ゆめぽろ世界遺産/世界一周旅行記 海外旅行ブログ/バックパッカー

フィレンツェ観光や世界遺産おすすめランキング/旅行コツや口コミ感想も

フィレンツェ観光/イタリアの写真

イタリア旅行でのフィレンツェ観光おすすめスポット/世界遺産の100点評価、口コミ評判、写真や地図の一覧です。

国名/国旗
都市名
  • フィレンツェ
  • Florence/フローレンス
  • Firenze(イタリア語)
 私の評価:83
通貨/お金ユーロ / 1EUR=約117円(2020/3時点)
旅行日2019年10月
必要所要日数最低でも丸1日間
おすすめ旅行の季節5月、6月、11月 [イタリア旅行ベストシーズン⇒]
イタリア語 簡単な挨拶ありがとう: Gratie(グラッツェ)
おはよう・こんにちは: Buon giorno(ボンジョルノ)
[イタリア語 あいさつ・数字⇒]
イタリアおすすめ観光都市ローマバチカン市国ピサヴェネツィア

フィレンツェ観光おすすめスポットランキングと地図

近郊都市の観光スポット等も含め、随時追加していきます。観光地名クリックで詳細情報をご覧になれますよ!

ピサの観光地名 平均
評価
私の
評価
1 世界遺産 サン・ジョヴァンニ洗礼堂 86 68
2 世界遺産 ジョットの鐘楼 91 68
3 世界遺産 ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) 89 85
4 世界遺産 メディチ家礼拝堂 85 63
5 世界遺産 サン・マルコ美術館(修道院) 85 70
6 世界遺産 ミケランジェロ広場 91 72
7 世界遺産 ウフィツィ美術館 87 85
8 世界遺産 ヴェッキオ橋 87 64
9 世界遺産 ピサの斜塔 87 75
10 世界遺産 ピサのドゥオーモ広場と洗礼堂 85 68

フィレンツェおすすめ観光写真/所要時間/旅行コツ

イタリア、フィレンツェのおすすめ観光地の写真や評価評判、所要時間、料金、アクセス方法等をスポット別で紹介します!

サン・ジョヴァンニ洗礼堂(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★86/100換算 私の評価 68
英語/原語
  • Saint Giovanni Baptistery
  • Battistero di San Giovanni(イタリア語。バッティステロ・サンジョヴァンニ)
料金/営業時間ネット共通券20ユーロ。ドゥオーモ(入場+クーポラ登上時間予約)、洗礼堂、鐘楼が込み
所要時間外観と内部見学で約15分(並ぶ時間は別)
サン・ジョヴァンニ洗礼堂@フィレンツェ観光/イタリア写真

サン・ジョヴァンニ洗礼堂は、ドゥオーモ付属のロマネスク様式の八角堂です。起源は4-5世紀、ローマ軍神マルスを祭ったと言われます。11世紀にフィレンツェ守護聖人の聖ジョヴァンニに捧げる礼拝堂となり、ドゥオーモ完成後は洗礼堂となりました。

内部天井はビザンチン風モザイク「最後の審判」(上写真右上)等が見られます。東側扉(下写真左)はロレンツォ・ギベルティにより1452年完成、後にミケランジェロが「天国への門」と賞賛します。これはレプリカで、実物はドゥオーモ博物館内です。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の天国の門@イタリア観光/フィレンツェ写真

口コミ感想内部はシンプルです。入場口は、ドゥオーモ、クーポラ、ジョットの鐘楼とは別なので列を確かめてください。天国の門も見逃さないように。

ジョットの鐘楼(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★91/100換算 私の評価 68
英語/原語
  • Bell Tower of Giotto
  • Campanile di Giotto(イタリア語。カンパニーレ・ディ・ジョット)
アクセスサンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩15分
料金/営業時間ネット共通券20ユーロ。ドゥオーモ(入場+クーポラ登上時間予約)、洗礼堂、鐘楼が込み
所要時間外観と内部見学と登頂で約30分(並ぶ時間は別)
ジョットの鐘楼@フィレンツェ観光/イタリア写真

