世界遺産一周ゆめぽろ 1199世界遺産観光が目標!世界一周旅行記ブログ

2023年ノルウェー世界遺産全8件と候補一覧/行き方と地図/動画・写真・評価

ノルウェーの世界遺産全8件と暫定候補一覧を掲載。アクセス難易度・地図・動画・写真・評価・登録年・種類別も紹介。各国や日本の世界遺産一覧もあり。

国旗・英名ノルウェーの国旗Norway
首都・主都オスロ
出典/参考
(PR)
地球の歩き方Kindle楽天の価格
LonelyPlanet(楽天なし)
世界遺産数8(0訪問 0%)
  • 世界文化遺産
    7
  • 世界自然遺産
    1
  • 世界複合遺産
    0
アクセス
難易度
公共交通で可:7件 (88%)
車やツアー必須・難易度高め:1件 (13%)
世界遺産
次の登録
2024年7月(世界遺産候補一覧
現地情報 [地図] [時差] [天気予報] [通貨・為替レート]
周辺国の
世界遺産
ヨーロッパ世界遺産一覧

ノルウェーの国旗ノルウェーの世界遺産一覧

表の説明

写真の
右上:平均評価
右下:区分と、最初の(国の)登録年
左下:アクセス難易度(私の感覚)
 A:全か所へ主要都市から公共交通か簡易ツアーで可
 B:一部へ公共交通か短時間の車などで可
 C:全か所へ容易に行けずツアーか車などが必須
 D:観光は禁止か、行くのが困難
小画像@⇒出典:wiki CC BY3.0。@以外の写真は全て私が撮影。

格安航空券を比較できます(PR)

ノルウェーの暫定世界遺産一覧(候補)

ユネスコのノルウェー暫定世界遺産リスト(次回の世界遺産一覧)です。リンク先は英語。()内はユネスコ記載年。

ノルウェーの世界遺産の詳細データ

ウルネスの木造教会

世界遺産の概要

ノルウェー西部フィヨルド地方の「ウルネスの木造教会」は、12世紀前半頃に建造された、現存する最古のスターヴヒルケ(木造教会)です。北欧独特の様式で現在残る28棟のうちの1棟です。壁には北欧神話の木の彫刻も残されており、周囲のフィヨルド景観も見事。近くのボルグンスターヴも世界遺産ではないが見どころ。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

オスロ⇒Sogndal skysstasjonへ電車6.5時間⇒Galdenへ860番バス等で15分⇒Solvorn ferjekaiへ徒歩35分(時間によりバスあり)⇒ウルネスに船で20分。この行き方は1泊必要だが、季節と曜日しだいで電車の一部をバスに変えれば同日中にも着けそう。

英語名

Urnes Stave Church

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ブリッゲン

世界遺産の概要

ノルウェー西部の町ベルゲンにある「ブリッゲン」は、14‐15世紀にベルゲンがにハンザ同盟に加入後、ドイツのハンザ商人が移り住んだ場所で、木造の住宅・事務所・倉庫が建ち並んでいます。現在は工房・レストラン・店舗として使われています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

オスロ⇒ベルゲンには電車7時間かバス10時間。

英語名

Bryggen

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

レーロース鉱山都市とその周辺

世界遺産の概要

ノルウェー中東部の「レーロース/ローロス鉱山都市」は、古くからサーメ人が住んでた場所だが、17世紀に発見された銅鉱山で栄えて発展しました。1977年に閉山されたが、17世紀に建設された石造り教会や木造の家々は現在も残されています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

オスロ⇒ローロスにバス5時間(ハーマル乗換えの場合あり)。

英語名

Røros Mining Town and the Circumference

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

アルタのロック・アート

世界遺産の概要

ノルウェー北東部の町アルタのロックアート(岩絵)は、紀元前4200年前頃までに描かれた岩絵群です。トナカイ、ヘラジカ、クマ等ラップランドの動物や、それを狩ったり漁業をする人々が描かれています。構成資産は5地区で、私有地で立入禁止地域もあるが、最大のヒェメルフトの岩絵はアルタ博物館として一般公開されてます。10-4月は雪で埋もれる場合もあり。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

オスロやストックホルムからは夜行か1泊が必要なのでヨーロッパ各都市からの飛行機が現実的。陸路はオスロ⇒ストックホルムにバス7.5時間⇒ナルヴィーク/Narvikへ電車18時間⇒トロムゾ/Tromsøへバス4.2時間⇒アルタに1日1便バスで6.5時間か、船7.6時間のØksfjord kystrutekai下船後にバス2時間など。

英語名

Rock Art of Alta

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ヴェガオヤン-ヴェガ群島

世界遺産の概要

ノルウェー中部の北岸に浮かぶ「ヴェガオヤン(ヴェガ群島)」は、北極圏近くの6500以上の島々で、1500年以上もケワタガモの羽毛/ダウン採取などで持続可能な生活が営まれています。その文化的景観も評価されてます。羽毛の加工等で女性が重要な役割を果たしています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

