ゆめぽろ世界遺産/世界一周旅行記 海外旅行ブログ/バックパッカー

バルセロナ観光や世界遺産おすすめランキング/旅行コツや口コミ感想も

SNSボタン↓
バルセロナ観光/スペインの写真

スペイン旅行でのバルセロナ観光おすすめスポット/世界遺産の100点評価、口コミ評判、写真や地図の一覧です。

国名/国旗スペイン国旗
  • スペイン
  • Spain
  • España(スペイン語。エスパーニャ)
都市名
  • バルセロナ
  • Barcelona
 私の評価:92
通貨/お金ユーロ / 1EUR=約117円(2020/3時点)
旅行日2019年10月
必要所要日数最低でも丸2日間
おすすめ旅行の季節5月、6月、11月

バルセロナ観光おすすめスポットランキングと地図

バルセロナおすすめ観光写真/所要時間/旅行コツ

スペイン、バルセロナのおすすめ観光地の写真や評価、所要時間、料金、アクセス方法等をスポット別で紹介します!

サクラダ・ファミリア聖堂/教会(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★93/100換算 私の評価 92
英語/原語
  • Basilica of the Sacred Family
  • Basílica de la Sagrada Família(スペイン語)
アクセスメトロ2か5号線サクラダ・ファミリア駅を出てすぐ
料金/営業時間ネット予約32ユーロ(入場料+オーディオガイド+ファサードのエレベーター付。受難か生誕のファサードを予約時に選ぶこと)。登りなしプランは約半額。いずれも人数制限あるため早めの予約が必須
所要時間入場後の見学でじっくり2時間は見たい。外からの外観見学・撮影にも約30分。夜のライトアップ時は別
撮影スポット全景や池に映る姿は、聖堂の北東(生誕のファサード側)のガウディ公園からがオススメ
サクラダ・ファミリア聖堂/教会@バルセロナ観光/スペイン写真

サクラダ・ファミリア聖堂(聖家族教会)は、アントニ・ガウディが1883年に引き継ぎ、彼の没後100年の2026年完成予定です。生誕、栄光、受難のファサードと、18本の塔(12使徒、福音4記者、聖母マリア、イエス)が完成形。

外の彫刻の数々も見どころ。地下博物館ではガウディのスケッチや完成予想模型、ローマ教皇ベネディクト16世による教会認定ミサの写真(下写真右上)や、ガウディの墓がある地下礼拝堂と地下聖堂(同右下)をガラス窓ごしに見られます。

サクラダ・ファミリア@スペイン観光/バルセロナ写真

口コミ感想自然光をとりいれた聖堂内部は圧倒的。初めて登る人はガウディが生前中に完成させた生誕のファサードが多そう。受難のファサードの方が空いてるし洗練されてるので好みはわかれます。世界遺産登録は生誕ファサードと地下聖堂のみ。

グエル公園(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★85/100換算 私の評価 75
英語/原語
  • Park Guell
  • Parc Güell(スペイン語)
アクセスメトロ3号線レセップスかバイカルカ駅から、徒歩15分(上り坂)か市バス24・32・116番。ネット予約時は、4号線アルフォンスX/ALFONS X駅からシャトルバス
料金/営業時間ネット予約10ユーロ(シャトルバス送迎付)。ガウディ家博物館は別料金。人数制限するため激混み時3-4時間待ち。早めのネット予約をおすすめ
所要時間見どころは点在してて広いので2時間以上は散策したい
グエル公園@バルセロナ観光/スペイン写真

グエル公園は、ガウディとスポンサーのグエルが、自然や芸術と調和した分譲住宅地として計画したが全く売れず公園になりました。ガウディが家族と住んだ家は博物館として見学できます。大階段のトカゲ噴水、モザイクベンチ、個性的な柱の回廊など。

グエル公園@スペイン観光/バルセロナ写真

口コミ感想早朝(季節により7時前など)には無料入場可能(合法的に)だが事前確認を忘れずに。昼は混むので予約時も午前早くがおすすめ。ゴルゴダの丘(上写真右上)へは分かりづらく上り道なので時間なければパスしていいかも。

コロニア・グエル教会(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★85/100換算 私の評価 70
英語/原語
  • Church of Colònia Güell
  • Cripta de la Colònia Güell(スペイン語)
アクセススペイン広場が始発のカタルーニャ鉄道S4,S8,S33等で、約20分「Colònia Güell/コロニア・グエル」駅で下車。駅から徒歩で約10分だが迷いやすい。往復鉄道と教会入場セット券もあるが、モンセラット等へ行く場合は片道を捨てる覚悟で(試してない)
料金/営業時間7ユーロ。チケット販売のビジターセンターは上り道の前にあるが分かりづらい
所要時間外観、内部見学で20-60分
コロニア・グエル教会@バルセロナ観光/スペイン写真

