世界遺産一周ゆめぽろ 1199世界遺産観光が目標!世界一周旅行記ブログ

2023年ベルギー世界遺産全16件と候補一覧/行き方と地図/動画・写真・評価

ベルギーの世界遺産全16件と暫定候補一覧を掲載。アクセス難易度・地図・動画・写真・評価・登録年・種類別も紹介。各国や日本の世界遺産一覧もあり。

国旗・英名ベルギーの国旗Belgium
首都・主都ブリュッセル
出典/参考
(PR)
地球の歩き方Kindle楽天の価格
LonelyPlanet(楽天なし)
世界遺産数16(9訪問 56%)
(訪問=他国含め構成資産1件以上でカウント)
  • 世界文化遺産
    15
  • 世界自然遺産
    1
  • 世界複合遺産
    0
アクセス
難易度
公共交通で可:15件 (100%)
世界遺産
次の登録
2024年7月(世界遺産候補一覧
現地情報 [地図] [時差] [天気予報] [通貨・為替レート]
周辺国の
世界遺産
ヨーロッパ世界遺産一覧

ベルギーの国旗ベルギーの世界遺産一覧

表の説明

写真の
右上:平均評価
右下:区分と、最初の(国の)登録年
左下:アクセス難易度(私の感覚)
 A:全か所へ主要都市から公共交通か簡易ツアーで可
 B:一部へ公共交通か短時間の車などで可
 C:全か所へ容易に行けずツアーか車などが必須
 D:観光は禁止か、行くのが困難
小画像@⇒出典:wiki CC BY3.0。@以外の写真は全て私が撮影。

格安航空券を比較できます(PR)

ベルギーの暫定世界遺産一覧(候補)

ユネスコのベルギー暫定世界遺産リスト(次回の世界遺産一覧)です。リンク先は英語。()内はユネスコ記載年。

ベルギーの世界遺産の詳細データ

フランドル地方のベギン会修道院

世界遺産の概要

ベルギー北部フランドル地方のベギン会修道院は、北西ヨーロッパにおける半聖半俗の女性(ベギン)達の生活の場ベギンホフ/ベヘインホフから形成された居住型宗教施設です。もとは信仰ベースの互助会から始まり、礼拝堂、施療院などを有する複合施設に発展。構成資産は13件です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

全てアクセスしやすい町中にある。ブリュージュ/ブルッヘ、リール(フランスに同名町あるので注意)、メヘレン、ルーヴェン、ゲント(2件)等が特に行きやすい。

英語名

Flemish Béguinages

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ラ・ルヴィエールとル・ルーのサントル運河の4つのリフトとその周辺

世界遺産の概要

ベルギー中西部の「ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル/中央運河の4機の水力式リフトとその周辺」は、高低差のある運河を船で運搬するために建設されたリフト群と周辺施設が世界遺産に登録されました。2002年には高低差73 m昇降が可能な世界最大級ストレピ=ティウ船舶昇降機が完成したので、古い4機リフトは観光用となっています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

リフト1-3はラ・ルヴィエール(ブリュッセルから電車1時間)から約3km内、リフト4はさらに3km。別世界遺産ワロン鉱山のボワ=デュ=リュックも運河から1.5km。

英語名

The Four Lifts on the Canal du Centre and their Environs, La Louvière and Le Roeulx (Hainault)

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ブリュッセルのグラン・プラス

世界遺産の概要

ベルギー中部の首都ブリュッセルにあるグラン=プラス/Grote Marktは、街の中心にあり、世界で最も美しい広場の1つといわれています。かつては木造建築のギルドハウスに囲まれてたが、1695年、フランスのルイ14世の命令でほぼ破壊され、その後ギルドが石造りで再建した姿が残されています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ブリュッセル市内

英語名

La Grand-Place, Brussels

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ベルギーとフランスの鐘楼群

世界遺産の概要

ベルギーとフランスの鐘楼群には、フランドル地方など両国あわせて56の鐘楼が登録されてます。かつては物見台をかねて町の中心に建てられました。ブルッセル市庁舎の鐘楼は別世界遺産に登録され、このリストからは削除されました。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