多くは無人島で入島不可。ヴェガ島へはHornからフェリーで1時間。船便は事前に要確認。Hornへは、オスロ等からBrønnøysundへ飛行機で行きバス。または、オスロから電車やバスでTrondheimへ行き、Brønnøysundへフェリーで13時間。

英語名

Vegaøyan -- The Vega Archipelago

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

西ノルウェーフィヨルド群-ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド

世界遺産の概要

西ノルウェーフィヨルド地方の「ガイランゲルフィヨルド、ネーロイフィヨルド」は、世界最大級の長さや深さを持つフィヨルド群で、氷河・氷河湖・滝・河川と山・渓谷などの景観美が評価されています。ネーロイフィヨルドは、ソグネフィヨルドの支流の一部です。観光エリアは、フロム⇒アウルラン⇒グドヴァンゲン間クルーズ、ガイランゲル⇒ヘレシルト間クルーズなど。 北欧でも代表的なフィヨルド群で、

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

【ネーロイフィヨルド】オスロ⇒ミュールダールに電車4.5時間⇒フロムに登山鉄道1時間⇒グドヴァンゲン(町もエリア内)にクルーズ船2時間⇒ヴォスにバス1時間⇒ベルゲンに電車1時間など。ベルゲン発もあり。別世界遺産ウルネス教会へ行くならフロムかラールダール拠点もあり。

【ガイランゲルフィヨルド】オスロ⇒ヘレシルトに電車やバスで8-9時間⇒ガイランゲルにクルーズ船で1時間など。ネーロイフィヨルド間は、ヘレシルト⇔ベルゲン間がバス8時間など。

英語名

West Norwegian Fjords - Geirangerfjord and Nærøyfjord

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

シュトゥルーヴェの測地弧/三角点アーチ観測地点群

世界遺産の概要

ノルウェーからウクライナの10カ国にまたがる「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」は、1816-1855年にドイツ出身のロシア天文学者フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが、子午線弧を測るために設置した三角測量地点群です。この測定で地球の大きさ等が判明しました。構成資産は10か国34地点。ほとんどが岩などだが、北端ハルメンフェスト、南端スタラ・ネクラシウカ、タルトゥ旧天文台、アラトルニオ教会などには建物や記念塔が残されてます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

【エストニア】タルトゥ旧天文台へは、タリンから電車かバスで2.5時間。

【ノルウェー】北端のハンメルフェストのFuglenes測地点の記念碑へは、ハンメルフェスト空港(ヨーロッパ各都市から飛行機で)から徒歩20分/1.7km。町からは130番バス等で10分。別世界遺産のある町アルタからハンメルフェストへは空港近くのAlta hurtigbåtterminalから船で1.7時間。

【フィンランド】アラトルニオ教会には、ヘルシンキ⇒オウル/Ouluへ電車ICで6時間⇒Kaupungintaloへバス2.3時間⇒徒歩2分。

【リトアニア】メシュコニース/Meškonysへは、ヴィリニュス Vinco Kudirkos aikštė⇒Pramogų arenaへ1G,6,53番バスで15分⇒Meškonysへ132番バスで45分。

【ウクライナ】南端記念碑スタラ・ネクラシウカへの公共交通は不明。オデッサから190km、ルーマニアからの方が近い。

【モルドバ】北部の村にルディ測量点。公共交通あるかは不明。

【スウェーデン】【ラトビア】観光向きな地点なし。

【ベラルーシ】ミンスクからジャビンカ乗換の電車で計7時間でYanov-Polesskij(Ivanava)着。そこを拠点にタクシー等でシェコツク、オソニッツァを回れる。

英語名

Struve Geodetic Arc

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

リューカンとノトデンの産業遺産群

世界遺産の概要

ノルウェー南部の「リューカンとノトデンの産業遺産群」は、20世紀初頭に築かれた複数の水力発電所を利用して、大気中の窒素から肥料の原料となる硝石を生成するための施設群です。西側諸国の急激な農業需要の増加に貢献して発展しました。2都市の他、水力発電所、工場・鉄道・住宅施設などが幅広く登録されています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

オスロからノトデンにはバスで2時間。オスロからリューカンはバス3-3.5時間。リューカンからノルウェー産業労働者博物館(旧ヴェモルク水力発電所)に近いVåerへはバス209番などで15分。

英語名

Rjukan-Notodden Industrial Heritage Site

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

広 げ る ▲
閉 じ る ▼

ノルウェー世界遺産の関連記事

()は世界遺産数。*は作成中で名称一覧のみ
ゆめぽろ
サイト管理人ゆめぽろ(旅行・映画好き)
 プロフィール
世界一周/海外旅行で135国観光、世界遺産609訪問。
興味好奇心:世界遺産/遺跡/自然/野生動物/祭り/地元グルメ
サイト管理人ゆめぽろ(旅行・映画好き)
ゆめぽろ
世界一周135国/世界遺産609訪問
現在:大阪。プロフィール >
1199件の全世界遺産をご紹介♪