。()内はユネスコ記載年。

イギリスの世界遺産の詳細データ

ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸

世界遺産の概要

イギリスの北アイルランドの「ジャイアンツ・コーズウェー」は、火山活動で生まれた4万もの石柱群が連なる地域です。「巨人の石道」の名は、アイルランドの伝説の巨人フィン・マックールから。6千万年前からの火山活動による奇岩や生態系が注目されてます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ベルファストから鉄道かバスで2時間のポートラッシュへ。そこからバスで30分。ベルファスト⇒Coleraine/コーレインへ鉄道やバスで行きダンルース城とセットでの観光もおすすめ。

英語名

Giant's Causeway and Causeway Coast

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ダラム城と大聖堂

世界遺産の概要

イングランド北東部ダラム州にある「ダラム城とダラム大聖堂」は、1066年のノルマン・コンクエスト後に建設されたノルマン様式の建築物です。ハリーポッターのホグワーツ撮影地としても有名な大聖堂には、リンデスファーンの聖人カスバートや聖オズワルドの聖遺物が保管されてます。両所とも大学の施設として利用されてます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ニューキャッスル・アポン・タインから電車20分

英語名

Durham Castle and Cathedral

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

アイアンブリッジ峡谷

世界遺産の概要

イングランドのシュロップシャー州「アイアンブリッジ峡谷」は、世界初の本格的な鉄橋から命名されたが、産業革命がはじまった場所だけでなく美しい渓谷として有名です。鉄やタイルや磁器の原料が採掘でき、海まで運べる川があるため発展しました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

バーミンガム⇒シュールズベリー/バス1時間⇒テルフォード行きバス40分。便数少なく日曜運休など要確認

英語名

Ironbridge Gorge

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園

世界遺産の概要

イングランドのノースヨークシャー州リポン近くのスタッドリー王立公園は、ヨークシャー・テイルズ国立公園内にあり、ファウンテンズ修道院や18世紀に拡張されたスタッドリー王立ウォーターガーデンも含みます。修道院は1132年に13人のベネディクト会修道士(後にシトー会士に)が創設。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ヨークかリーズ⇒ハロゲイトへ電車かバスで60-90分⇒リポンへバス30分(リーズから直通電車100分もあり)⇒王立公園へ139番バス20分

英語名

Studley Royal Park including the Ruins of Fountains Abbey

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群

世界遺産の概要

イングランドのウィルトシャー州のストーンヘンジは、ソールズベリとエーヴベリーの周辺に残された紀元前3000年頃の先史時代の巨石建造物群です。年代と目的は諸説あり。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ソールズベリ(ロンドンから電車1.5時間。バス3.5時間)駅から要予約のツアーバス30分

英語名

Stonehenge, Avebury and Associated Sites

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群

世界遺産の概要

ウェールズの「グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群」は、13世紀に建てられた4つの城(コンウィ城、カーナーヴォン城、ビューマリス城=ボーマリス城、ハーレフ城=ハーレック城)です。ウェールズ公国を征服したイングランド王エドワード1世が1283-1290年に建設した軍事要塞です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

バンガー拠点が便利。コンウィ城はチェスター(ロンドンから電車2時間)から電車60分⇒ボーリマス城へバス40分(バンガーで乗換)⇒カナーヴォン城へバス60分⇒ハーレフ城へバスと電車で60-90分(ポルスマドック駅から電車かバス20分)

英語名

Castles and Town Walls of King Edward in Gwynedd

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

セント・キルダ

世界遺産の概要

スコットランド、アウター・ヘブリディーズ諸島の最西端の火山群島「セント・キルダ」は、2000年以上前から人々が住んだ痕跡が残されてますが現在は無人島です。最大の島はヒルタ島。ヒツジ、ネズミ、海鳥などの固有種や貴重種の生息地でもあり複合遺産に登録されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

観光は厳しく制限されてる。グラスゴー等から飛行機でアウター・ヘブリディーズ諸島へ行き、現地ツアー参加で

英語名

St Kilda

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ブレナム宮殿

世界遺産の概要

イングランドのオックスフォード近郊ウッドストックの「ブレナム宮殿」は、マールバラ公ジョン・チャーチルが戦功によりイングランドのアン女王から与えられた土地と宮殿です。名称はスペイン継承戦争のブレナムの戦いでの戦功から。「パレス」称号は王室以外で唯一です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