ジョットの鐘楼は、ドゥオーモ隣接の高さ約84mの、赤、白、緑の大理石で作られたゴシック様式の鐘楼です。画家ジョットによる設計です。414段の階段上には「アポストリカの鐘」が吊り下げられ、クーポラ等の街並みを眺められます。

口コミ感想近くで見ると圧力を感じます。登上階段はせまいので荷物は少なめで。登上するとクーポラの屋根を間近で見れますが、体力なくて一方を選ぶなら、天井画を見れるクーポラ側に登るのがおすすめ

ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★89/100換算 私の評価 85
英語/原語
  • St. Mary del Fiore Cathedral
  • Cattedrale di Santa Maria del Fiore(Duomo)(イタリア語)
アクセスサンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩15分
料金/営業時間大聖堂は無料。ネット共通券20ユーロは、クーポラ登上時間予約、ドゥオーモ地下教会、洗礼堂、鐘楼が込み
所要時間外観と内部見学と地下教会と登頂で約80分(並ぶ時間は別)
ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)@フィレンツェ観光/イタリア写真

ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂=花の聖母教会)は、1296年から着工され、クーポラ(円蓋)はブルネッレスキの設計によるカトリック大司教座聖堂です。『神曲を持つダンテの肖像』や天井画を見逃さないように。

クーポラを463段(下写真右上)登れば、ヴァザーリらの天井画『最後の審判』(同左)を近くで見られ、屋上では鐘楼や街並みを眺められます。地下サンタ・レパラータ教会跡では、ジョヴァンニ・ディ・メディチとブルネッレスキの墓やモザイク画(同右下)が見られます。

ドゥオーモのクーポラ天井画や地下教会@イタリア観光/フィレンツェ写真

口コミ感想ドゥオーモは入場無料なので、昼は1,2時間待ちも覚悟。夏は1L以上の水分と帽子は必須。並ぶ人を交代する場合は最初に全員印象づけること。地下教会へ入るなら事前に共通チケットを購入しておかないと並びなおしとなります。

メディチ家礼拝堂の観光情報や評価

平均評価★★★★★85/100換算 私の評価 63
英語/原語
  • Medici Chapel
  • Cappelle Medicee(イタリア語。カッペッレ メディチェー)
アクセスドゥオーモから徒歩5分。午後すぐ閉館
料金/営業時間サン・ロレンツォ聖堂とは、入口も入場料金も別。8ユーロ
所要時間外観・内部見学で約20分
メディチ家礼拝堂@フィレンツェ観光/イタリア写真

メディチ家礼拝堂は、サン・ロレンツォ聖堂に付属する「新聖具室」と「君主の礼拝堂」(写真左)の総称です。ミケランジェロ設計の新聖具室には「黄昏」「曙」彫像(同右中)下にロレンツォ2世の墓碑もあります。

口コミ感想入場した地階には、メディチ家ゆかりの品々や家系図などもあります。新聖具室ではネムール公ジュリアーノ・デ・メディチの墓碑と彫像「昼」「夜」も見られます。君主の礼拝堂では豪華な天井画(写真右上)も見逃さずに。

サン・マルコ美術館(修道院)の観光情報や評価

平均評価★★★★★85/100換算 私の評価 70
英語/原語
  • St. Marco Museum
  • Museo di San Marco(イタリア語。ムゼオ・ディ・サンマルコ)
アクセスドゥオーモから徒歩10分。午後すぐ閉館
料金/営業時間4ユーロ
所要時間内部見学は約30分〜1時間
サン・マルコ美術館(修道院)@フィレンツェ観光/イタリア写真

サン・マルコ美術館は、元ドメニコ会修道院で、修道士フラ・アンジェリコのフレスコ画『受胎告知』(上写真左)や祭壇画『マエスタ』(同右上)で有名です。ショップ内のドメニコ・ギルランダイオ作『最後の晩餐』(下写真左)も忘れずに。

サンマルコ修道院@イタリア観光/フィレンツェ写真

口コミ感想アンジェリコ作『受胎告知』か、怪僧サヴォナローラの使用した机(上写真右中)や部屋を見たい場合のみオススメ。ボルジア家と対立しシニョリーア広場で火刑とされた怪僧の画もあります。各小部屋にもフレスコ画あり。