コロニア・グエル教会は、ガウディがパトロン実業家グエルに依頼された繊維工業団地(コロニー)内の教会です。ガウディは半地階をほぼ完成させた後、サクラダ・ファミリアに専念し始めたので、地上教会は未完成です。

口コミ感想モンセラットへ行くならついでに寄ることをオススメ。コロニア・グエルの町には他に、中央広場のグエル像や、ジュアン・ルビオ作「カ・レスピナル邸」などの見どころもあります。

カサミラ・カサバトリョ・グエル邸等のガウディ作品群(世界遺産)の観光情報や評価

平均評価★★★★★87/100換算 私の評価 68
英語/原語
  • Houses of Mila,Batllo and Guell
  • Casa Milà、Casa Batlló、Palau Güell(スペイン語)
アクセスカサミラはメトロ駅ディアゴナルからすぐ。カサバトリョはメトロ駅パセジ・ダ・グラシアからすぐ。2つは大通り沿い500m以内なので徒歩圏。グエル邸はメトロ駅リセウからランブラス通りを300m南下
料金/営業時間カサミラ、カサバトリョの入場料は約25ユーロ。グエル邸は12ユーロ。混むので事前予約をオススメ
所要時間それぞれ内部見学には1時間以上かかりそう。並ぶ時間は別
カサミラ・カサバトリョ・グエル邸等のガウディ作品群@バルセロナ観光/スペイン写真

ガウディ作品群3ヶ所をまとめて紹介(評価値はカサミラの)。カサミラ(写真右下)、カサバトリョ(同左と右上)は、グラシア通りで存在感あり、屋上も個性的です。グエル邸(同右中)は、バトロンのグエルが実際に住んでた家です。

口コミ感想内部見学の写真を整理できたら個別に紹介します。個人的には、カサバトリョ>カサミラ>グエル邸の順で内部をオススメします。カサミラの屋上では、アーチ越しにサクラダ・ファミリアが見えますよ。

モンセラットと聖地の聖堂の観光情報や評価

平均評価★★★★★86/100換算 私の評価 78
英語/原語
  • Montserrat(スペイン語)
アクセス
  • スペイン広場=Pl.Espanyaが始発のカタルーニャ鉄道R5,R50のManresa行きに乗り約1時間後に乗り換え。昼間は30-60分ごと。コロニア・グエル駅には止まらないため、FGC時刻表アプリ等で乗換案内を確認すると便利(2つ先のSant Vicenc dels Horts等でRに乗換)
  • ・ロープウェイ(Cable/Aeri):Montserrat-Aeriから約5分。15分ごと
  • ・登山鉄道:Monistrol de Montserratから約20分。到着にあわせて
料金/営業時間教会(修道院)への入場は無料。美術館は7ユーロ
所要時間教会と美術館と周辺散策だけなら約2時間。黒のマリアには更に30分以上の行列を覚悟で。サン・ジュアン、サンタ・コバへは更に数時間必要なので事前に計画を
撮影スポットロープウェイ内での最前列よりも、乗る前のステーションからの方がいい修道院写真とれる。登山鉄道からの遠くの修道院もいい被写体
モンセラットと聖地の聖堂@バルセロナ観光/スペイン写真

モンセラットは、ベネディクト会のサンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂が中腹に建つ奇岩に囲まれた山です。9世紀に羊飼いの少年が洞窟で黒いマリア像「ラ・モレネータ」を発見後、カタルーニャのキリスト教聖地となってます。

口コミ感想アーサー王伝説をもとにナチスが聖杯探索に来た逸話、を実感できるほど神秘的な観光地です。おすすめは「行きはロープウェイ、帰りは登山鉄道」だが往復セット割を使えないので要注意。

カテドラル(サンタ・エウラリア大聖堂)の観光情報や評価

平均評価★★★★★86/100換算 私の評価 65
英語/原語
  • Cathedral
  • La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulàlia(スペイン語)
アクセスメトロ4号線ジャウマ・プリメ駅から徒歩3分
料金/営業時間教会入場は無料。展望台と美術館はセットで7ユーロ
所要時間外観、教会内、展望台、美術館の見学すべてで約1時間半
カテドラル(サンタ・エウラリア大聖堂)@バルセロナ観光/スペイン写真

カテドラル(サンタ・エウラリア大聖堂)は、原始キリスト教会やロマネスク教会の跡地に、1298年に建設開始されたゴシック様式の大聖堂です。バルセロナ守護聖人の聖エウラリアの遺骸が地下納骨堂(上写真右下)に埋葬。バルセロナ伯爵夫妻の墓もあります。