オックスフォード(ロンドンから電車1時間)からバス30分のウッドストックへ

英語名

Blenheim Palace

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会

世界遺産の概要

ロンドンのテムズ川そばのウェストミンスター宮殿は、10世紀以前のアングロ・サクソン時代には存在していました。最後のアングロ・サクソン人のイングランド王・エドワード懺悔王は、ウェストミンスター寺院を建設。1066年以降のノルマン朝ではこの宮殿を王宮としました。聖マーガレット教会は、12世紀にベネディクト会派聖職者により建設。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドン市内

英語名

Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret’s Church

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

バース市街

世界遺産の概要

バース市街は、紀元前から温泉場として発展してきました。1世紀頃、ローマ帝国の支配下で保養地としてローマ式大浴場や神殿が建築されたがその後は荒廃。18世紀、アン女王がこの地を温泉保養地として復活させ、富裕層の社交場となったが19世紀には衰退。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

バース市内(ロンドンから電車1.5時間。バス3-4時間

英語名

City of Bath

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ローマ帝国の国境線

世界遺産の概要

ゲルマン民族侵攻を防ぐために築かれたローマ帝国の国境線は、帝国の繁栄と衰退を残す文化的価値が評価され、1987年にイギリスのハドリアヌスの長城が単独で登録されました。2005年にドイツのリーメスやザールブルク城砦(復元)、2008年にイギリスのアントニヌスの長城も拡大登録されました。ローマ帝国国境は別世界遺産が2件あります。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

イギリスはニューキャッスル・アポン・タインからカーライルまで電車1時間。その間の、ヘクサム駅とハルトウィッスル駅を結ぶバスでハウスステッズ…、チェスターズ…へ行ける。夏のみ。ドイツのザールブルク城砦は、フランクフルト⇒Bad HomburgへS5で20分⇒Saalburgへ駅前バス停から市バス5で20分(平日2時間毎)

英語名

Frontiers of the Roman Empire

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ヘンダーソン島

世界遺産の概要

イギリス領「ヘンダーソン島」は、南米チリとオーストラリアの中間くらいに位置するピトケアン諸島に属する無人島です。かつてポリネシア人が住んでたが、17世紀に欧米人が発見した時には無人島だったようです。ヘンダーソンクイナ、オウム、昆虫、カタツムリなど固有種も多くて貴重な島です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

周辺の島にも空港はなく船のみ。ピトケアン島で許可証を得る必要があり観光では難しそう

英語名

Henderson Island

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ロンドン塔

世界遺産の概要

イースト・エンドの「ロンドン塔」は、テムズ川岸に気づかれた中世の城塞です。現在もイギリス王室の宮殿で、観光スポットであり、世界最大級のカット・ダイヤモンド「カリナン」が保管されてることでも有名。1066年にノルマン朝を開始したウィリアム征服王が建設を命じて宮殿とされたが、13世紀以降は王室の政敵や政治犯の監獄・拷問・処刑場となり、アン・ブーリンやトマス・モア等多くが処刑されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドン市内

英語名

Tower of London

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会

世界遺産の概要

聖マーティン教会は、6世紀のケント王の王妃ベルタの私的な礼拝堂でした。イングランド最古レベルの教会です。聖オーガスティン修道院=聖アウグスティヌス修道院は、同王時代の597年に到着した伝道師・聖アウグスティヌスが建設。1066年にノルマン朝をおこしたウィリアム1世は、アングロ・サクソンの聖堂を嫌い、ロマネスク様式のカンタベリー大聖堂を建設。現在はイギリス国教会です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドンから電車かバスで1-2時間のカンタベリー市内

英語名

Canterbury Cathedral, St. Augustine's Abbey, and St. Martin's Church

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

エディンバラの旧市街と新市街

世界遺産の概要

イギリスのスコットランドの首都エディンバラは、2-4億年前の火山活動の溶岩上にできた都市です。キャッスル・ロックに建つエディンバラ城は、紀元前9世紀頃から要塞化されていたが、現在城内最古の建築物は12世紀初期のセント・マーガレット教会堂です。城とホリールードハウス宮殿はロイヤル・マイル通りで結ばれています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