【フランス】リールの市庁舎の鐘楼へはパリ北駅からTGV1時間かアミアン(鐘楼あり)からTER1.5時間。

【ベルギー】ブルージュ、アントワープ、リール、トゥルネー、ゲント、メヘレン等が行きやすい。

英語名

Belfries of Belgium and France

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ブルッヘ/ブリュージュ歴史地区

世界遺産の概要

ベルギー北西部のブルッヘ/ブリュージュ歴史地区は、12-13世紀にはヨーロッパ最大の貿易港として栄えたが、15世紀以降は衰退したため中世の町並みが保存されました。街の運河には50以上の橋(=ブルッヘ)がかけられており、フランドルの水の都とも呼ばれてます。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ブリュージュ市内

英語名

Historic Centre of Brugge

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)

世界遺産の概要

ベルギー中部の首都ブリュッセルの「建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群」は、19-20世紀にアール・ヌーヴォーと建築を融合させた革新的な近代建築群です。構成資産4件のうち、美術館として見学できるオルタ邸をのぞき、タッセル邸、ソルヴェー邸、ヴァン・エドヴェルド邸は外観のみの観光となります。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

全てブリュッセル市内。オルタ美術館は、81,92,97トラムのJanson下車後200m。タッセル邸、ソルヴェー邸もその徒歩圏。ヴァン・エドヴェルド邸は中央駅から東へ1.7km

英語名

Major Town Houses of the Architect Victor Horta (Brussels)

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)

世界遺産の概要

ベルギー中南部の町モンス郊外の「スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地」には、紀元前4000-750年に石器や火打ち石のもととなる石英などが採掘された鉱山跡です。周囲には集落跡なども発見されています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

SILEXセンターには、モンス駅から134/番バス16分のSPIENNES Eglise下車後に徒歩15分や、23,60バス12分のMESVIN Place下車後に徒歩30分など。

英語名

Neolithic Flint Mines at Spiennes (Mons)

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

トゥルネーのノートルダム大聖堂

世界遺産の概要

ベルギー南西部のフランス国境にも近い町トゥルネーのノートル・ダム大聖堂は、12世紀に建設され13世紀に内陣をゴシック様式にするため建て替えられました。身廊や翼廊はロマネスク様式。内部にはルーベンスの傑作や12世紀のフレスコ画、バラ窓のステンドガラス等があります。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ブリュッセル⇒トゥルネーに電車1.3時間。フランスからも近くて国境駅から電車15分。

英語名

Notre-Dame Cathedral in Tournai

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体

世界遺産の概要

ベルギー北部の町アントワープ/アントウェルペンの「プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体」は、16-17世紀にプランタン家とモレトゥス家が活版印刷の職場・住居とし、ヨーロッパ初の活版印刷の新聞が発行された場所を博物館にしたものです。豪華な内装や古地図、ルーベンス作の同家人の肖像画も残されています。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

アントワープには電車で、ブリュッセルやゲントから1時間、ブリュージュから1.5時間。アントワープではメトロ3,5,9,15のGroenplaats下車。

英語名

Plantin-Moretus House-Workshops-Museum Complex

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

カルパチア山脈とヨーロッパ地域の古代及び原生ブナ林

世界遺産の概要

当初、東カルパティア山脈に残るヨーロッパブナの原生林が、樹齢、種類の多様さ、木々の大きさ、範囲の広さなどの点で突出した価値を持つとして世界遺産に登録。その後、ウクライナ15件、イタリア13件、ルーマニア12件、ブルガリア9件、スペイン6件、スロバキア・ドイツ・オーストリア・ベルギー5件、ポーランド4件、クロアチア・フランス各3件、アルバニア・スロベニア・スイス各2件、ボスニア・ヘルツェゴビナとチェコ・北マケドニア各1件の計18か国、94件。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

【ドイツ】ハイニヒ国立公園は別世界遺産のあるアイゼナハ(フランクフルトから電車ICE1.8時間)からヴァンダーブス/Wanderbusに乗車。リューゲン島にあるヤスムント国立公園は別世界遺産シュトラールズントから鉄道でザスニッツへ行きバス20分で入口ケーニヒスシュトゥール到着。グルムジンの森はベルリン北東60kmのアルトキュンケンドルフからレンタサイクル等で。

【ポーランド】ビェシュチャディ国立公園の拠点の町ブジェギ・グルネ/Brzegi Górneへ、クラクフ Dworzec Autobusowy MDAからFlexBusで5.6時間。

【スペイン】のブナ林は基本的に予約が必要。マドリード近郊のテネラ・ネグラ、モンテホや、レオン近郊のクエスタ・フリーア、カナル・デ・アソティンが行きやすそう(バスは未確認)。