教会付属の美術館には、バルトロメ・ベルメッホ作『聖母マリア/La Pietat』(下写真左の左端)やジャウマ・ウジェット作品、古い宗教画や彫刻を展示。回廊の庭で飼われた13羽のガチョウは、聖人エウラリアがローマ人の13拷問で13歳時に殉教した伝説に由来(同右下)。

カテドラル美術館@スペイン観光/バルセロナ写真

口コミ感想教会内の見どころは聖歌隊席、モンセラットで見つかった「黒いマリア像」(上写真右中)、主祭壇下の「聖エウラリアの墓」(同右下)など。展望台は時間あればでいいかも。美術館は見ごたえあるのでオススメ。

王の広場・サンジャウマ広場・レイアール広場の観光情報や評価

平均評価★★★★★84/100換算 私の評価 60
英語/原語
  • King's Square, St.Jaume Square, Reial Square
  • Placa del Rei, Placa de Sant Jaume, Placa Reial(スペイン語)
アクセスメトロ4号線ジャウマ・プリメ駅や、3号線リセウ駅から近い
王の広場・サンジャウマ広場・レイアール広場@バルセロナ観光/スペイン写真

近い3広場をまとめて紹介(評価値は王の広場のみ)。王の広場は、3方をレイアール・マジョール宮殿などゴシック建築に囲まれてます。コロンブスがイサベル女王に謁見し、新大陸発見を報告した場所です。サン・ジャウマ広場は政庁、レイアール広場は木々が目印。

口コミ感想王の広場(写真左)はコロンブスに関わる歴史的な広場です。サン・ジャウマ広場(同右下)では自治政府庁と市庁舎が向かいあってて、カテドラルへの小路も雰囲気あります。レイアール広場(同右中)の街灯はガウディ設計です。

マジカ噴水(光と音の噴水ショー)の観光情報や評価

平均評価★★★★★82/100換算 私の評価 70
英語/原語
  • The Magic Fountain
  • Font Màgica de Montjuïc(スペイン語)
アクセスメトロ1か3号線エスパーニャ/Espanya駅から徒歩10分
料金/営業時間無料。6-9月は水-日 21:30-、11月-1/5は木-土 20時-、4,5,10月は木-土 21時-など。中止もあるので要確認
所要時間1時間の予定だが2時間以上続いた。数十分の日もあるようなので開始時間から見ることをおすすめ
撮影スポット風上へ行かないとカメラがずぶぬれに。座りたければ早めに。立ち見の方が移動できるのでオススメ
マジカ噴水(光と音の噴水ショー)@バルセロナ観光/スペイン写真

マジカ噴水は、モンジュイックの丘のカタルーニャ美術館とスペイン広場の中間にあり、夜にはヨーロッパ最大規模の光と音のスペクタクル噴水ショーを楽しめることで有名です。音楽はポピュラー、クラシック、映画音楽やジャズなど様々。

口コミ感想夜のメトロと駅と人混み内ではスリ多発なので要注意。電車やエスカレーターでは囲まれるのも用心。スペイン広場やマジカ噴水の周辺は警備厳重でスリ以外の治安は思ったよりもいい。写真撮影は風下へ行かないように。

ロス・タラントス(フラメンコショー)の観光情報や評価

平均評価★★★★★77/100換算 私の評価 80
英語/原語
  • Los Tarantos(スペイン語)
アクセスメトロ3号線リセウ駅から徒歩3分。レイアール広場に面してる
料金/営業時間17ユーロ。ネット予約で15ユーロに割引。チケットページはネット不安定だと表示しないことあるので印刷かスクショをおすすめ。19:30から1時間ごと。22:30-は夏のみ
所要時間約30分
ロス・タラントス(フラメンコショー)@バルセロナ観光/スペイン写真

ロス・タラントスは、ランブラス大通りからも近いレイアール広場に接する、フラメンコショーを楽しめるタブラオです。他に比べると時間は短めですが、初めてフラメンコショーを体験するには充分だし気軽に見れます。

口コミ感想1時間以上の本格的なタブラオなら、エル・タブラオ・デ・カルメンや、エル・コルドベス等もあるが、ドリンク付きのみで40ユーロ以上するので、アルコール飲まないならロス・タラントスもおすすめ!

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(旅行/映画好き)
世界一周の海外旅行で135国観光、世界遺産595訪問。好奇心:世界遺産/遺跡/野生動物/祭り/食欲。コメントや誤文報告は@yumepoloへ。全写真は自分で撮影したので無断使用禁止⇒詳細プロフィール