エディンバラ市内

英語名

Old and New Towns of Edinburgh

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ゴフ島及びインアクセシブル島

世界遺産の概要

南米とアフリカの中間にあるトリスタン・ダ・クーニャ諸島の「ゴフ島とインアクセシブル島」は、人間が長期間住んだことがないため、自然や独特の生態系が維持されている貴重な無人島です。海鳥や固有種マメクロクイナなどが生息。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

南米か南アフリカから飛行機か船をチャーターして行く方法のみなので観光は困難

英語名

Gough and Inaccessible Islands

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

河港都市グリニッジ

世界遺産の概要

グレーター・ロンドン南東部の町「河港都市グリニッジ」は、世界標準時の基準となった都市で、海軍学校など大英帝国の発展に大きく寄与したことでも重要です。旧グリニッジ天文台、旧王立海軍大学、国立海洋博物館、カティサーク号などを観光できます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドンから電車やバスで1時間以内

英語名

Maritime Greenwich

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地

世界遺産の概要

スコットランド北のオークニー諸島メインランド島の、新石器時代の主に4遺跡が世界遺産に登録されてます。メイズハウは古墳のようなもの、ストーンズ・オブ・ステネスは紀元前3000年頃の最長6mの立石群、リング・オブ・ブロッガーは環状列石/ストーンヘンジ、スカラ・ブレイは石の集落遺跡です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

インヴァネスから1日往復ツアーあるかも。エディンバラ、グラスゴー等から飛行機でオークニー諸島カークウォール空港へ。島内はバス便が少なくてレンタカーかツアーが現実的

英語名

Heart of Neolithic Orkney

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群

世界遺産の概要

アメリカの東に浮かぶバミューダ諸島は、17世紀にイギリスが植民地化し、現在も海外領土です。最初に発展した町セント・ジョージの歴史地区と、周囲の要塞・砲台・倉庫など24件が、世界遺産の主な登録対象です。歴史地区はコロニアル建築、いくつかの教会や博物館が含まれます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ニューヨークから飛行機2時間。時期によってはニューヨーク等からクルーズツアーもあり

英語名

Historic Town of St. George and Related Fortifications, Bermuda

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ブレナヴォン産業用地

世界遺産の概要

ウェールズ南東部の町「ブレナヴォン」は、1788年以降に製鉄業・製鋼・炭鉱で成長し、その労働者の住宅・公共施設などを整備した産業都市です。しかし20世紀以降は産業も町も衰退したが、観光地として再出発し、産業景観が認められて世界遺産にも登録されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

カーディフ(ロンドンから電車2-3時間)⇒ポンティプール⇒ビックピット石炭博物館まで1.5-2時間

英語名

Blaenavon Industrial Landscape

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ニュー・ラナーク

世界遺産の概要

スコットランドの「ニュー・ラナーク」は、17-20世紀初頭まで綿紡績工場が稼働し、その労働者の住宅・学校・病院や福利厚生施設を集約したモデル都市として注目されました。社会改良主義者ロバート・オウエン等のユートピア社会主義を成功させた数少ない例でもあります。産業衰退後、1968年には操業が止まり、多くの住民が引越し後は観光スポットとなっています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

グラスゴー⇒ラナークへ電車1時間、そこから2kmなので徒歩20分かバス(便数少ない)

英語名

New Lanark

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ソルテア

世界遺産の概要

イングランドのウェスト・ヨークシャー州の町「ソルテア」は、19世紀後半に繊維産業で成長し、その労働者の住居・学校・病院・福利厚生施設などを整備したモデル都市でした。資本家サー・タイタス・ソルトが1853年に建設。日本から岩倉使節団も訪問。産業衰退後、工場が操業停止になると観光地として再出発。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドンから電車3時間。マンチェスターから電車1時間