【スイス】ロダーノ渓谷(ロカルノからバスで)ではトレッキングあり。

【オーストリア】カルカルペン国立公園、デュレンシュタイン山とも有名観光地ではないので最寄り町からタクシー等で。

【ベルギー】ブリュッセルのソワーニュの森の5ヶ所が登録されてます。バス等で行けそうだが入場可能かは不明。カンブルの森、テルビューレン公園は範囲外。

【クロアチア】北部ヴェレビト国立公園へは、リエカ⇒スヴェトメ・ジュルジャ/Sveti Jurajへバス1.8時間⇒そこから16kmはタクシーで。パクレニツァ国立公園へは、サダル⇒Starigrad Paklenicaへバス1.5時間。

【スロベニア】スネジュニク公園、クロカルとも車かツアーでないと行きにくい。

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】プリヴァ、ヤニおよびヤニスケ・オトケ保護区の拠点ドニー・バクーフ/Donji Vakufへ、サラエボからJablanica等で乗り継いでバス4-6時間や、モスタルからバス3.6時間。そこからはツアーかタクシー。

【チェコ】イゼラ山脈に近い町はリベレツかヘイニツェ/Hejnice。ツアーか車で。

【アルバニア】ガシ川/Gashi River、ライツァ/Rrajcaと【北マケドニア】ドラボカ川/Dlaboka Reka は近くに大きな町がないので車必須。

【スロバキア】ポロロニ国立公園へは、コシツェから電車2.5時間のStakcin下車後、ハヴェショヴァー自然保護区までの約8kmをタクシー等で。

【ブルガリア】中央バルカン国立公園の拠点の町ソポト/Sopotへは、ソフィア⇒カルロヴォ/Karlovoへ電車2.4時間⇒ソポトにバス10分。園内へはタクシー等で。

【ルーマニア】12か所に点在してて拠点の町もあるが、ブナ林の場所と行き方は不明。

【ウクライナ】公共交通は不明。リヴィウからバス3.5時間のコロミヤから方面バスありそう。ルーマニア、ハンガリーからの方が近い。

英語名

Ancient and Primeval Beech Forests of the Carpathians and Other Regions of Europe

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ストックレー邸

世界遺産の概要

ベルギー中部の首都ブリュッセル郊外の「ストックレー邸」は、1905年から6年かけて建設されたモダニズム建築で、銀行家アドルフ・ストックレーの私邸でした。オーストリアの建築家ヨーゼフ・ホフマンが設計指揮し、内装はクリムトとクノップスが担当した総合芸術を体現した建物です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

ブリュッセルのメトロ1BのMontgomery駅で下車後、徒歩12分。

英語名

Stoclet House

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ワロン地方の主要な鉱山遺跡群

世界遺産の概要

ベルギー4か所に点在する「ワロン地方の主要な鉱山遺跡群」は、19-20世紀の産業革命後に発展した、ヨーロッパで有数の鉱山群です。炭鉱夫と家族のための理想都市を目指した遺跡もあります。構成資産は、エノー州3鉱山(グラン・オルニュ、ボワ=デュ=リュック、ボワ・デュ・カジエ)とリエージュ州1鉱山(ブレニー=ミーヌ)。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

グラン・オルニュには、モンスからバス30分。ボワ=デュ=リュックはラ・ルヴィエール/La Louviereからバス30分か、別世界遺産サントル運河から約1.5km。

英語名

Major Mining Sites of Wallonia

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献

世界遺産の概要

20世紀の近代建築運動に大きな影響をおよぼしたスイス出身の建築家ル・コルビュジエの作品群として世界遺産に登録。日本では東京都 上野の国立西洋美術館が該当。ル・コルビュジエは近代建築三大巨匠の1人(他、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエ)。フランス10件、スイス2件、他1件ずつ、計7カ国17物件。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

【日本】国立西洋美術館は東京の上野駅から徒歩で。

【フランス】サヴォワ邸はパリメトロA5線Poissyから徒歩20分、ユニテ・ダビタシオンはマルセイユのメトロ2号線Rond Point du Pradoから21,22番バスでLe Corbusier下車、フィルミニはリヨン駅⇒Firminy駅へTER1.5時間⇒徒歩15分、ラ・トゥーレット修道院はリヨン駅⇒L'Arbresie駅へTER30分⇒坂道30分、ロンシャンのノートルダム・デュ・オー礼拝堂はブザンソン等⇒ヴズール/Vesoul⇒ロンシャンへ国鉄バス2-3時間⇒礼拝堂へ坂道2km、カップマルタンはニース⇒CapMartin駅へTER30分⇒要予約のガイドツアー。