ミケランジェロ広場の観光情報や評価

平均評価★★★★★91/100換算 私の評価 72
英語/原語
  • Michelangelo Park
  • Piazzale Michelangelo(イタリア語。ピアッツァーレ ミケランジェロ)
アクセスサンタ・マリア・ノヴェッラ駅前のバス停留所から、12番バスで約30分(15分以上の間隔)。夜景を見るならタクシーを使うこと
料金/営業時間入場無料
所要時間約20分
撮影スポットフィレンツェの街並み、ドゥオーモ周辺、ヴェッキオ宮殿などが一望できる
ミケランジェロ広場@フィレンツェ観光/イタリア写真

ミケランジェロ広場は、ドゥオーモやヴェッキオ宮殿などフィレンツェの街並みを一望できる展望台です。1875年に完成。ミケランジェロ作『ダヴィデ像』レプリカ(本物はアカデミア博物館)が立つが、広場名に深い意味はありません。

口コミ感想バスの待ち時間も考えると想像以上に時間がかかります。帰りのバスは降りた停留所と同じでした(変わるので要確認)。ヴェッキオ橋を渡った所からはバスより徒歩の方が早いが、1人や女性はタクシー利用をおすすめ。

ウフィツィ美術館(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★87/100換算 私の評価 85
英語/原語
  • Uffizi Gallery
  • Galleria degli Uffizi(イタリア語。ガッレリア・デッリ・ウッフィツィ)
アクセスシニョーリア広場とヴェッキオ宮から南の道をすぐ。入場口は広場を背にして左、予約番号からのチケット発行は右側で(変わるので要確認)
所要時間興味ある作品はじっくり、それ以外はさっと見て約3時間。最低2時間はほしい
撮影スポットほとんど撮影可だが、フラッシュは禁止
ウフィツィ美術館@フィレンツェ観光/イタリア写真

ウッフィツィ美術館は、メディチ家の美術コレクションを収蔵し、イタリア・ルネサンス絵画で有名です。1591年から部分公開され、近代式の美術館としてはヨーロッパ最古の1つ。収蔵品の質・量ともにイタリア最大です。

見どころは、ミケランジェロ『聖家族』上写真左、ラファエッロ『ひわの聖母』同右上、レオナルド・ダ・ヴィンチ『受胎告知』同右中、『キリストの洗礼』同右下。

ウフィツィ美術館@イタリア観光/フィレンツェ写真

ボッティチェリ『東方三賢王(マギ)の礼拝』上写真左、『ヴィーナスの誕生』同右上、『プリマヴェーラ(春)』同右中。パオロ・ウッチェロ「サンロマーノの戦」下写真左、シモーネ・マルティーニ『受胎告知』同右上、カラヴァッジョ『メドゥーサ』同右中など。

ウフィツィ美術館@イタリア観光/フィレンツェ写真

ヴェッキオ橋の観光情報や評価

平均評価★★★★★87/100換算 私の評価 64
英語/原語
  • Vecchio Bridge
  • Ponte Vecchio(イタリア語。ポンテ・ヴェッキオ)
アクセスウッフィツィ美術館から徒歩5分
料金/営業時間橋を歩くのは無料
所要時間外観を見て橋を歩くだけなら約10分
撮影スポットウフィツィ美術館内の窓からも見えます
ヴェッキオ橋@フィレンツェ観光/イタリア写真

ヴェッキオ橋(ポンテ・ヴェッキオ)は、フィレンツェを流れるアルノ川にかかり、第二次世界大戦で難を逃れた最も古い橋です。ローマ時代の橋が流された後、1345年に再建され、メディチ家のヴァザーリ回廊の一部となりました。

口コミ感想ヴェッキオ橋はいつも混雑してるのでスリに注意。橋上は昔は肉屋が集まってたそうですが、1593年にフェルディナンド1世・デ・メディチが悪臭を嫌い、宝石店を集めて今にいたるそうです。

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(旅行/映画好き)
世界一周の海外旅行で135国観光、世界遺産595訪問。好奇心:世界遺産/遺跡/野生動物/祭り/食欲。コメントや誤文報告は@yumepoloへ。全写真は自分で撮影したので無断使用禁止⇒詳細プロフィール
「タイトルとURL」
コピー完了!