英語名

Saltaire

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ドーセット及び東デヴォン海岸

世界遺産の概要

イングランド南部の「ドーセットと東デヴォン海岸」はジュラシック・コーストとも呼ばれるように、中生代ジュラ紀の地層やアンモナイトの化石等で知られています。デヴォン紀の名前の由来でもあります。2億5000万年前から形成された断崖や独特の地形も見どころです。ダードルドア、チャーマス・ヘリテージ・コーストセンター、ラドランベイやスィドマス周辺などが観光スポット。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

トーキー、ウェーマス、シドマウス等が拠点。ロンドンから電車やバスで3-4時間、エクセターとボーンマス間で時期によりX51,53,54のジュラシックコーストバスあり。レンタカーが一番便利

英語名

Dorset and East Devon Coast

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ダーウェント峡谷の工場群

世界遺産の概要

イングランドのダービー州の「ダーウェント峡谷の工場群」は、1769年にリチャード・アークライトが発展させた綿紡績産業が水車を動力源したことから川沿いに建設されました。労働者の住居・学校・教会等も整備され、イギリス最大の麺工業地帯に成長。19世紀後半に産業が衰退すると工場は停止されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドン⇒拠点の町ダービーまで電車1.5時間。そこからクロムフォードへは電車30分⇒クロムフォードミル、マッソンミルは徒歩圏。ストラッツノースミルはベルパー駅から徒歩10分

英語名

Derwent Valley Mills

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

キュー王立植物園

世界遺産の概要

ロンドン南西部の「キュー王立植物園」は、1759年に宮殿併設の庭園として始まり、現在は世界で最も有名な植物園として世界遺産にも登録されました。アジア・アフリカ・オセアニア等の種子を収集して種子銀行として主導したり、菌類の標本の所蔵等にも貢献してます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドンから電車30分、駅から徒歩10分

英語名

Royal Botanic Gardens, Kew

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

コーンウォールとウェストデヴォンの鉱山景観

世界遺産の概要

イギリス南西部の「コーンウォールとウェストデヴォンの鉱山景観」は、18-19世紀に銅・スズ・ヒ素を採掘した鉱山や鉱山町などの産業遺産です。約3,500年前に錫(すず)の採掘から始まったが、19世紀の最盛期には世界の銅の2/3、ヒ素の1/2を算出して産業革命を支えました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドンから電車4-5時間のプリマスやペンザンス等を拠点に周回バスで。ツアーが効率的。セントジャスト鉱山のレヴァント鉱山はペンザンスから18Cバス,A17バス等30分。カムボーン&レドルースのハートランズはレドルース駅からT4バス20分のPool Cornwall College下車。グウェンナップ・ピットはレドルース駅から東へ2km。ポルダーク鉱山はレドルースから37番バス20分。モアウェラムキーはタヴィストック(ピリマスからバス)からタクシー10分

英語名

Cornwall and West Devon Mining Landscape

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ポントカサステ水路橋と水路

世界遺産の概要

ウェールズの「ポントカサステ水路橋と運河」は、ディー川の上の航行可能な水道橋および運河で、ランゴレン運河の一部でもあります。1805年に完成。水道橋を運河船(ナローボート)が航行する橋としては、英国で最長・最高です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

チェスター(ロンドンから電車2時間)⇒レクサムは電車20分⇒トレヴァー村へバス30分

英語名

Pontcysyllte Aqueduct and Canal

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

フォース鉄道橋

世界遺産の概要

スコットランドのエディンバラ近郊の「フォース橋」は、フォース湾にかかる鉄道橋です。車用の道路橋も並行してるが世界遺産は鉄道橋のみ。完成した1890年当時、カンチレバー・トラス橋としては世界最長でした。強風に耐えるよう鋼鉄を用いた強固な橋として設計されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

エディンバラからロジアンバス43番でQueensfery下車。そこから1.5時間のクルーズ/15ユーロや町からのセットツアーもあり

英語名

The Forth Bridge

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ゴーハムの洞窟群(ジブラルタルのネアンデルタール人洞窟群ゴーラム)