【ドイツ】ヴァイセンホフ・ジードルングは、フランクルトかミュンヘン⇒シュトゥットガルトへ電車1.5-2.5時間⇒Killesberg駅へ市電U5(44番バスでも可)、そこから徒歩10分。

【スイス】レマン湖畔の小さな家へはヴヴェイ駅(ローザンヌから20分か、ジュネーヴから1時間)から1.3km/徒歩20分。スイスのイムーブル・クラルテはジュネーヴ市内。

【ベルギー】アントワープのギエット邸はメトロ2,6番のOlympiade下車。

【アルゼンチンのクルチェット邸】ラ・プラタには、ブエノスアイレスのレティーロ地区バスターミナル外から195番バスで1時間。

英語名

The Architectural Work of Le Corbusier, an Outstanding Contribution to the Modern Movement

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

ヨーロッパの大温泉保養地群

世界遺産の概要

ヨーロッパの大温泉保養都市群は、18-20世紀初頭に天然鉱泉を中心に栄えた温泉都市として世界遺産に登録されました。ドイツ、チェコが3件ずつ、オーストリア、ベルギー、フランス、イタリア、イギリスが1件ずつの計11件です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

【ドイツ】【バートキッシンゲン】ヴュルツブルクからRE快速50分【バートエムス】コブレンツから電車25分【バーデンバーデン】フランクフルトからICE特急1.5時間。

【チェコ】【カルロヴィ・ヴァリ】プラハからバス2.3時間か電車3.3時間【マリアーンスケー・ラーズニェ】プラハから電車2.5時間や、カルロヴィ・ヴァリからローカル電車で1.5時間【フランティシュコヴィ・ラーズニェ】プラハからバス3.5時間や、カルロヴィ・ヴァリからバス1.2時間。マリアーン…からは行きづらい。

【イギリス】バース市内

【フランス】ヴィシー市内

【オーストリア】バーデン・バイ・ウィーンには、ウィーン中央駅から電車30分や、地下鉄S3で50分や、街中の路面電車WLBやバスで40分

【ベルギー】スパ市内。ブリュッセルから乗換ありでIC2.2時間

英語名

The Great Spa Towns of Europe

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

慈善の集団居住地群

世界遺産の概要

オランダ、ベルギーの「慈善の集団居住地群/入植地群」は、19世紀のネーデルラン王国で設立された、貧困層や孤児のための農場や居住や福祉施設です。構成資産はそのうち4つのコロニー(オランダの3件フレーデリクスオールト、ウィルヘルミーナオールト、フェーンハイゼンと、ベルギーのウォルテル)です。

(外国動画の翻訳は設定⇒字幕・自動生成・翻訳⇒日本語)
GoogleMapで開く
(マップには主要な構成資産のみ掲載)

アクセス方法/行き方

【オランダ】アムステルダム中央駅⇒Steenwijkへ電車1.5-2時間⇒Frederiksoordへ17,20番バス20分。フレーデリクスオールト⇒ウィルヘルミーナオールトは2km。

【ベルギー】ウォルテル/Wortelには、アントウェルペンからTurnhoutまで417バス、そこからWortel Dorpまで430バスか、アントウェルペンからNoorderkempen(brecht)へ電車、そこから602と430バスを乗り継いで行く。どちらも1.2-2時間。

英語名

Colonies of Benevolence

登録理由(登録基準10のうち)ユネスコ

広 げ る ▲
閉 じ る ▼

ベルギー世界遺産の関連記事

()は世界遺産数。*は作成中で名称一覧のみ
ゆめぽろ
サイト管理人ゆめぽろ(旅行・映画好き)
 プロフィール
世界一周/海外旅行で135国観光、世界遺産609訪問。
興味好奇心:世界遺産/遺跡/自然/野生動物/祭り/地元グルメ
サイト管理人ゆめぽろ(旅行・映画好き)
ゆめぽろ
世界一周135国/世界遺産609訪問
現在:大阪。プロフィール >
1199件の全世界遺産をご紹介♪