世界遺産の概要

スペイン南端のイギリス海外領ジブラルタルにある「ゴーハムの洞窟群」は、約10万年にもわたるネアンデルタール人の生活の痕跡が残されている重要な場所です。クロマニヨン人、フェニキア人の痕跡も発見されてます。ヴァンガード洞窟など46の洞窟群が世界遺産に登録されてます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ジブラルタル博物館のツアーがある時期なら観光可能

英語名

Gorham's Cave Complex

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

イギリス湖水地方

世界遺産の概要

イングランド北西部の湖水地方は、氷河期に形成された多くの渓谷や美しい氷河湖があり、石器時代・ローマ時代・ノルマン期を経て農業や牧畜が営まれてきた場所です。主に13の渓谷群と周辺の自然や遺跡が世界遺産に登録されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ロンドン⇒ウィンダミアは電車4時間、バス8時間⇒オレストヘッドは徒歩で往復30分。ロンドン⇒ケズィックはバス8時間。それら起点の現地ツアーも便利

英語名

The English Lake District

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ジョドレルバンク天文台

世界遺産の概要

チェシャー州の「ジョドレルバンク天文台」は、マンチェスター大学の天体物理学センターの天文台の1つで、世界で初期の電波天文台です。中でもラヴェル望遠鏡は、当時世界最大の口径76mでしたが、現在の単一口径の可動型電波望遠鏡では、ドイツのエフェルスベルク電波望遠鏡、アメリカのグリーンバンク望遠鏡に次いで世界第3位です。可動型でなければ中国の500m電波望遠鏡(FAST/天眼)の口径500mが最大。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

マンチェスター⇒マックルズフィールドへ電車1時間⇒駅から12.5kmの天文台へはタクシーで

英語名

Jodrell Bank Observatory

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ヨーロッパの大温泉保養地群

世界遺産の概要

ヨーロッパの大温泉保養都市群は、18-20世紀初頭に天然鉱泉を中心に栄えた温泉都市として世界遺産に登録されました。ドイツ、チェコが3件ずつ、オーストリア、ベルギー、フランス、イタリア、イギリスが1件ずつの計11件です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

【ドイツ】【バートキッシンゲン】ヴュルツブルクからRE快速50分【バートエムス】コブレンツから電車25分【バーデンバーデン】フランクフルトからICE特急1.5時間。

【チェコ】【カルロヴィ・ヴァリ】プラハからバス2.3時間か電車3.3時間【マリアーンスケー・ラーズニェ】プラハから電車2.5時間や、カルロヴィ・ヴァリからローカル電車で1.5時間【フランティシュコヴィ・ラーズニェ】プラハからバス3.5時間や、カルロヴィ・ヴァリからバス1.2時間。マリアーン…からは行きづらい。

【イギリス】バース市内

【フランス】ヴィシー市内

【オーストリア】バーデン・バイ・ウィーンには、ウィーン中央駅から電車30分や、地下鉄S3で50分や、街中の路面電車WLBやバスで40分

【ベルギー】スパ市内。ブリュッセルから乗換ありでIC2.2時間

英語名

The Great Spa Towns of Europe

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ウェールズ北西部のスレート関連景観

世界遺産の概要

ウェールズ北西部のスレート採石に関連する産業遺産は、ローマ時代から屋根の素材とし使われ、産業革命後に急拡大しました。しかし現在はコンクリート等の代替の普及で、多くの採石場が閉鎖されました。関係者の住居とされた城や城下町、工場、鉄道、採掘場などの文化的景観が登録されています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

バンガー駅/Bangorから85番バス、またはカナーボン/Caernarfonから88番バス

英語名

The Slate Landscape of Northwest Wales

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

広 げ る ▲
閉 じ る ▼

イギリス世界遺産の関連記事

()は世界遺産数。*は作成中で名称一覧のみ
ゆめぽろ
サイト管理人ゆめぽろ(旅行・映画好き)
 プロフィール
世界一周/海外旅行で135国観光、世界遺産609訪問。
興味好奇心:世界遺産/遺跡/自然/野生動物/祭り/地元グルメ
サイト管理人ゆめぽろ(旅行・映画好き)
ゆめぽろ
世界一周135国/世界遺産609訪問
現在:大阪。プロフィール >
1199件の全世界遺産をご紹介♪